サニブラウン

サニブラウンは日本人~ハーフの母と父・身長・高校・英語と日本語力など総まとめ

サニブラウン アブデルハキームは主に短距離を専門とする日本の陸上選手です。2019年6月にはアメリカで日本歴代1位となる100m9秒97をマークした陸上界のエースで、今後の活躍を期待される選手のひとりです。

 

ここではサニブラウンの国籍や父と母と兄弟など家族情報、身長、出身高校と大学など経歴、英語と日本語の語学力などについてまとめています。

サニブラウンのプロフィール

 

名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム

出身地:福岡県北九州市

生年月日:1999年3月6日

 

サニブラウンは短距離走専門の陸上選手です。

2019年6月現在、以下の日本記録を保持。

・100m 日本歴代1位(9秒97)

・200m 日本歴代2位(20秒08)

・60m 日本歴代1位(6秒54)※タイ記録

 

 

 

サニブラウンの国籍は日本~福岡生まれ東京育ちの日本人

 

 

サニブラウンの国籍は日本です。

 

父親はガーナ人で母親は日本人ですが、ガーナも日本も血統主義であり、両親のどちらかがその国の人であれば、その国の国籍を取ることができます。

 

つまり血統主義の国の両親から生まれたサニブラウンは、どちらの国籍も選択できるということになりますが、福岡生まれ東京育ちのため日本国籍となっています。

 

ちなみにサニブラウンの姓名の分け方は…

 

 

国際結婚では夫婦別姓が一般的のようですが、サニブラウンのお母さんは夫婦同姓を選択しているようです。

 

 

サニブラウンの家族~父親はガーナ人・母親は日本人のハーフ

サニブラウンの父親・ラティフさんは東京でスポーツバーを経営

 

サニブラウンの父親・ラティフさん

(父親の全名はサニブラウン アブデルラティフ)

 

 

 

以前、サニブラウンについてテレビ番組が特集を組んだ際に、父親の職業は「スポーツバー経営」と紹介していました。どこのスポーツバーかはわかっていませんが、東京都内の繁華街にあるようです。

 

彼の父親はもともとサッカーをしていたそうで、息子にもサッカーをやらせていました。

 

ポジションはFWで、サニブラウン自身もサッカーが好きだったそうですが、父親曰く向いてなかったとのことです。

 

ラティフさんはサッカーをしてほしかったが向いてなかったと話した。サニブラウン選手は走ることが最初はあまり好きではなかったと話した。

引用:「サニブラウン 明子」に関連するその他の情報

 

サニブラウンの母親・明子さんは元陸上選手だった

 

名前:サニブラウン明子

出身:福岡県宗像市出身(生まれは北九州市)

 

経歴:宗像高校時代に100m走と110mハードルでインターハイ出場経験有

 

今のサニブラウンがあるのは彼のお母さんの存在があってこそです。

 

サニブラウンが陸上を始めたのは小学校3年の時で、母親の薦めから。

僕は小学校3年生までサッカーをやっていました。でも、チームスポーツにはあまり向いていなかったみたいで。そこで母が陸上を勧めてくれました好きで始めた感じではなかったのですが、中学生になってタイムが伸び始めた頃から楽しくなってきました。

引用:2020年の夢を現実にするために トップアスリートのキャリアを切り拓く

 

お母さん曰く「(息子は)ガンガンいくタイプではなくサッカーは向いてなかった。ジグザグ走るのも得意じゃなかったんじゃないかしら」とのことです。

 

陸上を本格的に始めたサニブラウンを支えたのも、お母さんです。主に食事面や精神面のケアをしていたようです。

城西中・高陸上部でサニブラウンを6年間指導した、山村貴彦監督が語る。

「彼の生活や食事については、お母さんが全面的に面倒を見てきました。栄養士さんを学校に呼んで、父兄向けに食事の指導をしていたのですが、お母さんは熱心に参加していました。あのお母さんなくして今のハキームはないです」(山村監督)

