saeye

西城秀樹の脳梗塞と現在!嫁と子供・病気からのリハビリ復帰まとめ

一時一世を風靡した西城秀樹さんですが、最近テレビで見かけないですよね。実は西城秀樹さんは脳梗塞になってしまってい、リハビリをしているのだそうです。


今回はそんな西城秀樹さんの現在、復帰の予定、嫁や子供など家族に関してまとめさせて頂きました。

西城秀樹プロフィール

 

名前:西城 秀樹(さいじょう ひでき)

本名:木本 龍雄(きもと たつお)

生年月日:1955年4月13日

出身:広島県広島市

身長:181cm

血液型:AB型
活動期間:1972年

 

小さな頃から音楽に触れ、そのきっかけは父親の趣味のジャズギター。その父親の影響で幼少期から洋楽に馴染みジャズスクールでドラムを学びました。

 

小学3年生の頃にはジェフ・ベックが好きで5年生の時にエレキバンドを結成し、小学生ドラマーとして活動しています。

 

他にもベンチャーズ、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ローリング・ストーンズ、シカゴ、ジャニス・ジョプリンなどの洋楽に影響を受けていた為、歌謡曲は聴いてなかったといいます。

 

中学以降もバンド活動を続け、山陽高等学校時代、ジャズ喫茶でバンド出演時に歌っていたところをスカウトされました。

 

しかし父親が頑固で厳しく、芸能界入りは反対されるが、その反対を押し切り、家出同然で広島から上京。

 

 

R-6360191-1417755069-6720.jpeg

出典:https://img.discogs.com/


そして1972年3月25日、ビクター音楽産業 よりシングル「恋する季節」で歌手デビューを果たしました。当時のキャッチフレーズは「ワイルドな17歳」です。


1973年6月25日には「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、人気に火がつきはじめ、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれました。

 

また、絶唱型と言われる歌唱法を披露し「第15回日本レコード大賞」で初の歌唱賞を受賞。

歌唱賞に関しては「傷だらけのローラ」で「第16回日本レコード大賞」でも受賞している。これによりポップス歌手としては史上初となる2年連続受賞を樹立しています。

 

「第25回NHK紅白歌合戦」にも初出場し、ホームドラマ「寺内貫太郎一家」にレギュラー出演、松竹映画「愛と誠」で映画初主演など俳優としても活動開始しました。

 

1978年の「炎」では「東京音楽祭」国内大会でゴールデン・カナリー賞を受賞し、世界大会に出場。

1975年秋には、日本人のソロ歌手として史上初となる日本武道館でのリサイタルを公演。
1981年には国外でも活動を始め、香港で初のコンサートを開催、その後もアジア各国でコンサート。
1983年1月21日には芸映を円満退社し独立、「アースコーポレーション」を設立。ちなみに独立第1弾シングルは「ギャランドゥ」です。

 

 

20150421_hideki_2

出典:http://saishingeinou201.blog.so-net.ne.jp/


2001年には一般女性と結婚し、2002年6月3日に長女、2003年9月1日に長男、2004年には次男が誕生しています。


そして2003年に6月21日に、公演先の韓国で脳梗塞を発症してしまい、軽度の言語障害の後遺症は残ったものの、闘病の末復帰。

 

2011年には脳梗塞が再発してしまい入院。右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残りながらもリハビリに励んでいます。

 

 

 

西城秀樹の功績

西城秀樹さんは「歌謡曲の時代」を築いた人物の一人と言われ、日本のエンターテイメントを切り拓いたパイオニア、また、日本のロックヴォーカリストの先駆者でもあります。

 

日本の音楽の中で洋楽的、ロック的な方向性を取り入れたという事もあり西城秀樹さん自身も「今のJ-POPの原型を作ったという自負はある」とコメントしている


また楽曲に対して振り付けをつけて歌うようになったパイオニアは女性歌手では、山本リンダさん、男性歌手では西城秀樹さんです。

 

「チャンスは一度」で初めて振付けが付き、「情熱の嵐」ではさらに振付けが激しくなり、西城秀樹さんの場合は「アクション」「アクション歌謡」とも呼ばれました。そして「薔薇の鎖」ではスタンドマイクを使ったアクションをいち早く取り入れ、「スタンドマイク・アクション」が誕生しました。

 

 

maxresdefault

出典:https://i.ytimg.com/

 

