DHFv6woUIAAOVmr

24時間テレビ歴代マラソンランナー&やらせ真相まとめ!西村知美ワープ事件とは?

日本の夏の風物詩とも呼べる24時間テレビですが、その中心企画であるチャリティマラソンに関しては、ネット上でのやらせ疑惑が絶えません。

 

この記事では、歴代の24時間マラソンランナー、およびネット上での「チャリティマラソンやらせ疑惑」の真実についてまとめてみました。

24時間テレビ 「愛は地球を救う」とは?

 

ジャンル:チャリティ番組
放送開始時期:1978年8月26日
制作局:日本テレビ
放送国:日本

 

1978年より始まった24時間テレビですが、元々はアメリカのチャリティキャンペーン「レイバー・デイ・テレソン」を真似て始まった番組だったそうです。

 

スポンサーの消極的な反応や局内の反対意見などにより、1回限りの特別番組の予定だった24時間テレビですが、視聴者からの募金額の大きさに次回以降の継続が決定したと言われています。24時間テレビに関しては、いわば民意が継続させた番組とも呼べる成り立ちがあることになります。

 

そんな24時間テレビの名物企画であるチャリティマラソンですが、歴史は案外浅かったりします。

 

番組がスタートして十数年も経てば、企画面でのマンネリ化の声も聞こえ始めて来ます。そのため、日本テレビが1992年に、「24時間テレビの改革」として始めた企画の1つがチャリティマラソンとなりました。24時間テレビのテーマ曲として有名な「サライ」も、実はこの年から採用されたものだったりしますね。

 

以降は「サライ」共々24時間テレビの顔へと成長したチャリティマラソンですが、2000年代に入るとネット社会化の影響か、やらせ疑惑も囁かれるようになっていますね。

 

 

初回から波乱含みだった24時間テレビのチャリティマラソン

今ではマラソン芸人として有名な間寛平さんですが、間さんのマラソン芸人キャラが全国に浸透するきっかけが、24時間テレビのチャリティマラソンだったと言われています。

 

1992年より始まった24時間テレビ内企画であるチャリティマラソンですが、記念すべき第1回目のランナーはお笑い芸人の間寛平さんでした。

 

第1回のチャリティマラソンに関しては、企画としては失敗に終わっています。スタッフの不手際により、マラソンコースが事前に漏洩してしまったせいでコース上に人が集まり、間さんがゴールまでたどり着くことが出来なかったためです。

 

以降は、マラソンコース情報を非公開にするなど野次馬対策を取ることにより、ランナーが安心してゴールを目指せる体制となりました。

 

24時間テレビ歴代のマラソンランナーと走行距離まとめ

1992年:間寛平→200キロ途中棄権
1993年:間寛平→200キロ再チャレンジ 
1994年:ダチョウ倶楽部→100キロ 
1995年:間寛平→600キロ神戸~東京を7日間で完走
1996年:赤井英和→100キロ 
1997年:山口達也→100キロ 
1998年:森田剛→100キロ 
1999年:錦野旦→110キロ 
2000年:トミーズ雅→150キロ
2001年:研ナオコ→85キロ
2002年:西村知美→100キロ
2003年:山田花子→110キロ
2004年:杉田かおる→100キロ
2005年:丸山和也→100キロ
2006年:アンガールズ→100キロ
2007年:萩本欽一→70キロ(ゴール時刻21:05)
2008年:エド・はるみ→113キロ(ゴール時刻20:42)
2009年:イモト→126,585キロ(ゴール時刻21:12)
2010年:はるな愛→85キロ(ゴール時刻20:45)
2011年:徳光和夫→63,2キロ(ゴール時刻20:44)
2012年:佐々木・北斗一家→120キロ(ゴール時刻20:58)
2013年:森三中・大島→88キロ(ゴール時刻21:20)
2014年:城島茂→101キロ(ゴール時刻20:48)
2015年:DAIGO→100キロ(ゴール時刻20:44)
2016年:林家たい平→100.5キロ(ゴール時刻20:46)

 

 

24時間テレビのチャリティマラソンにおいて、歴代最多の参加となっているのは間寛平さんです。

1992年~1993年、1995年の計3回ほどランナーに選出されています。

 

24時間テレビのチャリティマラソンですが、現在ですと練習時間の都合からか、やや旬の過ぎた芸能人がランナーに選ばれる印象があります。しかし、初期のチャリティマラソンに関しては、企画定着のためかその時代に旬となっている芸能人がランナーに選ばれていました。

 

 

