ディープインパクト

ディープインパクトが安楽死~死因や種付け料・子供や伝説を総まとめ

「2度と現れない」と言われるほど競馬界で最強の馬と呼ばれたディープインパクトですが、2019年7月30日に亡くなってしまいました。

 

この記事は、ディープインパクトの伝説や安楽死が選択された死因について、血を引く後継の子供について詳しくまとめました。

 

ディープインパクトのプロフィール

ディープインパクト、史上2頭目となる3冠制覇を果たした伝説的な競走馬

 

競馬界史上最強の競走馬・ディープインパクト

 

現役期間: 2004年 – 2006年
欧字表記: Deep Impact
香港表記: 大震撼
品種: サラブレッド
性別: 牡
毛色: 鹿毛
生誕: 2002年3月25日
死没: 2019年7月30日(17歳没)
登録日: 2004年12月19日
抹消日: 2006年12月25日
父: サンデーサイレンス
母: ウインドインハーヘア
母の父: Alzao
生国: 日本(北海道早来町)
生産: ノーザンファーム
馬主: 金子真人→金子真人ホールディングス(株)
調教師: 池江泰郎(栗東)
調教助手: 池江敏行
厩務員: 市川明彦

引用:Wikipedia – ディープインパクト_(競走馬)

 

ディープインパクトは2002年3月25日に生まれた茶褐色の鹿毛の牡馬です。

 

ディープインパクトの父親はサンデーサイレンス、母親はウインドインハーヘアで、生涯通算成績は14戦12勝、「2005年皐月賞、日本ダービー、菊花賞、2006年天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念」を制した1984年のシンボリルドルフ以来の史上2頭目となる3冠制覇を果たした伝説的な競走馬でした。

 

ディープインパクトは引退した2007年からは北海道安平町にある「社台スタリオンステーション」で種牡馬入りしていました。

 

 

ディープインパクトが遺した伝説~史上最強馬の華麗な経歴

 

ディープインパクトの伝説を越える牡馬は現れる?

 

ディープインパクトが生前に打ち立ててきた伝説の数々は、やはり”史上最強馬”にふさわしいもので簡単に塗り替えられるものではないようです。

 

・デビュー年2004年に4連勝で臨んだ日本ダービーではタイレコードで圧勝

・2005年の菊花賞では単勝1.0倍であり、支持率79%という歴代最高単勝支持率を誇る

・2005年に無敗で史上6頭目となるクラシック3冠馬となった

・G1での7勝はシンボリルドルフ、テイエムオペラオーに並ぶ史上3頭目の最多タイ記録

・種牡馬として史上最高価格となる51億円のシンジケートが組まれた

・種牡馬としても5頭のダービー馬を輩出した

・産駒出走初年度の総獲得賞金記録はサンデーサイレンスが持つ記録を16年ぶりに更新した

 

 

こうした伝説を遺したディープインパクトは、蹄鉄の減りが少なかったことで有名であり、それはまさに「飛ぶように走る」天性の柔軟性と走りの才能によるものでした。

 

ディープインパクトのレースはほとんどが逆転劇であり、レース終盤に追い上げ最後の直線はまさに空を飛ぶように走ると表現されました。

 

とても人懐こい性格だと言われたディープインパクトですが、レース直前になると闘争心をむき出しにする、本当に走ることが大好きな馬だったと言われています。

 

 

しかし、引退試合となるラストランでは、ディープインパクトは「これが最後」だと察知していたのか、1位を獲得してもウイニングランを嫌がり走らなかったそうです。

 

 

まるで走るのが大好きな少年のようだったディープインパクトですが、これからも伝説の競走馬として語り継がれていくことでしょう。

 

 

 

ディープインパクトが安楽死~死因は頚椎の骨折だった

 

ディープインパクト、2019年7月30日に安楽死

 

頚椎の骨折により安楽死したディープインパクト

 

2019年7月30日にディープインパクトが「社台スタリオンステーション」にて亡くなったことが伝えられました。

 

ディープインパクトは頸部の痛みにより28日に手術を受けていましたが、その翌日には立てない状態になり、30日早朝に頚椎を骨折していることが発覚したため、回復が絶望的となり安楽死が選択されました。

 

 

ディープインパクトとともに戦った騎手の武豊さんは訃報を聞き、感謝の意とともに追悼の言葉としていました。

 

