田中香織

押尾学の現在!事件の真相とホステス田中香織の正体&その後まとめ

2009年に六本木ヒルズの高層マンションの一室で合成麻薬MDMAを使用し、愛人の銀座ホステス・田中香織さんを死亡させた押尾学さん。

 

逮捕・刑務所暮らしを経て2014年に出所しましたが、直後から派手な暮らしぶりが話題になりました。

 

”押尾学事件”の真相について詳しくまとめたのでご紹介します。

押尾学のプロフィール&生い立ち

 

名俳優とも言われた謎多き犯罪者・押尾学


押尾学さんの名前は現在でも話題に上ることが多く、本当の意味で”押尾学事件”は収束していないようです。というのも、この事件の黒幕には森元首相(森喜朗)の長男で2011年7月25日に急性膵炎による多臓器不全で亡くなった森祐喜さんが密接に絡んでいたからのようです。

『紙の爆弾』2015年3月号では押尾学さんが事件の全貌を暴露するという噂について取り上げたようですが、まだ語られていないようです。事件の真相について詳しくまとめました。

 

押尾学さんのプロフィールはこちら。

 

本名: 押尾 学(おしお まなぶ)
生年月日: 1978年5月6日
出生地: 東京都
身長: 184 cm
体重: 78 kg
血液型: A型
職業: 元俳優、歌手
活動期間: 1998年 – 2009年
配偶者: 矢田亜希子(2006年 – 2009年)
事務所: エイベックス・マネジメント(最終所属)

 

引用:Wikipedia – 押尾学

 

押尾学さんは”押尾学事件”の印象が強すぎて世間での印象は「アウトロー」「犯罪者」ですが、かつては芸能界で俳優として多数ドラマに出演して活躍していました。

 

2002年にドラマ『春ランマン(関西テレビ・フジテレビ系)』で主演デビューを果たし、同年に『ダブルスコア(フジテレビ系)』で反町隆史さんとW主演、2003年には『クニミツの政(関西テレビ・フジテレビ系)』で主演し、自身がリーダーを務めるバンド「LIV(リヴ)」が主題歌を歌うこともありました。

 

押尾学さんはイケメンの演技派俳優として期待されていましたが、2009年の”押尾学事件”をきっかけに芸能界から追放されてしまいます。

 

しかし、事件により逮捕されて懲役3年6ヶ月 の実刑判決が降りて収監されましたが、出所後の押尾学さんの派手な生活ぶりからネットでは様々な憶測が飛び交いました。

 

押尾学さんはなぜ出所直後から悠々自適な生活ができているのか、死亡したホステス・田中香織さんは何者だったのかなどについて詳しくまとめたのでご紹介していきましょう。

 

 

押尾学の生い立ち&経歴

押尾学の生い立ちは決してまともな家庭環境ではなかった

押尾学さんの半生を記した著書『A.I.G.H』では押尾学さんの家庭環境は裕福で恵まれており、両親からの愛情も受けていたように捉えられるようですが、押尾学さんが歪んだのは父親のせいでもあったようです。

 

押尾学さんは1978年5月6日に東京都で生まれました。

 

週刊文春の調べによれば、押尾学さんの父親は押尾満さんという方で、若い頃に大手私鉄系列の商社マンだったそうで、母親も同じ企業に勤めており職場恋愛の末に結婚したそうです。

 

押尾満さんはその後東証一部上場企業の金属加工が慰謝の子会社役員として転職し、仕事の関係で押尾学さんが4歳の頃にアメリカ・ロサンゼルスに移住しました。

 

押尾学さんが帰国したのは12歳の頃なので、英語が堪能になりバイリンガルとなりました。

 

押尾満さんは帰国後に同社が新しく立ち上げるホテルの総支配人に抜擢されて、以降はかなり裕福な暮らしをしていたと見られています。

 

ちなみに、押尾満さんは身長が175センチ以上ある細身の紳士的なルックスで、非常に魅力に溢れるモテる人だったそうです。

 

押尾学さんの”ビッグマウス”は父親譲りだと本人が語っていたことを関係者が明かしました。

 

 

 

押尾学は父親を尊敬していた?

