5caf39b4ca407efe44e339faeabba0cf_400x400

松田優作の死因!身長と家系図・嫁と子供(息子/娘)など家族・膀胱がんの闘病と最期まとめ

1989年に病死した伝説のスター俳優・松田優作さんですが、実父が不誠実な人間だったこともあり、かなり複雑な生い立ちだったようですね。

 

この記事では、松田優作さんの身長などプロフィール、父親・嫁と子供(息子/娘)など家族と家系図、そして膀胱がんの闘病・最期・死因をまとめました。

松田優作のプロフィール

 

松田優作(まつだ ゆうさく)
生年月日:1949年9月21日 
出身地:山口県下関市

 

 

松田優作、昭和のスターでハリウッド映画にも出演していた

 

 

松田優作さんは、1970年代から1980年代にかけて人気を博したスター俳優であり、代表作にはドラマ「太陽にほえろ!」の柴田純役やドラマ「探偵物語」の主人公・工藤俊作役などが挙げられます。

 

松田優作の代表作
・俺たちの勲章(ドラマ:1975~1976年)中野祐二役
・大都会 PARTII(ドラマ:1977~1978年)徳吉功役
・遊戯シリーズ(映画:1978~1979年)鳴海昌平役
・蘇る金狼(映画:1979年)朝倉哲也役
・探偵物語(映画:1983年)辻山秀一役

 

 

国内のみならず国外からも高い評価を受けていた松田さんは、1989年になるとハリウッド映画「ブラック・レイン」に佐藤浩史役で出演しています。

 

「ブラック・レイン」は、大阪を舞台にした警察VSヤクザの攻防を描いた作品だったため、日本人俳優が多数出演した作品であった上に、世界興行収入1.3億ドル(当時の年間10位が1.6億ドル)の大ヒットを記録することになりました。

 

 

松田優作の生い立ち…母子家庭育ちで父違いの兄が2人いた

松田優作、父違いの兄のいる複雑な家庭育ちだった

 

 

松田優作さんは、1949年に山口県下関市内に生まれています。

 

松田さんについては、実父は長崎県に家庭のある保護司であり、母・かね子さんは市内で暮らしていた在日コリアン1世でした。

 

俗に言う妾腹であった松田さんでしたが、かね子さんが戦前に戦死した在日コリアン1世の武雄さんとの間に2人の子供を儲けていたため、父違いの兄たちまでいるかなり複雑な家庭育ちとなりました。

 

おまけに、実父は、妊娠が発覚すると同棲していたかね子さんを捨てて長崎に逃げ帰ってしまったそうですね。

 

そのため、生活に困ったかね子さんは、闇市の行商人や質屋を営んでみたり、自宅の二階を売春宿にして生計を立てていたと言われております。

 

 

松田優作、アメリカ留学するも挫折した

 

少年時代の松田優作さんに関しては、実家が売春宿を営んでいたせいで、同級生たちから良くイジメられていたそうですね。

 

とはいえ、負けん気の強さと体格の良さは人一倍だった松田さんは、イジメっ子を逆に殴り飛ばすなど喧嘩無双を誇っていました。

 

 

松田さんの腕っぷしの強さは、県立下関第一高校(現:山口県立下関中等教育学校)時代に空手を習ったことでさらに拍車がかかることになります。

 

そんな松田さんの姿を見て行く末を心配したのが母・かね子さんだったらしく、高校2年の11月になると「アメリカへ行って弁護士になれ」と厳命され、アメリカ留学をする羽目になりました。

 

松田さんのアメリカ留学は、カリフォルニアに移住していたかね子さんの妹一家の世話になるというホームステイ型だった一方で、言語問題や差別などもあって1年足らずで日本へ帰国したそうですね。

 

帰国後は、東京都豊島区に住む長兄一家の世話になった松田さんですが、私立豊南高校の夜間部へ編入した後、関東学院大学文学部へ進学しています。

 

 

松田優作、アクションスターを目指して文学座へ入所していた

 

 

関東学院大学入学後の松田優作さんは、当時ハマっていたアクション映画の影響でアクションスターを目指していたそうですね。

 

 

そのため、松田さんは、大学2年時に俳優・金子信雄さんの主催していた「新演劇人クラブ・マールイ」へ入所し、俳優への第一歩を歩み出しています。

 