衝撃的な最期に社台SSでは「突然の出来事で誠に痛恨の極み」とコメント。現役時の14戦すべてで手綱を取った武豊騎手も「私の人生において本当に特別な馬でした。彼にはただただ感謝しかありません」と相棒を偲んだ。

 

引用:Yahoo!ニュース – サヨナラ伝説名馬。ディープインパクトは引退後も凄かった……生涯種付け料400億円越え

 

馬の平均寿命は25~30年と言われていますので、17歳で死去したディープインパクトは人間で言えば5、60歳で亡くなったことになるかもしれません。

 

しかし、ディープインパクトの父親で、日本競馬界の歴史を塗り替えた伝説の牡馬・サンデーサイレンスもまた16歳の若さで亡くなっています。

 

サンデーサイレンスの早すぎる死の原因はわかりませんが、ディープインパクトと同じく伝説級の牡馬の宿命である種付け頭数の多さかもしれません。

 

 

 

ディープインパクトの献花台が設けられる

 

2019年9月1日までディープインパクトの献花台が設置される

 

2019年7月31日に苫小牧市美沢にある「ノーザンホースパーク」にディープインパクトの献花台が設置されました。

 

献花台の開場時間は午前9時から午後5時までで、設置期間は9月1日までを予定しているようです。

 

献花台の場所はK’sガーデン向かいにある厩舎1休憩室で、献花台横には記帳台もあるため、多くのファンがディープインパクトへ向けた追悼の言葉を書き込んでいるようです。

 

 

公開初日の3日には280件の献花がされ、4653件の言葉が記帳されており、多くのファンがディープインパクトのために訪れていました。

 

 

 

ディープインパクトの種付け料は4000万円~死の原因は種付け頭数に起因

ディープインパクト、年200頭の種付けが死期を早めた?

 

社台スタリオンステーション事務局の徳武英介さんは、ディープインパクトが首を痛めた原因について、種付け頭数の多さが原因であることは否定できないと明かしました。

 

「種付け料を上げて(頭数を)絞っていくようにしていったが、種付け頭数に起因しているのではと言われたら、そうかもしれない

 

引用:Yahoo!ニュース – 毎年200頭以上の種付け頭数に起因か…ディープインパクトの死に大きな衝撃

 

ディープインパクトは2007年から毎年200頭以上の種付けを行っていたようで、2日に1頭以上への種付けを行っていたことになります。

 

徳武英介さんが言うように、ディープインパクトの負担を減らすために年々種付け料は飛躍的に上がっていましたが、それでも最強DNAへの需要が落なかったことが最大の原因のようです。

 

ディープインパクトの種付け料は桁違いに高額だった

 

ディープインパクトの種付け料は桁違い

 

「社台スタリオンステーション」が発表した2019年度のディープインパクトの種付け料は以下の通りになります。

 

【ディープインパクト(Deep Impact)】
父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア(母父Alzao)
2019年度Fee:4000万円(Private、Bookfull)
2018年度Fee:4000万円(Private)
2017年度Fee:3000万円(Private)
2016年度Fee:3000万円(Private)
2015年度Fee:2500万円(Private)
2014年度Fee:2000万円(Private)
2013年度Fee:1500万円(前納、不受胎時全額返還)
2012年度Fee:1000万円(前納、不受胎時全額返還)
2011年度Fee:1000万円(前納、不受胎時全額返還)
2010年度Fee:900万円(前納、不受胎時全額返還)
2018度種付頭数:197頭

 

引用:【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

 

ディープインパクトの種付け料の凄さの比較として、日本競馬界において生涯獲得賞金1位であるキタサンブラックの種付け料は400万円となります。

 

ディープインパクトは歴代3位の14億5455万円ですが、キタサンブラックは18億7684万円となっています。

 

キタサンブラックがまだ7歳と若いこともありますが、種付け料が10倍というのはやはりディープインパクトの凄さを物語っています。

 

 

 

ディープインパクトの子供が大活躍~産駒たちの躍動にファン歓喜

ディープインパクト、子供たちは全国の競馬場で活躍

父・ディープインパクトの想いを子供らが体現

 

ディープインパクトの死後、その血を受け継ぐ産駒が全国で活躍したことが伝えられファンの胸を熱くさせていたようです。

 

