宇梶剛士

宇梶剛士の若い頃の伝説!ブラックエンペラーや関東連合との関係も総まとめ

ドラマや映画、バラエティ番組等で活躍している俳優の宇梶剛士さん。

 

「ワンダーコア」のCMでもひょうきんな姿が話題になりましたが、実は芸能界一の武勇伝の持ち主でもあります。

 

宇梶剛士さんのアウトローのカリスマだった若い頃の伝説について総まとめしましたのでご紹介します。

【ブラックエンペラー7代目総長】宇梶剛士の若い頃の伝説

 

日本最大の暴走族・ブラックエンペラーの7代目名誉総長だった宇梶剛士

 

現在は穏やかで優しい良きパパの印象がある宇梶剛士さんですが、高校時代を中心に若い頃は日本でもトップクラスの不良だったことが分かっています。国内最大規模と言われた関東圏中心の暴走族・ブラックエンペラーの7代目名誉総長だった頃の宇梶剛士さんの武勇伝について総まとめしました。

 

宇梶剛士さんについてのプロフィールはこちら。

 

本名: 宇梶 剛士(うかじ たかし)
別名義: 津村 浩(つむら ひろし)
生年月日: 1962年8月15日
出生地: 東京都新宿区
身長: 188cm
体重: 不明
血液型: B型
職業: 俳優、タレント
ジャンル: 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間: 1981年 –
配偶者: 既婚
著名な家族: 宇梶静江(母)、浦川治造(叔父)

 

引用:Wikipedia – 宇梶剛士

 

宇梶剛士さんは元ブラックエンペラーの総長で暴走族としてヤンチャをしていた反面、小さい頃から映画や舞台に慣れ親しんでいたことから芸術への造詣も深かったようです。

 

宇梶剛士さんは現在趣味に読書や旅行、キャンプなど家族との活動を中心に、クルマ好きでもあるようでどこにでもいる優しいお父さんといった感じのようです。

 

完全に不良は過去の歴史であり、若い頃の宇梶剛士さんの姿は想像が難しいですが、自伝的な自著『不良品』や囁かれている噂から武勇伝をまとめましたのでご紹介していきましょう。

 

 

宇梶剛士の生い立ち&経歴

宇梶剛士の生い立ちは貧しくはなかったが特殊な環境だった

 

宇梶剛士さんの父親は1級建築士だったことからそこそこ裕福な暮らしをしていたのかもしれません。しかし、母親の宇梶静江さんがアイヌ民族の人権活動家で詩人・古布絵作家だったことから家を不在にしがちだったようです。また、宇梶剛士さんには2歳年上の姉がいるようですね。

 

宇梶剛士さんは1962年8月15日に、東京都新宿区西大久保1丁目(現:歌舞伎町2丁目)にある東京都立大久保病院で誕生しました。

 

歌舞伎町という日本を代表する繁華街で生まれたことも宇梶剛士さんの若い頃の暴力性に説得力を持たせるかのようですね。

 

出生時の体重は5,000gと非常に大きい赤ちゃんだったようで、宇梶剛士さんは「肉の塊みたい」だったと語っているようですが、都の健康優良児の表彰を受けました。

 

アイヌ民族の血を引いており、母親の宇梶静江さんがそのことで差別を受けていた経験から人権活動家として全国各地を巡って活動をしていたようです。

 

そのため、宇梶静江さんが生活に困窮していた人を助けて家に居候させていたたため、宇梶剛士さんは幼少期から知らない人と生活することがよくあったようですね。

 

 

宇梶剛士も差別反対デモに参加していた

 

宇梶剛士さんも母親の宇梶静江さんに連れられてよく差別反対デモに参加していたようで、男女平等の世の中が来ることを早くから察知していた宇梶静江さんに家事の一切を教え込まれていたそうです。

 

宇梶剛士さんは3歳から5歳まで東京都小平市で生活していたようです。

 

宇梶剛士さんは子供の頃は「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」などの世界名作劇場のアニメが好きでよく観ていたようで宇梶静江さんにもよく映画に連れて行って貰っていたそうです。

 

こうした背景が宇梶剛士さんの俳優を志していく創造性の礎となっているのでしょう。

 

アニメが好きだった宇梶剛士さんは小学校時代にお絵描き教室に通っていたそうで、裁縫が得意だったことから自分のシャツの裾を付け替えたり、色違いのジーパン生地を縫い合わせてアレンジをするなど、家庭科の成績はいつも5だったそうです。

 

しかし、小学校時代から身長が大きかった宇梶剛士さんは喧嘩でも頭角を現していました。

 

 

宇梶剛士、小学校時代から喧嘩最強になる

 

宇梶剛士の天性の喧嘩の強さを持っていた

 

宇梶剛士さんが若い頃に喧嘩最強だった理由はアイヌ民族の体の強さに加えて、小学校からリトルリーグでメジャーリーガー級のプロ野球選手を目指して猛特訓をしていたことがあるでしょう。

