abe-shi

【難病】安倍晋三の病気と現在の病状まとめ【潰瘍性大腸炎】

安倍晋三首相が難病を患っていることは広く知られていますが、現在はどのような状態なのでしょうか?

 

この記事では、安倍晋三首相が患ったとされる難病「潰瘍性大腸炎」や現在の病状についてまとめています。

安倍晋三首相のプロフィール

 

出典:https://www.jimin.jp

名前:安倍晋三(あべ しんぞう)
出身地:東京都新宿区
生年月日:1954年9月21日
身長:175cm

体重:70kg
初当選:1993年
出身高校:成蹊高等学校
最終学歴:成蹊大学法学部政治学科
所属:自由民主党

 

安倍晋三さんは、1954年9月21日に、毎日新聞記者の安倍晋太郎さんと妻の洋子さんの次男として誕生。父方の祖父に衆議院議員の安倍寛さんを、母方の祖父に元首相の岸信介さんを、大叔父に元首相の佐藤栄作さんを持つという政治家一族に生まれています。

 

成蹊大学を卒業後、カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に留学。南カリフォルニア大学で政治学を学び、1979年に帰国後は、神戸製鋼に入社。ニューヨーク事務所や加古川製鉄所、東京本社などで勤務をされました。

 

神戸製鋼で3年間働いた後、外務大臣に就任していた父・晋太郎さんの下で秘書官などを務め、1987年に森永製菓社長令嬢であった松崎昭恵さんと結婚。1991年、父の急死に伴い、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し、初当選を果たして政界入りをされています。

 

2001年以降、小泉内閣において内閣官房長官に就任。2003年には、閣僚未経験者にもかかわらず自民党幹事長に抜擢され「サプライズ人事」として注目を集めました。

 

2006年9月、小泉首相の任期満了に伴う総選挙で大差の勝利を収め、自民党総裁に選出。戦後最年少、戦後生まれ初の内閣総理大臣に就任。しかし、2007年夏頃に難病の「潰瘍性大腸炎」の症状が再発。在職約1年での突然の辞任となりました。

 

5年後の2012年12月16日。第46回衆議院議員総選挙で自民党が圧勝。第96代内閣総理大臣に選出され、第2次安倍政権が発足。首相再登板後は、大胆な金融緩和・機動的な財政出動・民間投資喚起の成長戦略(通称:アベノミクス)を掲げ、現在まで首相の任を全うされています。

 

 

安倍晋三首相の病気「潰瘍性大腸炎」とは?その症状

 

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

文芸評論家の小川榮太郎さんによると、安倍晋三さんが潰瘍性大腸炎を発症したのは17歳のときだったと明かされています。

 

小川栄太郎によると、安倍は17歳のときに潰瘍性大腸炎を発症した。自民党国体副委員長となり、食事ができずに三ヶ月入院して点滴の日々で体重激減した頃が、最も症状が重かった。このとき、「癌でこの先長くない」という噂も流れる。妻の昭恵をはじめ、病名を公表すべきとの意見もあったが、安倍は、官房副長官時代の2000年に症状が出て以降は、幹事長・官房長官などの激務にも体調は万全だったため、2007年8月の段階までは病気を克服できたと判断していた。

 

引用:安倍晋三 – Wikipedia

 

 

安倍晋三首相の病気・潰瘍性大腸炎とは?

 

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

潰瘍性大腸炎患者の方々のコミュニティサイトでは、潰瘍性大腸炎について以下の説明がなされています。

 

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に炎症が生じ、潰瘍やびらん(ただれ)ができ、下痢や粘血便(血液や粘液、ウミなどが混じった便)が起こる病気です。これまでは、根本治療のない難病で、一度かかると一生治らない病気と考えられてきました。しかし、徐々にその病態が明らかになり、様々な治療法が開発され、いまでは難病と考えられなくなりました。

 

引用:潰瘍性大腸炎とは – 腸にやさしく

 

原因は未だよく分かっていないとされています。ただ、人間の免疫機構の「免疫異常」による説が有力視されているとされているようです。

 

 

安倍晋三首相の病気・潰瘍性大腸炎の症状

 

出典:http://www.sakurakouen.com/

 

同サイトでは、潰瘍性大腸炎の初期症状から進行後の症状まで詳しく解説されています。

 

初期の症状は下痢が続いたり、逆に便意を催しても便が出ないといった状態(しぶり)が続きます。症状が進むにつれて便に血や粘液が混ざるようになります。さらに進行すると、粘血便の量が増え、腹部に激しい痛みを伴うようになります。また、微熱が続き下がらなかったり、関節炎等の合併症が出る人います。

 

