三重県中3女子死亡事件

仙石直也の現在!家族は夜逃げ?三重県中3女子死亡事件の犯人まとめ

2013年8月25日に三重県三重郡朝日町で発生した「三重県中3女子死亡事件」ですが、犯人の”ごくせん”こと仙石直也は現在も収監中です。

 

この記事では、同事件の詳細や仙石直也の家族など現在までの情報について詳しくまとめました。

「三重県中3女子死亡事件」の詳細

2013年8月に中3女子が強盗に遭い殺害される

 

通り魔的犯行で中学女子を殺害した仙石直也

 

「三重県中3女子死亡事件」は2013年8月25日22時55分頃に三重県三重郡朝日町で発生した凶悪強盗殺人事件です。

 

犯人・仙石直也に殺害された被害者の女子中学生は、四日市市在住の当時15歳の3年生・寺輪博美さんで、この日は四日市花火大会があるため、午後から友人と一緒にイオンモール四日市北付近で遊び、その後花火大会を観に行っていました。

 

花火大会が終わって、寺輪博美さんは午後10時頃に富田駅から乗車し、朝日町に住む友人と談笑するためにJR朝日駅で下車しました。

 

付近のスーパーマーケットで友人と別れた寺輪博美さんは、四日市市にある自宅に戻る途中に姉からLINEで帰宅を催促されたため、「帰っとるって言ってるやろ」とメッセージを送りました。

 

そして、午後10時55分頃に寺輪博美さんは友人にメッセージを送りましたが、午後11時頃に複数の友人からメッセージが届くも既読がつかないままとなったため、寺輪博美さんはこの5分間に朝日町埋生地区の県道脇にある農地付近の空き地にて仙石直也から殺害され、6000円を奪われたものと見られています。

 

寺輪博美さんの遺体は下着以外の衣類を着けておらず、草むらの上に仰向けで横たわっていました。

 

事件から約半年が経過した2014年3月2日夜に、四日市北署の捜査本部は朝日町に住む仙石直也を強盗殺人の容疑で逮捕しました。

 

 

三重県中3女子死亡事件の時系列

寺輪博美さんはたまたま仙石直也に目を付けられ殺害された

 

2013年8月25日午後

寺輪博美さんは友人とイオンモール四日市北付近に行き、その後四日市花火大会を観に行った。
花火大会は午後7時頃にスタートし、午後8時半で終了した。

 

2013年8月25日午後10時頃

寺輪博美さんは友人と談笑するため、富田駅から乗車してJR朝日駅で下車した。
仙石直也は高層マンションの友人宅で花火大会を鑑賞した後、午後10時頃に事件現場付近のスーパーマーケットに滞在していた。

 

2013年8月25日午後10時55分頃

寺輪博美さんはスーパーマーケットで友人と別れ、四日市市の自宅へ帰宅途中に姉から帰宅を催促するLINEが入り、返信をした。
そして午後10時55分頃、寺輪博美さんはLINEで友人にメッセージを送信した。

 

2013年8月25日午後10時55分~11時頃

午後11時頃、複数の友人が寺輪博美さんにメッセージを送信するも既読にならずに事件が発覚したため、この5分間に仙石直也に襲われて殺害された。

 

2013年8月27日・29日

8月27日に寺輪博美さんの父親が警察に捜索願を出した。
8月29日午後2時半頃に警察官が県道脇の農地付近の空き地で寺輪博美さんの遺体を発見。

 

2013年8月30日

三重県警が遺体を寺輪博美さんと確認し、四日市北署の署員約90人態勢(後に110人に増加)の捜査本部を設置し、強盗殺人・死体遺棄事件として捜査を始めた。

 

2014年3月2日

事件から半年近くたった2014年3月2日夜、四日市北署は朝日町に住む仙石直也を逮捕した。

 

 

「三重県中3女子死亡事件」犯人・仙石直也のアリバイ工作と逮捕まで

仙石直也、自宅を訪ねた警察官に嘘のアリバイ

 

最後まで平然としらを切ろうとした仙石直也

 

事件現場付近では捜査員による聞き込み調査がされましたが、仙石直也は自宅に訪ねてきた際に顔色一つ変えずに心当たりが無いと答え、さらに自身のアリバイも語っていました。

 

事件の概要はこうだ。

 《女子生徒は昨年8月25日、四日市市内の花火大会の見物に出かけ、同日午後10時半ごろ、自宅最寄りのJR朝日駅で下車。友人と別れ、県道を歩いて自宅に向かった後、行方不明になった》

