DDZzLqdVwAED3iL

豊田真由子の夫と子供!秘書への暴言音声流出や現在も総まとめ

豊田真由子さんといえば、週刊新潮による「暴言スクープ」記事により、日本中から大バッシングを浴びることになってしまった政治家です。

 

この記事では、豊田さんの暴言騒動やその反響に加えて、家族情報などに関してまとめてみました。

豊田真由子のプロフィール

 

名前:豊田真由子(とよた まゆこ)
出身地:千葉県
生年月日:1974年10月10日
最終学歴:ハーバード大学大学院修了
職業:政治家(衆議院議員)
当選回数:2回
所属政党:無所属

 

女子御三家として名高い桜蔭中学校・高等学校から東京大学へ進学という、典型的なエリートコースを歩んでいた豊田真由子さんは、大学を卒業後の1997年に、キャリア組として厚生労働省に入省しています。

 

2000年には国費留学生となり、アメリカのハーバード大学大学院に留学をするなどした豊田さんは、帰国後もエリート官僚として順調な出世コースを歩みます。2007年から2011年の期間は、スイスへの海外赴任を経験するなどしていた豊田さんですが、帰国早々に東日本大震災が起こります。

 

官僚として未曾有の大災害に応対した豊田さんは、被災後の復興が滞っている現状を見て、政治の機能不全を実感し、政治家を目指します。そして、厚生労働省を退官した豊田さんですが、2012年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙に、自民党の公認を得て出馬すると、あっさりと初当選をし、現在まで2期連続の当選を果たしています。

 

あまりに順調過ぎる人生を歩み続けて来た豊田さんですが、2017年6月に、「秘書への暴言騒動」を週刊新潮にスクープされたことにより、状況が一変します。パワハラ事件としてマスメディアから集中砲火を食らった豊田さんは、自民党に離党届を出したものの騒動は収まらず、まさに政治生命の危機といった状況に陥っていますね。

 

 

 

豊田真由子の夫や子供

 

豊田真由子さんに関しては、DV亭主ならぬDV妻だった疑惑が上がっています。

 

豊田真由子さんに関しては、キャリアウーマン女性に見受けられる生涯独身というタイプの女性ではない模様です。豊田さんは、国土交通省のキャリア官僚の夫を持ち、スイス・ジュネーブ生まれの長男とフランス・パリ生まれの長女を持つという、超エリート家庭を築いていました。

 

とはいえ、豊田さんの家族情報に関して、公になっているのはこの部分だけだったりもします。というのも、豊田さんは家族のプライバシーに関して、かなり神経質なタイプの政治家なようですね。

 

 

かつては、キャリア官僚である夫の名前が、政治季刊本である「政官要覧」に掲載されていたこともあったようですが、豊田さん自らが抗議をすることで、以降は掲載されなくなったというエピソードを残しています。

 

子供に関しても、プロフィールにて、7歳の長男と5歳の長女がいることを公開していますが、最新の情報ではなく、現在では2人とも小学生になっているようですね。そんな豊田さん一家の現在ですが、既に家庭が崩壊しているという情報があります。

 

国交省で働く夫に対しても口汚く罵るようで、最初はじっと耐えていた彼も、小学生の2人の子供のために“これ以上こんな母親の姿を見せられない”と家を出て、今は別居状態。子供たちのことは豊田議員の母親が実家で面倒を見ていると聞いています」

 

引用:豊田議員の夫「子供にこんな母親は見せられない」と出ていく

 

世間体のために豊田さんのDVに我慢していた夫も、暴言音声テープ流出騒動により世間体が壊れた今となっては、一目散に家から逃げ出してしまったということになります。

 

 

秘書に逆襲された?豊田真由子の暴言騒動の内容とは?

確かに、顔つきからしてパワフルそうな女性ではあった豊田真由子さん。「年をとると性格が顔に出る」なんて格言が日本にはありますが、案外本当のことなのかもしれません。

 

2017年6月に、週刊新潮によりスクープされた豊田真由子さんの暴言騒動ですが、日本中を揺るがす大騒動となりました。その盛り上がりの要因となったのは、被害者となった秘書Aさんが、秘密裏に録音した音声テープの存在でした。

 

文章だけでは伝わらない暴言の迫力や臨場感が伝わってくる音声テープの存在は、豊田さんの暴言により苦しめられた、歴代の秘書の心情を理解するのに持って来いの材料でした。

 



