C-qkK5YUwAA9QUn

國母和宏の現在!嫁と子供&バンクーバーの腰パンでフルボッコまとめ

世界的なプロスノーボーダーながらも、日本においてはバンクーバー五輪時に起こった「腰パン騒動」のイメージが強い國母和宏さん。

 

この記事では、國母和宏さんの「腰パン騒動」から嫁や子供など家族情報などに関してまとめてみました。

國母和宏のプロフィール

 

名前:國母和宏(こくぼ かずひろ)
出身地:北海道石狩市
生年月日:1988年8月16日
身長:164cm
学歴:東海大学国際文化学部卒業
職業:プロスノーボーダー

 

日本では、バンクーバー五輪時に「腰パン騒動」でマスコミから袋叩きにされたイメージが強い國母和宏さんですが、国際的な実績を残し続けている人物と言えます。

 

バンクーバー五輪こそ騒動の影響もあってか8位に終わった國母さんですが、2010年から2011年にかけてUSオープンを2連覇しています。その他、エクストリーム系競技にとっては、五輪以上の大舞台と言われている冬季X Gamesにおいて2度の表彰台に上がるなど、國母さんは、日本スノボ界のパイオニア的ポジションの人物です。

 

近年は、競技者としてよりもスノーボードムービーの分野での活躍が目立つ國母さん。2016年にはアメリカの専門誌により、ライダー・オブ・ザ・イヤーの1人に選出されるなど、世界的な評価は高まる一方だったりします。

 

 

 

國母和宏の「腰パン騒動」~バンクーバー五輪でバッシングされフルボッコに

國母和宏、腰パンのラフな服装でバンクーバーに向かう

 

 

ファッション性も求められるエクストリーム系競技の性質上、移動時の國母和宏さんがラフな格好でいることに関しては、周囲も理解すべきだったとは言えます。

 

バンクーバー五輪で起こった國母和宏さんの「腰パン騒動」ですが、説明してしまうともの凄くくだらない騒動です。國母さんの普段の言動が気にいらなかったマスコミが、過剰に騒いで騒動にしてしまった感があります。

 

 

日本からバンクーバーへと向かう國母さんの服装がラフすぎたために、マスコミから問題視され、現地での謝罪会見へと追い込まれてしまったことが、「腰パン騒動」の始まりでした。

 

個人的には、このくらいならスルーしても問題なさそうな服装にも見えます。しかし、当時からプロとして欧米で活躍をしていた國母さんは、勉強不足でお馴染みの日本のマスコミ陣からは、一歩距離を置くスタンスでした。そのため、マスコミから、些細な事で目くじらを立てられるという意趣返しをされてしまったわけですね。

 

 

そして謝罪会見の場で、不貞腐れたように呟いてしまった「反省してま~す」との一言を、問題発言として大々的に報道されてしまう羽目になった國母さん。

 

 

國母さんの側にも、謝罪会見の場で大人気のない言動があったことは確かです。しかし、あまりにくだらないことで謝罪会見を開く羽目になったことに対して、納得出来なかった國母さんの心情は理解出来ます。当時21歳の現役大学生だった國母さんにとっては、感情を押し殺して神妙な謝罪会見をすることも難しかったのだろうとも思います。

 

しかし、「反省してま~す」のたった一言が、その後とんでもない騒動へと発展してしまうことになります。

 

 

國母和宏、マスコミからフルボッコ!五輪追放寸前までいった?

 

後から振り返ってみると、まさに集団ヒステリーとの表現がぴっだった「腰パン騒動」となりました。

マスコミ主導で時折起こってしまう、日本社会の悪癖の1つですよね。

 

火に油を注いでしまう形となった謝罪会見以降は、マスコミによる國母和宏さんバッシングもヒートアップします。事態を重く見た全日本スキー連盟からは、國母さんの五輪追放が検討されるなど、「腰パン騒動」は社会問題化する様相を見せ始めました。

 

 

最終的には、バンクーバー五輪日本選手団の団長を務めていた橋本聖子さん(写真左)の政治決断により、國母さんの五輪参加が認められることになりました。

 

「腰パン騒動」の対応に追われたことで、競技前から心身共に消耗してしまったためか、五輪本番での國母さんは8位に終わり、実力を発揮出来ずじまいでした。

 

 

國母和宏の現在① バンクーバー五輪後に代表引退・コーチとして日本代表に復帰

國母和宏、バンクーバー五輪後に代表引退

 