 これに対し少年は8月25日夜の行動について、こう説明した。

 《午後8時半ごろまで、四日市市内の友人宅の高層マンションから花火大会を見物した。終了後、自転車で帰宅し、午後10時ごろには朝日町の自宅に着いていた》

 

引用:産経WEST – 「18歳少年」はこうして捜査線上に浮上した…三重女子中学生殺害、“嘘のアリバイ”は刑事に崩された

 

仙石直也はしらを切り通したと思っていたかもしれませんが、捜査員はもしかしたらこの時点で怪しいと思っていたのかもしれません。

 

その後、スーパーマーケットを始めとしたお店や路上に設置された防犯カメラを解析した結果、仙石直也が事件直前までスーパーに立ち寄っていたことが分かりました。

 

さらに、仙石直也は犯行時に寺輪博美さんのスマートフォンを触っていたため指紋が残されており、これが決定的となり逮捕に至りました。

 

 

仙石直也、遺体発見後にツイッターで無関係を装う

 

仙石直也は遺体発見後にツイッターで呟き続けた

 

仙石直也は寺輪博美さんの遺体が発見されたニュースが流れると、直後にツイッターで無関係を装うツイートを連続して投稿していました。

 

 

 

 

仙石直也がこれらのツイートを投稿し始めてから、友人らは不審に思ったのか一斉にフォローを外し始めたと言われています。

 

その後、事件に関するツイートはなくなりましたが、仙石直也は警察に対する警戒心が強くなっていたのか、以下のような警察を警戒するツイートもしていました。

 

 

 

仙石直也のツイッターに批判の声殺到

 

仙石直也のツイッターには事件後批判で溢れた

 

仙石直也のツイッターは逮捕される直前の2014年2月26日のツイートを最後に停止していますが、報道されるとアカウントに批判の声があふれていました。

 

 

このツイートをするまでの仙石直也は趣味のF1や野球のツイートをして普通に人生を楽しんでいた様子が見て取れました。

 

そのため、人を一人殺しておいて何事も無かったようにのうのうとしている仙石直也のツイッターアカウントに以下のような声が大量に集まっています。

 

 

 

仙石直也、わいせつ目的で襲ったと犯行を自供

証拠の数々を提示され犯行を認めた仙石直也

 

2014年3月2日の午前中に、仙石直也は父親とイオンに買い物に出かけており、三重県鈴鹿市内の路上にて三重県警の捜査員に声をかけられました。

 

仙石直也は卒業式を終えたばかりで三菱自動車販売株式会社に整備士としての内定が決まっていた矢先の接触で驚いた顔をしていたようですが、任意同行に応じて午前8時50分頃に四日市南署に連行されました。

 

仙石直也は事件に無関係であることを主張し続けていましたが、警察に提示された数々の証拠に言い逃れが出来なくなり「私が犯人です」と犯行を自供しました。

 

任意同行から12時間以上が経過した午後9時半頃に、捜査本部は仙石直也を強盗殺人の容疑で逮捕しました。

 

裁判では、仙石直也が計画も無く突発的に寺輪博美さんをわいせつ目的で襲い、過失で死なせてしまったことから強盗殺人よりも刑の軽い強制わいせつ致死罪などで起訴されたため、遺族は怒りを隠せませんでした。

 

 

「三重県中3女子死亡事件」犯人・仙石直也の実家と家族について

仙石直也、実家は事件現場から620mしか離れていなかった

 

仙石直也の実家は寺輪博美さんを殺害した現場から歩いて10分程度のところにある民家で、両親と祖父母、妹2人の7人家族で家族仲は良好だったと言われています。

 

実際に仙石直也の実家を見に行った人の話では、殺害現場から徒歩770歩の約620メートルの場所にあると報告しています。

 

 

仙石直也、成績上位の真面目な青年だった

野球好きの明るい好青年だと報じられた仙石直也の人物像


仙石直也は朝日町立朝日中学校時代には野球部に所属しており、父親とよく自宅前でキャッチボールをしていた様子が目撃されていました。

 

逮捕当日も一緒にイオンに買い物に行っていたことから、仙石直也は父親との関係は良好だったようです。

 

三重県立菰野高等学校に進学した仙石直也は、野球部には所属していなかったものの、よく部の応援で野球観戦に行っていたと言われています。

 

