b8a1a_1141_468dd111_4080612a-cm

桑田真澄の嫁と息子(長男/次男)の現在~父と母や兄弟など家族も総まとめ

元プロ野球選手の桑田真澄さんですが、現役時代の本人のスターぶりもさることながら、現在は息子のMattさんがタレントとして活躍し話題となっています。

 

この記事では、素行不良だった桑田真澄さんの若手時代のエピソード、父・母・兄弟、そして結婚した嫁と2人の子供(長男・次男)など現在までを総まとめしました。

桑田真澄のプロフィール

 

名前:桑田真澄(くわた ますみ)
生年月日:1968年4月1日
出身地:大阪府

 

桑田真澄、盟友・清原和博との運命を分けたKKドラフト事件

 

 

桑田真澄さんといえば、PL学園のエースとして、1983年夏から1985年夏にかけて5大会連続で甲子園出場を果たし、2度の優勝と2度の準優勝を達成したことで知られている伝説的な野球選手となります。

 

同僚の清原和博さんと共に「KKコンビ」と呼ばれ、国民的スターとなっていた桑田さんですが、高校を卒業後の進路については、早稲田大学への進学を表明して受験勉強に打ち込んでいた他、東京六大学の試合観戦にまで行く熱の入れ様でした。

 

しかしながら、これらの行動はすべて読売ジャイアンツの伊藤菊雄スカウトが「KKコンビ」を二頭取りするために仕組んだ策略だったそうで、実際は読売ジャイアンツからドラフト2位での指名が内定していました。

 

とはいえ、そんな読売ジャイアンツ側の思惑に気が付いていた球団もあり、西武ライオンズが桑田さんの強行指名を匂わすデコイ情報を流すなど、水面下では情報戦が起こっていたようですね。

 

甲子園の通算本塁打記録を持つ清原さんに対しては6球団の指名が予想されていたため、「KKコンビ」を1人も獲得出来ない可能性を憂慮した読売ジャイアンツ側は、ドラフト会議前日になると、当初のプランを変更して桑田さんの1位指名に転じることになりました。

 

そして迎えた1985年11月のドラフト会議では、事前の予想通り6球団に指名された清原さんは抽選の末に西武ライオンズへの入団が決まり、桑田さんは読売ジャイアンツに一本釣りをされるといった結果に終わりました。 

その後、ドラフト直前まで読売ジャイアンツと相思相愛に見られていた清原さんが、ドラフト会議で起こったまさかの出来事に動揺し、記者会見の場で号泣してしまったことから、桑田さんのヒールとしてのイメージが確定します。
 
自身もプロ野球界の都合に翻弄された立場の桑田さんでしたが、子供の頃から読売ジャイアンツでプレーすることを夢見ていた同僚を裏切った男として、ドラフト後はマスコミを挙げて大バッシングを受ける羽目になってしまいました。
 

 

桑田真澄の現役時代~女癖の悪さや野球賭博関与の噂も

桑田真澄、巨人入団当初から素行が悪かった?

 

 

プロ入り後の桑田真澄さんに関しては、「KKドラフト事件」のせいで世間からは時代を象徴するヒール扱いをされてしまった結果、読売ジャイアンツでもチームメイトたちから距離を置かれる苦しいスタートだったそうですね。
 
しかしながら、当の桑田さんは国民的知名度を誇った高校時代よりスポーツメーカーなどに接待を受けていた立場だったため、そういった逆風はどこ吹く風でした。
 
入団当初の桑田さんを知る元読売ジャイアンツ広報部長・若林敏夫さんは、当時を振り返り下記のような証言を残しております。

 

「桑田が入寮で上京したとき、当時の正力(亨)オーナーの命令で東京駅に迎えに行き、ホテルでフランス料理のフルコースを食べた。巨人軍の選手として恥ずかしくないよう、テーブルマナーを教えろということだった。ところが桑田はナイフもフォークの使い方も手慣れていたし、食事が終わるとディスコに行きたいと言い出した。その世慣れた態度に、ははあ、これはこれまで思惑を持った周囲の人間に、相当遊ばせてもらっているなと思いました。金銭や供応に対して脇の甘さも感じました

引用:KKドラフトのシナリオは二頭取りだった

 

 

