FCJ4yBUUYAEkRm8

甲府放火事件の犯人(遠藤裕喜)の家族や高校&顔写真!井上盛司さん長女との関係・犯行動機も総まとめ

山梨県甲府市で発生した放火殺人事件の犯人の少年(遠藤裕喜)の実名報道が話題です。

甲府放火事件の概要、犯人の生い立ちと両親など家族、被害者の井上盛司さん、犯人と同級生だった被害者の長女、高校の特定や生徒会長の過去、LINEがきっかけの犯行動機についてまとめました。

甲府放火殺人事件の犯人少年の実名は遠藤裕喜

 

 

b4d00a662b51a2f6d93a7eed16504022

出典:https://twitter.com/bungu42/status/1451096309767688193

 

2021年10月12日未明に発生した甲府市の放火殺人事件は、犯人が19歳の少年という事で実名が公開されていませんでしたが、10月21日に発売の「週刊新潮」が、この少年を実名で報じています。

 

週刊新潮の記事によれば、甲府の放火殺人事件の犯人の少年の実名は「遠藤裕喜」だという事です。また、週刊新潮はこの犯人遠藤裕喜の顔写真もモザイク無しで掲載しています。

 

ネット上では検索ワードで「甲府 犯人 三浦健人」という名前が出てきますが、こちらはネットの誤情報のようです。

 

この週刊新潮の実名報道や顔写真の公開については物議を醸しており、その後、山梨県弁護士会の会長が抗議の談話を発表しています。

 

今回はこの遠藤裕喜の起こした甲府の放火殺人事件についてまとめていきます。

 

 

 

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤欲喜の生い立ちと家族【幼い頃に両親が離婚】

 

endou-1

出典:https://cdn.statically.io/

 

2021年10月21日に発売された「週刊新潮」は、犯人の遠藤裕喜を実名で報じただけなく、その生い立ちについても取材し報じていました。

 

新潮の記事によれば、犯人の遠藤裕喜は小学校1年生の頃から数年間は両親と山梨県中央市の一軒家で過ごしたという事です。兄弟はおらず一人っ子だったようです。

 

ただ、この一軒家の表札は「渡辺」で、これは遠藤欲喜の父親の姓で、遠藤裕喜が小学校高学年の頃に母親と遠藤裕喜が家を出て行ったという事でした。また、遠藤欲喜の父親方の祖母の証言によれば、遠藤欲喜の両親は遠藤裕喜が小学6年生の頃に正式に離婚したようです。

 

そして、遠藤欲喜の両親が離婚した原因となったのは、遠藤裕喜が小学校2年生か3年生の頃に、父親が給湯器を窃盗したとして逮捕された事だったようです。

 

父親が逮捕されたのが原因で遠藤裕喜は学校でいじめられるようになり不登校気味になったようです。その後も数年間は家族3人で暮らしていたものの、小学校高学年の頃に母親と2人で出て行ったという事でした。

 

また、当時の関係者によると、遠藤裕喜は小学5年生の時に、友人のニンテンドーDSのソフト10本以上を盗んだ疑いをかけられ、証拠も見つかっているのですが、友人の親に問い詰められた遠藤欲喜の母親は息子が盗みを働いた事を頑なに認めず、そのまま遠藤裕喜はその小学校から転校してしまったそうです。

 

この友人の保護者は「あの子(遠藤裕喜)はいつもそうして母親に甘やかされてきたのでしょう」と非難気味に証言しています。

 

新潮の記事では、遠藤裕喜の中学時代の同級生の証言も掲載されています。

 

それによると、遠藤裕喜は中学1年生の時はソフトテニス部に所属したものの、入ってすぐの試合で負けて顧問に叱責されたのをきっかけに部をすぐに辞めてしまったという事です。そして、中学1年から3年まではほとんど不登校気味でだった事なども明かされていました。

 

その後は、県立中央高校の定時制普通科へと進学し、今回の放火殺人事件を起こす事になったようです。

 

 

 

 

甲府放火殺人事件の概要① 被害者の長女の通報直後に被害者宅が火事に

 

甲府市の放火19歳少年の犯行動機は?顔画像やFacebookアカウントはある?2

出典:https://basementginza.jp/

 

まず、甲府の放火殺人事件の概要を時系列順に見ていきます。

 

2021年10月12日の午前3時45分頃、山梨県甲府市蓬沢1丁目の2階建の民家から「泥棒に入られた」という110番通報がありました。通報したのは家主の井上盛司さんの長女でした。

 

