花田光司

霊友会の被害や評判&芸能人9名を総まとめ!貴乃花親方は?

芸能界・政界と宗教は切っても切れない関係にありますが、その中で新興宗教の「霊友会」が存在します。

 

霊友会に入信している芸能人・有名人もいますが、元信者や信者の家族の証言では被害報告も複数有り、評判の良くない側面もあるようなので詳しく総まとめしました。

霊友会に入信している芸能人と被害・評判

 

霊友会とは?

霊友会(南千住霊友会)は1924年に教祖・久保角太郎により創立された法華系の新興宗教です。

 

霊友会の信者数は「宗教年鑑 平成28年版」によれば国内で1,295,497人だとされていますが、公称では4,263,879人となっています。

 

霊友会の教理は「先祖供養」にあり、自分の父系、母系の先祖全ての総称とした「総戒名」を前に「青経巻」と呼ばれる霊友会独自の経巻を読誦することで自分を含めた先祖全てに経を聴かせることになるとされています。

 

 

多くの新興宗教がお布施を集めているのに対して、霊友会はひとりあたり月会費500円という経済的に優しいことからも入信したいと考える人が多いようです。

 

一見良心的な宗教だと思えますが、霊友会には信者や元信者、その家族・親族による被害が報告されていることも事実であり、評判はほとんど良いものを見かけません。

 

なぜ霊友会がこれほど悪評で溢れているのかいくつかご紹介していきましょう。

 

 

霊友会はカルト?被害報告と評判の悪さから伺えるもの

霊友会は法華経を歪めた解釈をした宗教

日蓮正宗信徒の人の話によれば、霊友会の教理である「先祖供養」の解釈は根底から間違っており、一般的な仏教のように仏ではなく先祖の霊を本尊と立てることは悪縁につながるということです。

 

霊友会を調べていくと教祖・久保角太郎を含め成り立ちからかなりきな臭い印象を受けるようです。

 

霊友会は、久保角太郎が、彼の兄嫁・小谷キミを霊能者に仕立て上げ、シャーマニズム(霊媒信仰)と法華信仰、先祖供養などを混ぜ合わせて作り上げた新興宗教です。

 

引用:霊友会・立正佼成会について

 

当初、霊友会は久保角太郎が知り合った霊能者・若月チセ、戸次貞夫らとともに設立した宗教でしたが、仲違いして一度分解してしまっています。

 

それでも再び霊友会を発足させるために久保角太郎は普通の人だった兄嫁・小谷キミを霊能者に仕立て上げて再興したそうです。

 

しかも、久保角太郎は小谷キミを洗脳して荒行をさせて霊能者に仕立てあげており、霊能会の教祖自体が人として歪んでいると見ることができます。

 

 

霊友会は麻薬、脱税などに手を染めていた

久保角太郎は小谷キミに施した方法で次々と女性を洗脳して霊能者に仕立て上げて霊友会を大きくしていきましたが、死去後は小谷キミが全権を握り麻薬や脱税に手を染めていきました。

 

こうした霊友会会長の小谷キミや幹部の不祥事が相次いだことで霊友会信者らは不満が爆発し、霊友会の教えを引き継ぐ形で分派し、いくつも新興宗教ができることになりました。

 

霊友会系宗教のリストは以下のとおりです。

 

孝道教団(1935年、岡野正道、天台宗系教団とも分類される)
立正佼成会(1938年、庭野日敬、長沼妙佼)
思親会(1938年、井戸清行)
希心会(1953年、思親会から分派)
日本敬神崇祖自修団(1947年、戸次貞雄)
普明会教団(沿革では霊友会からの分派とされるが、戸次貞雄を恩師・教祖と仰いで教団を組織)
霊法会(1949年、吉岡元次郎)
妙智会(1950年、宮本ミツ)
佛所護念会(1950年、関口嘉一)
妙道会(1951年、佐原忠次郎)
大慧会(1951年、石倉保助)
正義会(1951年、山口義一)
Inner Trip REIYUKAI International(2001年、松本廣)
在家仏教こころの会(2004年、久保継成、Inner Trip REIYUKAI Internationalから分派)

 

引用:Wikipedia – 霊友会系教団

 

この中にもカルトだと言われ被害報告が絶えない宗教がいくつかあるようです。

 

では、霊友会の被害報告や評判についていくつかご紹介していきます。

 

霊友会の被害・評判について

霊友会は被害報告が非常に多い

ネット上でカルトだと言われたり異端視される新興宗教が多いといえど良い評判もあるものですが、霊友会には悪い評判で溢れかえっています。

 

そもそも成り立ちから非常にアバウトな霊友会なので宗教とは名ばかりのカルト的悪徳教団なのかもしれませんが、霊友会によって家庭崩壊を起こしたと被害を訴える人が後を断ちません。

 

元信者や信者の家族などの被害の報告例をいくつか挙げてみました。

 

私の祖母と母親は、指導者達の悪口を陰で言いながら手先として奉仕し、「霊友会」のアナクロな「理想」を利用して、自分の子孫を都合良くコントロールするという、間違ったことを70年くらい続けた挙げ句、「家族」を完全に崩壊させた。

 

引用:星にも老いと死があるからといって – やっとブラック宗教を脱会したのに、総理大臣の後ろにブラック宗教がいる!!