上記の動画に関しては、週刊新潮がAさんより入手した音声テープの触りの部分程度の内容ですが、豊田さんの暴言の破壊力ぶりを確認出来る貴重な資料だと言えます。動画内のAさんの弱り切っている受け答えが切なすぎることも、パワハラ事件としてあちこちから糾弾の声が上がった一因と言えるかもしれません。

 

「デイリー新潮」がYouTubeチャンネルで公開した音声データには、豊田氏とされる人物が「この、ハゲーーーーーっ!」「これ以上私の評判を下げるな!」などと大声で叫ぶ様子や、男性が「もうすいません、叩くのは…」と怯えるように謝る様子、「ボコッ」という打撲音など、生々しいやりとりが収められていた。

 

引用:豊田真由子議員に元秘書への暴言・暴行疑惑「このハゲーーっ!」 週刊新潮が報じる

 

怖くて動画が見られない読者の方に関しては、上記の記事などから音声テープの内容を察して下さい。

 

暴言音声テープ第2弾は暴言ミュージカル?

 

 

豊田真由子さんの事務所では、豊田さんのパワハラにより、2012年から20人以上の秘書が辞めているそうです。

 

豊田真由子さんの暴言音声テープに関しては、最初から反響を見込んでいたのか、週刊新潮はネタを小出しにして来ています。2017年7月6日現在、週刊新潮から公開されている豊田さんの暴言音声テープは4本となります。

 

 

第2弾の暴言音声テープでは、ミュージカル調でAさんを罵倒する豊田さんの言動が録音されていました。ユーモラスが垣間見えるとも言えなくもない罵倒方法ですが、内容はかなり辛辣なものでした。
 
どのような過程を経て、このような状況になったかに関する場面の前後は語られておりませんが、「自分の支援者名簿を手土産に、民進党の候補者の事務所へ転職するのではないか?」と疑われたAさんが、豊田さんにより罵倒されている場面が記録されています。

 

「そんなつもりはないんです~♪ そんなつもりはないんです~♪ そんなつもりじゃなくても、お前の娘をひき殺して、そんなつまりなかったんです~って言われているのとおんなじ~~♪」

 

引用:豊田真由子議員の“暴言ミュージカル”の恐ろしさを考える

 

Aさんの家族(娘さんは20代だそうです)まで引き合いに出しての豊田さんの暴言に対しては、宮根誠司さんが自身の番組「ミヤネ屋!」にて、「脅迫だと思う」と真顔でこぼすほどの反響を呼んでいます。

 

暴言音声テープ第3弾ではカーナビに激怒する姿が晒されている?

 

豊田真由子さんには、周囲に理不尽な八つ当たりをする悪癖がある模様です。

事務所スタッフまで含めると4年半で100人以上の人間が辞めていると噂されている、ブラック事務所化の原因ではないかと思われます。

 

続けて公開された第3弾動画には、豊田さんがAさんをシンプルに罵倒している場面が記録されていました。豊田さんがAさんを殴打していると思われる音なども入っており、第1弾同様に臨場感が伝わってくる動画となっています。

 

 

〈あたしが違うって言ったら違うんだよ!

物事にはねえ!裏と表があんの!! 入口と出口があんの!!!

裏なんだよ!!こっちは、お前はよお!!!〉

 

引用:「豊田真由子」暴行、あの翌日も 〈物事にはねえ!裏と表があんの!!〉の怒声

 

動画内の上記の豊田さんの発言に関しては、それ単独だと何を言っているのかはいまいち伝わって来ない言葉となります。しかし、第3弾動画の場面は、Aさんが運転する車に豊田さんが乗り、目的まで向かっているシチュエーションでした。

 

そして、カーナビの指示する道筋が自分の知っている最短ルートとは違うことに、豊田さんが激昂し、Aさんに八つ当たりに近い罵倒を浴びせている場面となります。カーナビの指示する道程が気に入らないだけで、秘書に暴言や暴行を浴びせるという豊田さんの暴君ぶりに対しては、情報番組のコメンテーターからは、「ヤンキーじゃないんだから」と、もはや呆れられた感想などが漏れていたました。

 

暴言音声テープ第4弾に謎の単語!「チョギ」の意味って何?