この通報の直後、この民家が火事になり、同日午前7時頃に消し止められています。民家は1階の骨組みだけを残して全焼しています。

 

 

 

甲府放火殺人事件の概要② 火事の焼け跡から井上盛司さんと妻の遺体

 

000232020_1920

出典:https://news.tv-asahi.co.jp/

 

火事の焼け跡から、2人の遺体が発見されました。被害者2名はこの民家の家主である井上盛司さん(当時55歳)と妻の章恵さん(当時50歳)でした。2人の被害者の遺体には刃物で刺されたような痕がそれぞれ10箇所以上も確認されており、直接の死因は火事による焼死ではなく失血死の可能性が高いと見られています。

 

この民家には事件当時、被害者2人の他に当時10代の長女と次女もいましたが、火事になる前に2階のベランダから脱出して無事でした。

 

ただ、次女は2階で眠っていたところ1階で争うような音を聞いたて様子を見に降りたところ、そこで犯人の少年・遠藤裕喜と出くわし、2階へ逃げ戻ろうとしたところを後ろから凶器で殴られて頭部に打撲を負っています。

 

 

 

甲府放火殺人事件の概要③ 犯人の遠藤裕喜が「人を殺した」と出頭

 

large_IP211013KAA000394000

出典:https://www.nishinippon.co.jp/

 

山梨県警は殺人放火事件と断定して捜査本部を設置し犯人を捜索していましたが、事件発生から約15時間後の同日の夕方頃に、犯人の遠藤裕喜は事件現場からおよそ30キロ離れた山梨県身延町の駐在所に出頭しています。

 

その時、駐在所の警察官は出払っていて不在だったため、犯人の遠藤裕喜は備え付けの電話を使って「人を殺した」と自供し駆けつけた警察官に確保されています。出頭時、遠藤裕喜は顔の半分に火傷を負い、右手の小指の骨折と腱断裂の怪我も負っていたという事です。

 

その後の取り調べを経て、山梨県警は13日に遠藤欲喜を次女に対する傷害の容疑で逮捕しています。

 

2021年10月21日の現在も警察による取り調べが続いています。

 

 

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤裕喜は被害者長女と同じ定時制高校の同級生

 

images

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

その後、甲府の放火殺人事件を起こした犯人の少年・遠藤裕喜と、被害者の井上盛司さんの長女の10代の少女が、甲府市内の同じ定時制高校の同級生で顔見知りだった事が報じられています。

 

「女性セブン」の2021年11月4日号が、被害者の長女が甲府市内の定時制高校に通っており、将棋クラブに所属し生徒会の役員も務め、努力家で勉強もできる人気のある生徒だった事を伝え、犯人の遠藤裕喜も同じ高校に通っていた事を報じています。(記事内では遠藤裕喜は「A」と表記)

 

甲府市内の定時制高校で、長女は将棋クラブに所属し、生徒会の役員も務めていた。努力家な面をもち、勉強も得意な彼女を慕う同級生は多かったという。

 

引用:甲府放火・逮捕19才少年 計画性の高さと「少年法改正まで半年」のタイミング

 

犯人の遠藤裕喜は、高校の同級生だった被害者の井上盛司さんの長女に好意を寄せていたとの関係者からの証言も出ているという事です。

 

Aは、長女と同じ高校に通っていた。

「どちらかというと地味なタイプで交友関係も広くない。にもかかわらず生徒会長に立候補し、周囲を驚かせたこともあった」(高校の関係者)

 そんなAが一方的に恋心を抱いていた相手が長女だった。

 

引用:甲府放火・逮捕19才少年 計画性の高さと「少年法改正まで半年」のタイミング

 

被害者の長女は高校では将棋クラブに所属していたという事ですが、犯人の遠藤裕喜も同じ将棋クラブに所属していたとの報道も出ています。

 

詳細な経緯は不明ですが、遠藤裕喜は被害者の長女に思いを寄せ、追いかけるような形で将棋クラブに入ったのではないかという見方もあるようです。

 

 

甲府放火殺人事件の遠藤裕喜と被害者の長女が通っていた高校は山梨県立中央高校

 

これまでの報道では犯人の遠藤裕喜と被害者の長女が通っていた高校は「甲府市内の定時制高校」とだけ報じられていましたが、2021年10月21日発売の「週刊新潮」はこの高校も特定し実名掲載しています。

 

それによると、犯人の遠藤裕喜と被害者の長女が通っていた高校は甲府市飯田にある「山梨県立中央高校」の定時制だという事です。

 

 

 

 