病気が進行し、最も悩まされるのが腹痛とトイレの問題です。症状が悪化すると一日に数十回も腹痛に襲われ、同時に強烈な便意を催すので、常にトイレを意識する必要に迫られ外出が困難になり、社会生活を送れなくなります。このような場合には医師に精査してもらい、入院等の適切な処置を受けましょう。

 

引用:症状・合併症 – 腸にやさしく

 

重傷度により、軽度~劇症まで4つの段階に分類されます。

 

軽症下痢の回数が一日4回以下で血便の程度が軽く、全身症状がない
中等症軽症と重症の中間
重症下痢の回数が一日6回以上で血便の程度が強く、37.5℃以上の発熱、貧血などの症状がある
劇症下痢の回数が一日15回以上の血性下痢、38℃以上の発熱、白血球数の異常をしめすもの

 

引用:症状・合併症 – 腸にやさしく

 

就労には問題がないとされていますが、仕事と切っても切れない関係である「ストレス」が原因で症状を悪化させる場合もあるため注意が必要であると喚起されています。

 

 

安倍晋三首相「潰瘍性大腸炎」の症状を薬で抑えられるように

 

出典:http://image.news.livedoor.com/

 

安倍晋三首相の病状【2017年】

2017年1日の「安倍晋三首相×つんく♂さん新春対談」の中で、自身の現在の病状について語った安倍晋三さん。

 

政治家が難病を公言することは政治生命にかかわります。しかし、第1次政権で病気が悪化したこともあって辞めざるを得なくなり、正直にすべてを話しました。その後、良い薬が開発され、十分に病気を抑えることができています。ですから、そういう困難を持った人もしっかりと自分の夢を持てる社会を作りたいと思っているんです。

 

祖父の岸信介がよく言っていました。人間は大きな挫折をするか、大病をするか、刑務所に入るか、そういうつらい経験が人間として成長する上で大変大切だと。最後の表現が適切かどうかは分かりませんが。

 

引用:【安倍晋三首相×つんく♂さん新春対談】首相「ワクワクする日本作る」 つんく♂さん「声失っても音楽を世界へ」(2/10ページ) – 産経ニュース

 

第2次安倍政権から続く政権は3次(第2次改造)を迎え、4年目の長期政権に突入したばかりですが、潰瘍性大腸炎での退陣という大きな挫折が現在の政権運営の成功に繋がっていることがご本人の口から語られています。

 

挫折を経験したことでしょうね。悔しさはずっと胸に刻まれています。「どうして失敗したんだろうか」「こうすればよかったのに」。そんなことをずっと考えてきました。それが新しく政権を運営していく上で大きな糧となりました。1回失敗していなければ今の安倍政権はないと思っています。

 

引用:【安倍晋三首相×つんく♂さん新春対談】首相「ワクワクする日本作る」 つんく♂さん「声失っても音楽を世界へ」(5/10ページ) – 産経ニュース

 

 

副作用の心配がある?

現在は症状を抑えられているという安倍晋三さんですが、薬の副作用を心配する声もあります。

 

潰瘍性大腸炎という完治しない難病を抱える安倍首相は、ステロイドを含む強いクスリを何種類も服用している。どうやら副作用が重いらしい。いつまで耐えられるのか、昭恵夫人は首相の体を心配しているのでしょう。質問中なのに、頻繁にトイレに駆け込んでいたことも気になります

 

引用:あと3年は絶対に持たないと言われる安倍首相「難病」の真相

 

 

安倍晋三首相の病状【2018年】

 

しばらく病状は抑えられていたと思われていましたが、2018年になると持病が悪化したのではと噂される報道がありました。

 

「また体調が悪化したのではないか」――。案の定、安倍首相の体調悪化説が飛びかっている。見るからに顔色が悪いからだ。

 

テレビ画面を通すと分かりづらいが、近くで見ると顔はむくみ、目はくぼみ、完全に精気を失っている。13日は、歯科医に駆け込み、1時間以上、治療を受けている。よほど体調が悪いのか、12日、13日と2日続けて夕方6時すぎには帰宅。政界では「主治医を呼んで治療を受けているのではないか」と臆測が飛んでいる。

 

引用:安倍首相、持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化 血便と下痢で1日に10~20回トイレに駆け込む

 

安倍晋三首相の持病の悪化の原因はストレスと言われており、「昭恵夫人が森友問題の火種になっていること」「国会や支持率」の低下が主なストレスの原因と憶測されています。

 

 

 

まとめ

以上、安倍晋三さんの病気である「潰瘍性大腸炎」や現在の状況についてまとめました。

 

