六本木クラブ襲撃事件

六本木クラブ襲撃事件の犯人と被害者…木村兄弟と人違いで藤本亮介が撲殺される

2012年9月2日に東京都港区六本木にあるクラブ「フラワー」にて客として来ていた藤本亮介さんが、関東連合メンバーにより”人違い”で殺害される凶悪事件が発生しました。

 

この記事では、「六本木クラブ襲撃事件」の被害者や犯人などの真相や、その後現在までについて詳しくまとめました。

「六本木クラブ襲撃事件」とは

六本木クラブ「フラワー」店内で男性が金属バットで撲殺される

関東連合が実質解散に追い込まれた事件

 

「六本木クラブ襲撃事件」は六本木を中心に犯罪行為を繰り返していた半グレ集団・関東連合のメンバー10人により、六本木クラブ「フラワー」に来ていた客・藤本亮介さん(当時31歳)が金属バットで撲殺された凶悪事件です。

 

犯人グループを率いたのは関東連合の元リーダーである見立真一で、藤本亮介さんを殺害し、その友人2人に怪我を負わせたものの、公判で”人違い”だったことを認めています。

 

この事件は警視庁では「六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件」と呼ばれ、一般的には「六本木クラブ集団暴行死事件」とも呼ばれています。

 

関東連合の元リーダーで事件の首謀者である見立真一は事件後にフィリピンに逃亡し、現在国際指名手配をされています。

 

VIPルームでの密室殺人にほとんどの客は気付かなかった

VIPルームでの犯行で客に気づかれなかった

 

2012年9月2日午前3時40分頃に、東京六本木にある「ロアビル」2階に入っていたクラブ「フラワー」に、見立真一を含む10人ほどの関東連合メンバーが目出し帽に金属バットを持って押し入り、友人らと来ていた飲食店経営者の藤本亮介さんを撲殺しました。

 

藤本亮介さんの死因は、頭蓋骨損傷による失血死もしくは脳幹部損傷であり、現場で即死したものとみられ、友人2人も殴られて軽傷を負いました。

 

事件発生当時「フラワー」店内では音楽イベントが開催されていたようで、2、300人ほどの客が来店していました。

 

藤本亮介さんらは隔離されたVIPルームにいた上に大音量の音楽かかっていたため、店内にいた客のほとんどが凄惨なリンチが起きていることに気づかなかったと言われています。

 

藤本亮介さんらVIPルームで男の友人2人と、女性2人の合計5人でお酒を飲んでおり、見立真一ら関東連合メンバーは急襲から1分ほどリンチを加えて逃走し、逃走用のワゴン車2台に乗り込んで東大和市方面に向かい、その後埼玉県内に逃走しました。

 

 

 

「六本木クラブ襲撃事件」の真相…被害者・藤本亮介さんを人違いで撲殺

 

被害者・藤本亮介さんはやり手の飲食店経営者だった

 

”人違い”で殺害された飲食店経営者・藤本亮介さん

 

「六本木クラブ襲撃事件」の被害者となった藤本亮介さんは、東京中野区上高田に在住していた当時31歳の飲食店経営者でした。

 

長野県出身であり大学中退後に塗装関係の営業職に就きましたが、その後東京都杉並区高円寺にあるキャバクラでボーイをしていました。

 

その中で頭角を現していった藤本亮介さんは、経営する立場としてキャバクラ店を複数オープンさせていき、事件発生当時はガールズバーと焼肉店を兼ねたお店を経営していました。

 

2013年に元関東連合リーダーの柴田大輔(著書名・工藤明男)の著書『いびつな絆 関東連合の真実』によれば、藤本亮介さんはやり手のキャバクラ経営者だったことから関東連合との関係を取り沙汰されていたものの、トラブルなどもなく全く接点が無かったと明かしています。

 

また、ネット上では藤本亮介さんが在日韓国人だったことから狙われたという説も流れていましたが、全く根拠の無いデマだと分かっています。

 

藤本亮介さんは事件のあった「フラワー」の常連であり、いつも訪れては女性らとVIPルームで飲んでいたと言われています。

 

 

 

被害者・藤本亮介さんは木村兄弟の弟・木村孔次郎の人違いで撲殺された

 

藤本亮介さんは関東連合の抗争相手と間違えられた

 

逮捕された元関東連合リーダーの石元太一らの証言によれば、藤本亮介さんを人違いにより殺害してしまったことを認めています。

 

関東連合OBが事件後に語った証言によると、2008年の見立真一の誕生日パーティーが開かれていた日に、関東連合内で影響力を持っていた金村剛弘が西新宿の路上で金属バットを持った複数人に襲撃を受けて撲殺されるという事件(通称:西新宿事件)が起きていました。

