a0003768_main

木山兄弟の現在!逮捕や顔写真・歌舞伎町スカウト狩り騒動まとめ【ナチュラル経営】

風俗スカウト会社「ナチュラル」を率いる東京アウトロー界のビッグネーム木山兄弟ですが、2020年6月に歌舞伎町でヤクザから「スカウト狩り」にあうなど世間を騒がしています。

 

この記事では、「立川の狂犬」との異名を持つ木山兄弟の経歴や顔写真、関東連合との関係、歌舞伎町「スカウト狩り」騒動、その後の逮捕や現在についてまとめてみました。

木山兄弟とは…双子のアウトローで風俗スカウト会社「ナチュラル」を経営していた

木山兄弟、元消防士で弟は「立川の狂犬」との異名を持つ元不良だった

 

 

「木山兄弟」とは、人気漫画「闇金ウシジマくん」の獅子谷兄弟のモデルとなったことでも有名なアウトローであり、身長が190㎝前後ある上に筋肉隆々なマッチョすぎる双子でした。

 

「木山兄弟」の少年時代については、弟の方が地元である東京都立川市界隈で暴れており、「立川の狂犬」との異名を取るほど不良だったとか。

 

その後、兄弟そろって消防士となるなどカタギの世界で暮らしていた「木山兄弟」でしたが、いつしか道を踏み外して「ランコム」という風俗スカウト会社で働くようになってしまったそうですね。

 

スカウトは繁華街で女性に声をかけ、風俗店やキャバクラ、ガールズバーで働くよう誘う。一般的に店と雇用関係はなく、女性の紹介料として報酬を受け取る。

 

引用:歌舞伎町、暴力団と争う巨大スカウト組織か 実態解明へ

 

「木山兄弟」が消防士を辞めた理由については不明となりますが、不祥事があったとの噂も存在しないため、弟の不良仲間経由でおいしい話でも回ってきた結果、風俗スカウトマンに転身したのかもしれませんね。

 

 

木山兄弟、「ランコム」で頭角を現して独立し「ナチュラル」を設立した

 

 

「木山兄弟」が働いていた「ランコム」については、住吉会傘下の風俗スカウト会社だったそうで、新宿や六本木といった聖地以外にも進出しているような一大組織でした。

 

風俗スカウト会社「ランコム」の縄張り
・東京23区外(立川市や町田市、多摩地区)
・神奈川県(横浜市や相模地区)
・宮城県(仙台市)

 

「木山兄弟」については、風俗スカウト業の天賦の才能があったようで、最終的には「ランコム」の幹部クラスにまで上り詰めていたと言われております。

 

その後、「ランコム」で学んだノウハウを活かしてさらなるお金儲けを企んだ「木山兄弟」は、東京都新宿区歌舞伎町にて「ナチュラル」を設立して、自ら風俗スカウト利権の元締めとなりました。

 

 

 

 

木山兄弟と関東連合の関係は?

 

東京出身のアウトローというと、伝説の半グレ集団である「関東連合」との関係性も気になるところです。

 

 

とはいえ、後述する逮捕騒動時に1984~1985年生まれであることが判明した「木山兄弟」は、「関東連合」の年少世代である石元太一(1981年生まれ)とも世代がズレていたため、少年時代にこれといった面識があったわけではないとか。

 

ただし、「ナチュラル」を設立して以降の「木山兄弟」は、風俗スカウト利権をめぐって「関東連合」に真っ向から喧嘩を売って回っていたと言われております。

 

 

 

 

木山兄弟の評判は悪い…仁義知らずのならず者集団のトップだった?

木山兄弟、名経営者で武闘派だった

 

「木山兄弟」が設立した「ナチュラル」に関しては、2020年時点で数百人ものスカウトマンが所属する組織に育っており、東京でも有数の風俗スカウト会社に成長していたそうですね。

 

「ランコム」から独立した経緯もあり、住吉会の四次団体である「賢総業」がケツモチとなっていた「ナチュラル」でしたが、勢力拡大の原動力となっていたのは「木山兄弟」の腕力でした。

 

 

縄張り拡大のために東京都港区六本木や西麻布に進出をはかった際には、一帯を牛耳る「関東連合」の構成員を誘き出すために、現地の会員制の高級ラウンジにて「ケツモチを出せ!」と叫んで暴れるほどだったとか。

 

その他、六本木や西麻布の利権を奪い取るために「関東連合」の構成員を探して回るなど、「木山兄弟」の武闘派ぶりは伝説となっていました。

 

「木山兄弟」の攻撃性は、半グレ系勢力だけではなく本職のヤクザにも向けられていたそうで、極東会や稲川会系山川一家といった有力暴力団の幹部たちにまで喧嘩をふっかけ、ボコボコにしていたと言われております。

 

