米良美一

米良美一の死去と逮捕はデマ!病気など生い立ちから現在まで総まとめ

世界的なカウンターテナーとして高い評価を受け続けてきた米良美一さん。

 

1997年のジブリ映画『もののけ姫』で主題歌を務め、その独特の風貌からも注目を集めました。

 

米良美一さんの現在までの活躍について総まとめしましたのでご紹介します。

米良美一についてのプロフィール&生い立ち

 

世界的にも評価されているカウンターテナー

米良美一さんの風貌は2万人にひとりの割合で発症すると言われる難病「先天性骨形成不全症」によるものです。当時は「カウンターテナー」と呼ばれる歌手の認知度は低くかったものの、大ヒットのスタジオジブリのアニメ映画『もののけ姫』の主題歌を務めたことと、その美声と低身長の独特の風貌が作風にマッチしたことから注目を集めました。

 

米良美一さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

出生名: 米良美一(めら よしかず)
生誕: 1971年5月21日
出身地: 宮崎県西都市
身長: 142.7 cm
体重: 不明
学歴: 洗足学園音楽大学卒業、アムステルダム音楽院オランダ政府給費留学
ジャンル: クラシック音楽
職業: 声楽家
担当楽器: 歌(カウンターテナー)
活動期間: 1995年 –
レーベル: BIS (クラシック)キングレコード(クラシック・日本歌曲等)。他は、企画ごと
事務所: オフィスフォルテ(コンサート・イベント)

 

引用:Wikipedia – 米良美一

 

米良美一さんは1997年にジブリ映画『もののけ姫』で一躍時の人となったにも関わらず、直後にプライベートで風俗店男性を暴行して謹慎処分となるなど悪い意味でも注目を集めました。

 

この暴行事件は幸い相手の男性側と示談が成立したため逮捕には至りませんでしたが、米良美一さんはこの一件でしばらく表舞台から姿を消しました。

 

しかし、米良美一さんはこの暴行事件がきっかけで自分自身を偽ることなく正直に生きようと決心する機会となりましたが、身体的コンプレックスへの世間の過小評価もあり自信を喪失した米良美一さんは歌声を失ってしまいます。

 

色々な面で衝撃的な印象を世間に与えた米良美一さんでしたが、現在の活躍について生い立ちから詳しくご紹介していきましょう。

 

 

米良美一の生い立ち&経歴

過酷な生い立ちを持つ米良美一

米良美一さんは先述の通り、難病指定されている「先天性骨形成不全症」を患っており、現在成人してまでも長い間苦しめ続けられています。

 

米良美一さんは宮崎県西都市で生まれ、両親は農業や山仕事などをして共働きで生計を立てていました。

 

一人っ子だった米良美一さんは両親が忙しかったことからおばあちゃん子でもあり、祖母が詩吟が好きだったことから影響を受けて物心つく頃には詩を吟じていました。

 

米良美一さんは民謡も習っていたそうで、近所の敬老会で美空ひばりさんの歌を歌ってはおひねりを貰うなど当時から歌が上手かったようです。

 

米良美一さんの出身地はまさに『もののけ姫』に登場したような山奥の田舎であり、村の近所からはずんぐりした容姿を見て「祟られている」と言われていたそうです。

 

子供の頃から病気の影響で少しはしゃぐだけでも骨折をするなど、15歳までに30回は骨折していたことを米良美一さんは明かしています。

 

 

宮崎県立赤江養護学校(現・赤江まつばら支援学校)に通った米良美一

米良美一さんは「先天性骨形成不全症」の病気を理由に私立小学校に入学拒否をされたため、7歳からしばらく宮崎県立赤江養護学校に通いました。

 

しばらく養護学校での寄宿生活をしていた米良美一さんでしたが、体調が悪く床に臥すことが続く時にはカセットテープに録りためした歌謡曲を聞いて過ごし、その中でも松田聖子さんの大ファンになったことで女性の音域で歌まねを始めたことが後のカウンターテナーになる原点だったようです。

 

ちなみに、米良美一さんは松田聖子さんが初めて結婚した時はとても大きなショックを受けたそうですが、この頃は男色の趣味は無かったのかもしれません。

 

 