 

これに激怒した見立真一は金村剛弘の復讐を誓い、犯行グループと思われる関東連合の対立グループ「打越スペクター」を率いていた木村兄弟の兄・木村泰一朗と弟・木村孔次朗の行方を追跡し始めました。

 

見立真一らは2012年にようやく居場所を突き止めて復讐の機会を得たかに思えましたが、全くの人違いであり、これは知略に長けていたと言われる木村孔次朗が仕組んだ罠だったとも言われています。

 

木村孔次朗の人物の特徴は、日本と東南アジア系のハーフであり、はっきりした顔立ちと浅黒い肌、短く刈り込んだ髪で、古傷から右足を引きずるような歩き方をしており、「六本木クラブ襲撃事件」で被害者となった藤本亮介さんが木村孔次朗と同じ特徴を持っていたことから人違いで殺害されたといわれています。

 

なお、事件後にライターの鈴木智彦さんが2013年1月号の週刊誌「週刊文春」でいち早く人違い説を発表していました。

 

 

 

関東連合を手玉にとった伝説のアウトロー・木村兄弟とは

 

事実上関東連合を解散に追い込んだと言われる伝説のアウトロー・木村兄弟

 

木村兄弟の弟・木村孔次朗は撲殺された金村剛弘が作ったギャング集団「新宿ジャックス」に兄・木村泰一朗と所属していたことがあり、金村剛弘が抜けた後にリーダーを務めていました。

 

関東連合が関東圏を制圧していく中で、木村兄弟率いる「打越スペクター」は唯一制圧されない最大の抗争相手となっており、木村兄弟は神出鬼没であり中々その所在が掴めなかったことからネット上でも”カリスマ的なアウトロー”として崇められていました。

 

関東連合と打越スペクターは金村剛弘が撲殺された「西新宿事件」の10年以上も前から抗争を続けており、見立真一らは「フラワー」での襲撃で決着を付けるつもりが木村孔次朗に一杯食わされた形となってしまったようです。

 

 

 

「六本木クラブ襲撃事件」の首謀者の見立真一と犯人グループについて

首謀者・見立真一を除く犯人グループ18人が逮捕される

 

「六本木クラブ襲撃事件」では関東連合関係者19人が逮捕された

 

見立真一は事件直後にフィリピンに逃亡し現在も国際指名手配中のため逮捕されていませんが、その他18名は2013年までに全員逮捕されました。

 

クラブ「フラワー」に押し入った実行犯は9人で、藤本亮介さんとその友人2人に暴行を加えたのはその内6人でした。

 

公判中の証言によれば、逮捕された19人中のリーダー格の見立真一、石元太一を含む5人が関東連合メンバーで、その他は属しておらず関東連合に何らかの形で関与していた人間でした。

 

 

 

六本木クラブ襲撃事件の首謀者・見立真一とは

 

 

関東連合内で最も残虐性が強かった見立真一

 

見立真一は関東圏の半グレのみならず暴力団にも強い影響力を持っており、山口組系弘道会や山口組系山健組に籍を置いていたと言われています。

 

暴力団さえも動かせるほどの力を持っていたと言われる見立真一ですが、元々は非常に優秀な成績の生徒だったことを元関東連合リーダーの柴田大輔が語っています。

 

高校にも首席で入学、成績はトップクラスだったという見立容疑者も「やっぱりその暴力的なところとかで異端児扱いされた」と柴田氏は話す。

 

引用:AbemaTIMES – 関東連合の元リーダー「もし自分の子供が入りたいと言ったら止める」 六本木クラブ襲撃事件を語る

 

見立真一の残虐性は関東連合内でも際立っており、喧嘩が最強というわけではなく、人を束ねる頭の良さや怒らせた時の報復が恐ろしいことから一目置かれていたようです。

 

見立真一は人の痛みを考えるという感覚が欠如しており、抗争相手には容赦ない拷問を加え、時には抗争相手のトップの彼女を目の前で強姦するなど、筋金入りの”S”だと言われています。

 

「後輩に言われて、敵対する相手らしき人物がいるって聞いて、行かざるをえなかったというか。殴った相手は亡くなった方ではないですけど、殴るときに『あっ違うかも』って思ったけど、殴っちゃったらしいんですよ、でも、あの人がよくやることなんで。僕らの中では”ジェノサイド”って言ってるんですけど、無差別に、片っ端からクラブでやっちゃうところがあるんで」。

 

関東連合の中でも最も暴力的とされ、敵対する組織だけではなく身内にまでも牙をむくことで、その恐怖により絶対的な権力を持つようになったという見立容疑者。事件で追い込まれた怒りの矛先は、柴田氏へも向かったという。

 