当時の桑田さんの取り巻きの1人だった人物に、「カドヤスポーツ」の社員で後にプロレスラーに転向した中牧昭二さんがいます。
 
1985年春頃から桑田さんの担当社員だった中牧さんは、当時高校3年生だった桑田さんにせがまれて風俗店に連れて行かされたこともあれば、プロ入り後は車や高級時計などを度々おねだりされていたそうです。
 
中牧さんを引き連れて夜の街に繰り出していた若き日の桑田さんは、1988年1月になると、東京・六本木のディスコ「トゥーリア」にて起こった「六本木ディスコ照明落下事故」に遭遇したことでも話題となりました。
 
ちなみに、事故当日の桑田さんは女優の相楽晴子さんと密会しており、事故が起こると、予約していたホテルのスウィートルームに一緒に逃げ込んだという逸話が残っております。
 

桑田真澄、アメリカ人モデル・アニータに暴露本を出版される

プロ入り2年目となる1987年には「15勝6敗 防御率2.17」の好成績を残し、最優秀防御率のタイトルを獲得するなど若くして球界のエースとなっていた桑田真澄さんでしたが、1989年8月になると、元カノから暴露本を出版されるといったスキャンダルが勃発します。

 

出典:https://rr.img.naver.jp

 

暴露本「愛のローテーション」を出版したのは、ハワイ出身のモデルであるアニータ・カステロさんでした。
 
1988年12月にパーティの場で知り合ったという2人ですが、一目惚れをした桑田さんの側からアニータさんに積極的アプローチをかけた結果、交際に至ることになりました。
 
とはいえ、桑田さんといえば、当時は素行の悪さで鳴らした人物だったため、アニータさんの所属事務所や友人からは、交際に対する反対意見が多かったようですね。
 
しかしながら、1985年に来日したばかりで日本の世情に疎かったアニータさんは、交際早々に桑田さんと一緒にハワイの実家に帰省して両親に紹介するなど、桑田さんを信じ切っていました。
 
そのハワイでの帰省デート現場を週刊誌にパパラッチされてしまい、1989年1月に熱愛が発覚することとなった2人でしたが、桑田さんが交際の事実を否定し始めるなど及び腰になったせいで、すぐに破局してしまったそうです。
 
経緯を踏まえると、アニータさんが怒りの暴露本を出版しても仕方がないレベルには、桑田さんの態度は不誠実だったと言えます。
 
一方でアニータさん側も、「愛のローテーション」が話題になると2本4000万円の大型契約を結びセクシー女優デビューをするなど、桑田さんとの熱愛を最大限に利用する強かさはありました。
 
ちなみに、アニータさんはセクシー女優で稼いだお金を元にハワイでタクシー会社を起業しており、現在は不動産業なども営む資産家になっていると言われています。 
 

 

桑田真澄、野球賭博疑惑が浮上したこともあった

 

 

 アニータさんの暴露本に悩まされることとなった桑田真澄さんですが、続く1990年2月にも中牧昭二さんにより「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」といった暴露本が出版されています。
 
中牧さんが「カドヤスポーツ」を退職した記念に発売した「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」の内容については、「スポーツメーカー」にたかるプロ野球選手たちの暗部を描いたものとなります。
 
「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」は、1990年を代表するベストラー作品となりましたが、その中に桑田さんがパトロンの会社社長に登板日を漏洩していたとの記述があったことが、マスコミに問題視されて社会問題化もしました。
 

その中で、桑田が親しくしている会員制メンバーズクラブの社長に登板日を教えたらしい旨の記述や会員の勧誘に成功の報酬として現金をもらう記述があり、さらに同社長がかつて常習賭博罪で有罪判決を受けたことも明らかになったため、桑田が野球賭博に関与しているのではないかとの憶測を招き、その件も週刊誌やスポーツ紙等で騒がれることとなった

 

引用:桑田真澄

 

 読売ジャイアンツからの事情聴取に対して、当初は登板日漏洩や金品授与を否定していた桑田さんですが、調査の結果、金品授与の事実が確認されたため、1990年3月になると1000万円の罰金と1ケ月間の謹慎処分が下りました。

 

桑田真澄、ヒールのイメージが払拭された理由

 

 

若手時代はスキャンダルの宝庫だった桑田真澄さんですが、1995年5月に右肘の靭帯の断裂という大怪我をしたことをきっかけに、イメージが一変することになります。

 