 

宇梶剛士さんは小学2年生まで広島県安芸郡府中町で生活をしていました。

 

リトルリーグで野球に打ち込んでいた宇梶剛士さんは、国立オールスターズで一番強いチームのメンバーに選抜されるなど将来を有望視されていた選手でした。

 

その圧倒的な強肩からキャッチャーをしていた宇梶剛士さんは、小学校6年生の頃に中学生の不良から目をつけられて27人と喧嘩になった時、全員にタイマン勝負で勝つという伝説を早くも打ち立てています。

 

宇梶剛士さんは小学校時代からよく喧嘩を売られていたものの、体が大きいため例え相手が悪くても”弱い者いじめ”にしか周囲には見えず悪者扱いを受けたことから「喧嘩は買った者損」だと感じていたそうです。

 

そのため、宇梶剛士さんは決して自分から喧嘩を売ることはなかったということです。

 

 

宇梶剛士、喧嘩で初めての敗北

 

小学校時代に27人の中学生を喧嘩で負かしてしまったことを逆恨みされ、宇梶剛士さんが中学校に上がった時に入学式後に27人の先輩らに袋叩きに遭って敗北を喫しています。

 

こうした理不尽な暴力も宇梶剛士さんの中で不良に対する憎悪の念を生むことになっていったのでしょう。

 

中学校1年生から2年生にかけて宇梶剛士さんの身長は20センチ伸びて、すでに185センチあったということからもはや大人と喧嘩をしても負けなしだったことでしょう。

 

中学校でも野球部に入っていた宇梶剛士さんはプロ野球選手を目指して、甲子園出場経験を持つ強豪校である拓殖大学第一高等学校に進学することになります。

 

 

宇梶剛士、高校時代から不良の道を歩む

宇梶剛士は高校時代に不良として覚醒した

 

宇梶剛士さんは不良になろうと思ってなったわけではなく、大好きな野球を踏みにじられた怒りがきっかけとなったようです。

 

宇梶剛士さんは高校時代は190センチ近い長身と抜群の運動神経から将来を有望視されており、プロ球団からスカウトが見学に来るほどだったそうです。

 

元々、宇梶剛士さんは日本の高校へ進学せずに、メジャーリーガーを目指して渡米する予定だったそうですが、父親が左遷されたことでその道を諦めざるを得なかったようです。

 

拓殖大学第一高等学校に進学して野球部に入った宇梶剛士さんを待っていたのは先輩部員らによる過度なシゴキでした。

 

宇梶剛士さんは同級生部員と一緒に学校側にシゴキについて抗議をしたそうですが、それが元で先輩部員らに干されるようになったそうです。

 

1年間まともに野球をさせて貰えなかった宇梶剛士さんの怒りは沸点に達し、2年生の頃にシゴキをしていた先輩部員らを暴力でねじ伏せてしまいます。

 

この傷害事件が元で拓殖大学第一高等学校野球部は1年間の試合出場停止の処分を受け、宇梶剛士さんは少年鑑別所に入所させられてしまいます。

 

宇梶剛士さんは先輩部員らに対して相当な暴力を振るったと察することができますが、先輩部員らの毎日のシゴキにより暴力に対する耐性がついたことが後に高校を中退して不良の道へ進むきっかけにもなってしまいました。

 

 

【ブラックエンペラー7代目総長】宇梶剛士の伝説・武勇伝

 

夢を絶たれ、母親の愛情不足から不良になった宇梶剛士

 

宇梶剛士さんの母親・宇梶静江さんは先述の通りアイヌの民族運動家で家を不在にしがちだったため愛情不足から母親への確執が青年期まであり、不良に走ってしまう要因のひとつになったことを宇梶剛士さんは語っています。

 

宇梶剛士さんは不良になりたくてなったのではなく、家庭環境や野球選手への夢が絶たれたことから自暴自棄になり、怒りの矛先として不良を喧嘩で打ちのめすことで鬱憤を晴らしていたようです。

 

そのため、宇梶剛士さんは友人や仲間への情は厚く慕われていましたが、身内以外のいきがっている不良に対しては容赦ありませんでした。

 

宇梶剛士さんは夢を奪った暴力を憎んでいたことから不良との喧嘩に明け暮れましたが、それはどうしようもなく行き場を無くして堕落した自分自身を打ちのめす意味もあったようです。

 

野球選手への夢が絶たれた現実を受け入れ、真っ当に生きて自分と向き合う勇気が無かった宇梶剛士さんは、暴力の世界で生きながらも本当の自分を探すためにもがいていたようです。

 

 

宇梶剛士は悪目立ちするタイプだった?