西都市立三財小学校に転校した米良美一

米良美一さんは小学校4年生の頃から病気の症状が安定したため、地元にあった西都市立三財小学校に転校しました。

 

米良美一さんは病気のために身長が伸びず、両腕も満足に伸ばせなかったため手を重ねて歌う姿を見て、小学校時代には女子から「骨曲がり」というあだ名を付けられて陰湿ないじめを受けていたそうです。

 

さらに、入退院を繰り返す米良美一さんの医療費がかさむため、母親は土木作業の仕事を始め、学校の同級生らから「お前の母ちゃん泥クセぇ」とからかわれたそうで、これが米良美一さんにとっては一番辛かったそうです。

 

歌うことがとても好きだった米良美一さんは、小学校時代に黒柳徹子さんや山本リンダさんのモノマネが得意だった一方、神主に憧れたことから歴代天皇・将軍の名前を暗記するなど日本史の勉強に力を入れていたそうです。

 

日本史の勉強から米良美一さんは初めてのオリジナル曲「日本の歴史の唄」を作りました。

 

 

米良美一は中学校から養護学校中等部に入学した

米良美一さんの病気の症状が悪化して車椅子生活となったため、養護学校中等部に進学しました。

 

再び寄宿生活となった米良美一さんは、寂しさを紛らわすために風呂場で詩吟を吟じるようになり、そのことについて寮母長が後に「とても上手かった」と回想しているようです。

 

そして、米良美一さんは寄宿舎内にあったオルガンを弾くように勧められたことが、後に本格的に音楽を志すようになった時の土台となりました。

 

親元を離れて寂しさに耐えながら、米良美一さんは故郷を思いながら様々なジャンルの音楽を聞いて刺激を受けながら過ごしていました。

 

 

音楽大学を目指し始めた米良美一

米良美一さんは音楽を人生の支えにしようと考え、本格的に音楽を勉強するために、音楽大学への進学を志しました。

 

米良美一さんは高校時代は声楽を習っていましたが、学費のかかる私立大学への進学に父親は反対したものの、母親の後押しがあり資金援助を受けて、1990年に神奈川県にある洗足学園音楽大学音楽学部声楽科に主席で入学しました。

 

宗教音楽を専攻した米良美一さんは、当初テノールを勉強していましたが女性の音域を歌うカウンターテナーに転向しました。

 

そして、米良美一さんは1994年に洗足学園大学を首席で卒業し、同年5月に開催された「第8回古楽コンクール」では最高位を獲得しています。

 

一方で、この頃から自身の性別を女と認識するようになったようで、在学中に銀座のクラブに無理を言って雇って貰い、女性ホステスと一緒に接客の仕事をしていたそうです。

 

 

米良美一、プロ歌手としてデビュー

デビューから2年でブレークした米良美一

米良美一さんは1995年に「奏楽堂日本歌曲コンクール」で3位入賞を果たすと、宇田川貞夫さんのセシルレコードから自主制作デビューシングルとなる「Lamento d’ Arianna(アリアンナの嘆き)」でプロ歌手デビューしました。

 

そして、米良美一さんは1996年にはキングレコード発売のCD「母の唄」が大ヒットを飛ばしたことで、スタジオジブリの宮崎駿監督がラジオで視聴して感銘を受けたことから、製作中だったアニメ映画『もののけ姫』の主題歌を依頼することになります。

 

そして1997年に公開されたアニメ映画『もののけ姫』の主題歌として米良美一さんの歌が公開されると、映画の空前の大ヒットに相まってカウンターテナーとしての知名度を飛躍的に上げるものとなりました。

 

 

米良美一、風俗店男性への暴行事件を起こす…逮捕はされていない

名誉の後の不名誉で姿を消した米良美一

米良美一さんは『もののけ姫』で一躍有名になった直後、1997年10月5日に出張風俗店の男性を暴行して警察沙汰を起こし謹慎処分となります。

 

米良美一さんは被害者男性に示談金302,000円を支払い示談が成立しましたが、刑事事件に発展されず逮捕はされていないものの、イメージダウンさせるには十分すぎる事件を起こしてしまいました。

 

米良美一さんはアニメ映画『もののけ姫』で一躍有名になりお金と名声を得たことで調子に乗ってしまったようで、以降表舞台から姿を消すことになりました。

 

 

 

 

