156232000353657ee1c27

加藤直樹の現在!玄倉川水難事故(DQNの川流れ)の生き残りとその後まとめ

「玄倉川水難事故」の生き残りで、この事件が「DQNの川流れ」と揶揄されるきっかけになったとされる加藤直樹が話題です。

 

ここでは加藤直樹のこの事故での非常識な行動の数々を振り返り、学歴や経歴、勤務先の「富士繁」、その後や現在などについてわかっている事をまとめました。

加藤直樹は玄倉川水難事故・通称「DQNの川流れ」の生き残り

 

156232000353657ee1c27

出典:https://yoshidakenkou.net/

 

加藤直樹(当時31歳)は、1999年8月14日に神奈川県足柄上郡山北町玄倉川の中洲で発生した、4人の子供を含む13名もの死亡者を出した大規模水難事故「玄倉川水難事故」、通称・「DQNの川流れ」の生き残り5人のうちの1人です。

 

この玄倉川水難事故は、熱帯低気圧の接近などの天候の状況や地理的条件などから、当日から翌日にかけて現場付近一帯の川の水位が急上昇して洪水状態になる事が容易に予測できました。

 

玄倉川水難事故の18名の被害者達は、事故前日の8月13日から、翌日にかけて極めて危険な状態になる事が予想される現場(川の中洲)でキャンプをしていました。

 

当然ながら、現場周囲を流れる玄倉川上流に位置するダムの管理職員や、通報を受けた警察官などが複数回、彼らに対して危険を警告し、避難勧告を行なっているのですが、被害者らはそうした再三の警告を全て無視して現場に居座り続け被害に遭ったのです。

 

報道によってそうした経緯が明らかにされると、幼い子供が何人もいるにも関わらず、何度も繰り返された警告を全て無視して危険地帯に居座り続け、子供を含む13名もの死者を出したとして、被害者グループの大人達への批判が高まり、インターネット上では、「DQNの川流れ」などと揶揄されるようになりました。(「DQN」とは、ヤンキー風の風貌をし、粗暴かつ非常識で低知能、軽薄な人物を差すネットスラング)

 

加藤直樹は、その被害者グループのリーダー格とされ、玄倉川水難事故の被害者達の中でも特に非常識な人物とされ現在もネット上で批判の対象とされ続けています。

 

今回はこの加藤直樹に焦点を当てていきます。

 

 

 

加藤直樹らが被害者となった玄倉川水難事故(DQNの川流れ)の経緯

 

加藤直樹ら、「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」の被害者らがとったあまりに非常識すぎる行動を把握するため、まずは「玄倉川水難事故」の経緯を時系列順に見ていきます。

 

 

 

8月13日、夜までに何度も繰り返された警告を加藤直樹らは全て無視

 

1999年8月13日(事故発生前日)、紀伊半島南海上で発生した熱帯低気圧の影響で、各地で局地的な豪雨が発生していました。午後3時頃、「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」の現場一帯でも雨が降り始めました。

 

15時20分、現場上流に位置する玄倉ダムの管理職員が一帯を巡回し、河川周辺でキャンプをしている人々に向けてハンドマイクを使って、水位上昇が予想される事とその危険性を警告し、避難を促しています。被害者グループ以外の大部分の人々は、この時点で現場から退避しています。しかし、被害者グループらはこの警告に冷ややかに反応しています。

 

16時50分、気象庁は、神奈川県全域に大雨洪水注意報を出しています。

 

19時35分には現場上流の玄倉ダムが決壊を防ぐための放流を警告するサイレンを鳴らしています。この時のサイレンは通常は10分鳴らすところを30分に時間延長して鳴らしています。

 

19時50分頃、玄倉ダムの職員が、2度目の巡回を行い、被害者グループに直接話しかけて、すぐに避難するよう促していますが、加藤直樹らがこれを拒否しダム職員を追い返しています。

 

20時6分、ダム職員はこれ以上現場に留まる事は極めて危険だと判断し、地元の神奈川県警察松田警察署に通報し、退去命令を出してもらうよう求めています。

 

20時20分、決壊による被害を防ぐため、玄倉ダムが放流を開始。

 

