mig

佐世保事件の加害者・辻菜摘の現在!結婚や家族情報~ネバダたんと言われる理由や殺害の動機など総まとめ

世間を騒がせた少年犯罪の1つである佐世保小6女児同級生殺害事件。

 

今回は、佐世保事件の加害者である辻菜摘さんの生い立ちや父親と母親など家族情報、事件の流れや動機、そしてネバダたんと言われる理由や現在の結婚の噂などを総まとめしました。

この記事の目次

「佐世保小6女児同級生殺害事件」とは

佐世保小6女児同級生殺害事件の概要

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」とは、2004年6月1日に佐世保市立大久保小学校にて起こった殺人事件となります。

 

当日、加害女児は午前中の授業が終わった後、被害者を学習ルームに呼び出し、そこでカーテンを閉めて床に座らせ、手で目を隠し背後から首と左手をカッターナイフで切りつけ、失血死させた。

被害者の首の傷は深さ約10センチ(普通の大人の首の太さは直径で13 – 15cmぐらい)、長さ約10センチになり、左手の甲には、骨が見えるほど深い傷があったという。

 

引用:佐世保小6女児同級生殺害事件

 

事件の加害者も被害者も同校の小学6年生の女子児童であり、クラスメイト同士でした。

 

 

犯行後、15分ほどその場に留まり被害女児が絶命する姿を見届けた加害女児は、返り血を浴びた血まみれ姿のまま教室に戻り、担任教師たちを学習ルームに呼び寄せたと言われております。

 

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」の加害者・辻菜摘の経歴や家族構成

加害者・辻菜摘の生い立ちや家族構成(両親・姉・祖母)

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」の加害者については、当時11歳だった辻菜摘さんとなります。

 

辻さんの実家は長崎県佐世保市内の山間部にあり、祖母や両親に加えて、事件当時商業高校に通っていた姉のいる5人家族でした。

 

生命保険会社のサラリーマンをしていた父親が1995年頃に脳梗塞で倒れ、一時期的に寝たきり状況に陥ってしまいますが、母親がパートに働きに出て家計を支えるなどして危機を乗り越えました。

 

その後リハビリの末に社会復帰をした父親が、自宅で保険代理店を営みながらおしぼり配達のアルバイトに励むなどしていたため、辻家は経済的に困窮することはなかったそうですね。

 

 

加害者・辻菜摘は内向的で自己主張の苦手な少女

日本の少年犯罪史に残る凶悪犯罪を犯してしまった辻菜摘さんですが、事件後面談をした児童相談所の職員からは、内向的で自己主張が苦手な少女だったとの評が残っています。

 

事件後、A子に面談し会見を開いた児童相談所は「ごく普通の女の子。ごく普通の家庭に育っている。成績もよく、頑張り屋」だと語っている。一方で、ごく普通ではあるが、自分をうまく表現できず、自己主張が弱い子どもだとも。

引用:11歳少女はなぜ友人を殺めた? 「佐世保小6女児同級生殺害事件」と少年犯罪の現在

 

辻さんの性格が内向的に育ってしまった理由については、前述の父親の闘病生活絡みのドタバタにより、両親に構ってもらえない幼少期を過ごしたことも無縁ではなかったように思われます。

 

 

また辻さんの実家は、弓張岳頂上付近の小さな集落内にあり、近所に遊び相手となる同世代の子供もいない状況だったとも言われております。

 

そのため辻さんは、本来ならば友達と交流を深めながら培っていくコミュニケーション能力が成長しきれなかった側面もあったのかもしれませんね。

 

辻菜摘、放課後は自宅のPCでオカルトサイトをみていた

 

辻菜摘さんの家は人里離れた山間部にあったため、大久保小学校には路線バスを利用して通う数少ない生徒の1人でした。

 

辻さんが通学のために用いている路線バスは利用者が少なく赤字であったため、1時間に1本しかバスの通らない過疎路線でもありました。

 

そのため、父親からは帰りのバスの時間に乗り遅れないようにと厳しく言いつけられていた辻さんは、放課後にクラスメイトたちと遊ぶことも出来ない状況だったと言われております。

 

持ち前の内向的な性格に加えて、放課後にクラスメイトたちと一緒に遊ぶことも困難だった環境は、友達作りにもそれ相応に悪影響を与えていたようで、辻さんはクラスで孤立こそしていなかったものの、親友はいなかったそうですね。

 

 

 