 

豊田真由子さんオリジナルの造語である可能性も否定は出来ない「チョギ」という謎の単語。

 

豊田真由子さんの暴言音声テープ第4弾の内容に関しては、これまでの3つの動画同様に、豊田さんがAさんに罵詈雑言を浴びせている内容でした。今回の豊田さんは、目的地の入り口とは別の場所に車を着けてしまったAさんに対して激怒しており、過度の罵倒の言葉さえなければ正当な怒りと言える状況ではありました。

 

 

そんな中、豊田さんが動画内でAさんを罵倒する際に用いた「このチョギ!」という言葉に、ネット上での注目が集まっています。日本人には聞き慣れない「チョギ」という言葉ですが、韓国語においては「チョギ」という発音の単語があるようです。

 

韓国語における「チョギ」の意味合いに関しては、まず「そこ」や「あそこ」という場所を示す単語があります。しかし、「このチョギ!=このそこ!」では、シチュエーション的に意味が通じないため、豊田さんがこちらの意味合いで使ったということはなさそうですね。

 

 

韓国語の「チョギ」のもう1つの意味合いに関しては、魚の名前を指す場合もあります。日本名「イシモチ」と呼ばれている魚が、韓国における「チョギ」という魚に該当します。

イシモチは、釣り人たちからは恐竜顔と評されることもある魚であり、煮たり焼いたりして食べるとおいしい魚だったりしますね。

 

おそらくは、Aさんの顔がこのイシモチに似ているため、「このイシモチ顔野郎!」的な意味合いを込めて豊田さんが発した言葉が、「このチョギ!」なのだろうと思われます。豊田さんがAさんを罵倒する際に、「イシモチ」ではなくわざわざ「チョギ」という言葉を選択した理由に関しては、「イシモチ」よりも「チョギ」と罵倒した方が語感が良いからではないかと推測出来ます。

 

エリート街道まっしぐらに歩いて来た豊田さんらしい博識さが、秘書を罵倒する際にも顔を出したということなのかもしれませんね。

 

 

豊田真由子は元々ブチ切れキャラだった?

 中小企業の社長には良くいるタイプなどとも、識者から評されている豊田真由子さん。

 

豊田真由子さんに関しては、政治家になってから横暴になった人物ではないという証言があります。豊田さんのブチ切れキャラぶりを証言するのは、豊田さんが新人として挑んだ第46回衆議院議員総選挙において、豊田さん陣営の選挙スタッフだった女性Bさんです。

 

「暴行こそありませんでしたが、暴言は酷かった。彼女の後援者から秘書として働かないか?と頼まれましたが、前の事務所よりも酷いパワハラが予想されたので止めました。私は共働きだから、楽じゃないけど明日のご飯には困ってないので断りましたが、都内にひとりで住んでいたら、(提案を)受けていたと思います。私たちの仕事って、ある程度年齢がいくと、民間では潰しがきかないので」

 

引用:豊田真由子議員の暴言・暴行事件に思う秘書の立場

 

政治家になる以前から日本のエリートコースのど真ん中を歩いていた豊田さんですから、横柄な言動が目立っていてもそれは仕方がない部分はあるのかもしれません。地位や名誉があっても謙虚な言動な方はいますが、そうではない多くの方がいるからこそ、謙虚な言動の方が人格者として称えられているという構図があるわけですからね。

 

夫婦で「名刺かるた」をやっていた?

 

そばにいた夫が、豊田真由子さんの行動を止めなかった理由に関しては、この記事の終盤で明らかになります。

 

こちらは、情報番組「とくダネ!」スタッフが、2012年から温めていた豊田真由子さんの裏の顔と言える情報です。マスコミ関係者が取材来ている際に、下記のような行動を取れてしまう時点で、豊田さんには社会性が欠けている部分があると指摘出来るのかもしれませんね。

 

それによると、豊田氏は当選祝いに訪れた支援者の名刺を机に並べ、まるでかるた取りのように「名刺を、これ金になる、これ金にならないピョーン」と自分の得になる人物とそうでない人物を分けていたという。こうした行為を番組では「名刺かるた」と題し、同議員のウラの顔を象徴する秘話として紹介した。

 

引用:暴言の豊田真由子議員が行っていた「名刺かるた」とは…「とくダネ!」が徹底追跡

 

内心は、そのように支持者を値踏みしている政治家は多いと思われます。しかし、その態度を表に出すか出さないかで、人間性の評価が大きく変わって来ることくらいは、多くの人間が理解出来ている当たり前の話です。

 

永田町界隈やマスコミ関係者の間では、豊田さんの悪評が知れ渡っていたことは間違いないと言えます。

 

園遊会での暴走エピソードがある?