 

この方の家族は祖母の代から霊友会の熱心な信者だったようで、歪んだ思想を子供へ洗脳教育を施した結果、家庭が完全に崩壊してしまったようですね。

 

家は、霊友会のせいで家庭崩壊、母親が数千万霊友会に貢ぎ、 
家は、火の車、お蔭で、自営の会社も倒産の危機にあります。 
  
自分は、被害者の会を作りたいのですが、他に賛同してくれる方、 
おられませんか? 

 

引用:mixi – 霊友会はただのカルトです!!コミュの被害者の会

 

この方の母親は霊友会に数千万円も貢いだため破産の危機にあるようですが、こうした被害報告例はよくあるようです。

 

月会費500円と謡いながら、その実教団側からの恐喝、洗脳などで多額のお金を搾取されている人が多いようです。

 

上記の被害者の会発足を持ちかけた人に対して返信した人がこちら。

 

私自身も被害にあってますが同じ被害者の方ならどこの支部で誰が関わったとか実名をあげて話出来ます。とりあえず被害者同志の方の被害報告と並行に警察とかが動けるような裏付けや証拠をとりまくれば少しは変わるとは思います。でも組織がデカすぎるのではじめからうまくはいかないと思いますが、霊友会で今の生活に支障をきたすのはごめんです。だからうちはきちんとした被害がある被害者の会ならば参加したいです。

 

引用:mixi – 霊友会はただのカルトです!!コミュの被害者の会

 

次に紹介するのは母親が霊友会の熱心な信者で、巻き込まれる形で霊友会信者にさせられた娘さんの被害報告で、霊友会のせいで家庭が崩壊してしまったようです。

 

昨日のお知らせで、ナムミョウを読む同じ日蓮の宗教=霊友会が出てきましたが、このような悲惨な状態にする恐ろしい宗教であることが改めてよくわかります。東京都知事の石原慎太郎は信者で、この宗教の票田で選挙を勝ち抜いてきたと言うことは、東京都民が日蓮の宗教に支配されていることでもあります。この辛かった体験を思いきって公開することで、宗教の恐ろしさを訴えたいと、思い出すのも辛いけどと知らせてくださいました。

 

引用:ソラからの情報を知って – 宗教被害(9):霊友会元信者の方より

 

この方の被害報告では母親に霊友会に引き込まれたのは自分だけで、父親と弟は拒絶していたそうです。

 

そのため、毎日のように母とお経を読み、霊友会から「勧誘すれば家庭はよくなる」と洗脳されていたため霊友会のために働いていたようです。

 

そうする中で父親と弟との摩擦は大きくなるばかりで喧嘩が絶えず、母親はどんどん頭が狂っていき弟はそんな母親を無視して非行に走り、父親は母親の狂っていく様を嘲笑するだけだったようです。

 

そして、ある時溜め込んだものが爆発したこの娘さんは母親に対してその思いをぶつけたところ、狂気の形相で叩き返され、その後も家庭内暴力は絶えなかったようです。

 

母は、私の顔をバシッと叩き返し、歯を剥き出しスゴイ形相で、「あんたに何がわかるのよ!」と私を両手で突き飛ばしたのです。母の顔は般若のようでした。十代の後半になると、私も弟も家に帰ってくる時間が以前より遅くなるせいか、ケンカのない落ち着いてる日々もありました。しかし、一つ解決すると次から次からへと問題が出てくるのです。父の会社でのトラブル、弟の車の件での裁判沙汰、弟が父をボコボコに殴り、後に首を絞め合うケンカなどそのほか、ここに書けないような出来事もたくさんありました。

 

引用:ソラからの情報を知って – 宗教被害(9):霊友会元信者の方より

 

これらの被害報告は少し検索すると多数見つかることを考えると、霊友会により家庭が崩壊したこれらの被害報告は氷山の一角だということでしょう。

 

反対に霊友会に入って救われたという情報は見つかりませんでしたので、宗教に興味があったとしても霊友会には関わらないことが無難でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

霊友会に入信している芸能人 花田勝治(初代若乃花)

 

第45代横綱で初代若乃花・花田勝治

花田勝治さんは第二次世界大戦後に活躍した力士で、当時は二所ノ関部屋に所属し、”土俵の鬼”と呼ばれた戦後としては最軽量の横綱でした。

 

花田勝治さんについてのプロフィールはこちら。

 

四股名: 若ノ花 義美 → 若ノ花 勝治 → 若乃花 勝治 → 若乃花 幹士
本名: 花田 勝治(はなだ かつじ)
愛称: オオカミ、土俵の鬼
生年月日: 1928年3月16日
没年月日: 2010年9月1日
出身: 青森県弘前市青女子
身長: 179cm
体重: 107kg
BMI: 33.40
所属部屋: 二所ノ関部屋→芝田山部屋→花籠部屋
得意技: 左四つ、上手投げ、呼び戻し

 

引用:Wikipedia – 花田勝治

 

花田勝治さんは青森でりんこ農園をしている家に生まれ、姉一人を除いて10人兄弟の長男でした。

 