友達作りにも不自由をする環境にあった辻菜摘さんですが、そんな娘のことを不憫に思っていたのか、父親は辻さんのために専用のPCを買い与えてくれるなど、かなり気を使っている部分もあったようですね。

 

2000年代前半当時のPCはまだまだ高級家電の部類であり、平均価格は15~16万円程度はしたため、高校生でも専用PCを持っている人間は少数派の時代でした。

 

父親よりかなり高価な遊び道具をプレゼントされることとなった辻さんは、ホームページを作り運営に励んでいた他、オカルトサイト巡りなどにもハマっていたと言われております。

 

 

一方で人並みにクラスメイトたちとの交流の場も欲していた辻さんは、2003年4月になると、両親に頼み込んで地元のミニバスケチームに入団していました。

 

ミニバスケチームで主力になるほどの実力はなかったらしい辻さんですが、毎週土日になると、熱心に練習に通っていたそうですね。

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」の被害者・御手洗怜美さんの経歴

被害者・御手洗怜美さんの生い立ち

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」の被害者となった女子児童は、クラスメイトの御手洗怜美さんでした。

 

御手洗家は、毎日新聞社佐世保支局長を務める父・御手洗恭二さんと2人の兄のいる4人家族でしたが、長男は事件当時は徳島大学に在学中だったため、自宅には不在でした。

 

母親の直美さんは5年の闘病生活の末、2001年頃に癌で病死していたらしく、御手洗家では恭二さんが台所を預かり料理をしていたようですね。

 

ちなみに恭二さんは、以前は毎日新聞長崎支局に勤務しており、2002年に一家で佐世保市に引っ越してきたそうです。

 

御手洗怜美さんは父親の勤務先・毎日新聞社佐世保支局の3階に住んでいた

 

 

毎日新聞社佐世保支局に関しては、御手洗恭二さんを含めて4人の社員が勤務するだけの小規模な事業所であり、3階建てビルの2階部分が佐世保支局のオフィス、3階部分が御手洗家の住宅といった状況でした。

 

恭二さんは、昔気質の部下を可愛がるタイプの男性だったようで、独身の部下を自宅に招いては、自ら手料理を振舞う日々が続いたようですね。

 

御手洗怜美さんら子供たちも人懐っこい性格をしていたらしく、佐世保支局の社員たちとは家族同然の付き合いだったと言われております。

 

母・直美さんが病死して間もなかった御手洗家ですが、恭二さんのオープンな性格も手伝い、笑顔の絶えない日々が続いていました。

 

 

辻菜摘の御手洗怜美さん殺害動機…交換日記を巡りトラブルに?

 

辻菜摘と御手洗怜美さんは友人以上親友未満の関係だった

 

 

大久保小学校での御手洗怜美さんに関しては、転校早々にクラスに馴染んでおり、自宅に友達を招いては、お菓子作りやテレビゲームを楽しむ姿を毎日新聞佐世保支局の面々に目撃されています。

 

御手洗さんと辻菜摘さんの関係性については、同じミニバスケチームに所属していた他、絵を描くことが趣味という共通点もあり友人同士ではあったものの、御手洗さんのメインの遊び仲間の中に辻さんは含まれていなかったと言われております。

 

とはいえ、2人がプライベートでまったく遊ぶ機会がなかったわけではなく、ミニバスケの練習後に御手洗家に招かれた辻さんが、一緒にテレビゲームに興じることは何度かあったようです。

 

辻菜摘、ミニバスチーム退部をきっかけに問題言動が目立つように

 

 

元々の辻菜摘さんは、学校の教師やクラスメイトたちにとっては決して問題児童ではなかったようですが、2004年2月に母親よりミニバスケチ-ムを強制退部させられて以降は、不安定な言動が目立ち始めていたと言われております。
  

元々、成績が落ちたら退部との約束をして始めたと言われているミニバスケでしたが、小学5年時の担任だった女性教師によると、当時の辻さんの成績は落ちていなかったとの証言もありました。

 

そのうえ辻さんは、退部直前にミニバスケチームのレギュラー入りを果たすなどしていたため、余計に大人の都合で理不尽な目にあったとの不満が残る結末になったと言えます。

 

 

ミニバスケチーム退部後の辻さんには、学校の授業中に居眠りを始めた他、突然ストレートパーマをかけて学校に登校して来るといった分かりやすい異変が起こっていました。

 

さらに辻さんは、放課後にクラスメイトの男子を追い掛け回して暴力をふるったことまであったらしく、この時点で学校側が何らかの対処をしていれば、「佐世保小6女児同級生殺害事件」は防げていたかもしれませんね。