チャリティマラソン企画としては、第3回目となる1994年のランナーに選ばれたダチョウ倶楽部の3人も、当時ブレイク中のお笑い芸人たちでした。

 

1996年には、当時「セカンド・チャンス」や「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」といった人気ドラマで主演をしていた赤井英和さんが、チャリティマラソンのランナーに選ばれています。

 

 

1997年のランナーに選ばれたTOKIOの山口達也さんも、当時は役者を中心に個人活動中だったりしました。

この頃の山口さんは、「番茶も出花」や「小児病棟・命の季節」といったテレビドラマで活躍していました。

 

続く1998年には、当時人気絶頂期だったV6から森田剛さんがランナーに選ばれていますね。この人気者路線が変更されたのは、1999年にランナーに選ばれた「にしきのあきらさん」からとなります。

 

 

24時間テレビマラソンの都市伝説!やらせ疑惑について

そもそも「24時間もあれば、余裕で歩いて移動出来る距離じゃないの?」という冷静な突っ込みまであるチャリティマラソン。

 

テレビ番組には、基本的に演出という名のやらせが多かれ少なかれあるものですね。24時間テレビのチャリティマラソンに関しても、ネット上ではやらせ疑惑が囁かれていたりします。チャリティマラソンのやらせ疑惑に関しては、まずランナーが日本武道館に到着するタイミングがおかしいとの声が挙がっています。

 

チャリティマラソンはゴール到着時間を調整している?

もしかしたら、ランナーと一緒に並走するスタッフたちの中に、時間調整の担当役がいるのかもしれませんね。

 

24時間テレビは、会場となる日本武道館を中心に、各地で同時進行している様々な企画がテレビ中継されるという方式の番組です。

 

 

チャリティマラソンのゴールに関しても日本武道館に設定されており、番組のフィナーレにランナーがゴールテープを切る姿は、一種のお約束化していますね。

 

とはいえ、毎回のように番組のフィナーレの時間に合わせてランナーがゴールする姿は、さすがに都合の良すぎる展開ではあります。

 

ランナーの性別や年齢に合わせて変動するチャリティマラソンの走行距離ですが、基本的には100kmが1つの基準となっていると言えます。この100kmという走行距離は、それなりの市民ランナーレベルならば、10時間もあればゴールまでたどり着ける距離だったりしますね。

 

そのため、チャリティマラソンには、本来はもっと早くゴール出来るはずなのに、エンディングに合わせて到着時間を調整しているという疑惑がネット上で囁かれ続けている状況です。

 

 

チャリティマラソンは走行距離を水増ししている?

 

チャリティマラソンの走行距離に関しては、あくまで日本テレビ側の自己申告にすぎなかったりします。

 

コース上に野次馬が押し寄せることを避けるために、チャリティマラソンの走行ルートは非公開となっている24時間テレビですが、その方針のせいで生じているやらせ疑惑があります。

 

チャリティマラソンに関するやらせ疑惑に関しては、走行距離の水増し疑惑もある状況です。

 

確かに、走行ルートが非公開である以上は、公表された走行距離分をランナーが走っている保証はどこにもありません。100kmと公表されているものの、実際の走行ルートの距離はその半分だったということすら考えられます。

 

この走行距離水増し疑惑に関しては、チャリティマラソンのやらせ疑惑の中でも最もメジャーな話題の1つだったりします。

 

ランナーが車でワープしている疑いもかけられていた

 

昔は、マスコミが結託して報道しなければ、どんな不正でもニュースにならなかった時代がありました。

 

チャリティマラソンのやらせ疑惑の中でも、現在では実行不可能となったものの1つに、車でのワープ疑惑があります。要するに、中継シーンが終わった後は、ランナーが車で移動しているのではないかという疑惑となります。

 

ネット社会化した現在では、目撃情報をSNSに投下されるため、あえてやろうとする人間すらいないであろうやらせと言えます。

 

しかし、1990年代は、一般人が広範囲に情報を拡散する手段がない時代でした。そのため、チャリティマラソンには、人気のない場所や夜間・早朝といった時間帯では、スタッフが用意した車でランナーが移動しているんじゃないかという疑念を持たれていた時期がありました。

 

 

実際に24時間マラソンのやらせが発覚したことも?西村知美ワープ事件とは?