花田勝治さんが6歳頃の時に室戸台風に被災して農園が全滅してしまったため、花田一家は破産して北海道室蘭に移住しました。

 

花田勝治さんは家計を助けるために沖仲仕などの仕事をしていましたが、父親が戦争で負傷して働けなかったため一家の大黒柱でした。

 

しかし、通常の人が最大でも110kg程度の石炭や鉄鉱石を担いでいたところ、花田勝治さんは学生上がりながら150kgを担いでおり、最終的には200kgの重さを担いでいたことから後の横綱になる驚異的な身体能力を垣間見せていました。

 

 

 

この頃花田勝治さんは誤って石炭のタンクに落ちてしまい死ぬギリギリで助け出されたり、3000ボルトの電圧に触れて吹っ飛ばされ生死の境をさまようなど、通常の人なら死んでいたであろう経験をしているそうです。

 

 

1946年には花田勝治さんは入門前の素人であるにも関わらず、巡業で訪れた二所ノ関一門の力士相手に相撲大会で力士を数人を倒すなどして、大ノ海にスカウトされて父の反対を押し切って入門しました。

 

四股名”若乃花”として角界で目覚しい活躍をし続けた花田勝治さんは、1957年の11月場所で優勝次点、翌年1月場所で優勝し第45代横綱となりました。

 

花田勝治さんは戦後に初土俵を踏んだ最初の横綱と言われています。

 

そして、第65代横綱の貴乃花(現・貴乃花親方)と、第66代横綱・若乃花(現・タレント花田虎上)は花田勝治さんの甥にあたります。

 

 

花田勝治が霊友会だと言われる理由

 

花田勝治は最愛の息子の死がきっかけで霊友会に入った

花田勝治さんは最愛の長男を亡くし、霊友会に入信しました。その後、花田一族も霊友会に入信することになります。

 

1955年9月場所の横綱をかけた場所前に花田勝治さんの長男がちゃんこ鍋を誤ってひっくり返してしまい、大火傷を負って亡くなってしまいます。

 

この悲しい事故で花田勝治さんは相撲の稽古をする精神状態ではなく、本場所出場も難しいと思われていましたが、花田勝治さんは息子の名前を入れた数珠を下げて場所入りして話題となりました。

 

花田勝治さんのその鬼気迫る様子と数珠を下げた姿から「数珠をさげた名力士」として皮肉にも人気を集めることになりました。

 

 

 

花田勝治さんが霊友会に入信したことで、弟の花田満さんも入信していたようです。

 

 

霊友会に入信している芸能人 花田満(二子山親方)

 

若乃花・貴乃花兄弟の父親・花田満

花田満さんは現役時は二子山部屋の所属で最高位は東大関でしたが、兄・花田勝治さんが「土俵の鬼」と称された第45代元横綱であることや、容姿が整っていることから「角界のプリンス」と呼ばれ人気を博していました。

 

花田満さんについてのプロフィールはこちら。

 

四股名: 花田 満→貴ノ花 満→貴ノ花 利章→貴ノ花 利彰→貴ノ花 満郎→貴ノ花 健士→貴乃花 健士→貴ノ花 利彰
本名: 花田 満(はなだ みつる)
愛称: 角界のプリンス
生年月日: 1950年2月19日
没年月日: 2005年5月30日
出身: 青森県弘前市
身長: 183cm
体重: 114kg
BMI: 34.04
所属部屋: 二子山部屋
得意技: 左四つ、寄り、吊り、上手投げ

 

引用:Wikipedia – 貴ノ花利彰

 

花田満さんは兄・花田勝治さんを含む10人兄弟の末っ子として生まれました。

 

花田満さんは杉並区立東田中学校に通っていた頃に水泳で頭角を表し、メキシコシティオリンピックの代表選手でメダル候補と言われた高田康雄さんとライバル関係にあったことからオリンピック候補選手となっていました。

 

それでも花田満さんは現役時代に横綱だった兄・二子山親方(花田勝治)に憧れて部屋への入門を希望しましたが、二子山親方は兄弟の縁を切ることを条件に入門を許可しました。

 

 

二子山は花田満さんを弟とは考えず、門弟のひとりとして徹底的に厳しく稽古を付け、それは世間から弟だから贔屓にしていると思われないためのことだったようです。

 

花田満さんは1975年に2度優勝した頃が全盛期となり、その後力は衰える一方で次第に横綱候補に名前が挙がることは無くなりましたが、大関としては在位50場所という当時としては史上1位の記録を持っていました。

 

花田満さんは当時女優をしていたタレントの藤田紀子さんと結婚しましたが、2001年に離婚しています。

 

藤田紀子の離婚理由は浮気?旦那や子供&顔面崩壊した現在まで総まとめ

 

 

その間に第66代横綱で3代目若乃花、現在はタレントとして活動している花田虎上さん(花田勝)と、「平成の大横綱」と呼ばれた第65代横綱で現在は貴乃花親方となっている花田光司さんをもうけています。

 

 

花田満が霊友会だと言われる理由

兄・花田勝治と同様に霊友会に入信した花田満

花田満さんはその整ったルックスから霊友会のCMに出演しており、兄・花田勝治さんや子供達の若貴兄弟と共演したことがあります。

 