「外の敵がいないと内に向いて、要するに子どもたちのいじめっ子の集団の延長なんですよね。それを見立君が徹底的にやってたんで。」

 

引用:AbemaTIMES – 関東連合の元リーダー「もし自分の子供が入りたいと言ったら止める」 六本木クラブ襲撃事件を語る

 

「六本木クラブ襲撃事件」以前にも、2000年に起きた同じく人違いで少年が殺害された「東洋ボール殺人事件」にも見立真一は関わっていました。

 

見立真一は怒らせると平気で人を刺したり殺したりする精神性から、恐怖で関東連合を束ねていたようです。

 

ただ、見立真一は感情の昂ぶりで簡単に人を殺してしまうような危うい性格の反面、非常に知的で多くの人間に強い影響力を持つ切れ者だったことは間違いないようです。

 

 

 

 

犯人グループ石本太一らに言い渡された判決内容

 

2013年8月9日に起訴された関東連合メンバーを含む9人に傷害致死罪による判決が言い渡されました。

 

 

石元太一
石元太一は犯行現場にいなかったものの、首謀者として逮捕

 

 

百井茂

 

 

栗原克一、岡崎修一、後藤亮二

 

石元太一はリーダー格としての影響力からその責任が問われ懲役15年、その他実行犯の百井茂ら以下は1人に懲役13年、4人に懲役11年、2人に懲役10年、1人に懲役8年がそれぞれ言い渡されました。

 

 

 

「六本木クラブ襲撃事件」をきっかけに関東連合は壊滅状態に

半グレ集団・関東連合の成り立ち

学校の異端児が集まった関東連合

 

関東連合は東京都世田谷区や同杉並区の暴走族の連合体として1973年に初めて結成され、2003年に一度解散していました。

 

元々は半グレ集団の形態ではなく、一般的な暴走族と同じようにバイクを集団で乗り回したり、抗争グループと喧嘩に明け暮れるいわゆる”不良”でした。

 

僕らの時に関東連合はなかったんです、僕の三歳ぐらい上の世代で途切れてたんですね。で、それを復活させたみたいな。それで見立君たちの中学校と喧嘩しながら仲良くなって、お互い刺激し合いながら、どんどん悪くなっていって。やっぱり『より悪いことやった奴がすげー』みたいな、それでエスカレートしていくので。普通、暴走族って暴走行為とかすることがメインだと思うんですけど、関東連合って、暴走族を潰すことが活動のメインなんで」

引用:AbemaTIMES – 関東連合の元リーダー「もし自分の子供が入りたいと言ったら止める」 六本木クラブ襲撃事件を語る

 

なお、関東連合の中心核だった関東圏最大の暴走族グループである「ブラックエンペラー」の7代目総長は、現在俳優として活躍している宇梶剛士さんだったのは有名な話です。

 

 

関東連合が一時解散したその後、2010年頃までに関東連合を名乗るグループによる事件が多発するようになりました。

 

関東連合を再興させたのは、世田谷区上町豪徳寺を縄張りに活動していた暴走族「小次郎」で、「関東連合上町小次郎」を名乗り始めたことで、それに賛同する「鬼面党」、「メデューサ」、「マッドスペシャル」などのチームが合流して関東連合を正式に名乗り始めました。

 

再興後の関東連合は、前身とは違い六本木を中心にした闇社会で麻薬密売やクラブ経営などビジネスで経済力をつけた半グレの犯罪集団で、準暴力団的存在として警察にマークされていきます。

 

関東連合のメンバーはそこそこ裕福な中流以上の家庭出身だった

 

 

関東連合元リーダーの柴田大輔によれば、メンバーは貧しい下級家庭よりもそこそこ裕福な中流以上の家庭の出が多く、必ずしも出来損ないばかりではないことを明かしています。

 

「みんな家庭環境はそこそこ良いです、ほとんどが普通に中流以上ですねと語る柴田氏。学校内で異端児扱いされたりすることをきっかけに、関東連合への道を歩み始めることが多いという。

 

引用:AbemaTIMES – 関東連合の元リーダー「もし自分の子供が入りたいと言ったら止める」 六本木クラブ襲撃事件を語る

 

しかし、これはおそらく関東連合内でそれなりに影響力のあった中心メンバーのことを言っていると思われ、下級の手下などには落ちこぼれて不良になった人間も多くいたことでしょう。

 

やはり勉強も運動もできて、才覚のある人間だけが関東連合の中心メンバーとして権力を行使していたという印象が伺えます。

 

 

 

 

六本木クラブ襲撃事件がきっかけで関東連合は事実上解散へ

 

見立真一が海外逃亡したことで関東連合は空中分解した

 