 

少年鑑別所を出所した宇梶剛士さんは2つ目の高校に編入し、そこでも野球部に入って甲子園を目指しましたが再びトラブルからボールを触らせて貰えなくなり、野球を続けることを諦めた宇梶剛士さんは退学してしまいました。

 

1度ならず2度もトラブルで野球を続けられなくなった宇梶剛士さんですが、もしかしたらメジャーを目指せる人間だと思っていたことで高慢になっていたのかもしれませんね。

 

小学校時代から暴力を身近に感じて生きてきた宇梶剛士さんの感覚は、一般人のそれとはかけ離れていた可能性はあるのかもしれません。

 

高校を中退した宇梶剛士さんは北海道浦河郡浦河町や二海郡八雲町で叔父の仕事の手伝いで働いていたようですが、仕事に嫌気が差して東京家庭裁判所からの呼び出しを口実にして東京に戻りました。

 

やることを失った宇梶剛士さんは荒れた気持ちをぶつける場として、日本最大だった関東圏の暴走族・ブラックエンペラーに入りました。

 

宇梶剛士さんはこの不良時代の武勇伝について2000年頃からテレビ番組でカミングアウトしています。

 

番組で紹介された内容は極端に暴力性を表現することができないため控えめな内容になっていたようですが、宇梶剛士さんの自叙伝『不良品』や同著を読んだユーザーらがネットで感想を綴ったことにより武勇伝エピソードが広がったようです。

 

芸能界での喧嘩最強番付で長年不動の1位”横綱”を譲らない宇梶剛士さんの伝説について総まとめしましたのでご紹介します。

 

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】ブラックエンペラー本部に単身殴り込み

宇梶剛士はブラックエンペラー加入早々頭を獲りに行った

 

宇梶剛士さんは日本最大と言われた暴走族・ブラックエンペラーに入るとあっという間にトップに上り詰めた伝説を持っています。

 

ブラックエンペラーとは1960年代末頃から出現した日本最大の暴走族で、故・泉輝雄さんにより作られたそうです。

 

歴代総長には”アウトローのカリスマ”と呼ばれる瓜田純士さんの父親・瓜田吉寿さんが2代目総長であり、3代目には元俳優の本間優二さん、6代目に芸能プロデューサーの蛯澤賢治さんなどがいます。

 

宇梶剛士さんはブラックエンペラーに加入するとすぐに三多摩地区のヘッドになりました。

 

そして宇梶剛士さんは6代目総長の蛯澤賢治さんがいた本部に単身で乗り込んで、総長の座を奪いに行きました。

 

その時は蛯澤賢治さんになだめられて矛を収めた宇梶剛士さんですが、1年もせずに宇梶剛士さんの名前は関東圏で知れ渡り、蛯澤賢治さんが引退する際に7代目総長として満場一致で就任しました。

 

宇梶剛士さんは単身乗り込んだ際にも多くの取り巻きを蹴散らしたのだと思いますが、それからの喧嘩に明け暮れて関東圏で”喧嘩最強”だと言われるようになったようです。

 

宇梶剛士さんは喧嘩の強さと統率力を買われて17歳でブラックエンペラーの7代目名誉総長に就任した際の集会では、バイク600台で1200人、車100台で400人ほど集合していたようですが、その後勢力は拡大し2000人にまで膨れ上がっています。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】1人対1000人の戦い

 

ブラックエンペラー総長として命を賭けていた宇梶剛士

 

宇梶剛士さんの一番破天荒なエピソードかもしれませんが、1000人の敵対勢力にひとりで挑んで蹴散らすという伝説を持っています。

 

宇梶剛士さんはブラックエンペラーの7代目名誉総長として200~300人のメンバーを連れて湘南までバイクを走らせていたそうです。

 

すると、地元の暴走族が集会をしていたようでその数はざっと1000人はいたそうです。

 

かなり大規模の敵対勢力にビビったメンバーは宇梶剛士さんを残して逃亡してしまいましたが、宇梶剛士さんは一人だけ突っ込んで行き、先頭にいた20人余りを一気に蹴散らしてしまいました。

 

その悪鬼のような宇梶剛士さんの暴れっぷりに1000人もいた敵対勢力は完全に戦意を失って逃げてしまったそうです。

 

下手したらリンチにあって殺されかねない状況ですが、よほど宇梶剛士さんの迫力がすごかったのでしょう。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】教習場でヤンキーを運転手にした

 

無知なヤンキーを運転手にした宇梶剛士

 

宇梶剛士さんは自動車免許を取りに教習場に通っていた頃に無知なヤンキーを運転手に仕立て上げた伝説を持っています。

 

宇梶剛士さんが教習所から帰ろうとバイクに乗ろうとした際、車の運転技術を下手だとして無知なヤンキーたちが馬鹿にしてきたそうです。

 

さらに宇梶剛士さんのバイクに唾を吐きかけたことで宇梶剛士さんはバイクを降りると一瞬の内にヤンキーたちをボコボコにしてしまいました。

 