「新演劇人クラブ・マールイ」を卒業後は、新劇系の名門「文学座」養成所の入学試験に合格した松田さんは、関東学院大学を中退して演劇一本の人生を選ぶことになりました。

 

ちなみに、当時の文学座は1年先輩に桃井かおりさん、1年後輩に中村雅俊さんがいるような黄金世代でもありました。

 

「文学座」時代の松田さんは、仲間内で「F企画」という演劇集団を結成して自主公演をするなど行動力のある若者だったと言われております。

 

 

松田優作、出世のきっかけは麻雀だった

 

 

松田優作さんは、1973年7月よりテレビドラマ「太陽にほえろ!」に柴田純役で出演し、国民的なスターへと上り詰めています。

 

松田さんがビッグチャンスを掴んだきっかけについては、「文学座」の先輩俳優だった村野武範さんが「太陽にほえろ!」のプロデューサー・岡田晋吉さんに紹介をしてくれたそうですね。

 

村野は自身が出演していた『飛び出せ!青春』のプロデューサーである岡田晋吉が新人俳優を探していることを聞き、「自分の研究所にちょっと面白い男がいる。」と松田を推薦した。岡田が後で聞いた話によると、村野は優作を優秀な俳優として推薦したわけでなく、この前日麻雀に負けた時の約束で、仕方なく優作を岡田に紹介したということだった。

 

引用:松田優作

 

そのおかげで、23の若さで人気ドラマのレギュラ-を獲得するなど、傍から見ると順調な俳優人生を送っていたかに見える松田さんですが、下積み時代には焦燥感から整形をしたことまであったそうですね。

 

下積み時代、「俺が売れないのは一重瞼だからだ」とコンプレックスをもらしており、後に瞼を二重に整形している。金銭面で困窮していた時期であったが何とか手術費用を捻出した。当時の二重瞼の手術の主流は切開法であり、術後約1週間で抜糸を行うが「費用がまた何万円もかかるのではないか…」と懸念した松田は抜糸予定日に病院へは行かず、自宅で鏡を見ながら裁縫用の小さなハサミを用いて抜糸をしたと語っている。

 

引用:松田優作

 

 

松田優作の身長はデカイ…実は父親譲りだった

 

 

松田優作さんは、高身長な俳優として視聴者の印象に残り続けています。

 

 

松田さんの身長については、公表身長は185㎝だったものの実身長は183㎝くらいだと言われております。

 

そのため、現在の感覚でも大柄な部類の松田さんですが、同世代の男性の平均身長が161㎝程度なことを踏まえると、余計に印象に残る高身長ぶりだったのでしょうね。

 

ちなみに、松田さんの高身長は遺伝だったらしく、実父は明治末期生まれながらも180㎝近い得体を誇っていたと言われております。

 

 

松田優作の家系図…2度の結婚を経て家族や親戚関係が豪華絢爛へ

松田優作関連松田家の縦横の法則と三親血縁の法則(改訂版)|未選択|「縦横の法則」を超えた「三親血縁の法則」

 

出典:https://blog.cnobi.jp/v1/blog/user/3c90fd8da73e57e36576945a6d1cbfa0/1616762627

 

 

松田優作の嫁① 作家の松田美智子(娘が1人生まれていた)

松田優作さんは、芸能界で成功を掴んだ結果、華麗なる一族を築いた面でも話題となっています。

 

 

松田さんの最初の妻については、作家の松田美智子さんとなります。

 

松田さんと同年代だった美智子さんは、元々は女優をしており、「新演劇人クラブ・マールイ」時代の同僚でした。

 

その後交際に至り、4年間の同棲生活の末に1975年9月に結婚をした2人の間には、1976年に長女も生まれることになりました。

 

しかしながら、2人の結婚生活は松田さんの浮気により破綻し、1981年12月に離婚の憂き目となってしまいました。

 

結婚後は育児優先で女優業から引退していた美智子さんですが、離婚後はシナリオライターを経て作家に転身するなど才媛ぶりを発揮しています。

 

美智子さんの作家としての代表作には、「完全なる飼育」とのタイトルで映画化された「女子高校生誘拐飼育事件」やWOWOWにてドラマ化された「天国のスープ」などが挙げられます。

 

 

松田優作の嫁② 女優の松田美由紀(二男一女を儲けていた)

 

 

松田優作さんの2番目の妻については、女優の松田美由紀さんとなります。

 