 

しかしながら、辻さんの小学5年時のクラスは学級崩壊状態にあり、授業進行もままならない状況が続き、クラスでイジメ蔓延するどころか、担任の女性教師が生徒から暴力を振るわれることすらあったそうですね。

 

担任の女性教師がクラス運営に手一杯だったせいもあり、辻さんの問題行動は職員室の議題にあげられることもなく、黙殺されてしまうことになりました。

 

辻菜摘、御手洗怜美さんとの軋轢の原因は交換日記

 

ミニバスケチームを退部してからは、素行不良問題が顕在化し始めていた辻菜摘さんですが、この段階では、まだクラスメイトたちとの関係は良好だったそうですね。

 

 

辻さんは、2004年3月頃から御手洗怜美さんら数名のクラスメイトたちと交換日記を始めていた他、当時流行していたポ-タルコミュニケーションサイト「カフェスタ」を利用して、仲間内でチャットを楽しむなどしていた時期もありました。

 

そんな辻さんの楽しい時間が壊れてしまったのは、同年の5月上旬のことでした。

 

辻さんが交換日記の文章の終わりに「NEXT 〇〇(仲間の名前)」と、「NEXT」の文字を使い始めたところ仲間内で大ウケし、真似をする女児たちが続出することになります。

 

本来なら怒る必要性もない仲間内の流行でしたが、辻さんにとっては怒りのスイッチに触れてしまう行為だったらしく、「NEXTの使用は真似しないで!」と交換日記内で大ギレしてしまいました。

 

 

辻さんのあまりの剣幕に萎縮した女児たちは次々に謝罪し、以降は「NEXT」の文字を使用することもなくなったものの、御手洗さんだけは交換日記内で反論してしまったそうですね。

 

そんな中、B子だけはこう反論している。

「NEXTはみんなが使える表現ではないの? 絵文字ではないし、英語だからパクリではないような気がする。みんながやっていれば、当たり前になるのでは?」

 

引用:11歳少女はなぜ友人を殺めた? 「佐世保小6女児同級生殺害事件」と少年犯罪の現在

 

御手洗さんの反論は、どちらかというと急に怒り出した級友をなだめようとする意図があったように思われますが、辻さんの恨みを買ってしまうことになりました。

 

 

辻菜摘、御手洗怜美さんに憎悪を募らせ殺害を決意

 

 

交換日記内では、御手洗怜美さんからの異議に対して反論をすることはなった辻菜摘さんですが、この頃から御手洗さんに対して強い敵意を抱くようになったと言われております。

 

その後も表面上は仲良くしていた2人でしたが、2004年5月下旬頃になると、御手洗さんから冗談でからかわれたことに辻さんが本気で怒ってしまい、御手洗さんに対する嫌がらせがスタートすることになります。

 

5月下旬頃、遊びで被害女児が加害女児をおんぶしたとき、加害女児に「重い」と言い、加害女児は腹を立て「失礼しちゃうわ」と言った。実際には加害女児はほっそりしていて、とても太っているとは言えず、加害女児は冗談を深刻に受け止めてしまったとみられる。

 

引用:佐世保小6女児同級生殺害事件

 

 

辻さんの嫌がらせは、「カフェスタ」内の御手洗さんのHPを改竄し、アバターの頭部をカボチャに変えるという大胆なものでした。

 

お互いにパスワードを教えあっていた事情から、犯人にピンと来た御手洗さんは、「ドーセアノ人がやっているんだろぅ」と、自HPのチャット内に書き込みを残しています。

 

御手洗さんにとっては、陰湿な嫌がらせに対するささやかな反撃のつもりの書き込みでしたが、辻さんの怒りに火を注ぐ結果に終わることになりました。

 

この書き込みをみた辻さんは、御手洗さんのHPを初期化して憂さを晴らしています。

 

 

辻さんの数々の嫌がらせに対しては、御手洗さんもかなり傷ついてしまったようで、2度目のHP改竄があった5月30日の夜になると、長崎市時代の友達たちに傷心の手紙を書いた他、トラブルに関して次兄に相談していたようですね。

 

また、御手洗さんが辻さんに対して交換日記のメンバ-から外れるように要請していたとの情報も存在します。

 

一方で辻さんも御手洗さんに対する不満や憎悪をさらに募らせることとなり、この一連の騒動がきっかけで御手洗さんの殺害を決意したと言われております。

 