甲府放火殺人事件の犯人・遠藤裕喜には高校で生徒会長を務めていた

 

報道によると、犯人の遠藤裕喜は通っていた高校(山梨県立中央高校の定時制)で生徒会長を務めていたようです。

 

上でも引用しましたが、遠藤裕喜は大人しい性格で地味なタイプの生徒だったため、生徒会長に立候補した時は意外だったという高校の関係者の証言もあるなので、遠藤裕喜はあまり前に出てくるようなタイプの人間ではなかったのかも知れません。

 

ただ、同級生の証言によれば、高校時代の遠藤裕喜は非常に真面目な生徒で、ほとんど休む事もなく皆勤賞も狙えるほどだったという事です。成績も良く、学校が終わるとすぐに帰宅する極めて真面目な生徒だったようです。また、友人は全くおらず、休み時間にはいつも1人でニンテンドースイッチでポケットモンスターなどのゲームをしていたのだそうです。

 

 

 

犯人の遠藤裕喜は生徒会長になった後イメチェンし髪型をツーブロックに

 

地味なタイプだったという犯人の遠藤裕喜ですが、生徒会長に選ばれた後の2021年4月頃に、突然髪型をツーブロックにして眉毛も整えるなど見た目に気を使い始めたそうです。

 

「生徒会長に選ばれた後の4月ごろです。もともと芋っぽい見た目のAでしたが、急にツーブロックに刈り上げて、ワックスで髪型をキメていました。太かった眉毛も整えて、見た目に気を使っている印象でしたね。『かっこいいね』と声を掛けたら、おどおどしながらも喜んでいました。今思えば異性か好きな人を意識していたのかもしれません」

 

引用:「急にツーブロックに刈り上げ、ワックスで髪型を…」甲府放火“2人死亡” 逮捕の“19歳生徒会長”が事件前に見せた“変貌”

 

被害者の井上盛司さんの長女に一方的に好意を寄せていたとの報道と合わせて見て、犯人の遠藤裕喜は長女の気を引こうとして、生徒会長に立候補したり、髪型を変えたりしていたという見方が有力になっているようです。

 

ところが、2021年10月21日に発売の「週刊新潮」の記事に掲載された高校の同級生の証言によれば、遠藤裕喜は1代前の生徒会で役員を務めており、次の生徒会長を決めるとなった時に生徒会長に立候補したのが遠藤裕喜しかおらず、結果として信任投票で選ばれたのだそうです。この同級生は「なので周りから推されて生徒会長になったわけでは無いです」とも話していたようです。

 

 

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤裕喜の動機はLINEブロックの逆恨みか

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤欲喜は警察の取り調べに、被害者の井上盛司さんの長女に好意を寄せており、急にLINEをブロックされて連絡が取れなくなったので殺害しようとしたといった趣旨の内容を供述していると報じられています。

 

この事から、犯人の遠藤裕喜の犯行動機は被害者の長女への一方的な好意から、LINEをブロックされた事を逆恨みした事だった可能性が高いようです。

 

Aは警察の取り調べに対し、『被害者家族の長女に好意を寄せていた』『急にLINEで連絡ができなくなり、殺害しようとした』などと逆恨みとも取れる供述をしている

 

引用:「急にツーブロックに刈り上げ、ワックスで髪型を…」甲府放火“2人死亡” 逮捕の“19歳生徒会長”が事件前に見せた“変貌”

 

また、捜査関係者からの情報として、犯人の遠藤裕喜が、被害者の長女に交際を申し込んだが断られ、それをきっかけにLINEをブロックされ、その後、思い通りにならないので被害者宅に侵入し、見つかれば家族全員を殺害しようと思ったと供述したとの内容も報じられています。

 

捜査関係者によると、少年は10代の長女と同じ高校の出身で面識があり、「一方的に好意を寄せ、交際を申し込んだが断られた。やりとりしていたLINEもブロックされた」と供述。さらに「思い通りにならないので侵入しようと思った。見つかれば家族全員を殺害するつもりだった」と話し、井上さん方の住所については「最近知った」と話しているという。

 

引用:逮捕少年「見つかれば一家殺害」 交際拒否され、逆恨みか―甲府2人死亡放火

 

こうした犯人の遠藤裕喜の供述内容から、犯行の動機は、一方的な好意を拒絶されLINEもブロックされた事による逆恨みによる怨恨である可能性が高いようです。

 

ちなみに、2021年10月21日に発売の「週刊新潮」の記事に掲載された同級生の証言によれば、遠藤裕喜が被害者の長女に思いを寄せていた事は高校でも知られていて、一方的にティファニーをプレゼントしたり、LINEをブロックしていた事も学校中で噂になっていたようです。