先月30日に死んだディープインパクトの血を引く産駒が各地で“飛んだ”――。土、日全場のメイン競走が「ディープインパクト追悼競走」として行われた先週は、その11Rこそ勝ち鞍はなかったものの土、日で計6勝をマーク。土曜新潟10Rでは4頭が出走して1~3着を独占。同小倉2Rの2歳未勝利戦ではブルーミングスカイが7馬身差圧勝を決めるなど、父を追悼するかのように産駒たちが躍した。

 

引用:exciteニュース – ディープインパクト産駒 各地で追悼の活躍

 

ディープインパクトの子供たちは動物の直感で父親が亡くなったことを察知して、普段以上の力を出したのかもしれません。

 

ディープインパクトが父親のサンデーサイレンスを超えたように、子供たちもまた父親超えをする日が来るかもしれませんね。

 

ディープインパクトの子供が父親超えをする日が来る?

サラブレッドの血は脈々と受け継がれている

 

2018年4月22日に行われた京都競馬の第8レースにて、古川吉洋さんが乗るトウカイレーヌが1着となり、ディープインパクト産駒としてJRA通算勝利数が1600勝となりました。

 

これはJRA史上で5頭目となる記録であり、産駒初出走の日から数えて7年10ヶ月3日での達成は、ディープインパクトの父・サンデーサイレンス産駒の9年19日を上回る史上最速記録となりました。

 

サンデーサイレンスからディープインパクト、そして次の産駒が新しい伝説を引き継いで行くことでしょう。

 

 

ディープインパクトについて総まとめすると…

 

・ディープインパクトは2019年7月30日、頚椎の骨折により根治が難しく安楽死した

・ディープインパクトは史上最強馬といわれ、日本競馬界で数々の伝説をのこした

・ディープインパクトの種付け料は4000万円と桁違いに高額で、種付け頭数の多さが死の原因にもなった

・ディープインパクトの子供たちは父親の死後に目覚しい活躍を見せている

 

日本競馬界で数々の伝説を遺してきたディープインパクトについて総まとめしてきました。

 

急死が伝えられ多くのファンが嘆き悲しみましたが、生前の飛ぶように走るディープインパクトの勇姿はいつまでも脳裏に焼き付いていることでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

三宅宏美

三宅宏実はかわいい?彼氏・結婚は?父と伯父についてもまとめ!【リオ五輪銅メダル】

伊良部秀輝

伊良部秀輝の死因や自殺真相!嫁や子供&生い立ちから現在まで総まとめ

fje

藤澤五月の彼氏は?韓国パクボヨンに似てる噂&歯や鼻がかわいくない噂も画像で検証!

那須川天心

那須川天心と彼女・浅倉カンナの結婚は?熱愛の馴れ初めから現在まで総まとめ

山田哲人

山田哲人の彼女は熊切あさ美?熱愛情報と結婚観まとめ

大谷翔平

大谷翔平は彼女いる!?噂の出た女性7人&好きなタイプまとめ

81a0e4df00085c7091dc58b97275f842

本田圭佑の目がおかしいのはバセドウ病が原因!昔と現在の画像で比較検証

日大アメフト

日大アメフト宮川泰介の現在!ラフプレー真相や内田監督・井上コーチ・関学の被害者の現在も紹介【動画あり】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

高見侑里

高見侑里が結婚!旦那・尼川元気の情報~昔の週刊誌じゃがりこナンパの真相まとめ

sge

スガシカオの名曲!本名や結婚&人気曲ランキングTOP10まとめ

ハリルホジッチe

【無能】ハリルホジッチ監督の解任理由!家族&評価や戦術も総まとめ

enn1303290840002-p1

坂口良子の死因|元夫や息子と娘・若い頃から死去までを総まとめ

新垣結衣

【ガッキー】新垣結衣の歴代彼氏まとめ!錦戸亮や星野源との噂の真相とは?【熱愛の真偽を検証】

2017-10-23_132912

高木美帆が可愛い!彼氏や結婚は?姉・父・母の情報も総まとめ

片岡愛之助

【子供】片岡愛之助、元彼女との隠し子やDNA鑑定要求まとめ【女性セブン・週刊文春】

坂本勇人

坂本勇人の彼女遍歴&タバコ問題まとめ!結婚はまだ先になりそう?

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

右翼芸能人

右翼の芸能人&有名人ランキングTOP30~愛国者・政治発言で炎上【最新版】

立花孝志

立花孝志の現在!経歴や学歴・嫁と娘・政見放送の内容まとめ【NHKから国民を守る党】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す