美由紀さんの代表作には、「新・天までとどけ」シリーズの杉本由美子役や「北の国から」シリーズの吉本つらら役などが挙げられます。

 

2人の馴れ初めについては、1979年にドラマ「探偵物語」に美由紀さんがゲスト出演した際に、意気投合して恋愛関係に陥ってしまったそうですね。

 

ちなみに、当時18歳だった美由紀さんも既婚者だったため、2人はダブル不倫状態でもありました。

 

とはいえ、長女がいたことから離婚するつもりまではなかった松田さんでしたが、美由紀さんが自宅に押し寄せ、松田美智子さんや長女の前で手首を切って自殺未遂をするなど過激行動に出たため、覚悟を決めて家を出て同棲生活を開始します。

 

その後、1981年12月に離婚をした松田さんは、長男の誕生をきっかけに1983年に美由紀さんと再婚しております。

 

松田さんが1989年に病死したため、美由紀さんとの結婚生活は6年程度で終わってしまいますが、二男一女の子宝に恵まれることにもなりました。

 

 

松田優作の子供① 長女

 

 

松田優作さんと松田美智子さんの間に1976年に生まれた長女ですが、名前は沙綾さんと言うそうですね。

 

離婚後の松田さんは、沙綾さんの誕生日になると家族3人で一緒に食事をしていた他、養育費などもきっちり支払っていたため、生前の父娘関係などは特に悪くなかったとか。

 

しかしながら、沙綾さんが中学の頃に松田さんが病死したため、テレビや週刊誌の報道で両親の離婚経緯を知ってしまったらしく、父親のことを酷く嫌うようになったと言われております。

 

そのため、沙綾さんは、松田さんの娘であることを世間に知られたくない感情が強かったらしく、子供たちの中で唯一芸能界に進出せずに一般人として生きる道を選びました。

 

そんな葛藤がありながらも無事結婚した沙綾さんは、現在は子供も生まれ自分の人生を謳歌しているようですね。

 

 

松田優作の子供② 長男・松田龍平

 

 

松田優作さんの長男は、1983年生まれの松田龍平さんとなります。

 

龍平さんは、横河電機ジュニアユースに所属してプロを目指す、かなり本格的なサッカー少年だったとも言われております。

 

その後、映画監督の大島渚さんの目に留まり、1999年に映画「御法度」の主人公・加納惣三郎役で芸能界デビューを飾ることとなった龍平さんは、ドラマや映画に大活躍をすることになりました。

 

そんな龍平さんの代表作には、「探偵はBARにいる」シリーズの高田役や大河ドラマ「天地人」の伊達政宗役などが挙げられます。

 

 

 

 

 

松田優作の子供③ 次男・松田翔太(息子の嫁も凄かった)

 

 

松田優作さんの次男は、1985年生まれの松田翔太さんになります。

 

父や兄と同じ俳優の道へ進んだ翔太さんは、若手時代はイケメン俳優として活躍しており、代表作には「花より男子」シリーズの西門総二郎役や大河ドラマ「篤姫」の徳川家茂役などが挙げられます。

 

 

翔太さんは、その後2018年4月になると、昭和の大横綱・千代の富士貢さんの娘であるモデル・秋元梢さんと結婚しています。

 

 

そのため、松田さんの親戚には千代の富士さん一家も加わることになりますが、当の千代の富士さんは、2016年7月に膵臓がんで病死してしまっているために、娘の花嫁衣裳は見れなかったそうですね。

 

 

 

 

松田優作の子供④ 次女・松田ゆう姫

 

 

松田優作さんの次女は、1987年に生まれた松田ゆう姫さんとなります。

 

 

ゆう姫さんに関しては、2012年に音楽ユニット「Young Juvenile Youth」で芸能デビューを果たしております。

 

とはいえ、日本音楽界が不景気だったこともあり、歌手としてブレイクには至らなかったゆう姫さんは、2021年にドラマ「コントが始まる」で女優業へ進出することになりました。

 

その他、タレント活動にも意欲的なゆう姫さんは、TOKYO MXの人気番組「5時に夢中」のレギュラーコメンテーターとしても活躍中です。

 

 

 

松田優作、義姉は熊谷真美だった

 

 

松田優作さんは、松田美由紀さんと結婚をした結果、女優の熊谷真美さんが義姉になっています。

 

 

