田丸大

田丸大(関東連合OB)の現在!木村兄弟との喧嘩伝説・逮捕と判決や出所の噂まとめ

関東連合OBの中で「S52世代」の中心メンバーだった田丸大さんは2013年に銃刀法違反により逮捕されましたが近年出所したと言う噂が注目されています。
 
この記事では、田丸大さんの生い立ちから事件による逮捕と判決や出所の噂について、また伝説的に語られる木村兄弟との喧嘩等についてまとめましたのでご紹介します。

田丸大のプロフィール

 

田丸大

生年月日:1977年(昭和52年)

 

1977年生まれの田丸大さんは、日本最大の暴走族「ブラックエンペラー」OBを中心に、多くの暴走族チームで結成された関東連合「S52世代」の中心人物のひとりで、最も有名な関東連合のリーダー・見立真一や、松嶋クロス、邑井祐介らの1つ上の世代です。

 

また、田丸さんは伝説的チーマーグループ「TOP-J」の副代表や、「四代目用賀喧嘩會」の幹部、指定暴力団「住吉会」系傘下組織「幸平一家」幹部などを務めた、腕っぷしの強さと人望を兼ね備えたアウトローです。

 

 

田丸大の経歴① 伝説のチーマーから関東連合中心メンバーへ

田丸大、チーマーグループ「TOP-J」を立ち上げる

 

チーマーグループから成り上がった田丸大

 

 田丸大さんは中学生の頃に同級生の井上勇さんとともにチーマーグループ「PBB」に入り、その後2人で独立しました。
 
その後、同世代のチーマーグループ「インセプション」に合流すると、2人は伝説的なチーマーグループと言われる「TOP-J」を立ち上げ、田丸さんは副代表に就任しました。
 
時を同じくして田丸さんは世田谷工業高校に進学しましたがわずか3日で中退し、強盗致傷事件などを起こして逮捕され保護観察処分を受けました。
 
さらに、田丸さんは16歳の頃に器物損壊事件を起こして千葉県市原市にある少年院に入所しましたが、17歳で出所するとチームを取り巻く状況が一変していたため井上勇さんと「TOP-J」を解散させました。 

 

田丸大、「四代目用賀喧嘩会」から関東連合の中心メンバーに

 

本格的に喧嘩師となった田丸大

 

チーム解散後田丸大さんは武闘派の集まる暴走族色が強い「四代目用賀喧嘩会」に入り、このチームが関東連合と密接な関係にあったことから田大さんも関東連合との関わりを深めていくことになります。
 
関東連合は「芦川公園殺人事件」や「トーヨーボール殺人事件」など人違い殺人を含む凶悪事件を起こしてきたことでも知られていますが、「S52世代」の中心人物のひとりだった田丸さんはこれらの事件には直接関わる事はありませんでした。
 
しかし、田丸さんは関東連合でも中心メンバーの1人となっていったことからこうした事件の後始末に関わることもあったようです。
 
 

田丸大の経歴② 指定暴力団・住吉会 幸平一家の幹部になっていた

 

最終的にヤクザになった田丸大

 

田丸大さんは「四代目用賀喧嘩会」において暴れすぎた結果、公務執行妨害や違法薬物使用など数々の罪状により逮捕状が出され、逃亡したものの逮捕されて新潟少年院に約1年5カ月間収容されていました。
 
20歳の頃に少年院を出所した田丸さんは、不良を卒業して指定暴力団「住吉会 幸平一家」と盃を交わし、事務局長として幹部を務めていました。
 
少年時代に数々の喧嘩で磨いてきた腕っ節の強さと、チームのリーダーとして多くの先輩後輩に慕われてきた人望は組内においても確かな地位を築きました。
 
そのため、田丸さんを追って「幸平一家」に入る関東連合時代の仲間も十数人いたと言われています。
 
やくざの卵である不良少年たちを束ねる存在として重宝されていた田丸さんですが、関東連合が2010年ごろから「市川海老蔵暴行事件」や「六本木クラブ襲撃事件」などを立て続けに起こして世間を騒がせる中で、警察から準暴力団されたことで関東連合弾圧が始まると、田丸さんは一転して組内で目の上のたんこぶのような存在になっていきました。
 
こうした背景から、田丸さんは組内での立場が次第に悪くなっていき、ついには2013年5月に発砲事件を起こして自ら警察に出頭し逮捕されることにつながっていったとみられています。
 

田丸大の伝説① 与国秀行とタッグを組んだタイマン

 

最強の喧嘩師・与国秀行とタッグを組んだ田丸大

 

与国秀行さんは現在は作家や思想家、宗教家として活動していますが、不良現役だった1990年代には関東圏一帯に名前を轟かせた伝説のアウトローであり、「東京ステゴロ最強」と呼ばれていました。
 
池袋の不良達とタイマン合戦をした際には、この時に田丸大さんとタッグを組んで勝利したことが現在までに語り継がれる伝説となっています。
 
これをきっかけに田丸さんと仲良くなった与国さんは親友となり、自身が出馬した第45回衆議院議員総選挙の終了後に暴漢に襲われた際には、田丸さんが復讐することを提案しましたが争いでは解決しないと説得するなど、深い信頼関係で結ばれていたようです。
 

 

 

田村大の伝説② 木村兄弟の弟・木村孔次郎に喧嘩で勝っていた?