21時10分、現場に到着した警察官が、ダム職員とともに加藤直樹ら被害者グループに避難勧告を行なっています。この時点で、中洲と川辺の間の水量は上昇して渡る事ができず、警察官らは拡声器を用いて避難を呼びかけています。被害者グループらはこの警告に対しても「大丈夫」といった反応をしていたようです。

 

22時45分に、再び警察官が現場を訪れて避難を呼びかけますが、加藤直樹らはかなり酒に酔った状態で、「うるせぇ」、「警察にそんな事を言われる筋合いはない」などと悪態をついて警察官を追い返しています。

 

警察官は、「夜間という事もあり、子供を連れて川を渡って移動する事はかえって危険が大きい」と判断し、加藤直樹らに「油断せずに見張りを立てるように」と伝え、その場を立ち去っています。

 

 

8月14日午前、加藤直樹らは中洲で身動きが取れなくなり救助は難航

 

ダウンロード

出典:https://up.gc-img.net/

 

 

翌8月14日、雨はさらに激しくなり、早朝5時35分に神奈川県全域に大雨洪水警報が出されています。6時頃に、前日に避難した3人が川辺から中洲の加藤直樹らのテントに向かって大声で避難を呼びかけていますが、酔っ払って寝ているのか反応はなかったという事でした。

 

6時35分、玄倉ダムは雨量の増加に対応するためダムの放水量を増やしています。

 

7時30分に再び警察官が現場を訪れて避難を呼びかけたものの反応がなく、そのままその場を離れています。

 

8時4分、前夜に避難した3人が119番通報し救助要請。

 

8時30分頃になると、川の水量が増して中洲は完全に水没し、川辺に歩いて渡る事は不可能となり、テントも水流で押し流され、加藤直樹らは中洲のあった場所にかたまって幼い子供を抱いて身を寄せ合い、最後に残されたパラソルにつかまって必死に耐えている状態でした。

 

9時7分に消防署から救助隊と救助工作車が到着し、徒歩での渡河による救助を試みますが、水流が強く二次被害の恐れから断念しています。

 

10時頃には、レスキュー隊員2名が、対岸の山斜面の断崖を伝って反対側の岸に到着、同時刻頃にマスコミも到着しテレビ取材も開始されています。

 

10時10分に、足柄上(あしがらかみ)消防組合が救助ヘリの出動を要請していますが、悪天候による二次被害が懸念されて却下されています。

 

10時30分頃、レスキュー隊が、対岸に向けて救命索発射銃でリードロープを発射しますが、1発目は対岸樹木に引っかかり失敗。10時44分頃、2発目のリードロープが対岸に届きますが、1発目のロープに絡みつき流木や水流に妨げられる形で加藤直樹らがいる場所まで届きませんでした。

 

11時、警察からの要請を受け、玄倉ダムの放流が止められています。しかし、ダムの決壊によって大惨事が起こる事を避けるために5分後に再び放流が再開されています。

 

11時16分に、救助隊から、リードロープは張られているものの、救助用のメインロープが水流に流されて張ることができないとの報告が出されています。

 

 

 

8月14日11時38分、加藤直樹を含む全員が濁流に流される

 

スクリーンショット 2020-11-28 0.53.17

出典:https://www.youtube.com/

 

11時38分、中洲の水深は大人の胸あたりに達し、かろうじて耐えていた加藤直樹ら18名は一気に濁流に飲み込まれて流されました。この瞬間の衝撃的な映像はテレビカメラに撮影され、その後のニュースで何度も放送されました。

 

なお、濁流に流される寸前、被害者グループの男性の1人が、咄嗟に抱いていた当時1歳の加藤直樹の息子を岸に向かって放り投げ、救助活動に参加していた一般男性がこれを見て危険を顧みずに川に飛び込み奇跡的に救助しています。

 

流された17名のうち、加藤直樹とその当時5歳の娘と、大人2名の合計4人は、100メートルほど下流で対岸に流れ着き、九死に一生を得ています。残りの13名はそのまま濁流に飲み込まれ行方不明となりました。

 

流された13名はその後、全員が水死体となって発見されています。

 

 

 

加藤直樹の暴言の数々が暴露されネットで批判の声が高まる

 

EB8SHDMVUAA7GER

出典:https://twitter.com/

 