 

ある意味親孝行なエピソードではあります。秘書などへのパワハラ癖がなく、このような暴走エピソードだけの場合は、ポジティブな意味で武勇伝と称される類の行動ですよね。

 

豊田真由子さんは、園遊会での暴走エピソードもあります。2014年4月に、園遊会に招待された豊田さんは、夫ではなく母親を連れて会に参加しようとしました。

 

しかし、政治家が園遊会に招待される場合、招待状は政治家とその配偶者のみに届くのが原則となっており、当然豊田さんの母親には園遊会に参加する資格がないわけです。宮内庁職員にそのことを指摘された豊田さんですが、それで納得するような人間ではないことは言うまでもありません。豊田さんは、宮内庁職員へのクレームのために、その場で大声をあげて騒ぎ出し、皇宮警察まで出動する騒動を起こしています。

 

豊田さんのこのような暴走キャラぶりは、周囲の政治関係者からピンクモンスターと称されていたようですね。ちなみに、何故「ピンク」モンスターなのかという部分に関しては、豊田さんがピンクの服を好んで着ていたことが理由となります。

 

豊田真由子の暴言騒動に対する世間の反応は?

 エキセントリックな豊田真由子さんの言動が、余計に大衆の関心を集めてしまっている側面もありました。

 

豊田真由子さんの暴言騒動に対する世間の反応ですが、まず世論に多大な影響力のあるワイドショーでは、豊田さんに対するバッシング的な意見が多数派です。

 

 

 朝夕の情報番組では、関係者からのリーク情報を集めて、豊田さんがいかに壊れた人間かという部分を重点的に報道している番組が多い傾向がありますね。

 

豊田さんのパワハラエピソードに関しては、マスコミがちょっと取材をすればあちこちから情報が入って来る状況です。この機会を利用して、日頃の恨みを晴らそうとする事務所関係者が多い証拠なのかもしれませんね。

 

今回の問題をスクープした週刊新潮が、激怒のきっかけのひとつに秘書が支援者に配るバースデーカードの宛名を間違えたことと報じているが、番組では、当時の秘書を取材。謝罪は「地元の秘書1人で回りましたよ」と証言した。この秘書は、入ったばかりの新人で宛名を間違えた47件すべてを1人で回って謝罪し、この時、豊田議員は「1日でやれ」と指示したという。

 

引用:豊田真由子議員に隠れた新事実が発覚…謝罪行脚は秘書1人「グッディ!」が徹底追跡

 

麻生太郎元首相からは女のヒステリー扱い?

 

麻生太郎さんの失言が飛び出す場面は、内輪の講演会が多い傾向があります。麻生さんは、身内相手には、うっかりと口が滑るタイプの男性なのかもしれませんね。

 

豊田真由子さんの暴言騒動に対する政界の反応ですが、政界の失言王としてお馴染みの麻生太郎さんは、「女のヒステリー」と、豊田さんをばっさり切り捨てています。とはいえ、直接マスコミ相手に言わない程度の武士の情けは持ち合わせていたのか、内輪の講演会での発言となりました。

 

麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で開かれた自民党麻生派議員の会合で講演し、秘書への暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員について「学歴だけ見たら一点の非もつけようのないほど立派だったけど。あれ女性ですよ女性」と述べた。

引用:麻生副総理「あれ女性ですよ女性」秘書暴行の豊田議員を皮肉る

 

この発言に対しては、マスコミや識者から「女性蔑視ではないか?」という批判の声が寄せられました。しかし、いつも強気な麻生さんは、この件に関する謝罪は特にしていない模様です。

河村建夫元官房長官は豊田真由子を擁護?

 

こちらは、パワハラ問題に関して、一昔前の認識であることを曝け出してしまった河村建夫さんとなります。

女性擁護は良いことですが、それだけではバランスの取れた発言とはならない典型例となってしまいました。

 

河村建夫さんに関しては、麻生太郎さんとは打って変わり、「女性だから過剰に報道されているんじゃないの?」と、豊田真由子さんを擁護しようと試みたケースとなります。しかし、被害者に対するケアの言葉がまったくなかったことから、「パワハラ容認発言だ!」と世間からの批判が殺到することになりました。

 

自民党の河村建夫元官房長官は22日、自民党衆院議員の豊田真由子氏=埼玉4区、当選2回=が男性秘書に暴行したり、暴言を浴びせたりしたと「週刊新潮」が報じたことを受け、離党届を提出したことについて「あれはたまたま彼女が女性だから、あんな男の代議士なんかいっぱいいる。あんなもんじゃすまない」と述べた。

 

引用:豊田真由子議員の報道に「あんな男の代議士いっぱいいる」 自民・河村建夫元官房長官

 

世間からの批判に対して、河村さんは即発言を撤回し、謝罪の意思を示しています。

 

政治家一族である石原良純の見解は?