そんな「木山兄弟」の口癖は、「住吉会も関東連合も怒羅権も極東会も山口組も稲川会も雑魚、弱い」でした。

 

 

木山兄弟、ならず者との噂もあった

 

「木山兄弟」が率いる「ナチュラル」に関しては、急激に勢力を拡大した風俗スカウト会社だったため、闇社会での縄張り争い以外の面でも強引さや非道さが目立っていたとも言われております。

 

 

 

 

とはいえ、元々風俗スカウト業界自体の評判が悪く、芸能事務所の関係者を装って女性を騙し、風俗やセクシービデオ関連の仕事を強引に斡旋するといった行為が社会問題化もしていました。

 

そのため、「ナチュラル」関係者が特別に悪質だったのかどうかは眉唾な話になります。

 

「木山兄弟」が悪評を流された背景には、気に入らないホストをリンチしたりもしていたため、夜の街の住人たちから恨みを買っていた部分もあったのかもしれませんね。

 

 

 

木山兄弟、羽振りが良く高級外車を乗り回していた

 

「木山兄弟」率いる「ナチュラル」は、全盛期には東京23区内のみならず横浜にも進出していたと言われております。

 

「ナチュラル」全盛期の縄張り
・東京23区内(歌舞伎町、六本木、渋谷)
・神奈川県(横浜市)

 

「ナチュラル」の風俗スカウトマンについては、女性を斡旋した場合、店側から1人あたり5~15万円程度の紹介料を得ていたそうですね。

 

こちらの紹介料に関しては、「ナチュラル」側からのピンハネはなく、全額が風俗スカウトマンの懐に入っていたとか。

 

 

とはいえ、「木山兄弟」は羽振りが良く、高級外車を乗り回していたと言われているため、通常は風俗スカウトマンに入る歩合ボーナス(斡旋した女性の売上の数%)が「ナチュラル」側の収入となっていたのかもしれませんね。

 

 

木山兄弟の顔写真は?…かなりのコワモテだった

 

「木山兄弟」に関しては、東京アウトロー界のビッグネームなれど、後難を恐れる人間が多かったせいか顔写真などは出回っていない状況でした。

 

しかしながら、後述する「歌舞伎町スカウト狩り事件」が起こると、「木山兄弟」を見限りネット上で顔写真をリークする人間が続出することになりました。

 

気になる「木山兄弟」の顔写真については、武闘派との異名通りのコワモテな容姿となっています。

 

 

 

木山兄弟「歌舞伎町スカウト狩り事件」の勃発原因とは?…仁義破りが原因だった

歌舞伎町スカウト狩り事件、木山兄弟の仁義破りが原因だった

 

 

飛ぶ鳥を落とす勢いで東京アウトロー界に台頭していた「木山兄弟」でしたが、2020年6月4日になると、「歌舞伎町スカウト狩り事件」の標的にされています。

 

「歌舞伎町スカウト狩り事件」については、「木山兄弟」が業界の仁義を破り、別会社の風俗スカウトを引き抜いたことが発端でした。

 

引き抜き被害にあった風俗スカウト会社は、住吉会系の四次団体「聡仁組」がケツモチを務めていたため、当初は「木山兄弟」側のケツモチだった「賢総業」との間で話し合いが持たれていたそうですね。

 

しかしながら、「引き抜いたスカウトは譲らない」と和解案を拒否し続けた結果、「賢総業」から見限られる形となった「木山兄弟」は、住吉会と対立状態に陥ってしまったとか。

 

その後、新宿歌舞伎町を中心に両者間で小競り合いが続いていたそうですが、「ナチュラル」の風俗スカウトマンたちが住吉会系の暴力団員たちをリンチする騒動が勃発したことをきっかけに、「歌舞伎町スカウト狩り事件」に発展してしまうことになりました。

 

「あの動画は俺も見たけど、その3週間くらい前から騒動は始まっていたよ。N社に所属している8人組のスカウトマンが暴力団員の2人組と揉めたらしい。はじめは話し合いで収めようとしていたんだけど、スカウトマンが手を出して、ボコボコにしちゃったみたいだな。数日後、職安通り近くの『Tビル』の前で30人くらいの暴動、そのあとも何度か似たようなことが起きて、総勢80人の例の動画の暴動さ」

 

引用:鍵を握るのは“半グレ”双子兄弟 歌舞伎町スカウト狩り事件の内幕

 

 

 

歌舞伎町スカウト狩り事件、小池都知事への疑問の声も

 

「歌舞伎町スカウト狩り事件」では、住吉会系暴力団員たちが「木山兄弟」と「ナチュラル」の風俗スカウトマンたちを探して、新宿歌舞伎町に私的検問をしく大騒動が数日間続くことになりました。

 

 

 

その後、事態を重くみた警視庁が機動隊を出動させるなどしたため、落ち着きを取り戻した歌舞伎町でしたが、明らかな異常事態なのにも関わらず東京都側の対応が遅れたことに対しては、批判の声もあるようですね。

 

 

 

歌舞伎町スカウト狩り事件、木山兄弟は捕まってリンチをされた?