引用:サニブラウン「夢の9秒台」へと導くスパルタ母の“神人脈”

母の明子さんから受け継いだ教えについて週刊誌のFLASHは、技術面は専門の指導者に任せ精神面や人としてについてを教育しているという。

引用:「サニブラウン 明子」に関連するその他の情報

 

その他、サニブラウンと母親の明子さんの逸話としては、

・中学時に一時引きこもりになってしまった息子を影からサポート

・サニブラウンが大学進学でより良い環境をと、アメリカを薦めたのも明子さん

・大学進学前にオランダで武者修行した際、そのクラブに直接コンタクトをとったのも明子さん

息子の可能性を誰よりも信じているのはこのお母さんなのかもしれませんね。

 

ちなみに2017年の世界陸上出場時、明子さんはIAAFのインタビューを受けましたが、英語がペラペラでした。意訳ですが「私は陸上を本当に愛していて、息子と一緒に、(息子が走る)その瞬間を共有したい」と話しています。

 

 

息子のサニブラウンも、これまでたくさんサポートをしてきてくれた母親に対し、2018年の母の日に感謝のツイート!

 

 

サニブラウンの弟・ハナンも将来有望な陸上選手だった

 

サニブラウンの弟(左)

サニブラウンには弟が一人いて、名前はサニブラウン アブデルハナンです。小学校の陸上大会で優勝経験があるそうです。

 

2019年現在は中学校1年生ぐらいと思われ、サッカーと陸上をやっているとの噂です。

 

運動面においてかなり優秀なサニブラウン兄弟。遺伝子レベルで優秀なのかもしれません。

 

スポーツ遺伝子に詳しい順天堂大学准教授の福典之氏が解説する。
「遺伝的にはスポーツで高いパフォーマンスを発揮するには、これまでアフリカン×アフリカンの組み合わせがいいと思われていました。しかし、アメリカのスプリンターの遺伝子(ミトコンドリアDNA)を解析した結果、最もいい成績を出していたのは父方がアフリカ系、母方が非アフリカ系というミックスだったのです。つまり瞬発系運動能力についてはハーフという要素が与える影響は少なくないと考えられます」

引用:日本スポーツ界、金メダル期待のハーフ選手たち。なぜ彼らは運動能力が高いのか?

「運動能力に関係すると見られる遺伝子は100種類以上あり、とくにACTN3という遺伝子が強い影響を与えています。中でも、瞬発系競技に有利なのがRR型とRX型。この遺伝子を持つ割合は日本人の7~7.5割に対しアフリカ人は9~9.9割に達する」

引用:ハキーム、宮部藍梨らアフリカ系選手が活躍の背景に遺伝子説

 

 

サニブラウンの身長は188cm

 

サニブラウン(右端)の身長は188cm

日本人の有力スプリンターのなかでもひときわ大きいです。たとえば山縣亮太=177cm、桐生祥秀=175cm、ケンブリッジ飛鳥=180cm等、他の人も決して小さい訳ではありませんが、そのなかでもダントツです。

 

 

サニブラウンは中学時代に身長が20センチ以上伸び、成長痛で大会に出れないこともあったほどだとか。サニブラウン家は父親も母親も身長が低くなさそうですから、これもご両親から受け継がれたものなのでしょう。

 

身長の高さ(足の長さ)は、短距離走において一つのキーとなります。

 

桐生祥秀が9秒98で走ったときの歩数は47.1歩、山縣亮太選手は通常さらに多い48.5歩だという分析結果がある。これに対して、サニブラウンは44歩。あのボルトは42歩だという。当然、ストライドが長い。サニブラウンは2メートル40センチを超えるという分析結果もある。

引用: サニブラウン「日本新9秒97」の背景、なぜアメリカで急成長したのか

 

以下は主に桐生選手に関して書かれた2018年頃の記事ですが、これによるとサニブラウンはスライドが長く、ピッチ)がやや遅いという指摘をされています。

 