 

辻菜摘、殺害方法は前日に観たドラマから決めていた

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」に関しては、辻菜摘さんが猟奇小説「バトル・ロワイヤル」の愛読者であったり、R-15指定のホラー映画を好んでみていたとの情報から、マスメディア内ではホラー作品に対するバッシングの声も高まりました。

 

実際の話、辻さんは2004年2月から5月にかけて、「カフェスタ」内の自身のHPに「バトル・ロワイヤル」を模したネット小説を投稿しており、大いに影響を受けた作品ではあったようですね。

 

しかしながら、辻さんが参考にした殺害方法は、事件前日となる5月31日に放映されたSPドラマ「ホステス探偵危機一髪」内の殺人シーンだったようです。

 

ちなみに、第6シリーズまで作られた人気SPドラマだった「ホステス探偵危機一髪」ですが、「佐世保小6女児同級生殺害事件」のせいで以降の新作が作られることはありませんでした。

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」のその後…辻菜摘の家族は一家離散

辻菜摘、刑事責任は問われずに「国立きぬ川学院」に送致

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」後の辻菜摘さんですが、当時の少年法で刑事責任を問えるのは14歳以上からだったため、栃木県さくら市にある児童自立支援施設「国立きぬ川学院」に送致されることになりました。

 

厚生労働省組織令第135条による国立児童自立支援施設として、児童福祉法第44条に規定する不良行為をなし、又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童であって、特に専門的な指導を要するものを入所させて、その自立支援を行い、あわせて全国の児童自立支援施設における児童の自立支援の向上に寄与することを目的としている。

 

引用:国立きぬ川学院

 

「国立きぬ川学院」送致後の辻さんについては、職員に対して従順な模範生だったらしく、施設内の集団生活でも目立ったトラブルはなかったと言われております。

 

とはいえ辻さんは、面会にやって来た家族に対して冷静な態度を取りホームシックにかからないなど、年頃の少女らしかぬ一面を見せることもあったようですね。

 

施設を訪れた両親との面会では、女児は冷静な態度を見せたという。世間話などはするものの、両親が帰った後は何事もなかったかのように過ごし、ホームシックにすらならなかったという。

引用:佐世保小6女児同級生殺害事件

 

 

ちなみに辻さんは、「国立きぬ川学院」時代にカウンセリングを担当していた精神科医から、「アスペルガー症候群」との診断が下っていたとの情報もあります。

 

一方で「国立きぬ川学院」送致前に行われた3ケ月に及ぶ精神鑑定では、情緒面の遅れが確認されるものの障害と呼べる性質のものではないとの鑑定結果が下っており、辻さんに対する専門家の意見は分かれている模様です。

 

御手洗怜美さんの遺族は後悔と自責の念でボロボロに

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」により御手洗怜美さんを失った御手洗家ですが、当然ながら事件のショックにより遺族たちの心はボロボロになっております。

 

父親である御手洗恭二さんは、事件後に佐世保を離れて福岡に転勤となっていますが、娘が抱えていたトラブルに気が付かなったことに自責の念を抱き続け、同居していた次男が自殺を危惧するほど思い詰めていた時期もありました。

 

また、御手洗さんより辻菜摘さんとのトラブルの相談を受けていた次男に関しても、「あの時自分がもっと積極的に動いていれば妹を助けられたかもしれない」と、後悔の念を抱き続けることになりました。

 

 

2005年より高校に進学した次男でしたが、妹に対する罪悪感から心身に異常をきたし、保健室登校を余儀なくされてしまい、出席日数が足りなくなるなど留年の危機もあったようですね。

 

最終的には九州の大学まで進学した次男ですが、「佐世保小6女児同級生殺害事件」で負ってしまった心の傷は現在まで癒えておらず、妹に対する申し訳なさから結婚などもしていないと言われております。

 

 

辻菜摘の家族は佐世保から姿を消していた

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」は、当然ながら辻菜摘さんの家族の人生にも大きな影響を及ぼしており、姉は通っていた商業高校を中退した他、離婚をしたかまでは定かではないものの、両親も別居状態となってしまったようですね。

 

辻さんが入所していた「国立きぬ川学院」のある栃木県に引っ越したとの噂のある母親と姉に対して、父親は事件後もしばらく佐世保市内で暮らし続けていたそうですが、現在はその消息を知る人もいない状況となっています。

 

 

