汪楠(ワンナン)

汪楠(ワンナン)の現在!若い頃や犯罪歴・怒羅権(ドラゴン)での活動まとめ

「関東連合」と並ぶ有名半グレ集団「怒羅権(ドラゴン)」の創設メンバーの1人で、「府中怒羅権」の創始者である汪楠(ワンナン)さんが写真週刊誌「フライデー」のインタビュー取材に応じて話題を集めました。


この記事では、汪楠(ワンナン)さんの生い立ちと若い頃や経歴から、「怒羅権」での犯罪歴とその後・現在までの活動について詳しくまとめましたのでご紹介します。

汪楠(ワンナン)のプロフィールと生い立ち

汪楠は中国残留孤児の半グレ集団「怒羅権」創設メンバー

 

 

上記の写真は汪楠さんが「フライデー」のインタビュー取材を受けたときのものですが、「怒羅権」に所属していた頃の面影は全く残っていないようです。


汪楠さんは中国残留孤児であり、それらにより結成された半グレグループ「怒羅権」の創設メンバーの1人であり、住吉会計暴力団の構成員でした。


インタビューの中で汪楠さんは当時の自身の危険さを以下のような言葉で表現しています。

 

普通、人って誰かを殴るときにためらうじゃないですか。でも俺らは、何度も喧嘩を繰り返しているうちに、その感覚が麻痺してしまった。相手が死ぬかもしれないとわかっていても、一切躊躇はなかった。俺たちにあったのは、世の中のすべてに対する”怒り”。それだけです。

 

引用:FRIDAY DIGITAL – 半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)創設メンバーが「罪を懺悔する」

 

 

汪楠は中国生まれ日本育ちの中国残留孤児

 

汪楠は中国で生まれ日本で育った

 

汪楠さんは中国吉林省長春市で生まれ、中国残留孤児だったシングルマザーの母親と生活していましたが、1986年の13歳の時に東京都江戸川区葛西に移住し、ウェイトレスをして家計を支えていた母親と一緒に住んでいました。


当時、葛西には中国残留孤児を受け入れていた施設「常盤寮」があり、「怒羅権」メンバーの多くはそこに住んでいましたが、汪楠さんはそこには入りませんでした。


汪楠さんは来日して1週間後から学区にあった葛西中学校に通い始めましたが、同学校には「常盤寮」に入居していた60人ほどの中国残留孤児も通っていました。


この特殊な環境が後に闇社会でも恐れられるようになった半グレグループ「怒羅権」を生み出すこととなりました。

 

 

汪楠(ワンナン)らが創設した半グレ集団「怒羅権」とは

半グレ集団・怒羅権が生まれた背景に日本人への怒り

 

日本人のいじめが「怒羅権」を生んだ

 

1980年代当時はいわゆるツッパリブームで不良が全盛の時代でしたが、日本社会において日本語が読めない異端である中国残留孤児に対する不良からの差別といじめは酷かったといいます。


中国残留孤児たちは日常的に「中国人」「バカ」とののしられて理不尽に殴られ、暴力に虐げられていたとか。そうした中でも、中国残留孤児の中には気性が荒く喧嘩の強い者もおり、そうした猛者達が日本人に対抗する手段として結束し中国残留孤児二世を中心とした不良グループを結成。


このときの創設メンバーは12人で、そのうちの1人は汪楠さんでありリーダーは不在の状態でした。


明確な設立日があるわけでは無いようですが、汪楠さんは1988年ごろにこの不良グループが「怒羅権」と名乗り始めたことを明かしています。


名前の由来は、「日本人に対する怒り」「団結」「権利」だとされていますが、日本語のわからない中国残留孤児たちが日本語である「ドラゴン」と言う言葉を使い始めた由来は”公園”にあったとされています。


東京都江戸川区の東京メトロ「西葛西駅」から徒歩約3分のところにある公園「子供の広場」には、敷地内に恐竜を模したの遊具が複数設置されているところから、通称「恐竜公園」と呼ばれており、「ドラゴン」という名前は「恐竜公園」の「竜」に由来するものだと言うことです。


また、中国残留孤児たちは「ドラゴン」と書けず「トラコン」と間違えて書いていたようで、カタカナが書けないため漢字であて字をして「怒羅権」となったと汪楠さん明かしています。

 

 

汪楠(ワンナン)の若い頃…「怒羅権」は殺人事件も起こしていた

汪楠の怒羅権時代の事件① 浦安事件

 

「怒羅権」が半グレになったきっかけの事件

 