米良美一、身体的コンプレックスへのプレッシャーで美声を失う

身体的コンプレックスが最高潮に達した米良美一

事件の影響もあってか、米良美一さんは自身の身体的コンプレックスに対して世間の目を過剰に気にするようになり、精神的に病んだ結果歌声を失ってしまいます。

 

1997年に暴行事件を起こしたものの、米良美一さんは1998年に長野パラリンピック開会式で、ジュリオ・カッチリーニの『アヴェ・マリア』を歌う栄誉を受けましたが、この頃から米良美一さんは自身の身体的コンプレックスに対するプレッシャーが大きくなっていきました。

 

米良美一さんは自身の特徴的な風貌に関する生い立ちや病気について隠し、小柄な身長を補うために高めのヒールを履くなど世間に対して過剰な精神的負担を感じていたことから声が出なくなってしまいました。

 

それでも、米良美一さんは同年に「日本ゴールドディスク大賞」の「ベスト・クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」と、「第21回日本アカデミー協会特別賞」の「主題歌賞」を受賞する名誉も手にしています。

 

また、J-POPの分野で初めてのオリジナルアルバムとなる『I’ll be there』をリリースしました。

 

 

米良美一は美輪明宏の「ヨイトマケの唄」に救われた

 

カウンターテナーの美声を取り戻した米良美一

米良美一さんがカウンターテナーの美声を取り戻したのは2003年で、それまで感じていた精神的なプレッシャーを克服するのに5年の歳月を要することになりました。

 

米良美一さんがカウンターテナーの美声を取り戻すきっかけとなったのは、テレビ番組で観た美輪明宏さんの『ヨイトマケの唄』でした。

 

米良美一さんは同曲が少年時代に自分の治療費を稼ぐために土木工事現場で土にまみれて働いていた母親に対する想いと重なり、『ヨイトマケの唄』の自身の持ち歌にするようになりました。

 

そして、米良美一さんは地元宮崎県で開催されたコンサートで『ヨイトマケの唄』を歌い、母親を喜ばせました。

 

米良美一さんは次第に自分に自信を持つようになり、2007年頃からそれまで一切触れずに語らなかった自身の生い立ちについてテレビやマスコミで語るようになりました。

 

そして同年7月10にちには初の自叙伝となる『天使の声〜生きながら生まれ変わる』を出版した米良美一さんは、過酷な境遇を生きて堂々と生きられるようになった経験を元に全国で講演をするようになりました。

 

 

 

米良美一さんの『ヨイトマケの唄』のYouTube動画。

 

 

 

 

米良美一、コンプレックスを乗り越える

メディアで自身のことを語り始め受け入れられた米良美一

米良美一さんは2010年2月5日に九州地方のNHKで放送された番組『九州沖縄スペシャル(武田鉄矢の)ただいま!』に出演し、ひた隠ししてきたコンプレックスを晒し、自分自身を探す旅を始めました。

 

米良美一さんはそれまで蓋をし続けてきた、卒業してからは一度も足を踏み入れることはなかった母校の三財小学校や養護学校に赴き、自身のルーツを探る旅をします。

 

この頃から米良美一さんはバラエティタレントとしての才能を見せ始め、武田鉄矢さんと初顔合わせの際には古代人のコスプレをしたり、三財小学校に通っていた頃の友達と再会するなど多くのものを得ることができた番組となりました。

 

米良美一さんは同年8月24日には音楽番組『ザ・ミュージックアワー(TBS系)』に出演して、大ファンである松田聖子さんの曲「瞳はダイアモンド」を熱唱しました。

 

同年大晦日には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないスパイ24時(日本テレビ系)』に出演して笑いを取るなど、米良美一さんはバラエティタレントとしての人気を得るようになります。

 

 

2012年には『とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ系)』の人気コーナーである「新食わず嫌い王決定戦」に出演して、米良美一さんは対戦相手だったローラさんにちなんで「メーラ」と呼ばれ、黒柳徹子さんのような頭で「おネエキャラ」として度々出演するようになりました。

 

 

 

米良美一、病気「クモ膜下出血」で倒れる…現在の様子&死去はデマ

死の淵を経験した米良美一

米良美一さんは2014年末にクモ膜下出血で倒れて緊急入院し、1月には水頭症を併発して手術をしていたことを2015年4月7日に発表しました。発見が遅れていたら死亡していたと言われています。