 

関東連合を解散に追い込んだと言われる木村兄弟

 

多くの喧嘩に明け暮れ関東圏でトップクラスの猛者だった田丸大さんは、関東連合を実質的に解散に追い込んだと言われる木村兄弟の弟・木村孔次郎さんとも喧嘩をしたことがありました。
 
木村さんは兄に比べて体格が良く喧嘩が強いことで知られていましたが、田丸さんは喧嘩で圧倒しその様子は当時のアウトロー系雑誌でも特集されたと言われています。
 
警察が途中で駆けつけて決着がつかなかったものの、現場で喧嘩を見ていた人の証言では「どう見ても田丸大さんが勝っていた」と言っていたようです。

 

 

田丸大が銃刀法違反で逮捕…自首した背景に暴力団内での孤立

田丸大、2013年5月に警察に自首して逮捕される

 

田丸大の逮捕も関東連合壊滅の象徴の1つだった

 

ゴールデンウィークの最中だった2013年5月5日未明に、東京都新宿区の戸塚署に田丸大さんが出頭して逮捕されました。
 
この日の前日深夜には付近のマンションで厳重による発砲事件が起きており、これは田丸さんの仕業で銃刀法違反の容疑で逮捕でした。
 
前年の2012年9月には六本木に置いてクラブ「フラワー」が関東連合中心メンバーの見立真一さんらに襲撃されて、店内にいた関係のない客1人が金属バット等で撲殺される事件が起きていました。
 
そのため関東連合の間では目立った行動はとらないようにと通達が出されていたようですが、田丸さんはこれに反発するように事件を起こしたとみられています。

 

 

田丸大が自ら逮捕され服役を選んだ理由

 

懲役10年も覚悟して出頭した田丸大

 

田丸大さんの突然の逮捕劇について関係者は困惑しており、逮捕容疑である銃刀法違反の日住所地においては懲役3年以上の有期刑が濃厚であることから、出頭した理由について推測されていました。 

 

仮に発砲事件にも関与したとしたら、最高刑が無期懲役の発射容疑もつくことになる。「有罪になれば懲役10年は堅い」というのが捜査関係者の見方だ。

 なぜ、そのような重い刑を自ら受ける気になったのか? 捜査関係者は「田丸容疑者は暴力団の間でも孤立し、だいぶ追い込まれていたようだ。刑務所に入って自分の身を守ろうとしたのではないか」と推測する。

 

引用:exciteニュース – 関東連合“武闘派キーマン”が謎の出頭「警察の締め付けで、ヤクザ内でも孤立……?」

 
田丸大さんは関東連合の相次ぐ事件により組内での立場を悪くし命までも狙われるようになったことから、刑務所内の方が安全だと確信しわざと発砲事件を起こして逮捕されたものとみられています。
 
 

田丸大は関東連合との決別と、刑務所への避難が目的だった?

 

田丸大は出所後の身の振りも考えていた?

 

田丸大さんは関東連合の中で最も強い影響力を持っていたとされる見立真一さんと折り合いが悪く、関東連合と決別すると言う意味でもあえて獄中を選んだと言う見方もされているようです。
 
「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格である見立さんは、非常に残虐な性格をしている事で有名であり「残虐王子」と言う異名さえ持っているほどでしたが、1つ上の世代である田丸さんに対しての尊敬の念はなく、逆に体よく利用しようとすることが多かったと言われています。
 
そのため、田丸さんは「六本木クラブ襲撃事件」に加担したメンバー・金城勇志の父親の会社の事務所に銃弾落ち込んだと言われています。
 

 

 

田丸大が襲撃したのは関東連合OB・金城勇志の父親

 

金城勇志の父親の事務所を襲撃した

 

田丸大さんは逮捕される前日の5月4日に、新宿区西早稲田にある関東連合メンバー・金城勇志さんの父親の事務所に銃弾を打ち込んだと言われています。
 
この金城勇志さんの父親も関東連合OBであり、息子世代の関東連合メンバーの度重なる凶悪事件について諫めることがあり、事務所に銃弾を打ち込まれたのはそれに対する関東連合メンバーの脅迫だったと言う見方もあるようです。
 
そのため、田丸大さんが事務所に銃弾を打ち込んだ理由は、田丸大さんが関東連合と決別したくて事件を起こしたという見方以外に、単なる内部分裂の可能性もあるかもしれません。

 

 

田丸大の判決…懲役は10年以上で府中刑務所に服役か?