それだけに終わらず、宇梶剛士さんはそのヤンキー達が所属しているグループのところまで案内させて、グループのヘッドも一瞬で叩き伏せてしまいました。

 

宇梶剛士さんはそのグループのバイクを全て没収し、そのヤンキーたちには毎日教習所まで送迎させたという伝説を残しています。

 

そのヤンキーグループも喧嘩を売った相手がブラックエンペラーの総長・宇梶剛士さんだと知って青ざめたかもしれませんね。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】日本刀で斬られる

日本刀で斬られ殺されかけた宇梶剛士

 

宇梶剛士さんはブラックエンペラーの総長時代に時代劇でも中々斬られたことがないであろう日本刀で切られた伝説を持っているようです。

 

宇梶剛士さんは敵対していたグループのヘッドから休戦協定の話し合いの場を設けられ、数人のメンバーを引き連れてその場所に向かったそうです。

 

ヘッド同士の話し合いでの解決をするという約束のはずが、話し合いの際に突然敵のメンバーひとりから日本刀で背中を切りつけられ、宇梶剛士さんは大量出血の大怪我をしてしまいます。

 

さらにそれを合図として畳み掛けるように複数人が襲い掛かって袋叩きに遭い、宇梶剛士さんは重傷をを負って病院に運び込まれました。

 

当然姑息な手段で陥れた敵対グループに怒り心頭の宇梶剛士さんは、歩けるまでに回復すると復讐のためにメンバーを集めましたが、確実に死人が出ると判断した元総長や支部長らの懸命の説得により抗争には発展せず、敵対グループに詫びとケジメを取らせることで場を収束させたそうです。

 

宇梶剛士さんが殺されるか、人殺しになるかの瀬戸際だった伝説だったようですね。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】ヤクザにスカウトされる

有望な暴力団構成員予備軍だった宇梶剛士

 

ブラックエンペラーの総長としてあまりにビッグネームになってしまった宇梶剛士さんの元にヤクザからのスカウトは後を立たなかったようです。

 

宇梶剛士さんはブラックエンペラーの7代目名誉総長として名声が安定する頃にはヤクザなど裏社会からのスカウトが後を立たなかったそうです。

 

しかし、宇梶剛士さんは暴力が好きで不良をやっているわけではなくむしろ憎んでおり、その暴力の最たる組織であるヤクザを一番毛嫌いしていたため当然断っていました。

 

とはいえこの頃、宇梶剛士さんは裏社会に身を落とすか事件を起こして逮捕されるかの二択しか無かったのかもしれませんね。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】抗争事件で少年院に入れられる

18歳で少年院に入れられた宇梶剛士

 

宇梶剛士さんはブラックエンペラーの総長として抗争に明け暮れていましたが、ついに18歳の頃に逮捕されて少年院送りとなっています。

 

宇梶剛士さんは18歳の頃に抗争事件の首謀者として逮捕され、家庭裁判所への送致を経て少年院に収監されました。

 

この時、母親の宇梶静江さんが差し入れてくれたチャップリンの自叙伝を読んだことがきっかけで宇梶剛士さんは俳優を目指すようになり、少年院の中で不良を卒業する決意をしました。

 

少年院収監中から宇梶剛士さんは勉強を開始し、外出許可を取って高校への転入試験を受けました。

 

少年院を出所した宇梶剛士さんは3つ目となる明治大学付属中野高等学校定時制でバスケットボール部に入り、猛練習の末に都大会で優勝するまでチームを強くしたという伝説も持っています。

 

宇梶剛士さんがいかにずば抜けた運動能力を持っていたかがわかるエピソードですね。

 

この高校にはつちやかおりさんやパパイヤ鈴木さん、布川敏和さんなど後の芸能人も多く在籍していました。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】喧嘩の流儀

 

宇梶剛士は絶対に自分から喧嘩を売らない

 

宇梶剛士さんは小学校時代にすでに「喧嘩は勝った者損」を知っており、元々暴力を振るうのが大好きだというわけではなかったことから喧嘩は絶対に売らなかったそうです。

 

自ら喧嘩を売らなかった宇梶剛士さんですが、正々堂々と挑んでくる相手には手加減をしてあげ、卑怯な相手は完膚なきまで叩き伏せるなど喧嘩の流儀を持っていたようです。

 

宇梶剛士さんは自著『不良品』の中でおよそ人間のすることではない、冷血で非道な抗争劇が新聞にもとり沙汰されるようになっていた」と語っていますが、宇梶剛士さんも卑劣な相手には「歯や骨をへし折る」「バイクのエンジンで顔面根性焼き」「簀巻きにして湖に投げ入れる」などかなりの無茶をしていたと言われています。

 

そして、喧嘩が終わると相手をその場に正座させて説教をして更生させていたそうです。

 

 