汪楠さんら「怒羅権」メンバーは不良たちが乗っているようなバイクに憧れていましたが、お金がないためバイクを盗み無免許で乗っていました。


自分たちの縄張りの外に走りに行くと現地の暴走族とよく喧嘩になっていましたが、1989年に隣接する浦安まで遠征に行った帰りに地元の暴走族の襲撃を受け乱闘に発展。


「怒羅権」のメンバー8人に対して暴走族は50人ほどおり多勢に無勢でしたが、刃物振り回して応戦しているうちにメンバーの1人が相手の1人を刺殺してしまいました。


この喧嘩があまりにリンチに近いような状況だったことから汪楠さんらは正当防衛を主張しましたが、当然警察を聞き入れてくれず相手を刺し殺したメンバーは逮捕されてしまいました。


この「浦安事件」をきっかけにして汪楠さん達は警察に対して憎悪の念を抱くようになり、ことあるごとにパトカーや交番を襲撃するようになりました。

 

汪楠の怒羅権時代の事件② ヤクザとの抗争

 

「浦安事件」により急速に凶悪な集団と化していった「怒羅権」は、事件から1年後にヤクザすら敵に回すことになってしまいます。


汪楠さんは先輩と地元の焼き肉屋で食事をしていましたが、そこでヤクザと喧嘩になってしまいその先輩が大勢のヤクザに囲まれて圧迫された結果、圧死してしまいました。


この先輩は不良ではなく真面目に働いていた一般人だったことから、「怒羅権」は暴力団の事務所を片っ端から襲撃。多くのヤクザを殺害した反面、仲間たちも大勢死ぬこととなりました。

 

その後、1990年頃には「怒羅権」は葛西を中心に一帯を制圧し、メンバー総勢800人ほどの全盛期時代を迎えました。


汪楠さんは一時期府中の学校に転校しており、葛西の仲間と府中を制圧し傘下に収めたことで「府中怒羅権」を結成しました。

 

汪楠、住吉会系暴力団入門と破門

 

目の敵にしていた暴力団に属した汪楠

 

汪楠さんは17歳の頃にそれまで度々襲撃を繰り返していた暴力団に自ら入ることとなり、住吉会系暴力団に所属しました。


なお、「怒羅権」には在籍したままの兼任と言う形でヤクザになった汪楠さんは、やくざとの関係も作っていくものの根本にある憎悪は消えていなかったのか事件を起こしてしまうことになります。


汪楠さんは自分に対してなめた態度をとったヤクザを日本刀で殺害しようとしたときのことをインタビューで語っています。

 

「あの建物の最上階に飲み屋があって、ヤクザの組員の人が俺の財布を盗んで、そのお詫びに一杯、一緒に飲もうと言われて、今度はその飲み代も払わせようとした。それで頭にきて相手を殴って、どんどん興奮して、最後に日本刀で腕切り落として、それでも怒りが収まらずに首を切り落とそうとして。やっぱり切れなかったんだよね。硬くて

 

引用:マイナビニュース – 「首を切り落とそうとした」男が…半グレから再起させた“言葉”の力

 

インタビューでの汪楠さんの口ぶりからすると、人を殺すことには全く躊躇がなかったようで「怒羅権」の恐ろしさが垣間見えるコメントでしょう。


汪楠さんはこの事件により少年刑務所に2年ほど入ることになりましたが、出社した後は違法ポーカーのお店を仕切っていたものの、別の暴力団組織ともめた事が原因で破門となりました。

 

 

汪楠(ワンナン)の犯罪歴と更生…岐阜刑務所に13年間服役

汪楠、暴力団事務所から総額10億円以上を盗む

 

窃盗により10億円以上荒稼ぎした汪楠

 

汪楠さんは上記のように少年院刑務所での服役経験がありますが、暴力団を破門されたことで再びヤクザを敵視するようになり「怒羅権」メンバーとともに暴力団事務所荒らしを始めました。

 

暴力団事務所に忍び込んで小切手や手形等を盗み、換金役の手下が銀行でお金に変えるという大胆な犯行を繰り返し、総額10億円以上を稼いだと語っています。


しかし、汪楠さんら犯行グループは2000年に逮捕されてしまい13年間服役することになりました。ちなみに「怒羅権」は覚せい剤密輸や拳銃所持もしていたとか。

 

怒羅権は、暴力団対策法の適用外に当たる集団であるが、刃傷暴行・拳銃所持・殺人・強盗・覚醒剤密輸・危険ドラッグ密売・みかじめ料徴集などの凶悪犯罪が多い。90年代は暴走族から発祥したが、逮捕者には30代以上が多く、50代で逮捕されている者もいる。構成員らは蛇頭や東北系チャイニーズマフィア(東北幇)などと連携し国際犯罪とも関係している。

 

引用:Wikipedia – 怒羅権

 

 

汪楠、刑務所で1冊の本と出会い更生を誓う

 

本が汪楠の怒りを消した

 