押尾学さんの著書『A.I.G.H』では、父親についても書かれてあり、目をかけて育てられたであろうことが感じ取れるようです。

 

”押尾学事件”の後に押尾学さんの人物について気になった人が著書『A.I.G.H』を読んだ結果、その生い立ちについて不可思議に思う点があったようです。

 

その『A.I.G.H』に書かれていた押尾学さんの言葉は以下の通りです。

 

「俺は子供の頃、父親に色々な国に連れて行ってもらい本当に良い経験をした。だから自分の子供にも同じように外国に連れて行き広い世界を見せてあげたいと思ってたのに」

 

引用:Yahoo!知恵袋 – 押尾学の生い立ちを見たら、目立った困難や苦

 

この質問を「Yahoo!知恵袋」に投稿した人は、押尾学さんが麻薬に手を染めて人一人死なせる事件を起こすような人物の割にはまともな家庭環境で育っていると読み取ったようです。

 

 

押尾学さんが親から酷い虐待を受けていたり、育児放棄をされて育ったのなら現在の性格でも納得できるところ、そのような記述が書籍になかったことから疑問に感じたようです。

 

しかし、押尾学さんが書籍『A.I.G.H』に綴った中には、孤独な少年期を過ごしたのだろうと思わせる記述もあります。

 

独りでいたとき、強くなりたい、仲間が欲しいってずっと思ってた。マンガをよく読んでたな。「ろくでなしブルース」の海老原って奴に惚れちゃってね、真似して吸ったよタバコを。

 

引用:まとめトップ – ネット上の創作ではないリアル押尾語録―押尾学

 

押尾学さんは父親にいろいろな国に連れて行って貰ったこと自体には感謝しているようですが、それ以外にまともな人格形成を促すような育児には参加していなかったようです。

 

母親の記述がネット上で確認できないためわかりませんが、押尾満さんはほとんど自宅には帰って来ず愛人と不倫をしており、押尾学さんが少年期から孤独を抱えてアウトローの世界にのめり込んで行ったのは確かなようです。

 

 

押尾学の父親も犯罪者気質だった?

権力を手に入れ悪事に手を染め始めた父親

ホテルの総支配人という権力を手に入れた押尾学さんの父親は職権乱用して贅沢三昧をするようになります。

 

押尾学さんの性格が平気で犯罪に手を染めるようになった背景として一番疑わしいのは父親・押尾満さんの存在でしょう。

 

押尾満さんは前述の通りホテルの総支配人になったわけですが、その権力を行使して自宅の購入資金を取引先企業を便宜する代わりに出資させたり、ホテルの一室を個人的な利用目的で使用したりとやりたい放題やっていたそうです。

 

さらに会社の費用で秘書と称して美人のコンパニオンをホテルに出入りさせ、愛人として関係をつくり妊娠までさせたと言われています。

 

 

押尾学の父親はお金で押尾学の母親を黙らせていた

権力を利用して好き放題やっていた押尾満さんは母親を納得させるために給料は全額渡していたようです。

 

押尾満さんはホテルでの愛人との生活に夢中だったのか、自宅にはほとんど寄り付かなかったため父親不在の状態で押尾学さんは育ったようです。

 

そして、押尾学さんの母親には給料を全額渡すことで納得させ、お金が無くなれば取引先の企業にたかっていたという。

 

押尾学さんは中学校3年生から高校1年生にかけてブラジルやドイツへサッカー留学をしていますが、その渡航費用だったり滞在先での生活費数十万円も取引先の企業に出させていたようです。

 

押尾学さんはそうした父親の姿を見て育ったため、この頃には不良のリーダーとなっており、悪友を引き連れてはホテルのバイキングで無銭飲食をしていたそうです。

 

 

押尾学、父親と悪事の二人三脚

問題がバレてクビになった父親を押尾学が助ける

押尾満さんの職権乱用も長くは続かず、本社にバレた結果当然解雇となりました。しかし、職を失った父親を助けたのは完全なアウトローに成長していた押尾学さんでした。

 

押尾満さんはホテルの総支配人から解雇された後にベトナム料理店のマネージャーを始めましたが、押尾学さんが自身の人脈を活用してさらに身入りの良い六本木ヒルズの高級中華レストランのマネージャーの席を用意します。

 

しかし、押尾満さんは5年でそのお店を退職し、赤坂にある有名中華レストランに移りましたが、ほどなくして退職しています。

 

というのが、週刊文春が伝えた”押尾満さん像”ですが、ネット上では別の説があります。

 

 

押尾学の父親は”立派な人”だった説

押尾学の父親は立派な人物だった?