花田満さんは2005年5月30日に口腔底癌のため55歳の若さで死去しましたが、戒名は霊友会から「誠生院法憲祐幸智徳善士」と天桂寺からの「双綱院貴関道満居士」のふたつを貰っているようです。

 

そして、花田満さんの葬式を巡っては、若乃花と貴乃花は反目し合っておりこの頃から兄弟の亀裂は決定的なものとなっていきました。

 

 

霊友会に入信している芸能人 花田光司(貴乃花親方)

 

「若貴兄弟」として人気を博した元横綱・貴乃花

現在は貴乃花親方として活躍していますが、現役時代は第65代横綱でした。現役時代は藤島部屋から二子山部屋に所属し、兄・若乃花(花田虎上)とともに「若貴兄弟」と呼ばれて人気を博していました。

貴乃花親方の嫁&息子と娘まとめ!子供3人も美男美女?【画像あり】

 

花田光司さんについてのプロフィールはこちら。

 

四股名: 貴乃花 光司
本名: 花田 光司(はなだ こうじ)
愛称: コウジ
生年月日: 1972年8月12日
出身: 東京都杉並区
身長: 185cm
体重: 161kg (現役時)、73kg (2016年)
BMI: 47.04(現役時)、21.30(2016年)
所属部屋: 藤島部屋→二子山部屋
得意技: 突っ張り、右四つ、左四つ、寄り、上手投げ

 

引用:Wikipedia – 貴乃花光司

 

花田光司さんは1972年に東京都杉並区で父親・花田満さんと母親・藤田紀子さんの間に生まれました。

 

花田光司さんは相撲に目覚めたのは父親・花田満さんが現役引退をした時だと語っており、横綱という夢を果たせなかった父に代わって自分が果たすことを誓い相撲の稽古に打ち込むようになりました。

 

花田光司さんは小学校5年生の頃に「わんぱく相撲全国大会」で優勝をして”わんぱく横綱”として土俵入りをしています。

 

力士としての頭角を表し始めた花田光司さんは、相撲の強豪校である明大中野中学校に進学して相撲部に所属し、武井美男監督に指導されたことがその後力士としての重要な下地になったと言われています。

 

この頃までは花田光司さんは太っているだけの肥満児でしたが、部屋に入門してからは一度ガリガリに痩せてから筋肉とともに脂肪をつけていき、力士としては理想的な身体作りをしていたようです。

 

そのため、花田光司さんは新弟子検査の際には「すでに新弟子の体つきではない」と検査員から驚かれるほど体が出来上がっており、すぐに幕下でも通用するほどの強靭な身体だったそうです。

 

そして、花田光司さんの兄・花田勝さんは遅れて入幕することになりましたが、結果的には二人共横綱となり「若貴フィーバー」を巻き起こしました。

 

父親・花田満さん譲りの甘いルックスをしていた花田光司さんと、叔父・花田勝治さんに似たルックスを持つ花田虎上さんは女性週刊誌の表紙を飾るようになり、平成初期の相撲ブームの火付け役となりました。

 

 

花田光司さんは現役時代は22回の優勝をしており、歴代6位の「平成の大横綱」と称されました。

 

 

2017年に日本相撲協会理事を解任された貴乃花親方

2017年11月場所中に日馬富士による貴ノ岩への暴行が発覚し、貴乃花親方は相撲協会へ報告する前に即座に警察に被害届を出し沈黙を貫いたことで結果的に日本相撲協会理事を解任されてしまいました。

貴ノ岩の怪我や傷の写真&性格がヤバイ?暴行事件の真相も総まとめ

 

日本相撲協会の八角理事長と半目し合い、沈黙を貫いていた貴乃花親方は被害届を警察に出す前になぜ協会に報告しなかったのか、伊勢ヶ濱親方の謝罪になぜ応えなかったのかと協会のみならず世間からも疑問の声を浴びるようになりました。

 

 

貴乃花親方は日本相撲協会に対して長年不信感を抱いていたようで、この日馬富士暴行事件によりその溝が決定的になったことで2017年12月28日に貴乃花親方が理事を解任されることが可決されてしまいました。

 

日馬富士が引退!嫁や子供&貴ノ岩暴行事件の真相まとめ

 

世間では貴ノ岩を弟子に持つ貴乃花親方も被害者サイドであり、一方的に処罰されてしまったことで日本相撲協会への不信感を持つ人も少なくないようです。

 

 

花田光司が霊友会だと言われる理由

花田家は代々霊友会を信仰している

先述のとおり、花田勝治さんが長男を亡くしたことで霊友会に入信したことを皮切りに花田家は霊友会を信仰してきたようですが、家族と縁を切っている貴乃花親方は現在違う宗教を信仰しているようです。

 

貴乃花親方は霊友会から龍神総宮社という宗教法人に代わっていたことが示唆されています。

 

貴乃花部屋が例年拠点を構えるのは、会場である大阪府立体育会館から車で1時間あまりのところにある京都府宇治市の神社だ。今場所もここに寝泊まりし、敷地の一角につくられた土俵で力士らは稽古に励むことになる。神社の名は「龍神総宮社」。先代の辻本源治郎氏が1961年に設立した、比較的歴史の浅い宗教法人だ。