辻菜摘(ネバダたん)の現在…遺族に一度も謝罪をすることなく消息不明に

 

 

 

辻菜摘がネバダたんと言われる理由~2008年春に「国立きぬ川学院」を退所

 

“ネバダたん”こと辻菜摘

NEVADAの服を着ているこの画像が可愛いことからネット上では“ネバダたん”と呼ばれていました。

 

 

 

 

辻菜摘さんは2008年春に「国立きぬ川学院」を退所し、一般社会への復帰を果たしました。

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」後は、自身の短絡的な犯行に対して後悔の弁を述べて、御手洗怜美さんに謝罪したいと語っていた辻さんですが、「国立きぬ川学院」入所中に遺族へ謝罪の手紙を書いたことは一度もなかったと言われております。

 

そんな娘の代わりに、事件後に毎月遺族へ謝罪の手紙を書いていた両親に関しても、2008年春に辻さんが「国立きぬ川学院」を退所して以降は、謝罪の手紙が途絶えてしまったようです。

 

 

辻菜摘、現在は改名して結婚している噂も

 

 

「国立きぬ川学院」退所後の辻さんについては、社会復帰を阻害する要因を取り除くとの名目により、一切の個人情報が隠匿されており、御手洗怜美さんの遺族ですらコンタクトが取れない状況となります。

 

ネット上では、支援者の養子となり名字いる噂や、結婚して子供がいるとも噂されています。しかし、現在までに御手洗家に謝罪に訪れたことは一度もないそうです。

 

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」についてまとめると…

・佐世保小6女児同級生殺害事件は、2004年6月に起きた小6女児がクラスメイト女児を殺害した凄惨な事件である

・加害者・辻菜摘は、被害者・御手洗怜美さんと交換日記を巡りトラブルとなり殺害した

・加害者・辻菜摘は児童自立支援施設「国立きぬ川学院」に送致、その後2008年春に退所したが現在の消息は不明である

・加害者・辻菜摘は、現在まで遺族に一度も謝罪に訪れていない

 

 

「佐世保小6女児同級生殺害事件」についてまとめました。

 

辻さんがいつの日か自分の罪と向き合えるまで成長し、御手洗家に足を運ぶ日が来ることを祈っております。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

尼崎事件

角田美代子の生い立ちと現在!旦那や息子など家族~背乗りの手口まとめ

宅間守e

宅間守の生い立ちから死刑執行まで!獄中結婚相手&母親や兄の末路も総まとめ

images (2)

鮫島事件の内容&本当の真実・真相!ネットの有名都市伝説の全貌を徹底解説

三毛別羆事件

三毛別羆事件の場所や写真・生き残りの現在~アンビリバボーの特集も総まとめ

パナマ文書

パナマ文書の日本人リストとその後~タックスヘイブンの仕組みや問題点も徹底解説【最新情報】

北九州e

北九州監禁殺人事件・松永太の現在や生い立ち!嫁や息子&両親の情報も総まとめ

群馬一家3人殺害事件

小暮洋史の現在!生い立ちと親・石井さん群馬一家殺人事件とその後まとめ

川崎市中1男子生徒殺害事件

川崎中1上村遼太くん殺人事件と加害者の現在~犯人・舟橋龍一の親など家族も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

琴奨菊嫁

琴奨菊の嫁が美人!元彼女との婚約破棄の真相は宗教絡みって本当?

月亭方正

月亭方正の嫁・子供・現在まとめ!妻の山崎亜耶さんの顔が美人!

サニブラウン

サニブラウンは日本人~ハーフの母と父・身長・高校・英語と日本語力など総まとめ

和田毅

和田毅の嫁と子供まとめ!仲根かすみが結婚後の現在も美人で良妻と話題

翁長雄志

翁長雄志の正体は中国人?すい臓がんで激やせした現在&かつらを取ったハゲ画像まとめ

300x

独身の天海祐希が結婚しない理由!過去の彼氏や病気が原因?情報まとめ

坂口杏里

坂口杏里の父・母・兄まとめ!母親の坂口良子の死去後に父親に激怒【兄弟が知的障害はデマ】

CzMRInoUoAIIB82

堀江貴文の子供&元嫁との結婚と離婚原因まとめ!現在の様子も徹底紹介

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ワンギャルの現在衝撃度ランキング

ワンギャル歴代メンバーの現在!衝撃度順ランキングTOP30【最新版】

加藤紗里

加藤紗里の整形前の昔~現在の顔写真!年齢や実家&怖い過去も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す