自身も朝ドラ「マー姉ちゃん」の主人公・磯野マリ子役を代表作に持つ人気女優だった熊谷さんですが、1980年になると「蒲田行進曲」や「幕末純情伝」などで知られている劇作家のつかこうへいさんと結婚することになりました。

 

とはいえ、熊谷さんは1982年につかさんと離婚しているため、その後に松田美由紀さんと結婚した松田さんがつかさんと親戚関係にあった時期はないとか。

 

 

 

松田優作のプロ意識や性格…役作りのために歯を抜いたこともあった

松田優作、プロ意識の強さでも伝説になっていた

 

松田優作さんは、プロ意識の強さでも伝説を残している俳優となります。

 

アクションスター時代からスタントマンを使わないことをモットーとしていた松田さんは、作品の細部に対しても目が行き届くタイプだったらしく、合理性のない演出には食って掛かることが日常でした。

 

デビュー時はアクションスターとして注目されたが、演出家に対して徹底して食いついて演出面にも追求(カップに注がれた消え物のコーヒーについて「なぜ湯気が立っているんだ!」「これは誰が飲むものなんだ!」など)するなど芝居に対して非常に勉強熱心で、個性派俳優として次第に役の幅を広げていった。

 

引用:松田優作

 

 

そんな松田さんの役者魂は、1980年に主演した映画「野獣死すべし」でも発揮されており、痩せこけた主人公のイメージとすり合わせるために、1か月で10㎏のダイエットを強行した他、奥歯を4本抜いたそうですね。

 

 

松田優作、実はメンヘラな一面もあった

 

 

仕事現場では強気な完璧主義者だった松田優作さんですが、複雑な家庭環境が影響したのか、プライベイトではメンヘラな一面もあったそうですね。

 

松田さんのメンヘラな一面は、主に松田美智子さんとの結婚時代に発揮されていたそうで、美智子さんの愛情を試すために、ビルの屋上に呼び出したことまでありました。

 

優作は愛情を試すようなことをする人でもありました」と美智子さん。ビルの屋上でフェンスに腰掛け、隣に来るように促されたことがあるという。「そこで渋っていると『信用していないのか』と。でも、物理的に怖いですから。信じる、信じないの話ではないでしょう。

 

引用:没後29年 松田優作・前妻と仲間が明かす秘話 「愛情を試すような人だった」

 

また、美智子さんが自分の知らない人間関係を築くことが耐えられなかった松田さんは、恋人時代には仕事現場について行くことも当たり前にあったとか。

 

 

松田優作とトラブル…過去に暴力事件を起こしてしまったこともあった

松田優作、雑誌記者を殴りつけたこともあった

 

 

人気スターだった松田優作さんだけに、1974年3月になると雑誌記者とのトラブルも経験しています。

 

この時のトラブルは、取材に来ていた雑誌記者・Aと松田さんが押し問答になり、Aがカメラを落としてしまったようですね。

 

しかしながら、話題性命のスポーツ新聞に「松田優作が記者に暴力を振るった」と誇張記事を書かれてしまうことになりました。

 

マスコミのあまりに横暴な態度に心底腹を立てた松田さんは、1975年に新宿のバーでAと再会した際に殴りつけたといった後日談まで残しています。

 

 

松田優作、予備校生に大怪我を負わしてしまったことまであった

 

 

松田優作さんは、1975年7月に、予備校生に暴行を働いた結果、全治3か月の大怪我を負わせてしまったこともありました。

 

こちらの騒動については、松田さんが主演していた刑事ドラマ「俺たちの勲章」のロケのために鹿児島へ行った際に起こった出来事でした。

 

撮影を終えた「俺たちの勲章」の出演者&スタッフ一行は、打ち上げと称して繁華街を飲み歩いていたそうですが、ちょっとした諍いから松田さんと連れの女性が口論になってしまいました。

 

そんな2人の様子を見て痴話喧嘩と勘違いした19歳の予備校生が仲裁役を買って出たところ、酒の勢いもあって激高した松田さんが暴力を振るってしまったそうですね。

 

1970年代の大らかな時代の話とはいえ、この時の騒動ではさすがに警察沙汰は避けられなかったらしく、松田さんは「懲役10か月 執行猶予3年」の有罪判決を受け、仕事も一時期休止する羽目になりました。

 

 

松田優作の最期…死因は膀胱がんだった

松田優作、闘病生活の始まりは1986年だった

 

 