ここまでお伝えしてきた”押尾満さん像”は家族を顧みず犯罪に平気で手を出す悪党でしたが、押尾学さんの父親としては納得しやすい人物像でした。しかし、ネット上では犯罪とは円遠い”立派な人物”だとも言われています。

 

週刊文春で報じた内容とは全く違うもう一つの説では、押尾満さんは駒澤大学で野球をしており、4番・ファーストでキャプテンを務めていた優秀なプレーヤーだったそうです。

 

そのため球団からオファーがあったようですが、押尾満さんは大学卒業後はホテルでの仕事がしたいと思っていたことからプロへの道を断ったそうです。

 

押尾満さんは一流ホテルへ就職し、実績を積む中でアメリカで起業するためにホテルを退職し、家族4人でロサンゼルスに移住します。

 

帰国してからは押尾満さんは都内のホテルで総支配人を務めていたそうですが、その仕事ぶりは非常に評判が良かったそうです。

 

「物腰が柔らかく、それでいて銀行員のようなお堅い印象の、実直なエリートホテルマン という感じのする人です。米国から帰国後は、都内のホテルで支配人をしていました」 

 

引用:2ちゃんねる – 【社会】 押尾学、女性死亡での立件見送りへ…「死因不明、事件直後に葬儀前に火葬、泡吹き状態を放置、捨てられた携帯」と謎残る

 

押尾満さんは50歳を超えると総支配人を退職し、都内に高級レストランを次々とオープンさせてオーナー業に乗り出したそうです。

 

”押尾学事件”の現場となった六本木ヒルズにある高級中華料理店のオーナーもしており、「押尾学の父です」と客に対してフランクに話しかけることもあったという。

 

週刊文春が伝えた悪党ぶりとは真逆の人物像ですが、もしこちらの押尾満さんが真実なら、押尾学さんは渡米している間に孤独を抱えてアウトローの道に進んだだけなのかもしれません。

 

家庭環境がまともでも子供が社会的要因から不良になることはやはりあるようですね。

 

 

押尾学、芸能活動と結婚・離婚

押尾学、俳優・ミュージシャンとして才能を発揮

現在では犯罪者のイメージが強い押尾学さんですが、芸能界デビューしてからは俳優として演技力も評価され、バンド「LIV(リヴ)」でもボーカル兼リーダーとして高い志を持って活躍していました。

 

押尾学さんは少年時代から音楽に目覚めたようですが、アメリカの偉大なロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」に強い影響を受けているようです。

 

押尾学さんは同バンドのにボーカリストであるアクセル・ローズを”永遠のヒーロー”と尊敬しており、「アクセルローズの全てに惚れ、その衝撃が音楽を目指すきっかけになった」と語っていることから、自身のバンド「LIV」のルーツにもなっているようです。

 

「LIV」はオリコンインディーズチャートで1位を獲得したこともあり、メジャーデビューしてからは12枚のシングルと5枚のアルバムをリリースしているようです。

 

 

 

 

押尾学、女優の矢田亜希子との結婚と離婚

押尾学さんは2005年4月から放送されたドラマ 『夢で逢いましょう(TBS)』で共演した矢田亜希子さんと2006年11月13日に結婚しました。

 

押尾学さんと矢田亜希子さんの間には結婚の翌2007年11月19日に第一子となる長男・りあむ(LIAMと発表)くんが誕生しました。

 

矢田亜希子さんは育児のためか出産後は仕事が減っていき、ドラマへの出演は2006年4月からスタートした『トップキャスター(フジテレビ)』で最後、アフラックのCMも契約を終了しています。

 

しかし、2009年に”押尾学事件”が起こったことをきっかけに夫婦関係を解消、矢田亜希子さんとの離婚が発表されました。

 

 

矢田亜希子が一時消えたのは押尾学にクスリ漬けにされたから?