 

 

田丸大さんは銃刀法違反の加重所持容疑で逮捕されましたが、これは懲役3年以上の有期刑であり金城勇志さんの父親の事務所に銃弾落ち込んだ事件の犯人であることからも、発射容疑が加わり最低でも懲役10年は堅いと報じられていました。
 

仮に発砲事件にも関与したとしたら、最高刑が無期懲役の発射容疑もつくことになる。「有罪になれば懲役10年は堅い」というのが捜査関係者の見方だ。

 

引用:関東連合“武闘派キーマン”が謎の出頭「警察の締め付けで、ヤクザ内でも孤立……?」

 

田丸さんの裁判内容や、詳しい判決内容は不明となっていますが、現在も府中刑務所に服役していることは事実のようです。

 

田丸大の現在…出所したと噂の関東連合OBはまったくの別人だった

 

 

2019年7月13日に元関東連合メンバーでヤクザも恐れるような超大物OBが出所したと言うニュースが噂され話題となっていました。
 
そのため、この人物が田丸大さんだと言う噂も広がりましたが、これについてはWEBメディア「TOCANA」で否定されています。

 

ネット上の書き込みや筆者への問い合わせでは、ほとんどの人が実際とは異なる人物の名を挙げていた。

 特によく間違えられていたのは、2013年に警視庁戸塚警察署に銃刀法違反などの罪で逮捕・起訴され、現在府中刑務所に収監中の田丸大受刑者だ。表向きは所属していた住吉会系組織から処分されているが、警視庁組対4課の作成する資料には名前が残っているために、彼は現在仮釈放も難しい状態にある。

 

引用:TOCANA – 元関東連合の「超大物OB」が出所続報!今月”謎の電話”が入ったことが発覚、予期せぬ騒動起きる!?

 

報じられている通りであれば田丸さんの出所は2030年直前ぐらいだと思われ、その頃には関東連合と言う名前も世間から忘れ去られているかもしれません。 

 

 

 

田丸大についてまとめると…

・田丸大は関東連合S52世代の中心人物のひとりと知られ、木村兄弟の弟・木村孔次郎との喧嘩は伝説になっている

・田丸大は指定暴力団「住吉会 幸平一家」の幹部として活動していた

・田丸大は銃弾を関東連合メンバー金城勇志の父親の事務所に銃弾を撃ち込んだとして、自首する形で銃刀法違反容疑で逮捕された

・田丸大は懲役10年ほどの判決により現在は府中刑務所で服役している

 

田丸大さんほどの猛者が恐れをなして刑務所に入ることを選んだと言う事は、やくざの世界で壊れた人間の末路はそれだけ悲惨だと言うことでしょう。

 
約10年後に出所してどのように生きるのかは本人のみぞ知ると言う事ですが、ヤクザの世界には戻らないのかもしれません。
 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

吉満勇介

テポドン吉満勇介(籠池勇介)の現在!大阪の半グレの逮捕とその後まとめ

走り屋ブーム

ドリフト族の現在!逮捕や事故の動画・取り締まりや検挙その後まとめ

7e041e04

石田章六(章友会会長)の若い頃や伝説!息子や自宅・死因も総まとめ

「モロッコ」岡本一樹

岡本一樹の大学や現在!大阪の半グレ「モロッコ」リーダー格の逮捕とその後まとめ

ルーレット族

ルーレット族(首都高の走り屋)の現在!取り締まりと事故・逮捕も総まとめ

松嶋クロス

松嶋クロス(松嶋重)の現在!関東連合時代の伝説や逮捕歴まとめ

馬場義明

馬場義明の現在!生い立ちや身長・半グレ怒羅権での伝説・逮捕や判決まとめ

山口組

山口組の組織図や分裂の原因!現在の抗争や最新情報も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

e0b4d7c1

神田沙也加と母・松田聖子は不仲?父・神田正輝との関係も調査

中川翔子

中川翔子の彼氏や結婚観&妊娠疑惑まとめ!ぼっちな性格で熱愛には縁遠い?

81599b96df1cef7db0b3033068fc4b88_12064

ビビる大木の嫁AKINAや子供の現在!身長や痩せた理由も総まとめ

kobasie

小橋賢児の現在!嫁や子供&消えた理由はがんの噂も徹底紹介

ルーレット族

ルーレット族(首都高の走り屋)の現在!取り締まりと事故・逮捕も総まとめ

0

橋田壽賀子の現在!夫や子供・若い頃や熱海の自宅まとめ

ETYVsSvWoAAqLbm

赤木俊夫の遺書全文!大学など学歴と経歴・森友学園問題での自殺・嫁や子供の現在まとめ

ute

内山麿我の現在の嫁と子供情報!浜崎あゆみや難波サキとの関係も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

稲井大輝

稲井大輝(カワハギ東大)の現在!実家の親や出身高校・事件で退学とその後まとめ

大家族加藤家

大家族・加藤家の現在!家系図・父親と母親や子供の近況まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す