 

引用:ビジネスジャーナル – 貴乃花親方と新興宗教…祭主の終末思想本に推薦文、部屋一門が神社で稽古

 

この龍神総宮社という宗教は2代目の辻本公俊さんが祭主を務めており、執筆された著書『2012人類の終焉 太陽からの啓示』では貴乃花親方が推薦する旨を顔写真付きで寄稿していたようです。

 

 

この本のタイトルは陰謀論を匂わす香ばしい内容かと思われますが、中身は「世界が終わらないようにこうしたことに気を付けよう」という戒めについて書かれてあるだけで、一時期洗脳騒動があったように宗教的な考え方に傾倒している貴乃花親方には共感できる部分が多かったのかもしれません。

 

 

霊友会に入信している芸能人 花田虎上(若乃花)

 

貴乃花の兄で第66代横綱・若乃花

花田虎上さんは先述のとおり弟・貴乃花とともに「若貴フィーバー」として世間を騒がせた横綱です。2011年4月9日に風水建築デザイナーの直居由美里さんのアドバイスにより芸名を「花田勝」から「花田虎上(はなだまさる)」に改名しています。

花田虎上(若乃花)の嫁と子供&現在!貴乃花との確執の真相も総まとめ

 

花田虎上さんについてのプロフィールはこちら。

 

四股名: 若乃花 勝
本名: 花田 勝(はなだ まさる)
愛称: お兄ちゃん・若・若様・若関(大相撲現役時)
生年月日: 1971年1月20日
出身: 東京都中野区(出生地・東京都杉並区)
身長: 180cm
体重: 134kg
BMI: 41.36
所属部屋: 藤島部屋→二子山部屋
得意技: おっつけ、押し、左四つ、寄り

 

引用:Wikipedia – 花田虎上

 

花田虎上さんは現役当時から貴乃花の兄として「お兄ちゃん」の愛称で親しまれ、人当たりの良い性格も相まって人気を得ていました。

 

弟の貴乃花親方が「角界のプリンス」と呼ばれた父譲りの整ったルックスをしているのに対して、花田虎上さんは叔父である初代若乃花・花田勝治さんの容姿に似ています。

 

花田勝治さんは1988年3月に初土俵を踏み、弟の貴乃花親方と元横綱・曙、元大関の魁皇が同期であり「花の六三組」と呼ばれていました。

 

1989年11月場所で史上最年少で関取となった貴乃花親方に比べて、花田勝治さんは1990年3月に遅れて新十両となり、同年9月場所で新入幕を果たしています。

 

花田勝治さんは元々左股関節が弱かったため、それを「最大の企業秘密」として庇うような相撲を取りながら横綱まで昇格したのですから体格に恵まれなくても技術でカバーしていたようです。

 

花田虎上さんが横綱になった時の土俵入りを先に横綱になっていた貴乃花親方が指導すると思われていましたが、この頃から兄弟の確執は起きており姿を見せることはありませんでした。

 

花田虎上さんは引退後はタレントに転身し、スポーツキャスターとして活躍する傍らで2002年にドリームアーク社を立ち上げ、「Chanko Dining 若」「うどんダイニング若」など数々の飲食店をプロデュースしました。

 

 

2012年には個室居酒屋で業界大手のアンドモワ株式会社と花田虎上さんのコラボレーションで「若の台所」「赤鶏御殿」などの居酒屋や、ラーメン屋「若のらーめん」をプロデュースしています。

 

花田虎上が霊友会だと言われる理由

弟・貴乃花親方と決別している花田虎上

弟・貴乃花親方が霊友会を脱会して龍神総宮社に改宗しているように思いますが、花田虎上さんは霊友会のようですね。

 

 

貴乃花親方は花田虎上さんや家族との確執から霊友会を脱会して龍神総宮社に改宗したのかもしれません。

 

貴乃花親方は1998年の秋場所前に「洗脳騒動」で世間を騒がせ、兄・花田虎上さんを一方的に拒絶するようになりました。

 

この時、父親である二子山親方が、貴乃花親方は当時懇意にしていた整体師から洗脳されたと告白して騒動に発展しました。

 

そして、2005年5月30日に二子山親方が亡くなると、喪主を巡って花田虎上さんと貴乃花親方の対立が起き、位牌や墓の所有権や財産相続権について紛争が起きたと言われています。

 

その後花田虎上さんに弟・貴乃花親方との復縁について度々インタビューされましたが、花田虎上さんは「100%ない」とした上で、「弟は頭がおかしくなった」と世間に対しても完全な絶縁状態にあることを明かしました。

 

 

 

霊友会に入信している芸能人 成田文男

 

スライダーの名手・成田文男

成田文男さんは当時活躍した伊藤智仁さんや宣銅烈さんと並んでキレのあるスライダーを投げる投手として知られていまいた。また成田文男さんは打撃も優秀であり、満塁本塁打2本を含む通算15本塁打を打っています。

 

成田文男さんについてのプロフィールはこちら。

 

本名: 成田文男(なりた ふみお)
出身地: 東京都足立区
生年月日: 1946年10月2日
没年月日: 2011年4月21日
身長: 178 cm
体重: 76 kg