 

若いイメージのある石原良純さんですが、今年で既に55歳となっています。

学生時代は、サッカーや合気道をやっていたバリバリの体育会系の石原さんにとっては、豊田真由子さんの暴言くらいは、若い時分に日常的に見てきた光景なのかもしれませんね。

 

日本有数の政治家一族としてお馴染みの石原良純さんに関しては、自身が出演している情報番組「ワイドナショー」にて、豊田真由子さんに対する擁護発言をしています。

 

議員と秘書との関係を問われ「上司と部下だったら、怒鳴るのはあるじゃないですか。この人は、悪気はないって言ったら言葉悪いけど、本当に思っていることをズケズケ言っちゃう人なんでしょうね」

 

引用: 石原良純、暴言&暴行で離党の豊田真由子議員「悪気はない」

 

確かに、世間にはびこるブラック企業の世界では、豊田真由子さんくらいの罵詈雑言を部下に浴びせる上司というのは、ありふれているのかもしれません。さらにいえば、テレビ番組制作会社のADなども、芸能人やテレビ局関係者に怒鳴られっぱなしの職業として有名ですから、芸能界ではちょくちょく見る光景なのかもしれませんね。

 

ただし、現代日本の社会通年上は、パワハラ行為はNGというのが表面上のコンセンサスとなっています。そのため、日頃は好感度の高い石原良純さんですが、今回ばかりは色々な方面から批判が殺到することになりました。

 

豊田真由子のパワハラ癖には理由があった?

昭和な時代の亭主関白お父さんでも、家族に罵詈雑言と暴力を浴びせるタイプは、かなりの少数派ではあるでしょうね。

 

豊田真由子さんのパワハラ癖に関しては、父親譲りではないかという声も上がっています。豊田さんは、東京大学卒の父親と東京外国語大学卒の母親という、日本屈指の高学歴な両親を持っていました。

 

豊田さんの両親の職業に関しては、かつては進学塾の経営者だったようですね。熱心な指導で評判が良く、生徒の父兄からも信頼が厚い塾だったという評価が残っています。社会的にも成功していたと言える豊田さんの父親ですが、そんな父親ほど家庭では暴君だったというのが、一昔前の日本では良く聞いた話でもあります。

 

「お母さまがDV(ドメスティックバイオレンス)を受けているという話をおっしゃっていました。詳細は語らなかったんですけども、そばで見ているだけでも子どもにとってはショックな出来事だったでしょう。お父さまも立場のある人だと聞いていましたし体面を考えているためか、真由子さんの身体にアザができることはありませんでしたから、どちらかというと精神的な虐待だと思います」

 

引用:パワハラ豊田真由子議員、桜蔭・東大の同級生が語る秘密「精神的DVを受けていた」

 

豊田さんの父親に関しても、豊田さんの中高時代の同級生が、上記のような証言を残しています。豊田さんの家庭環境に関しては、父親からDVを受けている母親を見て育っていたという、必ずしも恵まれた家庭環境ではなかったようですね。

 

DV癖のある男性の特徴としては、二面性があることが挙げられます。家族や恋人には暴君である一方で、知人や友人、仕事仲間に対しては、熱血漢だったり好青年を演じる傾向が強いと言われています。

 

豊田さんの父親にそのような傾向があったのかまでは分かりませんが、豊田さんにも二面性があることは、マスコミの取材により明らかになっています。

 

これまでの事務所スタッフに対する暴君エピソードとは裏腹に、近所の住民や選挙区の住民からは、謙虚で人当たりの良い女性だったという評判ばかりが聞こえて来る豊田さん。もしかすると、自分でも気がつかないうちに、在りし日の父親の立ち振舞いを真似てしまっていた側面があったのかもしれませんね。

 

 

豊田真由子の現在はどうなった?

豊田真由子本人は入院して雲隠れ中?