宇梶剛士さんの喧嘩の仕方は相手をキレさせたりビビらせて冷静な判断ができないような状態にして叩くスタイルのようで、喧嘩する前から主導権を握るところはまるで兵法者のようですね。

 

また、宇梶剛士さんは人気漫画『疾風伝説 特攻の拓』に登場する不良「鰐淵春樹」のモデルになったとも言われています。

 

 

【宇梶剛士の伝説・武勇伝】若い頃を知る人の声

宇梶剛士の伝説は多くの人に知れ渡っている

 

宇梶剛士さんのブラックエンペラー時代の恐ろしさについては一般人やタレントなど色々な人が語っています。

 

宇梶剛士さんがブラックエンペラーで総長をしていた頃にメンバーに属していた元不良の男性は「宇梶さんは普段優しいが卑怯な奴にキレた時は死ぬほど怖い」と語っています。

 

先述しましたが、武器を使ったり闇討をしたりする卑劣な相手に対しては容赦なく半殺しにしていたようですね。

 

宇梶剛士さんは自分の喧嘩の強さが圧倒的であることを自覚していたため、極力抗争を避けて話し合いで解決するようにしていたということです。

 

 

タレント・ヒロミが若い頃、宇梶剛士は超有名人だった

 

タレントのヒロミさんは過去に宇梶剛士さんについて「僕らがガキだった頃、とんでもなく有名だった人」と語っています。

 

ヒロミさんは当時、八王子スペクターという暴走族に入っていましたが、日本最大の暴走族・ブラックエンペラーの総長だった宇梶剛士さんは雲の上の人だったようです。

 

そのため、ヒロミさんは芸能界で宇梶剛士さんと共演する際は舎弟口調になってしまうことが定番のネタとなっていました。

 

 

パパイヤ鈴木にとって宇梶剛士は怖い先輩だった

 

ダンサーでタレントのパパイヤ鈴木さんは高校時代に宇梶剛士さんの後輩でしたが、現在芸能界で共演する際も当時の怖さが抜けずビビってしまうようです。

 

2015年3月12日に放送された番組『ごきげんよう(フジテレビ系)』で、パパイヤ鈴木さんは宇梶剛士さんと共演し、ビビっていたことを明かしました。

 

番組がスタートするとパパイヤ鈴木さんは宇梶剛士さんに道を譲るようなかしこまった仕草をして登場し、当時の宇梶剛士さんとの関係について語りました。

 

パパイヤ鈴木さんは宇梶剛士さんと目を合わせるのも怖かったそうで遠巻きから見ていたようですが、宇梶剛士さんはフランクに本名の「ひろし」と呼んでいたそうです。

 

パパイヤ鈴木さんは「先輩、どうも!」と当時の様子で返しましたが、完全にビビっていた様子が分かるような反応ですね。

 

 

宇梶剛士は当時非常にウブな性格だった

 

喧嘩最強で圧倒的な存在だった宇梶剛士さんですが、一方で女性は苦手で近くに来るだけで強ばってしまうほどウブだったようです。

 

宇梶剛士さんは当時の自分について、不良といえど恐喝や麻薬に手を出したことはなく、女性が苦手だったことから硬派を気取っていたようです。

 

現在では微笑ましく思える当時の自分も、宇梶剛士さんは不良になってしまったのは大人や社会のせいだと決めつけていたようで、自叙伝『不良品』では翻弄されるままに伝説の不良になってしまった経緯を詳しく語っているようです。

 

自分がこうなるのは、すべて大人のせい、社会のせいだと決めつけ、その不満は暴力というかたちで露出した。暴力で周りを圧倒しながら構成員2,000人を抱える巨大暴走族の総長となり、あげく少年院に収監された。こんなどうしようもない闇夜の鴉が、真っ白な気持ちになって、この世界で生きていくことが許された過程を、これから素直に語っていきたいと思う。」

 

引用:ビーカイブ – 元暴走族で少年院に入った宇梶剛士の壮絶だけどすごい人生

 

 

宇梶剛士、不良を卒業して俳優になる

宇梶剛士は錦野旦、菅原文太の付き人を経て俳優になった

 

少年院でチャップリンの伝記を読んだことから俳優を志した宇梶剛士さんは、出所してから錦野旦さんの付き人となりました。

 

宇梶剛士さんは18歳の頃に錦野旦さんの付き人となりましたが、事務所の手伝いで藤映像コーポレーションを訪れた時に菅原文太と会いました。

 

何者かを聞かれた宇梶剛士さんは俳優になりたいがどうしたらなれるかが分からないと答えたところ、菅原文太さんは錦野旦さんの事務所に電話をかけて自分の付き人として貰いました。

 

大物俳優である菅原文太さんの元でオヤジと慕って学んだ宇梶剛士さんは、その後、美輪明宏さんにその才能を見出されて舞台『青森県のせむし男』に抜擢されて俳優デビューを果たしました。

 