 

この同級生の証言が事実だとすれば、どういった経緯かこうした情報が周囲に広まって遠藤裕喜が馬鹿にされるような状況になり、それが今回の犯行動機につながったという可能性も考えられそうです。

 

 

 

甲府放火殺人事件の被害者の長女は周囲にストーカー被害を相談していた

 

kouhu1-1-1

出典:https://cdn.statically.io/

 

被害者の井上盛司さんの長女の友人の証言によると、以前から長女は周囲に、「ストーカーに遭っている」、「LINEをブロックしたのに執着してくる人がいる」、「ティファニーなどのブランド品を勝手に送り付けてくる」などと相談していたそうです。

 

彼女(長女)には彼氏もいませんでしたし、そもそも過去にもAと付き合ったことなどないはずです。ただ、事件の少し前から『ストーカーにあっている』と聞いたことがあります。『ティファニーなどのブランド品を勝手に家に送りつけてきて、LINEをブロックしても執着してくる人がいて困っている』って……。

 

引用:《甲府放火“2人死亡”》「勝手にティファニーを送りつけ、LINEブロックしても執着…」逮捕された19歳少年“長女への執拗なストーカー行為の全貌”

 

長女はこのストーカー相手の名前は明かさなかったという事ですが、おそらくこのストーカー相手が犯人の遠藤裕喜だと見て間違い無いでしょう。

 

 

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤裕喜が用意周到に犯行に及んでいた事も判明

 

news4386029_50

出典:https://news.tbs.co.jp/

 

甲府放火殺人事件の犯人の遠藤裕喜は、かなり周到に準備をして犯行に及んでいた事も判明しています。

 

遠藤裕喜は、複数の刃物を持って被害者の井上盛司さん宅に侵入し、家族全員を殺害した後に自宅に放火する事も事前に計画して灯油を入れる缶も携帯していたという事です。

 

また、犯行を行うために事前に井上盛司さんの後をつけて自宅を特定するなどもしており、かなり周到に計画を練った上で犯行に及んだと見られています。

 

 

 

 

甲府放火殺人事件の被害者① 遠藤裕喜が一方的な思いを寄せていた長女 

 

甲府放火殺人事件の被害者家族についてもこれまでに報じられている内容をまとめていきます。

 

まず、一方的に犯人が好意を寄せていたと見られている長女は、事件当時高校3年生で、中学時代に不登校になりますが家族の支えで乗り越え、その後中央高校の定時制へと進学したという事です。

 

高校に入ってからは性格も活発になり、将棋クラブや演劇に一生懸命だったという事です。また、交友関係も広がって自宅にはよく友人が遊びに訪れていたそうです。

 

容姿については、黒髪で目がぱっちりとした美人、可愛い子という証言が多く出ています。また小学校時代からの同級生によれば「少女漫画のヒロインみたいな子」だったそうです。

 

「小学生の頃から可愛らしくて、イメージでいうと少女マンガのヒロインみたいな子。ボーイフレンドもいたけど、決してそれを鼻にかけるわけでもなく、男女問わず誰とでも仲がよかった。少女マンガが好きで、絵がうまかった」(長女の小学校の同級生)

 

引用:《甲府放火“2人死亡”》「深夜に『やめてー』と女性の叫び声が…」“泣きながら出頭の19歳少年”は被害者長女と同じ高校の“顔見知り”だった

 

 

甲府放火殺人事件の被害者② 次女

 

甲府放火殺人事件で、犯人の遠藤裕喜に頭を殴られるなどして怪我を負った被害者の次女は、事件当時中学3年生で、長女と似てぱっちりとした目の可愛い女性との証言が出ています。

 

また、姉妹仲もとても良かったようです。

 

 

 

甲府放火殺人事件の被害者③ 殺害された井上盛司さん

 

犯人の遠藤裕喜に殺害された家主の井上盛司さんは、事件当時55歳で、土木関係の会社に務めるサラリーマンで、大人しく真面目な性格の男性だったそうです。

 

娘2人をとても可愛がっていたようで、近所の人に「(娘2人を連れているのを見て)お父さんにそっくりですね」と声をかけられると「俺に似てるかな」と嬉しそうにされていたそうです。

 

 

 

甲府放火殺人事件の被害者④ 殺害された井上章恵さん

 