怪我の原因がピッチャーフライをダイビングキャッチした際に右肘を強打したことだったため、当初は「仮病」だの「わざと怪我をした」だのと意地の悪い言葉がスポーツ新聞に踊った桑田さんですが、復帰までに2年近くかかった重傷でした。

 

本来ならそのまま引退してもおかしくない状況の中で、手術後はひたすら2軍練習場で走り込みを続けていた桑田さんに対しては、この頃から求道者といったイメージが付き始めるようになりました。

 

ボールを投げられない期間が続いたが「下半身は鍛えられる」と桑田はただひたすらジャイアンツ球場で走った。桑田が走り続けた部分の芝は剥げ上がり、現在では「桑田ロード」と呼ばれ伝説となっている。

 

引用:元巨人のエース・桑田真澄 約20億円の借金を抱えていた

 

 

桑田真澄の結婚した嫁は元CA~息子・Mattの容姿から外国人嫁の噂も

桑田真澄、1991年12月に元CAの真紀さんと結婚

 

 

 桑田真澄さんは、1991年12月になると、キャビンアテンダントをしていた一般女性・真紀さんと結婚しております。
 
桑田さんの借金問題を承知で結婚した真紀さんについては、やさぐれていた桑田さんを立ち直らせた良妻賢母との呼び声も高かったりしますが、近年はネット上で外国人説も浮上しているようですね。
 

桑田真澄の嫁・真紀さんは純日本人【嫁画像あり】

 

真紀さんに外国人説が浮上している理由に関しては、次男のMattこと桑田将司さんのハーフ顔すぎる容貌のせいとなります。

 

 

とはいえ、そもそも将司さんは整形によりハーフ顔になった疑いが強い人物なため、当然ながら真紀さんも一般的な日本人顔であることが確認されており、外国人である可能性は低そうです。

 

 

桑田真澄の子供(長男・次男)について

桑田真澄の長男・桑田真樹は独立リーグのプロ野球選手に

 

 

桑田真澄さんの長男・桑田真樹さんに関しては、1992年8月10日に生まれています。

 

桑田さん同様に野球少年だった真樹さんは、中学時代はボーイズリーグでプレーをし、全国大会ベスト16に入ったこともありました。

 

その後は伸び悩み、桜美林高校時代は甲子園出場を逃した真樹さんは、進学先の桜美林大学でも野球部に入部しておりますが、レギュラーを獲得したのは大学4年時と苦労を重ねたようですね。

 

本来ならば野球は大学までといった経歴の真樹さんですが、プロ野球でプレーをしたいという強い思い入れがあったために、独立リーグに当たるBCリーグへ進むといった茨の道を歩むことになりました。

 

BCリーグでの真樹さんは、2018年までの通算成績が「190試合 打率227 本塁打8 打点60」と苦戦を強いられています。

 

桑田真澄、次男・Mattはハーフ顔の人気タレントに

 

 

桑田真澄さんには、1994年7月18日生まれの次男・桑田将司さんもいます。

 

近年はMattの芸名でモデルやタレントとして活躍中の将司さんですが、小学時代は野球に打ち込んでいた時期もあったそうです。

 

とはいえ、野球はあまり性に合わなかったと語る将司さんは、中学進学後は吹奏楽部に入部しており、堀越高校時代には「第52回東京都高等学校吹奏楽コンクール」で金賞を取ったこともありました。

 

その後は、楽器推薦で桜美林大学の芸術文化学群に進学した将司さんは、大学を卒業後は芸能人に転身しております。

 

 

堀越高校時代の桑田将司さん

 

将司さんといえば、昔とあまりに容貌の変化が激しすぎるために、ネット上では整形疑惑が囁かれていますが、本人はメイクによるものだと主張しているようですね。

 

 

 

 

桑田真澄の家族情報~義兄の借金13億円を肩代わりしていた

桑田真澄、父・桑田泰次さんは火災により67歳で死亡

 

 

桑田真澄さんの父親である桑田泰次さんに関しては、10代の頃はやんちゃな不良だったらしく、保護観察処分まで受けた過去があったそうですね。

 

そんな泰次さんも桑田さんが生まれて以降はスパルタな野球コーチに変身し、ワンツーマンで我が子を鍛えるようになりました。

 