汪楠さんは13年間の服役期間に多くの本を読み、その中の1冊の本をめぐる裁判官の言葉や体の外から届く手紙により次第に社会に対する怒りは消えていったと語っています。


「怒羅権」は犯罪をすることでしか生きていけなかったものの、社会それ自体に悪意があるわけではないと言うことに気づいた汪楠さんは、「怒羅権」の解散を考えるようになりました。


汪楠さんは現在までに「怒羅権」メンバーとの絆は消えていませんが、解散について相談してきたと語っています。


汪楠さんは「怒羅権」の仲間たちをまっとうな道に戻すために活動してきましたが、初代総長である佐々木秀夫さんが2019年に事件を起こして逮捕されています。

 

 

 

汪楠(ワンナン)の現在…受刑者に本を送るNPO法人を立ち上げ

 

汪楠は心救われた本を受刑者に送っている

 

現在汪楠さんは地元を離れておらず、東京都江戸川区西葛西にある簡素な一軒家に住んでいます。


また、汪楠さんは自身が本によって救われた経験からNPO法人「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げており、主に受刑者に本を送る活動をしています。


このプロジェクトは、本を捨てようと思っていた人が 「ほんにかえるプロジェクト」に送ると、選別した上で受刑者に送ると言うものです。


本送る送料は自己負担になるものの、いらないもので簡単に社会貢献ができる活動であり、西葛西近郊であればある程度の本の量があれば汪楠さんが取りに行くそうです。

 

すべての本を受刑者に送っているわけではなく、再販できるものがあれば古書店に売られNPOの活動資金となっているとか。

 

また、2019年9月22日に放送されたフジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』に出演し話題となりました。

 

 

 

 

 

汪楠(ワンナン)についてまとめると…

・汪楠は中国残留孤児で、日本人にいじめられた怒りから半グレ集団「怒羅権」を結成した

・汪楠らが創設した半グレ集団「怒羅権」は次第に凶暴性を増し、殺人事件まで起こしている

・ 汪楠は暴力団事務所から総額10億円以上を盗み逮捕され13年間服役した

・汪楠は服役中に1っ冊の本と出会い更生を誓い、出所後はNPO法人を立ち上げ受刑者に本を来る活動を続けている

 

現在の汪楠さんの印象からは当時ヤクザの腕を日本刀で切り落とした男だとは思えませんが、顔立ちから全く違っていたのかもしれません。

 

とは言え、アウトローの中には本との出会いにより更生する人もいるようで、心の栄養が足りていなかっただけなのでしょうか。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

img_0_m1-e1560042868324

猫組長の正体は菅原潮!出身大学と資産・指の謎・結婚や嫁の噂など総まとめ

柴田大輔

柴田大輔の現在と顔画像!関東連合での活躍~工藤明男の本出版まで総まとめ

a4e0dc42aa353c8ff49e9e59f17ecf21

田岡一雄(山口組)の武勇伝!嫁と息子や娘など家系図・死因も総まとめ

金村剛弘

金村剛弘の死の真相~木村兄弟が西新宿事件の犯人?関東連合や広末涼子との関係も総まとめ

関東連合

関東連合と芸能人の関係や相関図!現在や最強メンバーも総まとめ

WS009352-400x313

拳月(相良正幸)の現在!弘道会との関係・生い立ちや出身の奄美大島・逮捕歴まとめ

ヤクザ関係芸能人ランキング

ヤクザ・半グレと芸能人の関係の噂17選!衝撃順にランキング【2020最新版】

7e041e04

石田章六(章友会会長)の若い頃や伝説!息子や自宅・死因も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

北大路欣也

北大路欣也の嫁と子供&老人ホームの現在!父など家族も総まとめ

新田恵海e

新田恵海の現在!激やせや引退の噂・ビデオ出演疑惑とその後まとめ

水田e

和牛・水田信二の彼女や結婚情報!性格や好きなタイプもまとめ

6d41842fbe22cc8482f2a770b9d561e8

NEWS初期メンバーの人気順ランキングTOP9【2020最新版】

川島海荷

川島海荷の現在!大学卒業や9nine脱退理由まとめ!顔が変わったとの声も?

光GENJI

光GENJIメンバーの現在まとめ!内海光司・佐藤寛之・佐藤アツヒロなど7人の近況

G20120207002584730_view

田中圭の嫁はさくら!結婚相手や子供&浮気疑惑や現在まとめ

ペッパーランチ事件

ペッパーランチ事件の詳細と闇|犯人の現在や被害者の情報も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

よど号ハイジャック事件

よど号ハイジャック事件とその後!犯人メンバーの目的や現在・わかりやすく総まとめ

西川きよし

西川きよしの現在!嫁ヘレンや息子と娘・自宅や年収まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す