 

引用:Wikipedia – 成田文男

 

成田文男さんは出身地は東京都のようですが、幼少期まで秋田県で育ちました。

 

成田文男さんは足立区立第四中学校に通っており同級生にはビートたけしさんがいたそうです。

 

その後成田文男さんは野球の強豪校である修徳高校に進学し、第46回全国高等学校野球選手権大会に出場して春夏ともに修徳高校を甲子園に導いた立役者となりました。

 

1965年に成田文男さんは東京オリオンズへ入団し、2年目にして主力投手として活躍、1968~1970年には3年連続20勝という快挙を成し遂げています。

 

成田文男さんは引退後に埼玉県にてスポーツ用品店を経営していましたが、その後東京都港区の建設会社で広報課長をしています。

 

その後1991年から趣味のゴルフが高じて羽田空港近くのゴルフ練習場でアシスタントプロをし、成田文男さんは2000年には岐阜県に移り住んで喫茶店をしながら少年野球チームの監督をするなど色々とやりたいことを余生で満喫していたようです。

 

2011年4月21日に肝不全のため成田文男さんは岐阜市の病院で64歳で死去しました。

 

成田文男が霊友会だと言われる理由

成田文男が霊友会というソースはほとんどない

成田文男さんが霊友会に入信したエピソードなどはネット上では見当たりませんが、霊友会の有名人リストには必ず名前が挙がっています。

 

スポーツ選手は新興宗教に入信している人が多いと言われていますので、成田文男さんも野球人生を後ろ支えする存在として霊友会を選んだのかもしれませんね。

 

 

 

霊友会に入信している芸能人 薬師丸ひろ子

 

大ベテランの女優・薬師丸ひろ子

薬師丸ひろ子さんは1978年にデビューして以降、角川映画において絶大な人気を誇り、主演から助演まで幅広い役柄と深い演技力で活躍してきたベテラン女優です。歌手としても一時代を築いてきました。

 

薬師丸ひろ子さんについてのプロフィールはこちら。

 

本名: 薬師丸 博子(やくしまる ひろこ)
生年月日: 1964年6月9日
出生地: 東京都渋谷区
出身地: 東京都港区北青山
身長: 154.5 cm
血液型: A型
職業: 女優、歌手
ジャンル: 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間: 1978年 –
配偶者: 玉置浩二(1991年 – 1998年、離別)

 

引用:Wikipedia – 薬師丸ひろ子

 

薬師丸ひろ子さんは中学校1年生の頃に角川映画の3作目『野生の証明』のオーディションに望み、合格したことで故・高倉健さんとの共演で1978年に女優・映画デビューを果たしました。

 

1980年には薬師丸ひろ子さんは相米慎二監督の映画『翔んだカップル』で初主演を飾り、翌年には同監督の代表作でもある『セーラー服と機関銃』で主演を飾って大ブレークを果たします。

 

また、同映画の主題歌『セーラー服と機関銃』は薬師丸ひろ子さんのデビュー曲でもあり、大ヒットを飛ばしています。

 

薬師丸ひろ子さんはトップ女優の仲間入りを果たすと1984年には澤井信一郎監督の映画『Wの悲劇』で高い演技力が評価されて第27回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

 

1991年に安全地帯のリーダーとして活躍している歌手の玉置浩二さんと結婚して一時は芸能活動を休止状態になりましたが、1998年に離婚したことでその前年からドラマ『ミセスシンデレラ』で主演をしたことを皮切りにドラマでの活躍も増えていきました。

 

 

薬師丸ひろ子が霊友会だと言われる理由

薬師丸ひろ子の父親が霊友会幹部だった

薬師丸ひろ子さんの父親が霊友会の幹部だったことから薬師丸ひろ子さんも霊友会だったと言われています。

 

薬師丸ひろ子さんの人気が絶頂期になると父親がファンを霊友会に勧誘していたというエピソードも残っているようです。

 

薬師丸ひろ子さんの父親は娘の芸能生活に支障が無いように、インタビューなどでは霊友会信者は家族の中で自分だけだと言っていたようです。

 

霊友会の広告塔に薬師丸ひろ子さんを使わなかったところから、父親はとても娘思いな人だったのでしょう。

 

芸能界と宗教は切っても切れない密接な関係にありますが、その反面世間的には新興宗教に入っているというだけでファンを辞める人も少なくないため父親の判断は正しかったのでしょう。

 

 

 

霊友会に入信している芸能人 久里洋二

 

昭和の名アニメーター・久里洋二

久里洋二さんはアニメ『ひょっこりひょうたん島』や『クラリネットこわしちゃった』『ピノキオの歌』などの『みんなのうた』の映像作品を手がけました。

 

久里洋二さんについてのプロフィールはこちら。

 

久里 洋二(くり ようじ、1928年4月9日 – )は、日本の洋画家、漫画家、アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家。福井県鯖江市出身。文化学院美術科卒業。

引用:Wikipedia – 久里洋二

 

久里洋二さんは1958年に久里実験漫画工房を設立し、アニメーションの製作に没頭し始めました。

 