ランナーもやらせの共犯という見方も出来ますが、番組スタッフの指示には従うしかないのが芸能人という職業でもあります。

そのため、西村知美さんも稚拙な演出(やらせ)に巻き込まれてしまった被害者の1人という考え方も出来ます。

 

24時間テレビのチャリティマラソンに関しては、やらせの決定的な証拠が露呈しまったこともあります。その中でも最も有名なやらせ騒動が起こったのが、西村知美さんがランナーを務めた2002年のチャリティマラソンになります。

 

チャリティマラソン2日目の午後6時過ぎには、走行距離100km中70kmを走破していた西村さん。けれど、24時間テレビは2日目の午後9時で終了となってしまいますから、残り3時間で30kmを走りきらないとならないというちょっとキツめの距離が残っていた状況だったりしました。

 

普通に考えると、西村さんがエンディングまでに武道館にたどり着くことは不可能な情勢です。しかし、1時間後、中継に再び西村さんが現れた際にある不自然な情報が視聴者の目に飛び込んで来ます。それは、テレビ画面に表示されている残りの走行距離が、一気に10kmまで減っていたというものでした。

 

この表示が本当ならば、1時間に20kmを走破するという、とんでもない脚力を披露した西村さん。これは、ハーフマラソン(21.0975km)の女子世界記録が1時間4分52秒であることを踏まえると、西村さんが世界記録級の走りを見せたことになります。

 

 

さすがに、このようなやらせを見過ごす視聴者も少なく、ネット界隈では「西村知美が車でワープした!」と大騒ぎになった一件となりました。この「西村知美ワープ事件」に関しては、チャリティマラソンのやらせの代表例として、現在まで語り継がれています。

 

 

西村知美の24時間マラソンワープ事件以降は追跡班が結成された?

 

日本でのSNSサイトの走りであるmixiのサービス開始が2004年でしたから、西村知美さんのやらせ事件は、まさにSNS普及開始直前に起こった騒動だったと言えます。

 

2002年に起こった「西村知美ワープ事件」以降は、24時間テレビのチャリティマラソンを監視しようという動きが、ネット上で急激に拡大して行きました。特に、SNSが普及し始める頃になると、ツイッターなどに専用アカウントを作成して、チャリティマラソンのランナーを追跡・実況する猛者たちが現れ始めました。

 

 

追跡班により発覚したはるな愛のやらせはガセ?

 

夏場にマラソンということで、はるな愛さんの化粧も剥げて、男性の地顔が見えてしまったという部分も含めて話題となったチャリティマラソンとなりました。

 

2010年のチャリティマラソンのランナーには、はるな愛さんが選ばれました。2010年のチャリティマラソンでは、はるなさんがあまりに番組終了ギリギリの時間帯に日本武道館に到着するなど、視聴者がリアルタイムでも時間調整という名のやらせ臭を感じていた状況でした。

 

 

 

しかしながら、はるな愛さんの身に降り掛かった本当のやらせ疑惑は別にありました。

はるなさんには、公表85kmと公表された走行距離が、実際は65kmだったのではないかという疑惑が、ネットユーザーから指摘されていました。

 

はるなさんのやらせ疑惑を告発したのは、チャリティマラソン中、はるなさんを自転車で追跡していたという、匿名掲示板「2ちゃんねる」OFF板のユーザーとなります。けれど、これはユーザーの勘違いだったようで、OFF板住民たちが再検証したところ、はるなさんは本当に85km走っていたという結論で終わっている模様です。

 

では実際に65キロしか走っていないのか? その後のオフ板住人の再検証により85キロ走っていることが確認できたようだ。しかし『2ちゃんねる』のログを読まない『Twitter』のユーザー間では65キロという情報だけが拡散しており多くの人がリツイートしている。まさにデマの一人歩き状態だ。また『mixi』には『24時間テレビが嫌』コミュニティがあり、そこでも今回のマラソンについて議論されている。

 

引用:24時間テレビではるな愛が走行した距離は85キロではなく65キロだったという噂が? 実際はどうなのか

 

しかし、ツイッターなどでは、当初の「はるな愛走行距離水増し疑惑」だけが拡散されてしまったため、現在でもはるなさんがやらせを行ったと信じている人間が多い状況だったりします。

 

 

24時間マラソンやらせ疑惑の中にはガセネタも存在?

はるな愛以外のガセネタやらせ説!徳光和夫のやらせはガセ?