「腰パン騒動」でのヒステリックなバッシングに嫌気が差したのが、國母和宏さんは、バンクーバー五輪以降の代表活動の辞退を宣言しています。

 

バンクーバー五輪後の國母和宏さんですが、アメリカに拠点を置き、プロスノーボーダーとして活動を続けました。

 

 

バンクーバー五輪直後の2010年3月に開催されたUSオープンでは、日本人初の優勝を達成した國母さん。続く2011年には連覇も達成し、世界的な名声を得ることに成功しています。

 

この時期の國母さんは前述の代表辞退発言に加えて、2010年5月に、バンクーバー五輪のメダリストや入賞者を招いて行われた宮中茶会に欠席するなど、日本とは距離を置く言動が目立っていました。

 

服装の乱れが話題となったスノーボードの国母和宏選手も対象となったが、米国滞在中のため欠席した。 全日本スキー連盟(東京)の広報担当者は国母欠席の理由について「現在、オフシーズンで米国遠征中のため不在との連絡があった」と説明している。

 

引用:両陛下、茶会に五輪選手お招きに 真央、美姫、大輔、愛子らに「頑張りましたね」 国母は欠席

 

そのため、「腰パン騒動」のせいですっかり日本嫌いになってしまったかに思われていた國母さんですが、その後意外な行動に出ることになります。

 

國母和宏、コーチとして日本代表に復帰した(2013-2014シーズン)

 

誤解されがちな性格というよりは、好き嫌いの感情論でアスリートを偏向報道しがちな日本のマスコミの被害者とも言える國母和宏さん。

 

國母和宏さんは、ソチ五輪シーズンとなる2013-2014シーズンに、テクニカルコーチとしてスノーボード日本代表チームに戻って来ています。元々、アメリカで活動する日本人プロスノーボーダーに対するサポートに熱心であった國母さんだけに、後輩たちの手助けをしたいという気持ちも強かったのかもしれませんね。

 

「世界の國母」とでも呼ぶべき大先輩のコーチ就任は、スノーボード日本代表チームの躍進を後押しすることなりました。

 

 

ソチ五輪のスノーボード日本代表チームからは、平野歩夢さん(左)や平岡卓さん(写真右)といったメダリストが誕生しています。

 

「腰パン騒動」で大バッシングを受けた身でありながら、指導者とはいえ再び日本代表に復帰して後輩たちのサポートに回った時点で、國母さんの男気は賞賛に値することです。それに加えて、指導者として見事に結果を残した國母さんに対しては、日本マスコミも手の平を返すしかなく、SNS上でも過去のバッシングを懺悔するユーザーの声が多かったりしました。

 

11日、ソチ五輪・スノーボードの男子ハーフパイプで、平野歩夢と平沢卓の両選手が銀メダルと銅メダルを獲得し、彼らのコーチを務めている國母和宏にも賞賛の声が集まっている。YouTubeには、國母が10代の頃から孤軍奮闘してきた「國母ストーリー」をまとめた15分の動画が投稿されており、再生回数はすでに50万回を超えている。

 

引用:「腰パン騒動の国母和宏が銀・平野歩夢、銅・平岡卓の快挙に貢献」報道 ネットユーザーも手のひら返し?

 

 

國母和宏の現在② 嫁と2人の子供がいる

 

結婚式は神前式を選択した國母和宏さん夫妻。ちなみに、國母さんにとっては学生結婚となりました。

 

國母和宏さんですが、世界を股にかけるプロスノーボーダーであると同時に、2児のパパでもあります。

 

2009年に、3歳年上の一般女性である智恵さんと結婚した國母さんには、2019年11月現在、5歳となる長男・一之介(かずのすけ)さんと4歳となる長女・六花(ろっか)さんが誕生しています。

 

 

智恵さんと子供たちが暮らしているのは、アメリカではなく日本の北海道となっており、200坪の敷地に建てられたログハウスが國母さんのマイホームということになります。

 

プロスノーボーダーとして世界を飛び回っている國母さんが、家族の元で過ごせるオフ期間は、年に2ヶ月程度しかないそうですね。

 

 

オフ期間の國母さんの日課といえば、子供たちを保育園へ送迎することとなっています。見た目によらずと言ったら失礼ですが、國母さんは子煩悩なイクメンパパでもあるわけです。


 

「腰パン騒動」で誤解されてしまっただけで、素の國母さんは、故郷北海道や家族を愛する好人物ということなのでしょうね。

 