現在も女優として華々しい活躍を見せる矢田亜希子さんですが、押尾学さんの薬物逮捕事件があった直後には同様に薬物使用疑惑を持たれたことがありました。

 

押尾学さんが薬物逮捕されたことで、矢田亜希子さんの所属事務所トヨタオフィスはあらぬ嫌疑がかからないように翌日から手を打ちました。

 

事件の翌日にマスコミ関係各社に送られたFAXには、「矢田亜希子さんが半年前から押尾学さんと別居状態にあったこと」、「矢田亜希子さんが夫の不祥事に胸を痛め、妻として責任を感じていること」が書かれてあり、薬物の使用には全く関わっていないことを強調しました。

 

 

しかし、週刊誌などの調査によれば、押尾学さんと矢田亜希子さんが別居していた事実は不明であり、押尾学さんが六本木ヒルズや都内の高級マンションで愛人と密会していたことは事実ながら、別居をしていた証拠はないという。

 

 

押尾学さんが薬物を使用した時期は警察の発表で「平成21年8月3日の周辺」とされており、矢田亜希子さんはその間に川崎にある実家に帰ったと見られています。

 

そのため、トヨタオフィスがマスコミ関係各社に送ったFAXの内容に眉をひそめたようですが、矢田亜希子さんが薬物を使用した当時の押尾学さんとは接点がないということを強調しておいたおかげで、今日まで問題なく女優活動を続けられてきたのかもしれません。

 

しかし、後にネット上では矢田亜希子さんが薬物を使用していた疑いが確認できる動画が公開され、とあるパーティーに出席した矢田亜希子さんはハイになっており、目が尋常じゃなかったと言われています。

 

問題の動画は現在削除されてみることができないようですが、もしかすると矢田亜希子さんは押尾学さんの影響で数度だけ薬物に手を出したことがあったのかもしれませんね。

 

 

 

押尾学事件の真相と死亡したホステス・田中香織の正体

死亡したホステス・田中香織を見殺しにしたのは押尾学と森祐喜どっち?


”押尾学事件”でMDADの服用により急死した銀座ホステスの田中香織さんですが、押尾学さんは保護責任者遺棄致死罪で逮捕されたものの、実は故・森祐喜さんの身代わりだったと言われています。

 

2009年8月2日に六本木ヒルズのマンションの一室で、押尾学さんと愛人で銀座ホステスだった田中香織さんがMDMAを服用し、田中香織さんのみ禁断症状を起こして泡を吹き死亡したというのが”押尾学事件”の概略です。

 

押尾学さんは田中香織さんを見殺しにしたとして保護責任者遺棄致死罪で逮捕され、自身もMDMAを使用したことによる麻薬取締法違反と合わせて3年6ヶ月の実刑判決を受けました。

 

押尾学さんは刑務所内では芸能人ということで独房に入っており、炊場工場での刑務作業をしていたそうです。

 

2014年12月に仮釈放されると、押尾学さんは世間がびっくりするような優雅な生活を再開させました。

 

 

 

押尾学、出所後の羽振りの良さの真相

押尾学が出所後に悠々自適な生活ができる理由とは

押尾学さんは仮出所後にSNSなどで羽振りの良い生活ぶりを披露しており、出所からわずか8ヶ月で美女との路上キスも週刊誌にスクープされました。

 

押尾学さんは仮出所後に週刊誌からインタビューをされているようですが、それによれば職業は言えないものの芸能界で活動していた時よりも実入りが良いことを明かしました。

 

現在の職業は不明だが「何をやってるかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と羽振りのよさそうなことを、写真誌の記者に話しているという。 

ただ、前出の記者によると「平日3日ほどを追跡しても会社に出勤している様子はなかった」というから、その金の出どころはその後援者なのだろうか。

 

引用:exciteニュース – 押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

 

押尾学さんは出所後に輸入関連事業を始めたとも言われており、6ヶ月後には『押尾学完全特集』と題してネット上で押尾学さんへのインタビュー動画が公開されました。

 

これはFX投資の手法を販売する会社の企画で、”押尾学が月に300万円を稼いでいるという噂は本当なのか”というキャッチコピーと共に見込み客を呼び込み、結局はFX商材を販売していたようです。

 

暴力団関係者とは言わないまでも、悪質な情報販売会社と結託して押尾学さんは情報販売でも稼いでいたようです。

 

しかし、こうした収入以外にも押尾学さんには資金援助者である”タニマチ”が付いていると言われています。

 

 

押尾学のタニマチ”S氏”とは?

押尾学は事件の真相の重大なカギを握っている?