久里洋二さんは1960年には柳原良平さん、真鍋博さんらと「アニメーション三人の会」を結成して、製作したアニメを草月ホールで定期的に上映会を行っていました。

 

1964年には日本テレビにて『11PM』、『ひょっこりひょうたん島』など代表作アニメを発表し、1980年にはスイスの美術雑誌「GRAPHIS」の表紙デザインを久里洋二さんが日本人として初めて製作しています。

 

 

久里洋二さんは1983年に紺綬褒章を、1992年には紫綬褒章を、2011年には旭日小綬章を受章しています。

 

 

久里洋二が霊友会だと言われる理由

久里洋二が霊友会だというソースは無い

久里洋二さんも霊友会に入信している芸能人リストに名前を連ねていますが、いつ入信したのか等詳細な情報は無いようです。

 

漫画家、アニメーターとしては霊友会だと言われている人は久里洋二さんだけのようなので、両親が霊友会だった等の何か特別な縁があったのかもしれませんね。

 

 

霊友会に入信している芸能人 石原慎太郎

 

東京都知事を長く務めた石原慎太郎

石原慎太郎さんは作家から参議院議員となり、第8代環境庁長官、第59代運輸大臣、第14~17代東京都知事を歴任しましたが、2017年には豊洲市場移転問題で追求されるなど追い込まれる一面がありました。

 

石原慎太郎さんについてのプロフィールはこちら。

 

本名: 石原慎太郎(いしはら しんたろう)
生年月日: 1932年9月30日
出生地: 兵庫県神戸市須磨区
出身校: 一橋大学法学部卒業
所属政党: (自由民主党→)(無所属→)(自由民主党→)(無所属→)(太陽の党→)(日本維新の会→)次世代の党
称号: 法学士(一橋大学・1956年)、旭日大綬章
配偶者: 石原典子
子女: 5人
長男・石原伸晃
次男・石原良純
三男・石原宏高
四男・石原延啓
親族: 父・石原潔
母・石原光子
弟・石原裕次郎

引用:Wikipedia – 石原慎太郎

 

石原慎太郎さんは1932年9月30日に海運会社山下汽船に勤めていた石原潔さんと妻の光子さんの長男として兵庫県神戸市須磨区にて生まれました。

 

そして、1934年12月28日には弟で昭和の大スターと呼ばれた故・石原裕次郎さんがが生まれています。

 

石原慎太郎さんは1952年4月に一橋大学法学部に入学すると、作家として活躍したことからは意外にも柔道部とサッカー部に入部していたようです。

 

在学中から石原慎太郎さんは簿記や会計学など公認会計士としてビジネスシーンで役立つ勉強を集中的にやっていたようですが、途中で向いていないと感じてやめたそうです。

 

その頃、学校内で発刊していた同人誌『一橋文芸』に 処女作となる『灰色の教室』を発表して復刊に尽力しました。

 

そして石原慎太郎さんは翌年には当時18歳だった石田由美子さんと結婚し、作品『太陽の季節』が文學界に掲載されて、「第1回文學界新人賞」を受賞しました。

 

作家としての活動しながらも東宝の入社試験を受けて合格し、助監督として採用されたところから石原慎太郎さんの才能の高さが伺えるでしょう。

 

1956年には「第1回文學界新人賞」を受賞した『太陽の季節』が「第34回芥川賞」を史上最年少で受賞し、ベストセラーとなりました。

 

石原慎太郎さんは人気作家として活動しながら1968年7月に第8回参議院議員通常選挙で初当選。

 

1987年7月17日には弟の石原裕次郎さんが肝細胞癌のため52歳の若さで死去しました。

 

1999年4月には石原慎太郎さんは東京都知事選に出馬して当選、2011年までの四期を東京都知事として務め上げました。

 

2014年12月16日に政界引退を表明した石原慎太郎さんは、翌年4月に旭日大綬章受章を受章しています。

 

しかし、石原慎太郎さんは2017年3月20日に豊洲市場移転問題に関して現・小池百合子都知事から厳しい追及を受け、都議会百条委員会にて証人喚問を受けて追い込まれる一面を見せていました。

 

石原慎太郎が霊友会だと言われる理由

石原慎太郎は霊友会の顔として有名だった

石原慎太郎さんは霊友会とは蜜月関係にあり、政治的に宗教を利用していたようです。

 

芸能界もそうですが、それ以上に宗教と切っても切れない関係にあるのが政界でしょう。

 

宗教は選挙において集票力や動員力に優れているため、特に創価学会擁する公明党などは選挙戦で盤石な強さを見せています。

 

石原慎太郎さんも霊友会を政治利用していたと言われており、初出馬の時には20万票を頼んだというエピソードを自らの著作で紹介しています。

 

しかし、霊友会は元々政治的な後ろ支えを良しとする宗教ではなかったようで、石原慎太郎さんの政界引退により肩の荷が下りたというのが実情のようです。

 

 

 

霊友会に入信している芸能人 細川護煕

 

第79代内閣総理大臣・細川護熙

細川護熙さんは朝日新聞記者を経て政治家となり、参議院議員を3期、第45・46代熊本県知事、衆議院議員を2期、第79代内閣総理大臣、初代日本新党代表、初代フロム・ファイブ代表などを歴任しました。