ちなみに、ゴール時間の調整という名のやらせに関しては、徳光和夫さんがランナーだった2011年のチャリティマラソンでも健在だったりしました。

 

24時間テレビのチャリティマラソンのやらせ説に関しては、近年はガセネタも横行している状況です。2011年にランナーに選出された徳光和夫さんのケースでも、ネット上で走行距離水増し疑惑が浮上したことがありました。

 

当時70歳という高齢だった徳光さんは、公表されていた走行距離自体が63kmしかなく、歴代ランナーの中でもかなり短い距離でした。しかし、地図を参考にすると徳光さんは43kmしか走っていないと主張するネットユーザーがいたため、ネット上でも走行距離水増し疑惑の検証が進みました。

 

結論を言ってしまうと、スタート地点から日本武道館までの直線距離が44kmだったというオチでしかなく、走行距離水増し疑惑は完全な言いがかりだったことが判明しています。「チャリティマラソン=やらせ」というイメージがネット上に浸透しているために、火のないところ煙が立つ機会が増えているのかもしれませんね。

 

大島美幸のやらせ説もやっぱりデマだった?

 

やらせが確定して打ち切りになる番組も多かったりしますから、日本テレビ側も名物企画を終わらせないために、走行距離などの水増しは行っていないのだと思われます。

 

森三中の大島美幸さんがランナーを務めた、2013年の24時間テレビのチャリティマラソンに関しても、ネット上ではやらせ疑惑が浮上していました。

 

近年のチャリティマラソンのやらせ疑惑は、総じて走行距離水増し説が多かったりします。車を使ってのワープに関しては、現在の1億総監視状況である日本国内では実行不可能なネタなため、必然的に実行可能そうなやらせ説が囁かれるのだと思われます。

 

大島さんのケースでも、88kmの公表走行距離が実際は48kmではないかという疑惑がネットユーザーから指摘されました。これに関しては、スタート地点から日本武道館までの最短距離が48kmというだけであり、大島さんがそのようなコースを辿っているわけではないというオチがついています。

 

 

まとめ

2017年は、ランナーを当日発表という奇策に打って出ている24時間テレビ。チャリティマラソンのランナー候補には、「ゲス不倫事件」以降芸能界の一線から遠ざかっているベッキーさんの名前も噂されています。

 

ネット上で言いがかりをつけられる機会が多い24時間テレビですが、それだけ注目度が高い証拠なのかもしれません。今年の夏も、チャリティマラソンのランナー一行を追いかけ、監視する猛者たちが大勢出るのでしょうね。

 

自分たちの番組を肴に、ネット界隈であれやこれやと議論が起こる光景は、番組制作者にとってクリエイター冥利に尽きることなのかもしれませんね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

吉田沙保里

情熱大陸の福岡元啓プロデューサーが吉田沙保里にパワハラ?疑惑の真相まとめ

download

保毛尾田保毛男が差別と批判殺到…姉や面白い口癖と名言も総まとめ

226267

TBS「モニタリング」にやらせ疑惑!その真相を徹底調査

s_ice_screenshot_20160822-040732

NHK貧困女子うららさん炎上騒動まとめ!姉もTwitterに登場し大炎上に発展

o0800045013186924528

【女子アナ】鷲見玲奈「ウイニング競馬」卒業理由は?後任の柴田阿弥にブーイングの声

logo

アンビリバボーが心霊写真やめた理由6選!真相を徹底調査

世にも奇妙な物語

【怖い】世にも奇妙な物語の名作ランキングおすすめ30選【動画あり】

tetsuwan-dash-fake01

TOKIOの鉄腕ダッシュADのミスに神対応まとめ!絶賛の声が殺到

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

福田典子

モヤさま後任の福田典子アナは高身長!彼氏の噂・RKB退社とテレビ東京に移った理由まとめ

222b9e2d

V6解散の真相まとめ!岡田准一の結婚が原因と東スポが報道もファンは信じない理由とは!?

片岡鶴太郎

片岡鶴太郎の激やせダイエット方法!食事・健康法まとめ【昔と現在の比較画像あり】

アキラ100%

R-1ぐらんぷり2017まとめ!アキラ100%優勝・ブルゾンちえみ号泣など

fba79830

西川史子の激やせ原因は病気?ガン?痩せた現在の様子まとめ

sE4hmIOFHVaUyxe_rL3ux_4

宝生舞の今現在は?引退理由は病気?奇行の噂も調査【結婚した旦那画像あり】

18671f72

いきものがかり活動休止は吉岡聖恵と彼氏の結婚が理由?不仲だった?噂の真相まとめ

橋爪遼

橋爪遼が逮捕!父親・母親・妹など家族情報&結婚の有無と現在まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 来年24時間テレビマラソンランナーを走りたいです。 私は、笑点のメンバーため走りたいです。

前後の記事

興味があればチェックしてね

tetsuwan-dash-fake09

鉄腕ダッシュのやらせ疑惑と台本流出まとめ!ネットの反応は?

滝沢秀明

滝沢秀明の歴代彼女4人&性格まとめ!武井咲と熱愛の噂は本当?

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す