犯人の遠藤裕喜に殺害されたもう1人の被害者である井上盛司さんの妻の章恵さんは事件当時50歳で、介護の仕事をしながら、自治会の組合長の仕事も懸命にこなすアクティブな女性だったという事で近隣住人からの評判もとても良い方だったようです。

 

「娘2人が10代でこれからまだお金がかかるから頑張るんだ」と話されていた事もあったそうで、長女と次女をとても大切にされていたようです。

 

この被害者家族4人は、休みの日にはよく一緒に車で出かけていたとの事で、仲のとても良い幸せな家族だったようです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、2021年10月12日未明に発生した甲府市の放火殺人事件や、その犯人の遠藤裕喜、被害者家族についてなどを中心にまとめてみました。

 

この事件は、被害者の井上盛司さんの長女に一方的な思いを寄せた当時19歳の犯人・遠藤裕喜が、一方的なストーカー行為の結果LINEをブロックされた事などを逆恨みしたのを動機に、一家全員を殺害しようと思い、事件現場の民家に侵入して井上盛司さんとその妻を刃物で10数回以上も刺した後、燃焼性の液体を巻いて放火し火事を起こして逃亡し、その後現場から30キロ離れた派出所に出頭し逮捕されたという経緯でした。

 

犯人の遠藤裕喜は犯行時19歳で、少年法に守られて実名報道がされていませんでしたが、2021年10月21日に発売された「週刊新潮」が、実名と顔写真を掲載した記事を発表し物議を醸しています。

 

遠藤裕喜は被害者の長女とは山梨県立中央高校定時制普通科の同級生で、高校では生徒会長を務め、生徒会の役員を務めていた長女に一方的な好意を抱き、ストーカー行為を繰り返していたようです。

 

動機については、交際を断られてLINEもブロックされた事を逆恨みした怨恨との見方が有力です。詳細な動機の解明も含めて今後の展開にも注目していきたいと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

AjMa1DBQ2QZbUwF1599697479_1599697489

竹内麻理亜の夫の会社は?生い立ちと実家や家族・顔画像など香川2女児放置死事件の犯人まとめ

lXLotDh

大和礼子(南青山43歳)の現在!顔画像・奈良の17歳高校生と行為で逮捕とその後まとめ

bc1b7baa

吉直優一の現在!生い立ちと家族・前科・田口朱音さん殺害事件の裁判と判決まとめ

maxresdefault

町田市小6女児いじめ自殺事件の加害者や校長とは?被害者の死因・その後現在も総まとめ

2020-06-05

野津英滉の父親と母親や弟&大学と顔写真!宝塚ボウガン殺人事件の犯人まとめ

2-56-e1619673962272

吉岡桃七の実家と家族&高校と大学!犯人・嘉本悟の動機や騒音トラブルの噂まとめ【大東市の女子大生殺人事件】

a09c4cb1b53e5d8256666c5cc2574ce2_1

奥野淳也の現在!父親・東京大学の学歴・明治学院大学クビの経歴・ピーチ航空でマスク拒否事件とその後まとめ

ExU1zElVEAcokN-

ポテチ姉貴の現在!本名や高校退学の噂・プリクラ画像で炎上など総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

20200329_5

甲本雅裕(甲本ヒロト弟)の嫁と息子/娘は?兄との仲・似てる芸能人まとめ

CdkZJ9vVIAU91VO

境鶴丸の現在!実家と家族・結婚や嫁と子供・退社の噂と異動理由まとめ

yme

山中慎介の嫁と子供&引退理由まとめ!結婚相手の画像あり

LAST SAMURAI, THE (2003) - CRUISE, TOM - FUKUMOTO, SEIZO

福本清三の死因・若い頃から現在まで~国籍・嫁と息子・ラストサムライ出演や海外の反応まとめ

MV8mX7Ge_400x400

清原翔(俳優)の現在!脳出血の容態や後遺症・父親と兄など家族まとめ

rA7sRde_20160702225153s

佳子さまに彼氏の噂?私服タンクトップとかわいい画像もまとめ

小出恵介

小出恵介の現在!江原穂紀ハニートラップ説&事件の黒幕とその後まとめ

西野七瀬

乃木坂46に枕営業の黒い噂?疑惑のメンバー5人を検証

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. @@@@

前後の記事

興味があればチェックしてね

o0283020014771777074

ヤリサーがある大学一覧・有名な事件の犯人と被害者も総まとめ【最新版】

2ed87ffc1604b1bbc70c6b4b6752350e_8a197ba2395fa0ae360be8d607c38f6e

加納愛子(Aマッソ)が結婚!彼氏や旦那・出身高校と大学・身長やかわいい評判まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す