 

復帰した米良美一さんは2017年2月には全国特別支援学校の応援歌を依頼されて『まどをあけて』の楽曲提供をしています。

 

米良美一さんは同曲をさいたま市にあるけやき特別支援学校で生徒らとともに合唱し、同月28日には堺市の大阪府立金岡高等学校で講演をして、自分の病気は治らないためいつか歌えなくなる日が来るかもしれないが、最後まで自分を応援するという気持ちを持ち続ける大切さを教えました。

 

一方で米良美一さんは同年7月にはゲーム『キミトツナガルパズル』のアニメ『18if』のテーマソングである『red doors feat』と、毎回変わるエンディング曲のひとつとして『白鳥は眠る』を担当しました。

 

同年11月には米良美一さんの母校である洗足学園音楽大学の「50週年記念コンサート」に出演し、NHK『精霊の守り人』で初めて俳優として出演しています。

 

同年12月15日には”無冠の若き帝王”、”リミックス王子”の異名を持つ音楽プロデューサー・TeddyLoidさんとのコラボレーションで、「もののけ姫2018 米良美一feat」の配信を開始しました。

 

また、同年末から2018年年始にかけてももいろクローバーZのカウントダウンコンサート『ゆく桃くる桃 ~第1回ももいろ歌合戦~』にもTeddyLoidさんとともに出演しています。

 

現在も米良美一さんは精力的にカウンターテナー歌手として活躍を続けているようですね。死去したという噂も流れているようですがデマであるようです。

 

 

 

 

 

 

米良美一について総まとめすると・・・

1997年のスタジオジブリの宮崎駿作品『もののけ姫』で一躍有名となったカウンターテナー歌手・米良美一さんについて総まとめしてきました。

 

先天性骨形成不全症により過酷な生い立ちを持ち、くも膜下出血により一時は生死の境をさまようなど、米良美一さんは苦難の多い人生を歩んできたことをお伝えしました。

 

それでも明るい性格で前向きに生き続ける米良美一さんの姿は多くの人を勇気づけており、今後もさらなる活躍を見せてくれることでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

藤岡幹大

藤岡幹大が事故で死去…死因や嫁・娘など家族情報まとめ

西川貴教

西川貴教の歴代彼女&菜々緒似の女子大生ポイ捨てまとめ!女性セブンでスキャンダル報道

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202017-08-31203.33.44

日野皓正のビンタ動画!中学生への体罰&嫁や娘情報を総まとめ

森山e

森山直太朗が結婚!嫁の情報&父・母・姉など家族構成も総まとめ

sge

スガシカオの名曲!本名や結婚&人気曲ランキングTOP10まとめ

星野源

星野源の歴代彼女まとめ!aikoや二階堂ふみ、その他4人の女性と交際の噂

tme

玉置浩二と青田典子の現在!子供いない理由や結婚生活を総まとめ

北e

北島三郎の嫁&息子や娘の情報!家族や兄弟&弟子一覧も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

1279192005

氷川きよしの恋人は松村雄基?結婚は?彼女いない理由も総まとめ

竹内涼真・里々佳

竹内涼真の彼女遍歴&里々佳との熱愛まとめ!今後は人気落ちる?

知念里奈

知念里奈と井上芳雄が結婚!息子の現在・旦那の父と妹など家族まとめ

ブラマヨ吉田敬プロフィール

ニキビや肌荒れが目立つ芸能人16名!男性・女性別に紹介【画像付き】

photo05

蒼井優の彼氏・石崎ひゅーいの本名は?身長・出身高校・母の死も調査!【Mステの夜間飛行で有名に】

山田花子

統合失調症の芸能人&有名人15人を総まとめ【エピソード付き】

y9

横山由依のすっぴんがかわいい!雨宮天に似てる説も画像で検証

藤田ニコル

ゆとり世代の年齢とは?スポーツ選手&芸能人12人も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

加藤紀子・川辺ヒロシ

加藤紀子の旦那と子供&離婚原因!タトゥー・逮捕の噂も総まとめ

辻上裕章・澤穂希

澤穂希の旦那・辻上裕章にバツイチ再婚疑惑!?2人の馴れ初め・結婚・妊娠報道もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す