 

 

 

國母和宏の現在③ プロスノーボーダーとしてまたしても日本人初の快挙

 

まさに日本人プロスノーボーダーのパイオニアである國母和宏さん。

 

國母和宏さんの話題に付き物の「日本人初の快挙」ネタですが、2016年末にも、國母さんは新たな快挙を達成しています。今回の國母さんの快挙は、スノーボード界のアカデミー賞とも言われている「RIDRES POLL 18」にて、日本人初の年間ベストビデオパート賞を受賞したことになります。

 

ちなみに、「RIDRES POLL 18」にて、賞を獲得すること自体が日本人初の快挙となっており、プロスノーボーダーとして道なき道を切り開き続ける國母さんの凄みが伝わって来る快挙となりました。

 

プロスノーボーダーの國母和宏が、アメリカの大手メディア・TRANSWORLD SNOWBOARDING主催の「RIDRES POLL 18」にて、MEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)賞を受賞した。

 

引用:プロスノーボーダー・國母和宏、年間ベストビデオパート賞を受賞

 

 

「RIDRES POLL 18」における國母さんの受賞シーンや年間ベストビデオパート賞に輝いた作品である「STRONGER.」を確認したい方は、上記の動画をご覧になって下さい。

 

 

國母和宏の現在④ 「腰パン騒動」の反省はしていない

2017年8月27日放送のTBS「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」に出演した際、國母和宏さんが“腰パン騒動”の真相をテレビで初告白しました。

 

この騒動に対して、國母和宏さんは「全く後悔はしていないです」と答え、「自分のスタイルを崩してまで大事な事はないと思うし、空港でピシッとして、みんなと並んで歩いて、まともなインタビューをしてっていうのはスノーボードではないと思った。アホだなって思うなって思う人もいれば、良いなって思う人もいると思う。(騒動で)本当に迷惑をかけた人には自分で謝罪した」と当時を振り返っています。

 

また、現在はスノーボードの映像制作を手掛けていて、年収は1億に届かないくらいと発言しています。

 

 

 

國母和宏の現在⑤ 大麻取締法違反の疑いで逮捕

EIqc_-RWkAEyY-t

 

2019年11月6日、國母和宏さんが大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕されました。

 

スノーボード元日本代表の國母和宏容疑者が大麻を営利目的で密輸したとして逮捕された事件で、密輸した大麻製品は幻覚作用が強く、取引価格が高いものだったことがわかった。

 

厚生労働省麻薬取締部によると、スノーボード元日本代表の國母和宏容疑者は、去年12月、知人の男らと共謀してアメリカから大麻製品およそ57グラムを営利目的で密輸した疑いがもたれている。

 

その後の捜査関係者への取材で、密輸した大麻製品は、幻覚作用が強い濃縮大麻などとよばれるものだったことが新たにわかった。

 

引用:國母容疑者“幻覚作用強い”濃縮大麻密輸か

 

國母和宏さんは、11月6日午前、麻薬取締部に自ら出頭してきたということです

 

國母和宏さんが輸入した大麻は「大麻ワックス」と呼ばれる加工品である可能性が高いと言われています。

 

大麻ワックスとは、乾燥大麻の成分を濃縮させた固形状の加工品です。大麻独特の臭いが少ないのが特徴で、使用していることが周囲に知られにくいとされています。関係者によると、1グラム1万円以上で売買され、最も流通量の多い乾燥大麻と比較して価格は7~8倍するとも言われています。

 

國母和宏さんは知人の男性と共謀して、お金儲けのために「大麻ワックス」を輸入したとみられています。

 

「知人男性と2人で使用するにしても量が多すぎる。あの量を自分で使ったら死にますよ。手口もこなれており、当局は過去にも大麻ワックスの密輸に絡んでいた可能性もあると踏んでいる」(関係者)

 

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/1613775/

 

國母和宏さんは2017年-2018年頃、年収は1億に届かないくらいと発言していましたが、闇のビジネスに手を染めていた可能性も出てきました。

 

國母和宏さんの逮捕ですが、ネットではやっぱり等の声が上がっています。

 

 

 

國母和宏の現在⑥ 成田童夢に暴行した過去が暴露される

逮捕された國母和宏さんですが、その後、同じスノーボーダーの成田童夢さんの過去の衝撃エピソードを暴露される事態が起きており、やはり見た目通りだったとネットで言われています。

 