その後も美輪明宏さんから紹介された渡辺えりさんの元で舞台経験を積んだ宇梶剛士さんは、同じ事務所に所属していた先輩の鶴田浩二さんから「津村浩」という芸名を貰って活動していましたが無名の下積み時代が長く、アルバイトなどをしながら活動していました。

 

1980年代後半に入ると宇梶剛士さんはテレビドラマで脇役として出演することが増えていき次第にその個性的なルックスから認知度を獲得していきます。

 

その一方で宇梶剛士さんは舞台俳優出身であることから「打打芝居」や「damim」など演劇ユニットを主催して公演をプロデュースし活躍してきました。

 

2007年にはさらに舞台を追求するために金井良信さん、平野貴大さんと一緒に「劇団PATHOS PACK」を立ち上げて活動しています。

 

宇梶剛士さんの俳優としての成功は、大工やとび職人になったブラックエンペラーの元メンバーらがお祝いの意味を込めて新築一戸建てをプレゼントしたと言われています。

 

宇梶剛士さんが不良のカリスマとして多くの不良たちに良い影響を与えていたことがわかるエピソードですね。

 

 

 

宇梶剛士、ひょうきんさでバラエティ番組・CMでも活躍

宇梶剛士といえば「ワンダーコア」のCM

 

宇梶剛士さんはいくつかのCMに出演してきましたが、その中でも特に「ワンダーコア」のCMは面白いと話題になっていました。

 

宇梶剛士さんは元伝説の不良でありながらひょうきんなキャラクターがウケてバラエティ番組にもよく出演するようになりましたが、その中で「ワンダーコア」のCMはネットで話題となっていました。

 

宇梶剛士さんが出演したCM「ワンダーコア2」のYouTube動画。

 

 

宇梶剛士さんの伝説を知らない人は”大柄な面白いおじさん”にしか見えず、かつては少年院に入れられるほどの抗争事件を起こしていた不良だとは想像もしないでしょう。

 

宇梶剛士さんは不良だった経験を生かして、『ジェネジャン』のパネリストとして準レギュラーもしており、現在も啓もう活動として公演もしているようです。

 

 

宇梶剛士、著書『不良品』を出版

2005年2月19日に自叙伝『不良品』を出版した宇梶剛士 

 

宇梶剛士さんの自叙伝『不良品』は不良時代の自身の葛藤を綴っているようですが、ただの武勇伝自慢ではなく読んだ人の間では人生の啓発書として高い評価を得ているようです。

 

宇梶剛士さんは伝説の不良である一方で、高校では文化祭の舞台の脚本を書き下ろすなど作家としても才能を発揮していたことから、文才は当時から長けていたのでしょう。

 

Amazon.co.jpでのレビューを見る限り、宇梶剛士さんの自叙伝『不良品』の評価は高いようです。

 

文章力、表現力の豊かさはすごいです。言葉自体は普段使っている平易な単語ばかりなのですが活字が踊り出すような活き活きした感じは最近読んだ本の中では一番です。ともすればただの自慢話や同情を誘うだけの『自叙伝』というジャンルの中でストイックなまでに客観視を貫く文章が本当に恰好いいです。

 

引用:Amazon.co.jp – 不良品 (ソフトバンク文庫)

 

「自分のことは自分で決めて、自分が責任を持つ」
そんな当たり前のことが、いかに難しいか、改めて教えられます。
今、将来を決めようとしている人、今の生活に悩んでいる人におすすめします。

 

引用:Amazon.co.jp – 不良品 (ソフトバンク文庫)

 

あまりの切なさ、人生の不思議さに思わず泣いてしまった。青春って何なのだろう、と自問自答しながらひと晩で読み終えてしまい、読んだ後も興奮が身体に残っている。今年こんなに面白いと思って読んだのは「1985年の奇跡」という小説以来だ。いわゆるタレント本としては出色の出来。傑作。

 

引用:Amazon.co.jp – 不良品 (ソフトバンク文庫)

 

不良、アウトローを題材にした自叙伝でここまで高い評価を受けているのは、宇梶剛士さんが日本最大の暴走族・ブラックエンペラーの総長としての生き様に嘘偽りが無く告白されているからなのでしょう。

 

宇梶剛士さんは知る人によっては”鬼のように恐ろしい”存在ですが、実は昆虫には非常に弱いという弱点があり、自宅にはいたるところに殺虫剤が置いてあるというかわいい一面も合わせ持っているようです。

 

また、大の甘党で一日に何か必ず甘いものを食べずには落ち着かないようで、特にチョコレートとあんこが好きなようです。

 

 

 

 

ブラックエンペラー7代目総長・宇梶剛士と関東連合の関係とは?

 

”半グレ”と呼ばれる関東連合とは?