騒動以前は仲良くしていた若手政治家仲間たちも、現在は離れて行ってしまっているのかもしれませんね。

 

世間からは批判が殺到し、家族は家から出て行ってしまった豊田真由子さんの現在ですが、2017年6月22日前後から、「精神的ショックによる入院」という形で雲隠れ中です。マスコミに取材をされても、「音声テープ」という弁明出来ない証拠があるため、ほとぼりが覚めるまで逃げ続けるしかないという判断なのかもしれません。

 

そういった豊田さんの魂胆が世間に筒抜けのせいか、「逃げるより謝ることが先だろう!」といった批判の声を上げる識者もいます。

 

アンミカは、豊田議員が報道後から入院していることに「入院したいのは運転手さんの方で、事件ですよ。尊厳を踏みにじられた。いま世の中が、政治家不信。ちゃんと潔く、前に出て、謝罪した方がいい」と公の場での謝罪をすすめた。

 

引用:アンミカ、入院中の“暴言暴行”豊田真由子議員に「入院したいのは運転手さんの方」

 

 

まとめ

「政治の世界にも女性の力を!」ということで期待されていた豊田真由子さんだけに、多くの人間を失望させてしまった暴言音声テープ流出騒動だったと言えます。

 

豊田真由子さんの政治家生命ですが、既に絶望的なことは言うまでもありません。今の豊田さんに求められていることは、自らのパワハラの罪を認めた、潔い謝罪会見であることは言うまでもない話です。

 

この騒動をきっかけに、社会から少しでもパワハラ行為が減ることを祈りつつ、この記事のまとめを終了させて頂きます。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

籠池泰典

籠池泰典が逮捕!本名や嫁・息子・娘情報|森友学園問題の真相まとめ

ショーンK・川上伸一郎

【学歴詐称】ショーンKこと川上伸一郎の鼻整形疑惑・高校時代昔の顔画像・週刊文春の内容まとめ|嘘の経歴にネット驚愕

宮崎謙介

宮沢磨由が宮崎謙介議員の浮気相手の女性タレント!文春で密会報道【身長・年齢・Wikiプロフ・画像まとめ】

今井絵理子

今井絵理子と浮気!橋本健の嫁と子供&手つなぎやパジャマ姿掲載の週刊新潮報道まとめ

朴槿恵

朴槿恵は現在も独身?パククネの家族と結婚情報まとめ【父・妹・弟】

abe-shi

【難病】安倍晋三の病気と現在の病状まとめ【潰瘍性大腸炎】

54e9a377

小泉純一郎の元嫁・宮本佳代子の現在の顔画像やWiki経歴まとめ!孝太郎・進次郎・佳長の母が息子への想いを告白【離婚原因あり】

前川喜平

前川喜平の実家や家族・嫁と息子情報!出会いカフェや加計学園で揺れた現在まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

石原真理

石原真理子の現在がおかしい?病気?万引き逮捕疑惑まで総まとめ

井川遥

井川遥の本名は?昔は在日韓国人?旦那と結婚後に日本国籍取得【整形疑惑の画像あり】

kneye

神田正輝はハゲ?カツラ?若い頃と現在の画像比較で検証!

安藤優子

安藤優子の歴代旦那と子供まとめ!元夫との離婚原因は不倫略奪?

7fdb387c

益子直美が結婚した旦那と子供・不妊治療や病気の詳細まとめ!

yeye

矢井田瞳の現在は?結婚した旦那と子供・最近の活動まとめ

持田香織

ELT持田香織と旦那の結婚秘話や馴れ初めまとめ!お相手のジムトレーナーはどんな人?

main

女子十二楽坊が消えた理由とは?現在の活動や代表曲まとめ【動画あり】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 良い記事だと感銘しました。秘書さんの勇気に驚いていますし、豊田議員の責任は大きいと思います。その理由は、代議士には常識・良識・知性が求められていますし、その上に道義的な大きな責任があるからです。従いまして、豊田氏の責任は大きいと思いますし、代議士を辞任することは当然です。
  2. 豊田真由子は政治家として、1人の人間としても赦せない。秘書の方が車を運転中で無防備の状態の時を狙って殴ったり怒鳴ったりしたのかと思えます。
  3. 6秒の怒りの鎮め方を勉強して下さい。
  4. 素敵な女性です。
  5. 豊田真由子は、バカといってるがお前はアホやな!名古屋ならタワケや!
  6. ※2 全くです。豊田真由子はもう政界には顔をださないでほしいです。不細工な女やな。

前後の記事

興味があればチェックしてね

田中麗奈

田中麗奈が結婚した旦那と彼氏まとめ!相手は40歳医師で都内の病院勤務

10226658

武田真一アナに離婚の噂?結婚した嫁と子供や現在まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す