ニュースでは成績は学年でも上位の方で優秀だったと報じられていました。


身長は185cmと高身長であり、仙石直也は優しい性格で目立たない真面目なタイプだと報じられており、学校の友人らもまさか事件を起こすようなタイプだとは思っていなかったようで衝撃を受けた様子を語っていました。

 

 

仙石直也、高校の同級生が語る人物像

クラスでも慕われていたいじられキャラ

 

仙石直也は逮捕直前だった卒業式で、友人らとの記念撮影や寄せ書きなどを率先して行うなど、クラスでも主導するタイプの性格だったようです。

 

また、クラスの気が強い同級生からは体を小突かれるなどいじられキャラとしての顔もあったようで、卒業文集にはそうした同級生らに「いじってくれてありがとう!」と書きこんでいたようです。

 

人を殺しておいて警察に平気でしらを切りとおした仙石直也が、本心でそう思っていたのかは疑問ですが、少なくともクラスでは人気者とはいかないまでも安定したポジションにいたようです。

 

「卒業しても、また遊ぼう」。高校で同じクラスだった男性(18)は、卒業式で少年に声をかけられていたという。「一緒に何度もカラオケに行った。本当にいいやつ」とした上で、「事件があった夏以降も、普段と何も変わらなかったのに…」とこぼした。

 

引用:産経WEST – 「18歳少年」はこうして捜査線上に浮上した…三重女子中学生殺害、“嘘のアリバイ”は刑事に崩された

 

事件現場と仙石直也の実家が近かったことから、友達のひとりがふざけて「お前が犯人だろ」と振ると、ノリが悪い様子で笑って流しただけだったようです。

 

 

仙石直也一家の近所の評判は最悪だった

仙石直也の近所は報復を恐れていた

 

報道で仙石直也が優しい優秀な生徒という人物像を伝えてから、実家周辺の近所では実際は真逆の人間性だと声が挙がっていました。

 

仙石直也の実家家族は、近所では非常に評判の悪い非常識な一家だったことが分かっています。

 

「あの家はお爺さんは窃盗癖があったり、物音がうるさいと怒鳴り込んできたり。お父さんは人に会っても挨拶一つしない。少年も睨みつけるようにしてジロジロ見るタイプで、近所での評判はよくありませんでした。ここらの家は玄関口だけでもどの家か特定できるので、火でもつけられるんじゃないかと恐れて取材には何も喋れなかった。だから取材に何を答えた、誰が何を言ったかとみんな疑心暗鬼になってしまったんです」

 

引用:月刊SPA! – ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

犯人捜しの捜査により、近所に住む20代女性は彼氏とどこのホテルに泊まったのかまで聞かれ、近隣住民は恥ずかしいプライベートまで聞かれたことに警察への不信感は高まったようです。

 

 

仙石直也の両親はモンスターペアレント

仙石直也の家族は非常識さを感じさせる

 

仙石直也の裁判を傍聴した人のブログでは、母親の法廷での目を疑うような行動に呆れていたことを綴っています。

 

思えば直也の父母は鑑別所の書類を放置したり
民事訴訟の準備書を提出しなかったりと
非常識な場面が多々見受けられ

私が地裁の廊下に居た際も
ハンカチで顔を覆いながら入廷する姿を見て
遺族の母親が泣いているのかと思っていたが

再び前を通った際によく見ると
ハンカチの隙間から記者らをチラ見してて
直也の母親が人目を避けるため顔を隠していたみたい

うげっ!
とドン引きしてしまいました

 

引用:三重県よろずや – 朝日町JC強盗殺人事件

 

母親のこうした保身の行動から、仙石直也の犯した犯罪を親として責任を取る姿勢はなく、むしろ被害者のように思っていたのかもしれません。

 

 

 

「三重県中3女子死亡事件」犯人・仙石直也と家族の現在

 

仙石直也に不定期刑が確定

 

凶悪殺人にも関わらず軽い刑罰となった

 

仙石直也の裁判は2015年3月24日に裁判員裁判として開かれ、地裁は「犯行は悪質で強い非難を免れない」として懲役5年以上9年以下の不定期刑の判決を言い渡しました。

 

検察側は懲役5年以上10年以下の上限刑を求めていましたが、地裁は減刑した上に詳しい減刑理由を判決文に書いていなかったため、遺族らは怒りを覚えて控訴しました。

 

名古屋高等裁判所にて控訴審が行われましたが、木口信之裁判長は悪質さや計画性、思慮の乏しさなど総合的に判断して刑は妥当とし、控訴を棄却しました。

 

仙石直也の家族は大阪に逃げていた

 