毒親な部分があった泰次さんの育成方法はかなり極端なものだったそうで、小学時代は野球の練習のために桑田さんを授業に出席させないことも当たり前だったとか。

 

そのせいで、給食を食べるためだけに小学校に登校する日々が続いた桑田さんは、現在ではスパルタ練習(長時間練習)否定派となっています。

 

 

あまりにワンマンすぎた泰次さんは、妻・Aさんとも衝突することも多かったらしく、桑田さんがプロ入りした後は離婚の憂き目となってしまいました。

 

その後は静岡県浜松市に移り住んだ泰次さんは、喫茶店を経営しながら「浜松ジャイアンツボーイズ」という少年野球チームを運営していたそうですが、2010年1月に自宅兼店舗の火事により67歳の若さで亡くなってしまったそうですね。

 

ちなみに生前の泰次さんは、正月になると桑田さんが新年の挨拶にやって来る程度に家族との交流が続いていたと言われております。

 

桑田真澄、PL学園中退を踏み止まった母親の一言

 

桑田真澄さんの母・Aさんについては、破天荒すぎる父・桑田泰次さんとは違いごく一般的な女性だったようですが、挫折した桑田さんを叱咤して立ち直らせたエピソードが有名となっています。

 

 

高校1年の夏にエースとして甲子園制覇するほどの天才的投手だった桑田さんでしたが、身長170cm前半の小柄な体格だったこともあり、当初はPL学園野球部内の評価は低かったそうですね。
 
そのため、入部早々に監督より投手失格扱いをされてしまった桑田さんには、外野手に転向させられていた時期もありました。
 
外野手といっても球拾いがメインの補欠扱いだったせいで、当時の桑田さんは失意のどん底に落ち込んでいましたが、寮生活だったため弱音を吐く相手すらいませんでした。
 
そんな折、Aさんが野球部の練習を見学しに来たことがあり、気落ちしていた桑田さんは母親に対して「PL学園を辞めたい」と愚痴をこぼしたそうです。
 
ところが、普段は優しいAさんがその時に限っては「補欠でも球拾いでもいいから、とにかくPLで野球を続けなさい」と叱咤して来たため、桑田さんは野球部を辞めるに辞められない状況になってしまいました。
 
桑田さんは、その後臨時コーチとして雇われた清水一夫さんに才能を見初められて投手に復帰することが出来ましたが、まさに運命を分けた母親の一言だったと言えます。

 

桑田真澄、姉の旦那が作った借金13億円を完済

 

 

桑田真澄さんは、3人姉弟のちょうど真ん中であり、美樹緒さんという姉がいます。
 
父・桑田泰次さんより「ミッキーマウス」をもじって「美樹緒」と名付けられたことでも有名な姉ですが、それ以上に有名なエピソードが、元夫・Bさんが桑田さん名義で行った不動産投資に失敗して13億円の借金を作ってしまったことです。
 
Bさんが作った借金はすべて桑田さんが背負うことになりますが、バブル崩壊直後の1991年の出来事ということもあり、金利だけで9000万円の返済を強いられる状況でした。
 
さしものプロ野球選手でもどうにか出来る額ではなかったため、最終的には読売ジャイアンツの親会社である読売グループが桑田さんの借金を肩代わりすることになりました。
 
とはいえ、あくまで肩代わりをしただけで帳消しにしてくれたわけではなかったため、その後自身の年俸から読売グループに借金を返済する羽目になった桑田さんは、借金完済までは読売ジャイアンツから移籍することが出来なくなってしまいました。
 
桑田さんが義兄のせいで背負った借金を返済し終えた時期については、本人が特に言及していないため不明ですが、2006年オフに念願だったMLB移籍を実現させているため、その頃には借金問題もなくなっていたようです。 

 

桑田真澄、弟の桑田泉はゴルフのレッスンプロとして大成功

 

 

 桑田真澄さんの2歳年下の弟・桑田泉さんに関しては、元々は兄と同じ野球少年であり、PL学園や青山学院大学といった野球の名門校でプレーした経験もあったそうですね。
 
とはいえ、桑田さんほどの才能のなかった泉さんは、大学を卒業後は野球に見切りをつけて、ゴルフの勉強のため渡米をすることになりました。
 
1997年に日本に帰国した後は、JGTOのツアーに参加するなど晴れてプロゴルファーとなった泉さんでしたが、シード権を獲得することは出来ずにティーチングプロに転身します。
その後、2007年に東京・町田市に大型室内ゴルフ場「ゴルフアカデミーEAGLE 18」をオープンした泉さんは、800人もの生徒を抱えるレッスンプロ兼実業家として成功を掴んでおります。
 