 

ブラックエンペラーは後に関東連合と呼ばれる暴走族の連合体の一つに組み込まれますが、宇梶剛士さんが総長をしていた頃とは根本から質が違うようです。

 

関東連合は東京都世田谷区、杉並区を縄張りとしていた「ブラックエンペラー」や「マッドスペシャル」を中心とした複数の暴走族チームからなる連合チームで、1973年に結成されました。

 

近年、関東連合のメンバーらによる凶悪事件が報道されて世間でも知られることとなりましたが、宇梶剛士さんが率いていた頃のブラックエンペラーの時代とはまったく質が異なるようです。

 

暴走族・ブラックエンペラーの質が変わってしまった境は、大きく1960年生まれ世代と1980年生まれ世代に分けられます。

 

宇梶剛士さんは1962年生まれのバブル好景気を背景にしていたいわゆる”ツッパリブーム”の世代であり、関東連合の元リーダーの石元太一服役囚や国際指名手配されている見立真一容疑者などは1980年代前後の生まれで、いわゆるロスジェネ不景気の世代となります。

 

そして、バブル景気の暴走族は貧困層が多いことに対して、ロスジェネ不景気の暴走族は中産階級が多いとされています。

 

そのため、この時代背景の区切りによりブラックエンペラーは前期と後期に分かれ、宇梶剛士さんはまだ”可愛らしさ”の残っていたツッパリブームの前期となります。

 

 

後期ブラックエンペラー(関東連合)は半グレ

 

宇梶剛士さんが7代目総長を務めていた時代のブラックエンペラーはあくまで暴走族同士の抗争がメインでしたが、後期の関東連合となっていくブラックエンペラーは一般人への恐喝、暴行、拉致・監禁、殺人など凶悪な準暴力団と呼ばれる”半グレ”となっていきました。

 

宇梶剛士さんの時代のブラックエンペラーは最大で2000人規模のチームとなっていましたが、後期の半グレ集団と呼ばれたブラックエンペラーは5~10名程度でした。

 

暴走族的なバイクでの暴走行為よりも渋谷のチーマーを敵対視して縄張り争いをしており、少数精鋭で凶悪犯罪を起こしていました。

 

宇梶剛士さんの時代の前期が素手での喧嘩やバイクでの暴走行為と技術の競い合い、年齢による上下関係がしっかり確立していたのに対し、後期の半グレは先述のように凶悪犯罪を生業としており、暴力による支配とビジネスによる上下関係へと変化しています。

 

 

90年代に極端に凶暴化した暴走族

 

70、80年代のわかりやすい暴走族の形から、90年代になると闇社会を牛耳るような準暴力団的な組織へと代わり、金と暴力と権力がモノを言う時代となりました。

 

90年代の関東圏の暴走族は一際キチガイ度の高いメンバー数人で構成され、渋谷で幅をきかせていたチーマーらを排除するために敵対勢力の主要メンバーをナイフや金属バットなどで奇襲して暴行し、携帯を使って写真を撮って恐喝するなど手口が凶悪化していきました。

 

その時代背景には高度経済成長を遂げて成熟した社会で”お金稼ぎ”がしやすくなり、お金と名声を求めて手段を選ばなくなったことや、少年法が改正前であり殺人を犯して少年院に入っても2、3年で出てこられることも拍車を掛けていたようです。

 

そのため、関東連合の半グレの中には”少年ヒットマン”と呼ばれる少年法に守られた殺し屋が横行するようになり、抗争では”メッタ刺し”による殺人が相次ぎました。

 

 

闇社会でうまくスキマ産業を築いた半グレ

 

関東連合ら半グレ集団は暴力団ではないもののそれに準じた行為を行っていたことで、ヤクザには関係を持ちたくないものの闇社会を利用したい会社社長などのニーズにうまく合致したようです。

 

関東連合ら半グレ集団は、スカウト会社や芸能プロダクションなどを設立して美人の女性を斡旋することに長けています。

 

そのため、そうした女性を紹介して欲しい企業の社長や芸能人、有名人らに重宝されるようになりました。

 

関東連合は六本木に多くのバーやクラブを出しており、ジャニーズタレントやアイドル、俳優、女優など有名な芸能人が入り浸っていることからも、関東連合は密接に芸能界と関わりを持ってきました。

 

完全によるの世界で幅を利かせるようになった関東連合ですが、それを面白く思わない本物の暴力団からは圧力を受けることもあり、本職には勝てないため半グレからヤクザに就職する人も少なくないようです。

 

 

芸能界では関東連合はタブー

 

芸能界とも密接に関わっている関東連合は非常に危険な存在のため多くの芸能人が話題に出すことはないようです。

 

前期暴走族として生きた宇梶剛士さんやヒロミさんも、後期暴走族の価値観はまったく異なるものになっているため、絶対に表立って触れることはないようです。

 

ネットでは宇梶剛士さんと関東連合の関係が取り沙汰されることがあり、関東連合だと思っている人も少なくありませんが、直接的にまったく無関係だと言っていいでしょう。

 