同じく元スノーボード日本代表の成田童夢が今回の騒動を受け、 ニュースサイト「東スポWeb」の取材で同容疑者から過去に暴行を受けたことや、それを放置する組織体制について暴露している

 

2010年バンクーバー冬季五輪では、国母容疑者が未成年にかかわらず、 飲酒して年上の成田に空き瓶で殴打して負傷させたこともあったようです。しかも、当時の関係者が見て見ぬふりをし、邪魔をするなと口止めまで行っていたとか。当時の代表チームは何をやっても許される無法地帯のような環境だったようですね」(スポーツライター)

 

引用:【チッ、うっせーな】国母容疑者、過去に成田童夢を空き瓶で殴打し暴行 周辺の関係者も「国母の邪魔をすな」と口封じする悪質な組織

 

 

 

 

まとめ

「腰パン騒動」を乗り越えて、今や世界に誇れる日本人の1人となっていた國母和宏さん…と思っていた矢先での逮捕。

 

人を見た目で判断するという行為自体は間違ったことではないと思います。しかし、國母和宏さんも逮捕されてしまったことで、見た目通りだったとネットで残念な声が上がっています。

 

國母和宏さんのより一層の活躍を祈りつつ、この記事のまとめを終了させて頂きます。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

AS20180228003324_comm

高木菜那がかわいい!目は整形?彼氏や結婚&高木美帆との仲も総まとめ

里谷多英

里谷多英の現在!旦那との結婚や離婚~事件とその後まとめ

5bd156fc0f4e676ff6934beaeca67492

高梨沙羅の二重まぶたと鼻は整形?化粧の効果?真相が専門家の分析で明らかに

tkge

清水宏保が再婚!元嫁・高垣麗子とは浮気で離婚&現在まで総まとめ

2017-10-23_132912

高木美帆が可愛い!彼氏や結婚は?姉・父・母の情報も総まとめ

cae

カーリング女子メンバーかわいい&人気順TOP5!嫌いと炎上する場面も

ske

スケート斎藤慧がドーピング!姉や出身高校と大学&オリンピックでの薬物疑惑まとめ

3a6c6be1-s

カヌー鈴木康大の嫁や子供など家族&事件の全容まとめ!逮捕はある?

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

178993288_9fc569a553_o

福田麻由子の現在!子役時代や大学~死傷事件の噂や近況まとめ

ミゲルくん

ミゲルくんの現在!消臭力CMに出演・身長も伸びイケメンに成長したと話題【動画・画像あり】

持田香織

ELT持田香織と旦那の結婚秘話や馴れ初めまとめ!お相手のジムトレーナーはどんな人?