「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」の被害者であり、生存者5名の内の1人である加藤直樹ですが、その後、この男が警告に訪れたダム職員や警察官や地元民、さらに、救助隊員や心配して駆けつけたボランティアらに放ったという暴言の数々が暴露されネット上で批判の声が高まりました。

 

先に断っておきますが、ここで紹介する加藤直樹によるものとされる暴言はあくまでも噂であり、信用度の高い情報ソースは存在しません。

 

 

 

加藤直樹の暴言の噂の発端は雑誌「噂の真相」の読者投稿記事

 

EGrrG1uUcAEwWsK

出典:https://twitter.com/

 

加藤直樹が暴言を吐いていたとする噂の発端となったのは、おそらく、暴露雑誌「噂の真相」1999年10月号に掲載された読者投稿記事です。

 

この投稿者は「神奈川県山北町の匿名老人」を名乗る人物で、「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」の現場付近に住んでおり、事件発生の直前には、加藤直樹らに危険だから避難するようにと忠告をしに行っていたという事でした。

 

そして、この人物によれば、親切心からの警告に対する加藤直樹らの反応は不愉快極まりないものだったそうです。

 

それによると、「この後水位が増えるから早く避難した方がいい」というこの人物の忠告に対して、加藤直樹らは冷笑を浮かべつつ「大丈夫だよ、俺らは慣れているから」と反論してきたそうです。

 

それでもこの人物は心配し、「私は地元の者だからわかるが、川は氾濫するよ、子供もいるのだから高台に行った方がいい」と重ねて加藤直樹らに忠告したそうです。

 

ところが、リーダー格の男(この男が加藤直樹と言われている)が「放っておいてくれ、楽しんでんだよ!」と言い放ったのを皮切りに、周囲の者たちもこれに同調し「地元の人は臆病だね」、「田舎の人は他人のプライバシーを侵すのが趣味ね」、「見張りをおくから大丈夫」などと次々と反論してきたという事でした。この人物はこの様子に呆れ果て、忠告するのを諦めて帰宅したそうです。

 

この人物は、加藤直樹らが被害にあったのは自業自得だとしつつも、巻き込まれた子供達は哀れだとし、立ち去り際に、被害者グループの中の女の子の1人が「あのおじいさんのいう通りにしようよ」と話していたのを聞いた事が忘れられず無念に思っているとも書いています。

 

この投稿をした人物が匿名であるため、信憑性については微妙ですが、これが事実だとすれば、加藤直樹らは自業自得だと言わざるを得ません。

 

 

「まいじつ」も地元記者の証言として加藤直樹らの暴言を報じている

 

「週刊実話」を発行する日本ジャーナル出版が運営する炎上系ニュースメディア「まいじつ」も、地元記者の証言だとして加藤直樹らの暴言の数々を報じています。

 

それによれば、中洲に取り残された加藤直樹は救助を待つ間、救助隊員に向けて「ヘリを出せ!早く助けろ!お前らの仕事だろ!」などと暴言を叫び続けていたという事です。

 

これは、当時のニュース映像にも加藤直樹と思しき男が川辺の救助隊員に向かって上を指差しながら何事か叫んでいる様子が残されているため、おそらく事実だと思われます。

 

 

加藤直樹はボランティアからの差し入れのおにぎりを投げつけ「まずい!」と暴言

 

medium

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

これは、匿名掲示板などで暴露された内容のようですが、加藤直樹が救助後、地元のボランティアから差し入れとしてもらったおにぎりを地面に叩きつけ、「まずい!もっとマシなものを出せ!」と暴言を吐いたという噂が広がっています。

 

これもまた本当かどうかわからない情報ですが、事実であったとすれば加藤直樹は人格破綻者だと言わざるを得ません。

 

 

これ以外にも加藤直樹の暴言の噂が多数

 

また、この他にも、事故発生前に再三にわたって忠告や警告に訪れていた人々に対して、加藤直樹が「殴るぞ!失せろ!」と耳を疑うような暴言を吐いていたとの噂も広がっています。

 

さらには、子供を含む13名の仲間らが流されているにも関わらず、流されたテントを回収したら返してほしいと捜索隊に要求していたとの話もあるようです。

 

ただ、いずれも真偽については不明です。

 

当時の報道では、なぜ加藤直樹らが何度も警告されていたにも関わらず、それを無視して現場に残り続けたのか?という部分では批判されていましたが、加藤直樹の態度や暴言などについては特に言及されていませんでした。