レッスンDVDの売上なども好調な泉さんは年商1億円を誇り、ゴルフ好きの中高年男性の間ではカリスマ扱いされています。
 
2013年に10歳年下の女医・千歳さんと結婚した泉さんは、2015年になると長女・唯心さんが誕生するなど、私生活も好調なようですね。

 

 

 

 

桑田真澄の現在~スポーツ庁参与に就任していた

 

2008年にプロ野球を引退した桑田さんは、最晩年に挑戦したMLBでは未勝利に終わっていますが、NPBでは「173勝 防御率3.55 奪三振数1980」の通算成績を残すことになりました。 
 
その後は、2009年に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に進学したり、2013年に東京大学野球部の特別コーチに就任したりと、何かと話題を振りまく機会が多い桑田さんですが、NPBへの指導者としての復帰は実現しておりません。
 
現在の桑田さんは、プロよりもアマチュアスポーツ界に携わる機会が多くなっており、2019年2月になると、スポーツ庁参与に就任しております。
 

 

桑田真澄について総まとめすると…

 

・桑田真澄の父は67歳で火災により死亡、弟の桑田泉はゴルフのレッスンプロとして大成功している

・桑田真澄は姉の旦那が不動産投資で失敗した借金13億円を肩代わりした

・桑田真澄は1991年12月にキャビンアテンダントをしていた真紀さんと結婚した

・桑田真澄の長男はプロ野球選手として独立リーグに在籍、次男・Mattはハーフ顔のタレントとして活躍している

 

 

 波乱万丈な人生を歩むこととなった桑田真澄さんですが、現在では息子たちも無事独り立ちをしており、幸せな日々を送っていることになります。
 
桑田さんの今後のより一層の活躍を祈りつつ、この記事のまとめを終了させて頂きます。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

img4a6c9951zikfzj

松井稼頭央の嫁と娘や息子&現在まとめ!松井美緒との間に子供2人

青木宣親

青木宣親と嫁・大竹佐知の馴れ初め・結婚・子供まとめ【家族画像あり】

稲葉篤紀

稲葉篤紀と元嫁の離婚原因は?子供や再婚した妻&現在の活動も総まとめ

斎藤佑樹

斎藤佑樹の歴代彼女・女性スキャンダルまとめ!深田恭子・小林麻耶・宇賀なつみアナらと熱愛の噂の真相は?

CbYCfZIUYAA2OL2

涌井秀章&押切もえが結婚!元彼女は杉崎美香&元彼氏は野間口貴彦の2人がゴールイン

DMKnNC5VwAAMBjY

岸孝之の嫁と子供情報!実家や家族&タバコ吸う噂やイケメン画像も総まとめ

mig

杉内俊哉の現在!嫁と離婚の噂&フライデー浮気騒動も総まとめ

坂本勇人

坂本勇人の彼女遍歴&タバコ問題まとめ!結婚はまだ先になりそう?

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

DgL-MpqUYAEmPPH

木南晴夏が玉木宏と結婚!元彼氏ワンオクRyotaとの熱愛も総まとめ

キャプチャ9

【ベッド】二宮和也と椎名法子「ブブカ熱愛破局と現在」まとめ【キス画像あり】

野崎萌香

野崎萌香の彼氏は高良健吾!ハーフ説・TOPと熱愛説も総まとめ

木下優樹菜

元ヤンキー芸能人の武勇伝ランキングまとめ【男性&女性】

塚原千恵子

塚原千恵子の若い頃&夫や息子情報!体操パワハラの真相も総まとめ

BTS

防弾少年団(BTS)のメンバー人気順TOP7・2019最新版!韓流ファンが厳選紹介

濱口優

濱口優の元カノと歴代彼女!南明奈との結婚やモテる理由も総まとめ

tetsuko2

黒柳徹子の恋人&結婚しない理由!若い頃から現在まで総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

mig

吉沢悠の休業理由や嫁と子供情報~若い頃から現在まで総まとめ

仲村ミオ

仲村トオル娘・仲村ミオの身長や大学など経歴&プロフィールまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す