 

細川護煕さんについてのプロフィールはこちら。

 

本名: 細川護煕(ほそかわ もりひろ)
生年月日: 1938年1月14日
出生地: 東京府東京市
出身校: 上智大学法学部卒業
前職: 朝日新聞社社員
現職: 芸術家 陶芸家、永青文庫理事長、東北芸術工科大学学園長、京都造形芸術大学学園長
所属政党: (無所属→)(自由民主党→)(日本新党→)(新進党→)(フロム・ファイブ→)(民政党→)(主党→)無所属
称号: 法学士(上智大学・1963年)
親族: 細川護久(曾祖父)
池田詮政(曾祖父)
近衞篤麿(曾祖父)
細川護立(祖父)
近衛文麿(祖父)
細川護成(大伯父)
近衛秀麿(大叔父)
南部利英(従伯父)

 

引用:Wikipedia – 細川護熙

 

細川護煕さんの家柄は肥後熊本藩主だった肥後細川家の第18代当主だったそうです。

 

細川護煕さんは上智大学法学部で法学士の学位を取得し、卒業後は朝日新聞社の記者をしていましたが、第9回参議院議員通常選挙で初当選しました。

 

その後熊本県知事となった細川護煕さんは、退任後に日本新党を立ち上げて代表となり参議院議員となって国政に復帰しました。

 

細川護煕さんは「新党ブーム」の火付け役でもあり、後に自由民主党に移って38年ぶりに政権交代の立役者となり第79代内閣総理大臣に就任しました。

 

しかし、佐川急便からの一億円借入事件を追求されて辞職、新進党の結党と離党を経てフロム・ファイブを結党しましたが、民政党、民主党と移る中で細川護煕さんは定まるところを無くし還暦を迎えたことで政界を引退しました。

 

細川護煕が霊友会だと言われる理由

細川護熙も霊友会を利用していた?

細川護熙さんが石原慎太郎さん同様に霊友会と蜜月関係にあったという情報はありませんでしたが、政治利用していたのでしょう。

 

政界において霊友会の顔は石原慎太郎さんでしたが、細川護熙さんも霊友会に入っていたと言われています。

 

 

 

 

 

 

霊友会の信者だと言われる芸能人について総まとめすると・・・

霊友会は、1924年に教祖・久保角太郎により創立された法華系の新興宗教である。被害報告が絶えない宗教の1つであり、家庭崩壊・破産など悪い評判が多い。霊友会の信者の有名人として、初代若乃花・花田勝治をはじめとする花田一族、元東京都知事の石原慎太郎がいる。また、石原慎太郎は票集めの為に宗教を利用したといわれている。

 

霊友会の信者だと言われる芸能界や政界の人物について総まとめしてきました。

 

霊友会は芸能界や政界の人にとってはバックアップに利用できるようですが、それを下支えしている一般信者からは搾取している印象しかないようです。

 

霊友会が原因で家庭が崩壊したという被害報告が後を絶えないことから勧誘された際には注意を払いたいところですね。

 

関連記事

宗教の種類と芸能人の入信状況一覧を総まとめ【最新版】

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

カズレーザー

サイコパスの特徴15個・噂の芸能人15人を徹底まとめ!

8c346a147a99a479644fac60068ef6ca_t

きつね顔の特徴を持つ芸能人の女子7名&男5名まとめ!男性受けは悪い?

エホバの証人

エホバの証人の禁止事項や芸能人リスト!10の危険な理由も総まとめ

満島ひかり

俳優・女優の演技力ランキング!演技が上手いと言われる理由も徹底紹介

water-shower-bathroom-theme-water-78931@low

芸能人も実践!湯シャンの効果とやり方&危険性を徹底解説

急性心不全

急性心不全で死亡した芸能人15名|症状や前兆も総まとめ

堺雅人

【タバコ】喫煙者の芸能人まとめ!男性&女性【ヘビースモーカー】

松村邦洋

ライザップでリバウンドした芸能人12名!ダイエット成功には強い意志が必要?

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

川島なお美

アルコール依存症の症状をもつ芸能人10名まとめ!末期は悲惨?

170420_ww_mtop580

芸能人・有名人も愛用!時計おすすめ人気ランキングTOP20【画像付き】

田中萌

テレ朝・田中萌アナのすっぴん画像が衝撃的…かわいいと言っていたネットの反応は?

5e3678699def6a3341151f480010b8a6

殺意が湧く?クチャラーの芸能人16名まとめ【クチャクチャ音を立てて食べる】

モルモン教

モルモン教は危険?禁止事項や芸能人10名を総まとめ

しょうゆ顔

しょうゆ顔の芸能人まとめ!イケメン俳優8名&女優8名を徹底紹介

04539_1447_65e0b217_15cf72ba-cm

【肌が黒い】色黒な芸能人16名を男性・女性別に紹介【画像付き】

ブラマヨ吉田敬プロフィール

ニキビや肌荒れが目立つ芸能人16名!男性・女性別に紹介【画像付き】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

G20120207002584730_view

田中圭の嫁はさくら!結婚相手や子供&浮気疑惑や現在まとめ

モルモン教

モルモン教は危険?禁止事項や芸能人10名を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す