 

おそらく、警告を何度も無視して罪のない子供を死に追いやったという事実や、救助活動に数千万円規模の税金が使われた事などに怒りを覚えた人々が、生き残りである加藤直樹に怒りをぶつけた結果、こういった噂が広まっていったのだと思われます。

 

また、加藤直樹らが何度も繰り返された忠告に従って高台にテントを移動していれば、そもそも救助隊員らが危険にさらされながら救助活動に当たる必要もありませんでした。この点も加藤直樹らにいまだに批判が集まる大きな原因となっています。

 

 

 

加藤直樹は産業廃棄物処理業者「富士繁」の社員

 

77-15

出典:https://buenavistacity.com/

 

ここからは加藤直樹についてもわかっている範囲で見ていきます。

 

加藤直樹は、金属加工や産業廃棄物処理などを事業内容とする横浜市港南区の会社「富士繁」の社員だった事がわかっています。

 

加藤直樹が「富士繁」の社員だったことは、当時の読売新聞の記事で報じられているため間違いのない情報です。

 

また、読売新聞の記事によれば、他の「玄倉川水難事故」の被害者らも、「富士繁」の社員およびその家族だったと報じられています。

 

現在もこの会社「富士繁」は存続していますが、加藤直樹がまだ社員として在籍しているのかは不明です。

 

 

 

加藤直樹の学歴や経歴などは不明

 

インターネット上では、加藤直樹の学歴や経歴にも注目が集まっていますが、そうした情報は一切不明です。

 

ネット上では、加藤直樹の学歴は中卒といった情報が流れていますが、情報ソースなどは示されていない信憑性の低い情報です。

 

加藤直樹は、20年以上もネット上で批判にさらされ続けている人物のため、既に改名し、自身が「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」の生存者の1人である事を隠して生活している可能性も考えられます。おそらく、今後も加藤直樹の経歴や学歴などが表に出てくる事はないでしょう。

 

 

 

加藤直樹の玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後や現在

 

また、加藤直樹の「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」のその後から現在までの様子についてもその一切が不明で、関係者によるタレコミ情報なども出ていません。

 

 

加藤直樹の娘が「玄倉川水難事故」に関するブログ記事を投稿し炎上騒動に

 

o0230043212631927263 (1)

出典:https://stat.ameba.jp/

 

加藤直樹のその後や現在は一切が不明なのですが、当時5歳だった加藤直樹の娘・加藤朝香が中学生の頃に匿名で書いていたブログが特定され炎上騒動を起こしています。

 

このブログは現在は削除されていますが、ネット上にログが残されているので紹介します。

 

以下は加藤直樹の娘の加藤朝香の書いたとされているブログの冒頭部分です。

 

たまにね私、ふとあの時の事を思い出すんだ。どうして私の家族なの?小さい頃私がママを殺したんだ。私さえ居なければママは生きていたんだ。 パパがね私を抱いててママがパパに助けを求めていたんだ。 手を伸ばしてね一生懸命流されないようにしてたんだ。けどねパパまで水に連れていかれそうで怖かったんだ。だからねパパやめて!って言ったんだ。 そしたらパパがママの手を離したの。 そしたらママ水と一緒にいなくなっちゃたの。これって私のせいだよね。

 

おそらくここに書かれているのは、加藤直樹らが「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」で濁流に飲み込まれた直後に100メートル下流の対岸に、加藤直樹と娘の加藤朝香達が流れ着いたタイミングの出来事ではないかと思います。

 

加藤直樹は、妻の手を掴んでいたものの、娘の加藤朝香に「パパやめて!」と言われたのをきっかけに妻の手を放し、それで妻は流されてしまったという事のようです。

 

続けて、加藤朝香のものと思われるブログには以下の内容が綴られています。

 

ごめんね本当に…。ママに逢いたいです。小さい頃もずっとママが欲しかった。皆にはママがいて私には居なくて悲しかった。 今でもママが戻ってきてほしいと思っている。あと優香にも戻ってきてほしいんだ。私には妹がいたんだよ。 ママがいなくなっても明るい朝香でいてねって色んな人に言われた。 そう簡単に言うなと思ったよ。けど私なりに頑張ってきた。毎日明るく生きてる…

 

 