 

 

「歌舞伎町スカウト狩り事件」では、「木山兄弟がヤクザに捕まりリンチされた」といった情報の他、「ナチュラル一派は歌舞伎町から逃げ延びて無関係のスカウトが襲われている」といった悲鳴の声が錯綜しました。

 

とはいえ、当時の新宿歌舞伎町で何が起こったのか正確な情報は表に出て来ておらず、すべてが伝聞の範疇に過ぎない話となります。

 

「歌舞伎町スカウト狩り事件」後の「木山兄弟」に関しては、稲川会が仲介役を買って出てくれたおかげで住吉会側と和解することが出来たそうですね。

 

 

木山兄弟のその後と現在…警察に逮捕されて本名がバレた

 

 

「木山兄弟」のその後については、2020年10月になると「歌舞伎町スカウト狩り事件」の当事者の1人として警察に逮捕されています。

 

その際に、「木山兄弟」のどちらかの本名が「西田寛昭」であることに加えて、他に兄弟が1人いて「ナチュラル」の経営に携わっていたことが判明しております。

 

警視庁組織犯罪対策四課は10月28日、暴力行為等処罰法違反などの疑いで、指定暴力団住吉会の四次団体「賢総業」の吉川八代隆容疑者(49)ら2人、住吉会四次団体「聡仁組」の森岡英治容疑者(31)ら2人、スカウトグループ「ナチュラル」を率いる西田寛昭容疑者(35)ら三兄弟を逮捕した。容疑は6月4日夜、歌舞伎町の区役所通りで自転車までが武器として飛び交った大乱闘。

 

引用:増える“生け贄” 殴る蹴るの暴行で血祭りに…新宿歌舞伎町“スカウト狩り” 異常事態はなぜ起きた?

 

 

木山兄弟についてまとめてみると…

 

 

「木山兄弟」に関しては、風俗スカウト会社「ナチュラル」の経営者として東京の繁華街で一大勢力を誇っていたものの、慢心が祟り住吉会と揉めた結果、警察に逮捕されることになりました。

 

「木山兄弟」の末路については、闇社会でも余計な敵を作らない謙虚さが大事との教訓を残したと言えます。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

東洋ボール殺人事件

トーヨーボール殺人事件の内容や犯人と被害者~三田佳子の息子・高橋祐也との関連も解説

ChGfp8tU4AI-iC-

斎藤邦実(打越スペクター)の現在!生い立ちと家族・逮捕と判決・リッキーとの関係まとめ

o0480064311612485104

サップ西成の現在!身長と失明の噂・前田日明やエンセン井上との関係・居酒屋の経営まとめ

saburou

参武狼の現在!経歴は嘘?本名と年齢・銀総会の伝説・YouTube活動まとめ

85601492

与国秀行の現在!関東連合により失明?嫁と子供・幸福の科学のエピソードも総まとめ

afr1804050014-p1

石原伸司(夜回り組長)の経歴は嘘?生い立ち・獄中結婚・殺人事件の晩年や死因も総まとめ

udagawa11

高山尚基が死んだ理由と死因!宇田川警備隊の三代目総長まとめ

M1wOO7Xz

神原三兄弟の現在!事件と伝説・木村兄弟や須藤元気との関係も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

小籔千豊

小籔千豊の嫁と子供情報!ベジタリアンの噂や年収も徹底まとめ

f69bdbad

ピューマ渡久地の現在!嫁と娘や息子~記憶障害の病気など総まとめ

天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタの都市伝説・裏話の考察10選!評価と海外の反応も総まとめ

original

大坂俊介の現在!フライデー飲酒解雇と引退~その後や結婚情報まとめ

default_5d3e8c0464195c4495d4ac1ec8c6b6c2

【高齢出産】坂上みきの子供がダウン症で現在は障害ある噂はデマ!?【卵子提供・不妊治療】

170420_ww_mtop580

芸能人・有名人も愛用!時計おすすめ人気ランキングTOP35【画像付き】

images (1)

野獣先輩・田所浩二の現在!逮捕や死亡説・本名や年齢などプロフィール総まとめ

SettsuTadashi20190127

攝津正の現在は白血病!結婚した嫁/娘の情報・髪のハゲ・年俸推移・引退後の活動まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ashinasei

芦名星の自殺原因は三浦春馬?元彼氏の小泉孝太郎や旦那の噂・太っていた過去も総まとめ

Eil5c3cUwAMJpCy

ヒステリックブルー二階堂直樹(ナオキ)の現在!事件と逮捕詳細・出身地や甲府での生活も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す