絶唱型と呼ばれる歌い方も披露する西城秀樹さんは当時行儀よく礼儀正しい日本のアイドルシーンの中で初めて「ワイルド」という概念を持ち込んだ先駆者でもあります。そのハスキーな声でシャウトする絶唱型の歌唱法は後の多くのミュージシャンにも影響を与える。


西城秀樹さんの曲と言えばコールアンドレスポンスのある曲もお馴染みですが、この歌手とファンによるコールアンドレスポンスのスタイルを本格的に歌謡曲に持ち込んだのも西城秀樹さんが最初とも言われています。

 

そんな面を見せつつも、やはり西城秀樹さんはロックヴォーカリスト80年代以降の日本のロックヴォーカリストたちに多くの影響を与えます。またロックヴォーカリストとしては西城秀樹さんが日本初だそうです。

 

カバーなどを通して海外アーティストとも交友を深める事も多く、香港でのコンサートを開催し、プラチナディスクを獲得しアジアでの日本人歌手進出の先がけとなる

そして大きな功績として、現在ではスタジアムコンサートなどは当たり前になっていますが、西城秀樹さんはスタジアムコンサートを日本人ソロアーティストとして初めて開催した人物でもあります。

 

 

西城秀樹の代表曲!

西城秀樹さんの代表曲と言えばやはり「Y.M.C.A」が有名ではありますが、こちらの曲も代表と言えるでしょう。西城秀樹さんの絶唱型の歌唱方法を思いっきり感じる事の出来る曲ではないでしょうか。

 

 

1974年8月25日にリリースされた西城秀樹さんの10枚目のシングル「傷だらけのローラ」。この曲では第16回日本レコード大賞で2年連続して歌唱賞を受賞。

 


西城秀樹さんの初の海外進出作品として、1975年1月17日にフランス語版のレコーディングが行われ、2月15日にはカナダ、フランス、スイス、ベルギーの各国で発売されるなど、国内外で人気となった曲です。

 

 

西城秀樹の嫁はどんな人?

 

西城秀樹さんは2001年に結婚されています。人気もありカリスマ性のある西城秀樹さんと結婚できたというのはとても羨ましい事ですが、結婚後西城秀樹さんは脳梗塞になってしまい、それを支え続けるというのは大変だった事でしょう。

 

そんな西城秀樹さんのパートナーの女性は19歳も年下の元会社員、槙原美紀さんと言う方だそうです。当時西城秀樹さんは45歳、槙原美紀さんは28歳という年の差婚です。

 

お二人がどの様に出会って、どの様に付き合ったのかという情報は出回っていませんが、2001年時点でも西城秀樹さんの人気はありましたし、どこからでも出会いは見つかりそうですね。

 

しかし、あそこまで人気がありながらも同じ芸能界ではなく一般女性というのも西城秀樹さんらしく、かっこいい男性の姿です。

 

 

西城秀樹と嫁の間には3人の子供

2人の間には長女、長男、次男と三人の子供がいます。お子様も美男美女であり、一時期は話題となりました。

 

 

長女

莉子ちゃん

 

 

 

長男

新之助君

 

 

次男

悠天君

 

2002年、2003年、2004年と続けて年子で3人のお子様と、大変子宝にも恵まれていますね。

お子様に関してはまだ中学生位なので、特に何をしているのかという情報は出回っていませんが、西城秀樹さんのお子様という事もあり、何度かテレビでインタビューを受け、その時の写真などは出回っています。

 

写真を見る限りは、やはり長女長男次男、どのお子様も美男美女です。西城秀樹さんの遺伝子を継いでいるというだけあり、この先も期待できますね。

 

また、現在中学生程なのでこれから夢や目標を持つ年齢でしょう。これからお子様がどんな方向に進んでいくのか、西城秀樹さんと同じ様に歌手の道を志す子も出てくるかもしれません。

西城秀樹さんのお子様達がどんな風に活躍するのか、期待したいですね。

 

 

西城秀樹が脳梗塞に…

WS000100

 

歌手としての人気はもちろん、結婚し、お子様も生まれ、順風満帆な生活に見えますが、西城秀樹さんは二度の脳梗塞を発症してしまいます。

 

一度目は2003年、韓国での公演後。闘病の末、復帰はしましたが軽度の言語障害と、障害は残ってしまいます。

 