関東連合を恐怖で支配していた見立真一が「六本木クラブ襲撃事件」によりフィリピンに逃亡したことで、関東連合はまとめる力を失い事実上の解散に追い込まれました。

 

見立真一は同事件の濡れ衣を手下に着せるように指示していましたが、それに従う者がいなかったことから内部の人間への深い恨みを抱えていると言われています。

 

同事件後に柴田大輔の著書『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』や、獄中で石元太一が綴った著書『反証』などが出版されて、関東連合内部の実態が明らかとなりましたが、完全に信頼関係は崩壊しているようです。

 

柴田氏は著書の中でも、こう記している。

 『1人では喧嘩もできない関東連合。人数を集めなければ喧嘩ひとつできない関東連合。僕はもはや関東連合が嫌いだ。』

 もしも自分の子供や10代の若者に『関東連合に入りたい』『そっちの方に行きたい』と言われたらどうするのか、との問いには「もし相談されたら、止めます」と答えた。

 

引用:AbemaTIMES – 関東連合の元リーダー「もし自分の子供が入りたいと言ったら止める」 六本木クラブ襲撃事件を語る

 

なお、関東連合メンバーで2010年の「市川海老蔵暴行事件」に関与して逮捕された伊藤リオンが沖縄で地元暴力団と喧嘩をしているという情報が流れ話題となっていました。

 

 

伊藤リオンなどの存在や、見立真一も逮捕されていないことから、関東連合は完全に解体されたとは言えませんが、3度目の再興をするのは難しい状況にあるようです。

 

しかし、関東連合ではなくても、必ずそれに代わる巨大勢力が今後出てくることでしょう。

 

 

 

「六本木クラブ襲撃事件」についてまとめると…

・六本木クラブ襲撃事件の被害者・藤本亮介さんは木村兄弟の弟・木村孔次朗の人違いで殺害された

・六本木クラブ襲撃事件の犯人グループ19人のうち18人は逮捕され、残る首謀者の見立真一はフィリピンに逃亡し、現在国際指名手配されている

・六本木クラブ襲撃事件をきっかけに関東連合は事実上解散状態となった

 

関東連合が人違いで起こした殺人事件「六本木クラブ襲撃事件」について総まとめしてきました。

 

関東連合元リーダーの柴田大輔のインタビューを見る限りでは、関東連合の求心力は完全に失われており、見立真一を中心とする時代は完全に終わったことがわかります。

 

しかし、残党による裏社会での犯罪は続いており、今後新たなアウトローによる関東連合再興も十分に有り得ることでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

名古屋アベック殺人事件

名古屋アベック殺人事件の犯人の現在!主犯の加害者と被害者のその後とは

パナマ文書

パナマ文書の日本人リストとその後~タックスヘイブンの仕組みや問題点も徹底解説【最新情報】

宮崎勤

宮崎勤の事件と現在!父親・母親・妹など一族の末路も総まとめ 

BUTMx_8IQAAg8HU

グリコ森永事件の真相と犯人~詳細とかい人21面相の正体まとめ

バッキー事件

バッキー事件の栗山龍監督や被害者女優とその後・現在を総まとめ

香田証生e

香田証生の家族や両親と彼女情報~イラク日本人青年殺害事件の詳細も紹介

58409361_321377535172120_3727727690927779335_n

佐世保事件の犯人・徳勝もなみの現在!父親と兄など家族のその後も総まとめ

7e76b89e (1)

湯川遥菜の性別は女?経歴やイスラム国に切断処刑されるまでを総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

e67a95e814336492ce6e5817234b8580

松たか子の顔変わった?劣化・鼻の整形疑惑を昔と現在の画像で比較検証!

fblogo

テラスハウスのメンバー!歴代人気ランキングTOP35まとめ

s6

篠田麻里子の現在は?AKB解雇と干された理由&最近の活動まとめ

高垣e

高垣麗子の元旦那は清水宏保!再婚相手の森田昌典の逮捕や子供&現在まで総まとめ

南原清隆

南原清隆の嫁と子供情報!現在や創価学会との関係も徹底調査

ICONIQ

【伊藤ゆみ】ICONIQとGACKTの熱愛破局の真相&歴代彼氏まとめ!【本名:李亞由美】

00216_01

林昌範の現在!韓国説や嫁と子供&スキャンダルの詳細など総まとめ

Dh2dlPuVQAATgLn

柴崎岳が彼女の真野恵里菜と結婚!桐谷美玲と熱愛の噂も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

22173ea432b4dc5a261ede21b6a53ad5

渋沢栄一の子孫と家系図~会社一覧や大学設立・名言など総まとめ

左足壊死ニキ

左足壊死ニキが死去?2019現在の様子&足の病状や正体と逮捕説も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す