しかし、関東連合はいくつかの殺人事件を経て中心メンバーが逮捕されたり、国外逃亡をしたりして2003年に事実上の解散に追い込まれています。

 

 

 

 

宇梶剛士がバツイチ再婚した嫁は一般人女性~子供は2人いる

 

宇梶剛士は1度離婚している

 

宇梶剛士さんは20歳の頃に1度目の結婚をしていますが、22歳の時に離婚を経験しています。

 

最初の嫁との間には長男をもうけており、再婚した現在の嫁との間には長女をもうけています。

 

宇梶剛士さんの嫁、子供達は一般人であることから画像は出回っていないようです。

 

宇梶剛士さんは子育ての流儀として「子供を頭ごなしに決めつけず、徹底的に話し合うこと」と語っていますので、良い父子の関係を築けていることでしょう。

 

 

 

ブラックエンペラー元総長の宇梶剛士についてまとめると・・・

■現在は俳優として活躍する宇梶剛士は、構成員2000人を束ねる日本最大の暴走族「ブラックエンペラー」の7代目名誉総長だった。半グレ集団『関東連合』との関係が噂されるが宇梶剛士とは無関係である。

■宇梶剛士は暴走族時代をまとめた著書やテレビでも当時の武勇伝をよく語っており、18歳の頃に抗争事件の首謀者として逮捕された。その時、少年院で読んだチャップリンの本に感銘を受け俳優を志した。

■宇梶剛士は20歳の頃に1度目の結婚をし、22歳の時に離婚を経験。前妻との間には男の子の子供が1人いる。現在は一般人女性と再婚し、女の子の子供が1人いる。

 

1980年代に日本最大と言われた暴走族・ブラックエンペラーの7代目名誉総長として武勇伝を残した宇梶剛士さんについて総まとめしてきました。

 

現在の穏やかでひょうきんなイメージからは想像もつきませんが、不良時代の宇梶剛士さんは基本的に優しいものの、一度キレると手がつけられない凶悪さも持っていたようです。

 

近年中心メンバーが逮捕された関東連合と宇梶剛士さんとの間には直接的な関係はなく、価値観もまったく違うもののルーツは同じということになります。

 

宇梶剛士さんの自叙伝『不良品』でその生き様を垣間見ることができますが、いつか映画化して欲しいですね。

 

関連記事

元ヤンキー芸能人の武勇伝ランキングまとめ【男性&女性】

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

袴田吉彦

袴田吉彦の嫁・浮気相手まとめ!アパホテル不倫LINE写真流出

妻夫木聡・マイコ

【結婚】妻夫木聡の嫁・マイコは高身長ハーフ女優で学歴はお嬢様!2人の馴れ初めや結婚マル秘エピソードまとめ

菅田将暉・二階堂ふみ

菅田将暉の彼女は二階堂ふみ?熱愛フライデーまとめ【画像付き】

橋爪遼

橋爪遼が逮捕!父親・母親・妹など家族情報&結婚の有無と現在まとめ

速水もこみち

速水もこみちはハーフ?本名と卒アル・彼女と熱愛報道がない理由も総まとめ!

DEn0DA9UQAEsHzE

三浦翔平の彼女遍歴と結婚情報!本田翼と破局で桐谷美玲と熱愛!

CyrVmtpXcAAWm_r

【薬】成宮寛貴「コカイン場面」フライデー記事写真&現在の状況まとめ【画像あり】

阿部寛

阿部寛が結婚した嫁と子供まとめ!奥さんとの馴れ初め・娘の現在も徹底紹介

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

あびる優・才賀紀左衛門

あびる優の旦那が浮気!子供や結婚生活&離婚の行方まとめ

3c6b35d98b948c28f0a02968e55bb329_28112

綾野剛の彼女遍歴と結婚観&本名まとめ!熱愛報道は多いけど実際は…?

太田光と太田光代

太田光と嫁・太田光代の結婚や子供・不妊治療まとめ!離婚しない理由とは?

飯田圭織

飯田圭織の旦那と子供まとめ!バスツアー事件や長男死去も徹底紹介

スクリーンショット-2015-05-30-13.33.47

ロンブー淳の嫁・西村香那に黒い噂!?田村淳の結婚相手と子供の情報まとめ

yye

薬丸裕英は子供5人!嫁や息子と娘&自宅の情報を総まとめ

山口達也

TOKIO山口達也が離婚!美人な元嫁と子供、怪我で眼帯の理由まとめ

84e2a12e

黒木メイサ・赤西仁・子供の現在の画像流出!一時期は離婚説も夫婦仲は順調?

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

愛内里菜

愛内里菜の現在は子供持ち!引退理由や本名、垣内りなへの改名理由や最近の様子まで総まとめ

平子理沙

平子理沙の顔の劣化と整形疑惑、昔と現在の画像で徹底検証!高須クリニック院長の見解は?

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す