”押尾学事件”では森元総理の長男である故・森祐喜さんが密接に関わっていたと言われていますが、口封じのために押尾学さんにはS氏というタニマチ仲介役がいるようです。つまり、押尾学さんのタニマチは森喜朗さんということになります。

 

週刊誌が伝えるところによれば、押尾学さんへ資金援助しているS氏は現在ゴミ処理事業で成功している事業家だと言われていますが、よく押尾学さんと一緒にいるところを目撃されているそうです。

 

飲食代などの支払いはすべてS氏が行い、高級マンションの一室も押尾学さんのために用意しているという。

 

しかし、押尾学さんが弱みを握っているためS氏の立場は低いようです。

 

「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているようで、それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」(同記者)

 

引用:ネタりか – 押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

 

このS氏という人物の正体は、押尾学さんが逮捕されるまで元々政治家の秘書をやっていたようで、当時の状況からも森祐喜さんの秘書だった可能性が高いようです。

 

森祐喜さんは森元総理の長男で、石川県議会議員を務めていましたが、”押尾学事件”から2年後の2011年7月25日に急性膵炎による多臓器不全で46歳の若さで亡くなっています。

 

しかし、森祐喜さんは事件で亡くなったホステス・田中香織さんと一緒に撮影した写真が公開され、さらに田中香織さんが在籍していた銀座のクラブの常連だったことからも、事件当時に一緒にいたと推測されるようになりました。

 

 

押尾学は森喜朗の弱みを握り続けている?

事件後の森祐喜の行動がおかしい

”押尾学事件”の1年後に森祐喜さんはコンビニに車を突っ込む事故を起こし、その翌年に倒れ亡くなっています。

 

”押尾学事件”が起きた直後に押尾学さんの周りでは不穏な動きがあったようで、森祐喜さんの不祥事として公になることを恐れた森喜朗さんは側近に命令して、当時押尾学さんのタニマチだったパチンコ業界関係者を通じて口止め料として2億円を振り込んだと言われています。

 

その森喜朗さんの手配も虚しく、森祐喜さんは事件からちょうど1年後となる翌年8月に飲酒運転でコンビニ「ポプラ小松大島店」に車を突っ込み逮捕されてしまいます。

 

事故当時、森祐喜さんは足元がおぼつかず、意味不明な言葉を呟いていたことが目撃されていますが、明らかに飲酒運転にも関わらず県警は現行犯逮捕をせずに任意同行を求めたことが後に物議を醸しますが、この事故により森祐喜さんは石川県議会議員を辞職。

 

この事故により森祐喜さんへの薬物使用疑惑も浮上しましたが、事故後はどんどん体調を悪くしていき本人から真相が語られる前に亡くなってしまいます。

 

そして、当時森祐喜さんの秘書をしていたS氏が押尾学さんへの口封じのために仲立ち役をしていると言われています。

 

 

押尾学が悠々自適な生活ができるのは口止め料があるから

押尾学さんが本当に森喜朗さんから口止め料を貰っていたなら最低でも2億円(別説では3億円)は当時持っていたことになりますので、派手な生活もできるでしょう。

 

押尾学さんへの口封じと同時に、森喜朗さんは権力を使ってマスコミを動かし、”押尾学事件”をかき消すように”酒井法子逮捕報道”を過剰に流していたようです。

 

人が死んだ押尾学事件に森元総理の子息も本当は関係していた可能性が高く、その事件が起きた8月2日からちょうど一年がすぎた8月7日の事件となったからです。

この事件を当初は隠蔽しようとしたのは、日本の警察権力でした。

したがって、押尾学の事件から急きょ、過剰な酒井のりこ報道にさしかえられたのです。

 

引用:カナダde日本語 森祐喜に田中香織さんの罰が下った日

 

「日本最大のやくざは警察」と暴力団組長の父親を持つ作家・宮崎学さんが言っていたようですが、大物政治家の森喜朗さんの立場を少しでも悪くするような情報は権力を使って封鎖するのでしょう。

 

 

 

押尾学は森祐喜の身代わりで収監された

押尾学は森祐喜の身代わりで刑務所へ

押尾学さんは2億円とも3億円とも言われる口止め料の代償は、事件の犯人として刑務所に3年6ヶ月入ることだったようです。

 

押尾学さんと田中香織さんの当時のメールでのやりとりの記録は裁判中に公開されましたが、それによると押尾学さんが田中香織さんにMDMAを勧めた内容がありました。

 

押尾学さんはその内容を否認しており、一貫して「田中香織にMDMAを勧められた」と主張したためその内容を知った人からは批判を浴びました。

 

しかし、田中香織さんが禁断症状を起こした当時、現場には森祐喜さんもおり、死にゆく田中香織さんを放置して森祐喜さんが逃げる代わりに押尾学が罪を被るというやり取りがあったと推測されています。

 