復帰できたは良いものの2011年には脳梗塞が再発し、右半身麻痺と言語障害の後遺症が残ってしまいました。それでもリハビリを続け、現在では再びステージに立つまでになっています。

 

どちらの発症時も、やはり頑張ってこれたのは支えてきた奥さんの力もあるでしょう。一度目の脳梗塞の際には声帯にも障害があり、構音障害もあり、歌手としての引退も決意したそうですが、奥さんから「焦らずゆっくり治していこう」という言葉に励まされ、闘病の末復帰を決意したのだそうです。

 

二度目の発症の際には西城秀樹さん自身のショックも大きく死んでしまいたいと思う程追い詰められていたそうですが、その時もずっと支えてくれたのは奥さんの存在でした。

 

 

脳梗塞とは?

point

出典:no-kosoku.net

 

西城秀樹さんが悩まされた脳梗塞とはそもそもどんな病気なのか?

 

脳梗塞は脳卒中の一種で、頭の中の血管が詰まつ事によって起こる疾患で、世界的に見ても主な死因、また障害をもたらす原因である病気です。

 

脳卒中の中には血管が切れることによって生じる脳出血、脳動脈瘤という血管のコブが破れてしまうくも膜下出血などもあり、脳卒中は日本人死亡原因の第4位でもあります。

 

脳梗塞になってしまうと右側もしくは左側どちらかの手足に麻痺やしびれるような感覚障害が起こり、運動障害や感覚障害になったり、ろれつが回らず何を言っているのかわからなくなってしまう構語障害、話したいのに言葉が出なくなってしまう運動性失語、言葉が理解できなくなってしまう感覚性失語などの障害が怒ってしまいます。

 

他にも視野の半分だけが欠けてしまう視野障害、体のバランスが取れなくなって転倒してしまったりする平衡感覚の障害などもあります。

 

脳梗塞の予防に関しては日常生活の改善が予防法とされています。

 

 

西城秀樹の脳梗塞に対しての反応

 

2003年の脳梗塞発症からの復帰は希望となりましたが、2011年に二度目の発症はそのファンの希望や、同じ様に脳梗塞で悩んでいる方の希望を砕くものになってしまったかもしれません。しかし、また希望の光になる為に現在も頑張っているのでしょう。

 

 

脳梗塞を二度も患ってしまえば、芸能活動、ましてや歌手として引退を考えるのは当然の事でしょう。しかし、それでも常にステージに立つというのは西城秀樹さんの歌手としての覚悟を感じます。

 

 

脳梗塞であり、言語障害なども患ってしまいながらもしっかりと歌えるというのは、本当に西城秀樹さんの努力あってのものでしょう。そこまで回復する事が出来るのは本当に凄い事です。

 

 

西城秀樹さんと言えばやはり力強い歌声とパフォーマンスですが、その力強さというのは歌う時だけの作り物ではなく、リハビリにもしっかりと繋がっているのでしょう。昔からのファンの方もそんな西城秀樹さんをずっと応援し続ける事でしょう。

 

 

西城秀樹がリハビリ復帰し現在も活動!

 

そんな現在の西城秀樹さんですが、リハビリをし、現在でもステージに立って歌っているとの事です。最近ではテレビにも出て、話題になりました。

 

やはり闘病にリハビリを重ねていたという事もあり、少し細くなってしまっていますが、現在でもあの足の長さにスタイルの良さは健在です。

 

脳梗塞により後遺症で喋り方などに関しては少し不自然さを覚えますが、二度の脳梗塞から喋れるまで、ましてや歌うまでに回復したのはかなりの努力が必要だったのではないかと思います。

ステージで歌うというだけでも凄い事なのに西城秀樹さんは2016年には、なんと70回のライブを行い、今でも積極的に公演を行っているのだそうです。

 

脳梗塞を患い、言語障害もあり、現在でも右半身には麻痺が残っている状態です。その状態で70回のステージに立つという事は並の人間では出来ない事です。

 

もちろんあの西城秀樹さんですし、医者やリハビリの担当なども腕の良い方をつけているでしょう。だとしても、それだけではそこまでの復活、そこまでの活動をする事は難しく、最終的には本人の精神的な強さが大事になってくるでしょう。

 

 

que-12163948902

 

そして2017年5月に出演した「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組内で「舞台に立ち続けるのはどういう意味があるんですか」という質問をすると「みなさんが喜んでくれるから」と即答。

 