記録と数字からみた「9秒98」や「9秒台」についての“超マニアックなお話” 第3回「桐生選手のピッチ、ストライドの年別の変化/日本歴代上位選手とのピッチ・ストライドの比較」

 

 

 

サニブラウンの学歴~城西大学附属城西高校から米・フロリダ大学へ進学

サニブラウン、城西大学附属城西中学・高等学校を卒業

 

 

 

サニブラウンは陸上を始めた時から所属していたアスリートフォレストTCのコーチ(五輪出場経験を持つ大森盛一)の薦めで、城西大学附属城西中学・高等学校に進学しました。

 

中高ではその大森さんの大学時代の後輩である山村貴彦さんが、サニブラウンの指導に当たりました。

 

中学時代はいろいろと身体的にも精神的にもうまくいかない事があったようですが、高校時代にはいくつもの大会で優秀な成績を納めます。

・2014年の第69回国民体育大会100m優勝(10秒45)

・2015年の第9回世界ユース陸上競技選手権大会100m(10秒28)・200m(20秒34)で優勝

・2015年の世界陸上競技選手権大会で日本代表選出し、100mで準決進出

 

サニブラウンを指導した山村貴彦監督は彼の高校時代を以下のように語ります。

 

サニブラウンを中学1年生の時から指導する、シドニー五輪400メートル出場者の山村貴彦監督は「大舞台になるほど強い」とメンタルの強さに目を見張る。

山村監督は「あくまで高校生。勉強をしっかりやらせています」と、サニブラウンとほかの部員とで対応を変えることはしない。「中学時代は身長が伸びていて、成長痛もあって、あまり練習させませんでした。高校では成長痛もなくなり、筋肉も付いてきて、練習もしっかりしています」と、体ができてきたことが記録に結びついたと見ている。

引用:【インタビュー】サニブラウン・ハキーム(東京・城西2年) 世界ユース2冠、陸上短距離の新星の素顔

中学時代の彼は少しやんちゃな面もありましたが、学年が上がるにつれて落ち着いてきて、勉強にも練習にもじっくり取り組む姿勢からは、大人びた雰囲気を感じることもあります。

彼は中学時代から、憧れの先輩たちの背中を自分なりに、必死になって追いかけながら成長し、先輩たちもまた後輩のハキームをかわいがり、励ましてくれました。

引用:世界最速高校生を育んだ学校生活 「天分の伸長」を教育の礎とし生徒一人ひとりの才能を伸ばす

 

学校生活はあくまで学業が中心という学校側の方針だったようですが、高校時代にはいくつもの超高校級の記録を出し頭角を表し始めた頃でもありました。

サニブラウンは高校卒業後、数々の大学からの誘いを受けながらも、進学したのはアメリカにあるフロリダ大学です。また秋から学校が始まるため、高校卒業後から大学入学前までは、オランダにわたりオランダ代表コーチのレイナ・レイダーの指導を受けました。

 

サニブラウン、日本の大学ではなくフロリダ大学進学した理由

 

日本ではなく海外を選んだ理由は?

 

サニブラウンはフロリダ大学を選んだ理由を”競技面のレベルの高さはもちろんのこと、将来を見据えた学業がしっかりとできる”からと話しています。

 

アメリカの大学に行く1つの理由は、設備やスタッフだけでなく、学業面のサポートの充実が、将来の夢であるスポーツマネジメントを目指す自分にとって最良だと考えたからです。

引用:サニブラウンがフロリダ大「学業サポート充実」

世界的に使用できる資格を取れる。国際的に仕事ができれば。競技面では数々のオリンピアンを育てているコーチがいて、選手1人1人に練習メニューを出してくださる。後輩達に選択肢を広げられる先駆者になれれば

引用:サニブラウン「勉強の方ではスポーツマネジメント」

 

一部ではサニブラウンが日本陸連に嫌気がさしたからという記事もありましたが、アメリカの大学進学はすでに自分の第二の人生まで見据えての行動だったようです。またフロリダ大学進学の背景には、サニブラウンの母親など周囲の人々の薦めもあり、決心したそうです。

 

サニブラウン、文武両道の環境で100m日本記録樹立

 

高いレベルでさらなる高みへ!