加藤朝香のブログが発掘されると、これがネットで晒されて炎上します。要するに、このブログが感傷めいた内容であった事から、自業自得な行動によって、子供の命が奪われ、多くの救助隊員が危険に晒されて、数千万円の血税が使われた、悪名高き「玄倉川水難事故(DQNの川流れ)」を、感傷的にポエムのように語るなと炎上してしまったのです。

 

ただ、当たり前ですが、当時5歳の子供だった加藤朝香には何の責任もなく、むしろ最大の被害者の1人です。さらに、このブログを綴った当時も加藤朝香はまだ中学生の子供であり、この内容で責められるというのは理不尽だと感じます。

 

加藤直樹の娘の加藤朝香は、現在は20代半ばの大人になっているはずですが、その後や現在の様子などは不明です。

 

なお、加藤直樹の長男の加藤一樹(当時1歳、流される直前に放り投げられ奇跡的に救助された男の子)のその後や現在についても不明です。

 

 

 

まとめ

 

今回は「玄倉川水難事故」、通称「DQNの川流れ」の生存者の1人、加藤直樹についてまとめてみました。

 

加藤直樹は、その場所でキャンプをするのは危険だと何度も警告を受けていながら、それを全て無視し、「玄倉川水難事故」を発生させた原因の人物だと言われ、現在もネット上で批判され続けています。

 

また、加藤直樹が忠告や警告にきた人々や、救助にあたった人々らに耳を疑うような暴言を吐いていたとの情報がネットで暴露されており、これも加藤直樹への批判につながっています。

 

加藤直樹が、事件のその後や現在どのように暮らしているのかは何もわかっていません。これだけ長年にわたって批判されネット上で話題にされ続けている人物であるにも関わらず、何の情報も出ていないのは、既に名前を変え、全くの別人として暮らしているという事かも知れません。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

07140c0708793bd5cbc5dd79d19133a8-300x164

スーパー玉出の社長・ 前田託次の現在!店が安い理由と闇も徹底解説

群馬一家3人殺害事件

小暮洋史の現在!生い立ちと親・石井さん群馬一家殺人事件とその後まとめ

加藤智大

加藤智大の母親や弟の現在!秋葉原通り魔事件の全貌も総まとめ

mig

風船おじさん(鈴木嘉和)のその後現在!行方不明事件と真相まとめ

湊伸治

湊伸治の現在!生い立ち・親や嫁と娘など家族・コンクリ事件とその後まとめ

松本麗華

アーチャリー松本麗華の現在がかわいい?オウム麻原彰晃の三女の情報まとめ

img_fb28942a32ede8f4474d0ff2f40fe4b41771902

山田みつ子の生い立ちと現在!夫と子供・若山直美さん音羽お受験殺人事件での逮捕と出所後まとめ

銅子正人アイキャッチ

銅子正人(キング)の現在!生い立ちと経歴・結婚や嫁の噂・逮捕と判決まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

default_6884644f02b35376c28a33a640fee61b

【キム兄】木村祐一と辺見えみりの離婚理由と子供!旦那の浮気や嫁へのDVの噂もまとめ【結婚歴4回】

芳根京子

芳根京子の難病や彼氏情報!かわいい画像や似てる芸能人も総まとめ

ac92a18d

【闇】レプロのブラックな噂・評判!清水富美加の事務所の給料が安すぎる?