仙石直也の家族は祖父母以外大阪に逃げた

 

仙石直也が事件を起こした後、両親と妹2人は夜逃げするように大阪へ引越、祖父母だけが実家に残りました。

 

祖父母は孫の起こした事件の「謝罪文」を回覧板で回したことが伝えられていますが、近隣住民は関わり合いを持ちたくないと語っています。

 

ごくせん一家の現在

現場からすぐ近くに
犯人が住んでいたので今回も家を見てきたけど
車2台とスクーター1台があった

ただしシビックRは今回も見当たらず

電話帳とゼンリンの地図で家を特定して表札も合っているけど
ホンマにこの家が犯人=ごくせん宅なのか
自信が持てないので家の写真をupできない状態です

 

引用:三重県よろずや – 朝日町JC強盗殺人事件

 

仙石直也の家族はその苗字を変えない限り、どこに引っ越してもその家族構成から「あの仙石直也の家族では?」と疑問を持つ人は現れるでしょう。

 

仙石直也も不定期刑で最高でも9年のため、27歳までには出所すると思われ、すでに出所している可能性もあります。

 

 

「三重県中3女子死亡事件」についてまとめると…

・仙石直也は2013年8月、中3だった寺輪博美さんをわいせつ目的で襲い殺害した

・仙石直也は成績も優秀で学校での評判は上々だったが、近隣住民からは非常識な一家として嫌われていた

・仙石直也は懲役5年以上9年以下の不定期刑の判決を受け、現在はすでに出所している可能性もある

・仙石直也の家族は、事件後に祖父母を除いた両親と妹2人が大阪へ引越した

 

短絡的な通り魔殺人事件である「三重県中3女子死亡事件」についてご紹介してきました。

 

「三重県中3女子死亡事件」は常軌を逸した仙石直也という犯人が、不良グループとも交際がある寺輪博美さんが夜11時に一人で出歩いていた不注意が重なって起きてしまいました。

 

女性が夜出歩いても大丈夫という日本の安全神話はすでに過去のものであり、暗くなった場合は家族の迎えを待つべきでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

1543824543-0091-001

石橋和歩の彼女&親や生い立ち情報!東名高速あおり運転事故の詳細から判決まで総まとめ

26ef3474

明治大学クライス集団昏倒事件のその後・現在!テニスサークルの女子学生が泥酔で倒れる

69D4A169-38EF-452D-97E6-877A54EA7476

長尾里佳の現在!お風呂やすっぴん画像・12歳少年に強制性交で逮捕とその後まとめ【荒野行動】

大川小e

大川小学校の悲劇|遺族が裁判&津波生存者は教師1人!情報まとめ

c0faf2d5

三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永チャールストーマスの刑期や現在も総まとめ

maxresdefault

松永拓也(池袋事故の遺族)の現在!職業と仕事や会社/嫁・松永真菜との結婚や子供も総まとめ

熊沢英昭

熊沢英昭が息子を殺害~経歴や出身高校と大学・嫁や子供・自宅など総まとめ

はれのひ事件

はれのひ事件と社長・篠崎洋一郎の現在!会社倒産などその後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

513752_615

井上喜久子が年齢17歳の理由とは?娘が若い頃に似ていて可愛いと話題

水原希子

【ハーフ】水原希子の本名と国籍は?父親・母親・妹など家族情報もまとめ

川村ひかる

【結婚】川村ひかる出産!旦那の情報・千代大海との破局原因まとめ

福田充徳

チュートリアル福田充徳の嫁は美人!結婚相手の情報や馴れ初めまとめ

大沢あかね・劇団ひとり

劇団ひとり嫁・大沢あかねが2人目の子供を出産!馴れ初め・結婚・娘と息子誕生まとめ

8.6秒バズーカー

【反日】8.6秒バズーカーの今現在!消えた4つの理由と最近の活動まとめ【素顔画像あり】

a6cbd096d770d809805e054a87defc2c

戸田恵梨香が歯茎整形?劣化や体重痩せすぎなど容姿の変化まとめ

二階堂亜樹

二階堂亜樹と勝又健志のフライデー報道~旦那・井出康平との離婚や子供も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

スクリーンショット-2019-09-04-22.14.13

EXIT兼近大樹の現在!過去の逮捕や創価学会説・彼女や好きなタイプも総まとめ

f88dcba24155665a5fb60c73c3977f34

五郎丸歩の嫁と子供情報~代表落ちの現在とその理由も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す