本当か嘘かはわからないが、押尾学被告が、田中香織さんの容態に異変が起きたことを警察に連絡するまで時間が異常に長くかかったのは、森祐喜側から3億円をもらって、森祐喜の身代わりになったからという噂もネットでは飛び交っている。つまり、当日、田中香織さんと部屋にいたのは、押尾学と森祐喜の2人であり、押尾学は森祐喜に頼まれて、田中さんと2人だけで部屋にいたことにされたということだ。

 

引用:カナダde日本語 森祐喜に田中香織さんの罰が下った日

 

これが事件の真相だったとしても結局森祐喜さんも亡くなってしまったため掘り返しても仕方ありませんが、もしかすると今後押尾学さんが金銭目当てで暴露すると言い出す可能性はあるかもしれません。

 

森喜朗さんもそれを危惧しているためタニマチのS氏を通じて金銭的援助を続けているのでしょう。

 

 

 

押尾学の裁判費用は両親が負担した?

裁判費用までタニマチが面倒を見なかった?

億単位の金銭的支援を受けていると見られる押尾学さんですが、なぜか裁判費用は両親が負担したと言われています。

 

押尾学さんが口止め料をもらっているのなら裁判費用程度なら簡単に支払うことができると思いますが、週刊誌「女性自身」ではなぜか両親が負担したと報じています。

 

最高裁までの裁判費用の合計は1,000万円を超える可能性もあるようで、さらに亡くなった田中香織さんの遺族も民事訴訟を起こして賠償金請求をする準備があると報じていました。

 

押尾学さんの父親が前述した2つのエピソードの内後者であれば支払いも可能だと思いますが、もし前者だとしたら普通の収入レベルの両親にこれらの金額を支払うのは厳しいでしょう。

 

ちなみに押尾学さんの母親は、もし再び同じような事件を起こしたら縁を切ると話していたそうです。

 

 

押尾学と親交のあった死亡したホステス・田中香織とは?

ホステス・田中香織は暴力団と密接な関係にあった

”押尾学事件”で死亡した被害者だと思われた田中香織さんは、多くの暴力団組員と関係を持ち、押尾学さんと出会う以前から薬物使用をしていたと見られています。

 

田中香織さんは銀座ホステスと報じられていますが実はキャバ嬢だったそうです。

 

「麗城あげは」という源氏名で接客をしていたそうですが、この情報の出処は裁判中に証人として出廷した田中香織さんの兄貴分を名乗る人物で、この名前で始終呼んでいたそうです。

 

田中香織さんは非常に成功に対して貪欲だったようで、一介のキャバ嬢から大物とも知り合える可能性が高くなる銀座のホステスになるために、この兄貴分に相談してきたそうです。

 

そして、田中香織さんが暴力団関係者と密接な関係にあったことを裏付ける証拠として、法廷で押尾学さんの弁護人が語った冒頭陳述が次の通りです。

 

「田中さんは暴力団関係者の組長と親密な付き合いがあったことも明らかとなっています。田中さんの自宅からは暴力団関係者の名刺がたくさん発見され、田中さんの背中には入れ墨がありました。田中さんが働いていたクラブのママの調書には、田中さんが最近薬物を使用していたとも書かれてあります」 

 

引用:ЯαYの日記 – 押尾学MDMA事件 亡くなった田中香織さんの素性について

 

暴力団の組長と愛人関係にもあった田中香織さんが押尾学さんい近づいた理由は、今後の成功の足がかりとして押尾学さんのバックについている人脈が狙いだったそうです。

 

初めて押尾学さんと関係を持った時に、兄貴分に対して田中香織さんは「食っちゃった」と話したことが法廷で証言されています。

 

この「食っちゃった」とは成功の足がかりに押尾学さんを虜にしたという意味合いでしょう。

 

 

クラブのママの証言では田中香織はヤク中だった

暴力団組長の愛人であり、成功のために多くの男性と関係を持ってきた田中香織さんのストレスは尋常ではなかったと思いますが、クラブのママの証言では薬物を常用していたそうです。

 

田中香織さんが働いていたクラブのママの調書では、麻薬を普段から使用していたことが明かされており、田中香織さんの家宅捜査によりコカインが押収されています。

 

押尾学さんからMDMAの使用を勧められたという印象で報じられましたが、田中香織さんは普段からコカインを常用している麻薬中毒者だったため、普通のことだったのでしょう。

 

 

コカインと合わせてMDMAにより悪い作用が起きた?