芸能人として、歌手として、アーティストとしてやはりお客さんが喜んでくれるというのは一番の喜びであると共に、時としてその期待からプレッシャーを感じてしまう事もあるでしょう。

 

しかし、西城秀樹さんはそれをプレッシャーと感じずに活動しているのです。病気の事もあり、今西城秀樹さんが引退を決意しても責めるファンは誰一人いないと言っても過言ではないと思いますが、それでも西城秀樹さんが活動を続けるのはファンの為なんですね。

 

 

 

まとめ

 

過去の日本の音楽に対して沢山の功績を残し、後に日本の音楽界にも多きな影響を残す程の歌手、西城秀樹さん。西城秀樹さんが歌手活動を通して、現在に、未来に残し繋げていくものの大きさは計り知れないでしょう。


実際、西城秀樹さんが日本人史上初という事は沢山あり、今の音楽の原点となっているものや基礎の部分を作り上げたと言っても過言ではないです。

 

そんな西城秀樹さんももう年齢もお若くなく、ただでさえステージに立つ事、引退する事を決めてもおかしくありませんが、それだけでなく二回もの脳梗塞に後遺症と、普通の歌手ならばとっくに引退を決意している事でしょう。

 

また、過去の功績もあり引退し、のんびりしていても西城秀樹さんクラスになれば安定して暮らす事も出来ると思います。

 

それでも常にステージに立ち続ける西城秀樹さん。この姿勢はロックヴォーカリストとして、歌手として本当にかっこいい姿ですね。

 

ロックヴォーカリストと言えば、「ステージ上で死ねれば本望」などという代名詞的なセリフなどもありますが、西城秀樹さんももしかしたらその様な気持ちを持っているのかもしれません。

 

あまり無理をしすぎてほしくはないですが、この先も常に希望の光であってほしいです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

蜷川幸雄

【病気で死去】蜷川幸雄さんの家族・死因・告別式まとめ|嫁の真山知子さん・娘の蜷川実花さん、芸能界から数多くのお悔やみの声

菅賢治

ガースー菅賢治のガキ使卒業・退社理由は?年収&結婚した嫁と息子の情報も調査

斉藤敏豪

ヘイポー斉藤敏豪がガキ使クビ?年収と学歴・激やせした現在の画像あり

テレンスリー

【正体】テレンスリー逮捕で素顔と本名バレ!傭兵は嘘で経歴詐称疑惑・女子大生騒動や逮捕事件の全貌もまとめ

林修

林修の嫁と子供まとめ!妻の林裕子さんは美人産婦人科医【画像あり】

e8185da7ced2e73e23783f90ec657c0b06c15f181485161317

ロンブー田村淳は三村マサカズが嫌い?不仲疑惑まとめ【老害芸能人】

mimura-masakazu

【モヤさま】三村マサカズが狩野恵里アナを嫌いと発言!過去のパワハラ・セクハラ疑惑と合わせてまとめ

0fc0456b2b367ad107bab81252b0d904

鈴井貴之が離婚!元嫁と娘の情報・結婚から現在まで総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

金田朋子

金田朋子と旦那・森渉の結婚と子供まとめ!不妊治療なしで妊娠・出産へ

前田有紀

【結婚】前田有紀の旦那と現在まとめ!テレ朝を退社後は花屋の店員になっていた

小園凌央

ヒロミ&松本伊代の息子・小園凌央まとめ|成城大学に通いつつ本名で俳優活動

mimura-masakazu

【モヤさま】三村マサカズが狩野恵里アナを嫌いと発言!過去のパワハラ・セクハラ疑惑と合わせてまとめ

4f09c47d11747dc7ae8f4ff9a4e6fb44_21918

市村正親と篠原涼子の結婚や子供&現在!元嫁との離婚は略奪が原因?

ooyamanobuyo

【認知症】大山のぶ代の今現在・旦那・子供の情報まとめ【老人ホームに入所】

d059b0d9c3476400e7667f82d7e89b24_14140

土屋アンナの元旦那ジョシュアの死因は?子供や離婚原因も徹底調査!

木村佳乃

木村佳乃と旦那の東山紀之の結婚・子供・現在!イッテQでの活躍が凄い

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

heye

葉加瀬太郎の嫁と子供&浮気路チュー相手まとめ!娘と息子が1人

CDW1Q4iUEAAk2ET

河本準一の母の生活保護不祥事!韓国人説と本名・嫁と子供も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す