持病で、難病にも指定されている潰瘍性大腸炎に苦しめられながらも、それを乗り越え、現在日本のトップとして八面六臂の活躍をされている安倍晋三さん。

 

今後も末永くお元気で国家運営を行われることを願ってやみません。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

鳥越俊太郎

【女性問題】鳥越俊太郎のスキャンダルまとめ、週刊文春や週刊新潮で女子大生との疑惑が報道

今井絵理子

今井絵理子と浮気!橋本健の嫁と子供&手つなぎやパジャマ姿掲載の週刊新潮報道まとめ

朴槿恵

朴槿恵は現在も独身?パククネの家族と結婚情報まとめ【父・妹・弟】

DDZzLqdVwAED3iL

豊田真由子の夫と子供!秘書への暴言音声流出や現在も総まとめ

images

小池百合子の夫や子供&結婚歴と離婚歴!現在までの経歴を総まとめ

猪瀬直樹

猪瀬直樹と蜷川有紀の結婚&嫁や子供まとめ!猪瀬ゆり子も死去から再婚の現在まで

安倍昭恵e

安倍昭恵夫人の学歴や家族の家系図!若い頃から現在まで総まとめ

54e9a377

小泉純一郎の元嫁・宮本佳代子の現在の顔画像やWiki経歴まとめ!孝太郎・進次郎・佳長の母が息子への想いを告白【離婚原因あり】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

佐野研二郎

【葬式】佐野研二郎の現在!家族(兄・嫁・子供)やパクリ騒動とその後まとめ!東京五輪エンブレムの元デザイナー

kazamatooru

風間トオルの生い立ちが貧乏!両親&嫁との結婚や娘情報も総まとめ

e5824f78a676dde20d77534797f25888-225x300

飯島直子の旦那遍歴と現在!前田亘輝と離婚や子供・再婚まで総まとめ

2018-02-22_133703

唐沢寿明の嫁は山口智子!子供&生い立ちや若い頃から現在まで総まとめ

橋本愛

橋本愛が激太り劣化?デビュー時から現在までの画像まとめ【髪型はボブが一番】

松重豊

松重豊の嫁や息子とは?若い頃から現在までの活躍まとめ

佐田真由美e

佐田真由美の旦那や子供&現在の生活まとめ!ハーフではなくクォーター

ke

勝村政信が離婚?結婚した嫁と子供の情報&浮気騒動まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 昭恵夫人をめぐる政府与党挙げての事実隠しの状況は、まさに戦時中の大本営の発表に酷似。強い恐怖を感じる。安倍首相は関連を認め即刻退陣し、国民に謝罪すべき。首相を評価してきたが、昨年夏ごろから狂い始めている。プーチンに会って傷を広げることも不安をあおる。自民に骨のある人材はいないのか。情けない限り。自民党自身も大いに国民の支持を失った。公明、共産が喜んでいる。
  2. 無念です。安倍晋三がんばれごまかさず。正々堂々と正義をまっとうしましょう。今のままではいかん
  3. 大腸炎ばかりMRIを観ていたので、胸の異常に気がつかなかった。肺がんレベル4の末期がんで余命が3ヶ月とのこと。
  4. 安倍の病名は「学歴コンプレックス」。有名大学卒の議員を身近におきたがるのはそのため。豊田真由子もその一人だった。 「安倍ポチ」の菅官房長官は、成蹊よりは有名な大学を出ているから重宝に使われているが、飼い主がいなくなったらどうなるのか、今から考えておいたほうがいい。
  5. 安倍の病名は「学歴コンプレックス」。有名大学卒の議員を身近におきたがるのはそのため。豊田真由子もその一人だった。 「安倍ポチ」の菅官房長官は、成蹊よりは有名な大学を出ているから重宝に使われているが、飼い主がいなくなったらどうなるのか、今から考えておいたほうがいい。
  6. まあ来週の臨時審議会でも何の進展も無く終わる。国民の不満は頂点に達しデモも頻発。警官との衝突、発砲。日本版天安門事件に発展するのでは。安倍は議員を辞め、一市民になり、加計学園の庭掃除でもやって今のうちに逃げておけば。
  7. 最近、著名な人達が、60歳代ないし70歳代前半で亡くなる事が 多い気がします。安倍総理大臣を見ますと、どこか病気をされている のではないかと思いますね。  何事も健康第一ですが、重責であるし世も乱れはじめ、問題が山積みの 日本の総理大臣は、強靭な体力が必要でしょう。

前後の記事

興味があればチェックしてね

高橋由美子

高橋由美子の現在!結婚の噂&劣化を若い頃と今の画像で検証

kame-300x286

深田恭子と亀梨和也に結婚の噂!?熱愛の真相を徹底調査!

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す