赤坂尊子

大食い女王・赤阪尊子の現在!病気や結婚の噂&若い頃から最近の様子まで総まとめ

安藤桃子e

安藤桃子の旦那や子供&離婚原因!父・母・妹など家族も総まとめ

川谷絵音

【ツイッター】川谷絵音のmiwaやflumpool批判まとめ!不倫騒動でも問題発言で炎上

2006265_201201260174737001327575818c

里田まいが子供を出産!田中将大との馴れ初め-結婚-息子誕生まとめ【画像あり】

afBoLUad6lyPHz5_24453-e1445499104867

中村獅童と元嫁・竹内結子の離婚原因は?子供や再婚相手の情報もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. この記事書いた人何者?日本人が悪い?國母は全然悪くないみたいな言い方、絶対おかしい!個性だのファッションだのってふざけないでください。国の代表で出る以上は最低限のマナー常識は守っていただきたい。でなければ大会にも出ないで自由に好きに山ででもやっていたらどうですか?自由の意味を勘違いしています。お子さんが普通に育ちますように。
  2. お前みたいに自分の利害と関係ないところまでグダグダ騒ぐやつが多いから、どんどん世の中つまらなくなっていくんだろ。お前こそ何者だろ。
  3. ほんと1まじ意味わかんねぇ 日本にこんな奴が多いせいで 余計な手間が増えてくんだよなあ 実際、誰もパッシングしなきゃあ、 國母選手は優勝できたでしょ
  4. バッシングされたから優勝できなかったってのはどうかと思うぞ。
  5. スーツを着崩すのがファッション性なら、それが重視される(と筆者が言ってる)スノボはお子ちゃま競技としか言いようがないね。 ピアスとかドレッドヘアはファッションとか個性で良いと思うけど、キチンと着るべき物は着崩しちゃ行けないと思うよ。
  6. 見た目で判断されていたわけじゃないよね 本格的なバッシングはその後の言動だろ 漏れ出た中身に日本中がNO!を示したわけでさ 三つ子の魂百までで、中身のクズさは変わらないよ 実際、本人は何の公的謝罪もせずに逃げ回っていたわけでしょ こういうのは、排除でいい 適任者を他から探せばいいだけの話
  7. マスコミが悪いとか、国母が悪いとかそういう問題ではない。ただ一つ言えるのは素晴らしい逸材を潰した。国母は昔から癖が強いのはスノボ業界人はみんな知ってたから。
  8. ※1 ヒステリックすぎるだろw 国の代表だからってがっちり固めて選手本来の良さがだせなかったら意味ないっつの。
  9. 個性は大事だけど、あれはないよ。 自由にしたいなら私服でやるべき。 國母のは、ただ下品でだらしないだけ。 批判されるのは仕方がない。
  10. 彼を誰も批判する権利なんかない。仕方ないだと?何様のつもりだ。 そもそも自前の文化があるスポーツにナショナリズムを押し付けるのはおかしい。
  11. 税金で用意された服くらいきちんと着ろよ。 別にオリンピック期間中の服装を全部きちんとしろって言われてるわけじゃねーんだから。 餓鬼かよ。
  12. 国母選手には時と場合を わきまえて行動をして欲しかった。 やはり、日本人選手のひとりとして そして、その時世界中が注目する オリンピック選手として。 自分一人だけのプレーではないのだから。
  13. ※10 「彼を誰も批判する権利なんかない」なら、 彼を称賛する権利もないんだよね? 批判しなくてもいいんだから 日の目の浴び方を間違えるからこうなるんだよ マイナスイメージを付けられたのは紛れもなく自分の落ち度だろ チヤホヤされなくなった時が最期だわ
  14. まぁマスゴミについてはわかる だけど一応日本の代表としてオリンピック参加してるわけでしょ 確かにラフな格好が好まれるスポーツかもだけど、同じ競技をしている海外選手とか腰パンとかしてるんかねぇと 事実彼がコーチになってからメダルを取った選手達は比較的ちゃんとした格好だったとおもうけどね まぁこんなネタに力説するのもあまり建設的ではないか
  15. ルールに従うのが嫌なら五輪なんか出ずにずっと個人でやってればいいじゃん 日本の代表があんな品の無い人間だと思われたくない
  16. 才能があるやつは好きにしていいって事? 腰パンってオシャレとはまた違くない? あのスーツを公の場で着る時くらいキチンとできないのかね。 そんなに難しい事じゃないでしょ。
  17. 今になって思うとやっぱりそれなりのヤツだった、ということみたいですな!
  18. 個人の趣味で大会に出てるなら、服装に文句をつけられる筋合いは無いし、批判されても無視すれば済む話だけど、国の代表として出てる以上、きちんとした服装をするとか、最低限のマナーはあると思うよ。 そんなこんなで、大麻所持で逮捕されるという末路。 大麻の是非は置いといて、法を侵してしまったらもう何も言えないよ。ご愁傷様。
  19. 今になって思うと「やっぱりそれなりの人間だった」ということみたいですな!
  20. 大麻所持で逮捕されました。 乱れていたのは服装だけではなかったようですね。
  21. 上記の意見を書かれている皆さんの想像通りのことが発生しましたね。
  22. そして大麻で逮捕されるってオチ。しょせん、ルールから外れてるオレカッコいい系のバカだっただけでした。なんも変わってなかったね。 どこがイクメンやねん。普通に子育てしてるだけやん。チャラチャラしてるやつが普通のことしてるだけで賞賛されるって・・・バカだねぇ。
  23. まあヤク中だけどなw
  24. 大麻密輸で逮捕されたそうで・・・
  25. 当時の腰パン騒動は若気の至りだろうし今回とは別の話。もう済んだことだから蒸し返さんでもええと思う。
  26. 限界を超えるから世界中から支持されている。ボーダー!
  27. ※11 貴方が船首としてえらばれ、服装をきちんとして、『私は國母和宏と違います。』発言お願いします。

前後の記事

興味があればチェックしてね

佐世保女子高生殺害事件

凶悪な少年犯罪の犯人のその後・現在20選!衝撃順にランキング【2019最新版】

鈴木早智子

Wink鈴木早智子の今現在!生い立ちや若い頃・不祥事や結婚まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す