8308bee6-s

安藤美姫の子供(娘)の父親が判明?真壁喜久夫・モロゾフ・南里康晴・フェルナンデスが候補/娘の顔画像で誰なのかほぼ確定か

塚本まり子

塚本まり子(大人AKB)の今現在!旦那や子供・過去の経歴や正体まとめ

浅田満

浅田満(ハンナン事件)の現在!息子と娘など家族と自宅・逮捕とその後まとめ

山瀬まみ

山瀬まみの旦那と子供&ガッテン卒業理由まとめ!結婚相手は中上雅巳

内田篤人

イケメンスポーツ選手の人気ランキング最新BEST50~日本人・海外別【2021最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 加藤直樹だけ死んで後はみんな生き残れば良かったんだ!
  2. そこに暮らしている方には地元ならではの自然現象を良く知っている。それを臆病だプライバシー侵害だと罵った仲間も同罪。加藤以外の当時大人だった生存者は今どう暮らしているのか。罪の意識に苛まれているのだろうか?
  3. 自然の浄化作用に感謝
  4. リアルに居たバカの見本
  5. 子どももDQNに育った、って噂だったけど、その証拠がこの娘のブログ? これくらい当事者なら書くだろ この子は当時幼児だったんだから罪はないし、本人にとっては大事な家族が死んだ惨劇 このブログだけなら、そこまで叩かれるほどのものじゃないと思う 親父は擁護できない痴れ者だけどさ
  6. ※3 でも肝心のやつが生き残ってるんだよ
  7. この事故が起こった時期は色々なところで中洲に取り残された自業自得の人達を救助しなくちゃいけない事故が多かった。大体、助けられた人は同じような事(早く助けろ、それがお前らの仕事、助かったんだからいいだろ)を言っていて、ニュース見て驚いた。 自然には勝てないよ。 注意や警告されるって事はそれなりの理由があるんだから、変にイキって反発するのは良くない。
  8. 子供が本当に可哀想! 親は選べないから仕方ないんだけどね。 今でも日本にはバカがたくさんいるから今後こんな事故が起きる可能性もあるんだろうね。 バカは死なないと治らないし、この事故で死んだバカ達は死んで当たり前だけど子供にはその場をどうにかする力がないから親に従わなければならないから親がバカな時点で詰んでるしね。 俺思うんだけど隣国人とDQNって凄く性格合うと思うんだよね。DQNはさぁー隣国いったら上手く行くんじゃないの?考え方も良く似てるし。 絶対そうするべきだよ! 日本政府もDQN移住に掛かる費用を出すようにしてさぁー、その時に掛かる費用とかも将来的な事考えれば決して高くないよ。
  9. 頑張って探してくれたんだろうけど、見出しと違ってその後の情報が何も無かったのは残念。 で、いわゆるDQNだけど、もちろんコイツの様に非常識極まりないヤツが多いのも事実では有るけど、そうで無いのも沢山居る。 擁護するとお前もDQNだろと批判されるだろうけど、クソ真面目に大人しくしか生きられないヤツがDQN、DQNとステレオタイプの様に一括りに馬鹿にしてるのを見るに付け、おいのび太、直接DQNに言えよと思ってしまう。 どうせDQNの前では何も言えなくて、後で陰口叩いてるだけだろ。 DQNが全て悪い訳では無い、ただコイツが最悪なだけ。
  10. 逃げなかった奴が悪いよ 雑魚乙
  11. 加藤直樹は、人〇しだと思う。
  12. 自殺行為だね。保険降りないだろうな
  13. 再三の避難勧告も無視! 殴るぞまで言って無視! そのくせ、やばくなると 助けろよ!って。。。 おにぎりを食べて・・・とつくってくれた人への 感謝もない。助けて貰って当然の言動 こんな頭の悪い父親のもとで育った子供は まともに育ってないよね。どうか反面教師にして まともに育ってくれてたらいいね てか、なんでこの父親生きてる???? 流されれば良かったのに。
  14. とにかく腹が立つね
  15. いや、かわいそう…。集団心理で大丈夫と思ったのかも。浅慮なところのある人たちだったかもしれないけど、子どもに罪は無いし、それなり真面目に働いて、それなり社会の役に立ってた人々なんやから死んで良かったとは言えないな。私刑はあまり好きじゃなくて。人の流されていく映像が衝撃的で、この時期になると思い出してしまう。ご冥福をお祈りします。
  16. 加藤の甘え·依存心ぽいな家族に甘えてるの アホくさ 依存心が強すぎるんだろ ええ歳して気色の悪い 子離れ出来ない親ってのは依存心が強いからだけど その最たる形の現れだろ  幼少期に親に甘えられなかったのかな  まずはそれに気付かなきゃ何も始まらない
  17. つか こういう人間に反省は無いだろうな
  18. この子供が飲酒運転自慢して炎上したって噂あるけど本当なんかな?

前後の記事

興味があればチェックしてね

EZq4F75WsAEdMoK

アリス(元ClariS)の現在!卒業理由と大学・声の話題やその後まとめ

AxNJWVxCEAA0JAe

ダークコンドル事件まとめ!木村智奈美の現在や炎上の真相【大妻女子大学短大生】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す