事件当時、押尾学さんはMDMAを1錠、田中香織さんは3錠飲んだそうで、さらに自宅から押収されたコカインを使用して時間が経っていなかったなら非常に危険のようです。

 

MDMAは1錠5,000円くらいで大麻や覚せい剤に比べると簡単に手に入り、錠剤を飲むだけなので使用への抵抗感はずっと少ないそうです。

 

 

押尾容疑者の事件では、同容疑者と一緒にMDMAを摂取したとされる女性(30)が急死している。死因はまだ不明だが、女性の部屋からはコカインが押収されており、チャンポンが死に結びついた可能性もある。 

「MDMAは乱用者の7割が10代から20代の若者。
 “市場”が小さいため、品質が安定しない。
 不純物や別の成分が混ぜられているケースも多く、
 これが事故につながりやすい。ほかの薬物と併用すると、
 より危険度は増す」(捜査関係者) 

 

引用:MATSUFUJI – 劇ヤク「MDMA」体験者が激白


とはいえ、田中香織さんの死因はMDMA中毒だとされており、コカインの成分が検出されたとは言われていないため、事件当時は併用はしていなかったのでしょう。

 

しかし、MDMAの中には粗悪品も少なくなく、中には致死性の高い猛毒成分であるダイオキシンが含まれているものも見つかっており、田中香織さんはこうした粗悪品に当たってしまった可能性も否めないでしょう。

 

 

押尾学についてまとめると・・・

かつては芸能界で俳優、ミュージシャンと活躍しながらも、”押尾学事件”により芸能界を追われてしまった押尾学さんについてまとめてきました。

 

押尾学さんは同事件により政治家だった森祐喜さんの身代わりになったと言われていますが、現在もタニマチは付いており、完全に終わったわけではないようです。

 

2015年3月の月刊『紙の爆弾』では押尾学さんが事件の真相について暴露するという噂が報じられましたが、現在のところまだ暴露するつもりはないようです。

 

このままお墓まで持っていくのか、はたまたお金が無くなった時の切り札として取っておくのか、今後の押尾学さんの動向にも注目が集まるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

関東連合

関東連合と芸能人の関係や相関図!現在や最強メンバーも総まとめ

伊藤リオン

伊藤リオン現在は沖縄で喧嘩!海老蔵事件の真相や山口組波紋情報も総まとめ

グレートサスケ

グレートサスケ息子と成宮寛貴の関係まとめ!長男アンドレの素顔やセクハラ疑惑の真相を調査

スマイリーキクチ

スマイリーキクチがコンクリート事件の犯人に…中傷被害事件まとめ

横田めぐみ

横田めぐみの現在!父・母・弟・娘&北朝鮮拉致問題の真実まとめ

林真須美死刑囚

和歌山毒物カレー事件・林真須美の現在!冤罪説&夫や子供情報も総まとめ

世田谷一家殺人事件

世田谷一家殺人事件の犯人と真相まとめ!韓国人の犯行と言われる理由

o0640036013964173734

内柴正人の現在!事件の被害者や元嫁との離婚&最近の様子まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

高橋尚子

Qちゃん高橋尚子が結婚せずパチンコ依存!彼氏・西村孔との現在は?【画像あり】

相田翔子

相田翔子が結婚した旦那と子供&かわいい現在まとめ!年を取っても劣化せず

hqdefault

【ものまね女王】荒牧陽子の現在は?干された理由2つと夫の情報もまとめ【画像・動画有】

大島美幸子供名前ブログ息子

【子供】大島美幸の流産~妊活・出産の流れまとめ!現在は第二子に挑戦?

CzMRInoUoAIIB82

堀江貴文の子供&元嫁との結婚と離婚原因まとめ!現在の様子も徹底紹介

草刈正雄

【嫁・息子・娘】草刈正雄の家族の情報まとめ【大塚悦子・草刈雄士・草刈紅蘭・草刈麻有】

井上聡

次長課長の井上聡の彼女遍歴と現在!消えた理由も総まとめ

プチエンジェル事件

プチエンジェル事件の真相まとめ!顧客名簿・犯人の正体など徹底紹介

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

松下由樹

松下由樹の彼氏や結婚観&若い頃から現在までの体重変化まとめ

武井咲

武井咲の韓国人&元ヤン説の真相!TAKAHIROと性格不一致で離婚の可能性も?

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す