松田優作さんの体に異変が起こったのは、自身の初監督作だった映画「ア・ホーマンス」を撮影中の1986年頃でした。

 

撮影中に頻繁に血尿が出ることを不審に思った松田さんは、病院で診断をうけることになりましたが、この時は「無症候性血尿」との診断結果だったそうですね。

 

とはいえ、その後も体調不良が続いたことから1988年に病院で再検査を受けたところ、「膀胱がん」というまさかの展開が待っていました。

 

当然ながら、ただちに入院が必要な状態であった松田さんでしたが、ハリウッド映画「ブラック・レイン」への出演が決まっていたことから、入院を拒絶することになりました。

 

松田さんが頑なに入院を拒絶した背景には、がん治療のために膀胱を切除して人工膀胱や人工肛門を入れると、役者業に支障をきたすといった想いも強かったようですね。

 

 

松田優作、1989年11月に40歳の若さで死去していた

 

 

「ブラック・レイン」撮影中の松田優作さんは、抗がん剤による投薬治療をしていたと言われております。

 

おまけに、副作用による体力の低下を恐れて、強い抗がん剤の使用も避けてもいたそうですね。

 

そんな松田さんの役者魂の甲斐あり、「ブラック・レイン」の撮影は滞りなく進み、1989年3月にクランクアップすることになりました。

 

とはいえ、その代償として松田さんの病状は悪化の一途を辿っていたらしく、この頃には他の臓器へがんが転移していたと言われております。

 

その後も医師の入院要請を断り、遺作となるSPドラマ「華麗なる追跡 THE CHASER」に出演した松田さんでしたが、1989年10月7日になると力尽きて西窪病院(現:武蔵野陽和会病院)に緊急入院しています。

 

しかしながら、入院時の松田さんの病状は既に手の施しようがない状態だったそうで、痛み止めにモルヒネを打つことしか出来ないまま、同年の11月16日に死去することになりました。

 

 

松田優作についてまとめてみると…

 

 

松田優作さんに関しては、昭和を代表するスターながらもキャリアの途中で無念の病死をした非業の俳優ということになります。

 

松田さんのご冥福を祈りつつ、この記事のまとめを終了させて頂きます。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

01-9

森本レオの現在と若い頃!女性遍歴がくず?嫁と子供情報も総まとめ

20200329_5

甲本雅裕(甲本ヒロト弟)の嫁と息子/娘は?兄との仲・似てる芸能人まとめ

倉本e

倉本聰の嫁や娘など家族情報!姪の鈴木沙彩事件と犯人も総まとめ

Dvzx9EkUYAAuix7

地井武男の若い頃と死因!歴代の嫁や娘と息子も総まとめ

talkimg02

辰巳琢郎の若い頃と現在!結婚や嫁と子供(娘/息子)・長男の大学や医学部進学も総まとめ【元祖インテリ俳優】

堤真一

堤真一が結婚した嫁と子供の情報まとめ!奥さんは美人との噂

20121111_chiaki_26

高嶋政伸と元嫁・美元の離婚原因は?再婚相手や子供情報もまとめ

緒形拳

緒形拳の死因&息子や事故死の真相!孫の緒方敦の情報も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ガダルカナル・タカ

ガダルカナルタカの嫁は橋本志穂!父親が組長の噂&子供や結婚生活まとめ

j13HVAl4_400x400

カネマン(YouTuber)の現在!架空請求業者電話凸の動画で消えた?その後も総まとめ

麻原彰晃

オウム真理教の死刑囚一覧と現在!13人の学歴や家族&死刑執行の状況まとめ

北川景子・DAIGO

北川景子とDAIGOに子供誕生!馴れ初めや結婚式・現在まで総まとめ

畠山愛理

畠山愛理の現在!歴代彼氏や結婚&新体操の引退理由など総まとめ

ja6338

田村英里子の現在と若い頃!ふんどし写真の真相・彼氏や結婚情報も総まとめ

are

新井恵理那は韓国人?彼氏とのキス画像やすっぴん&目の整形疑惑も真相も徹底調査

矢島晶子

矢島晶子のしんちゃん声優降板理由は声!結婚歴や若い頃も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

c116-880x649

デビット伊東の現在!足を切断?嫁との結婚と子供・年収やラーメン屋まとめ

01-14-269x300

グッチ裕三の現在!結婚や嫁と子供・兄弟など家族・病気説や最近見ない理由まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す