 

アメリカの大学の多くはトップ選手であろうと、一定の成績以上を取得できなければ大会に参加できないというルールがあるそうです。そのためサニブラウンもフロリダ大学でしっかりと講義を受け勉強をし試験を受けているとか。

 

1100を超える大学が加盟するNCAAは学業優先を掲げ、有力選手でも一定の成績を収められなければ大会に参加できない。

フロリダ大の講義は1コマ50分。スポーツマネジメントを学ぶ考えを持って進学したサニブラウンは1年時、基本的に1日3限を受け、2限1セットの月曜は2セット分の計4限を受講した。家庭教師のような制度が整っているのが特徴で、講義で理解が行き届かなければサポートを受けながら学べる。

引用:米フロリダ大で学ぶ!サニブラウン、文武両道で人間磨き引退後の活躍も視野に/陸上

 

その他、「2日で100ページを読むよう言われた、ディスカッションもある、宿題が多い……」等々、学生らしい愚痴をこぼしているインタビューもありました。

 

また、フロリダ大学は”アスリート”にとっても最高の環境が揃っています。

 

アメリカの大学は選手のレベルが高く、高い技術を持っている選手といっしょに練習できることは貴重な経験になると思っています。

引用:2020年の夢を現実にするために トップアスリートのキャリアを切り拓く

コーチはしっかり話を聞いてくれるし、英語とか言葉のバリアーはないと思う。この環境は日本では体験できない。こういうところでチャレンジしてくる人が増えたらいい

引用:サニブラウン 家庭教師で宿題こなす 文武両道快挙 マネジメント学ぶ

 

そしてサニブラウンは学業と陸上を両立しながら、2019年に数々の日本新記録を樹立。

・NCAA室内陸上競技選手権大会60mで3位(予選で日本タイ記録の6秒54マーク)


・5月の大会で9秒99をマークし、翌6月のNCAA屋外陸上競技選手権大会で100m3位(日本記録の9秒97マーク)200m3位(日本記録2位の20秒08マーク)

 

 

素晴らしい記録を次々とマークしたサニブラウン。しかしいずれも優勝となっていないところが、また彼にとっては良い環境と言えるのかもしれません。

 

 

サニブラウンの語学力~日本語と英語が話せるバイリンガルだった

サニブラウン、母・明子さんの方針で家の中では英語

 

アメリカの大学でもすっかり馴染んだサニブラウン!

大学の陸上部の一員として他の生徒ともコミュニケーションが取れているようです。

 

サニブラウンは、英語と日本語が話せます。日本語を話している姿を見た事がある人は多いと思いますが、幼少期からお母さんの方針のもと英語を嗜んでいました。

 

母・明子さんの方針で小学1年まで「家の中は英語」。自宅を訪れる両親の友人は外国人が多く、英語は身近な存在だった。

引用:サニブラウン 成長支える語学力 小1まで「家では英語」

 

その他にも学生時代は海外映画や海外アニメを英語のまま見たり、逆に日本のアニメは英語を覚えるため禁止だったそうです。

 

高校時代の得意教科は”英語”と話すほどで、渡米するため日本では塾に通っていたこともありました。

 

その結果、アメリカでは2年目以降に言語能力が向上し、今では周囲とのコミュニケーションもバッチリだそうです。

 

入学当初は大学側が手配した通訳に頼ることも多かったそうだが、2年目に語学力が向上。周囲と積極的にコミュニケーションを取るようになったという。エイト氏は「最初は自分の殻にこもるようなこともあったが、今は違う。米国の生活に順応できたことも、競技に集中できる要因となった」と目を細めている。

引用:サニブラウン選手、文武両道の努力家=学生アスリートに称賛の声-陸上男子100

 

 

 

 

サニブラウンについてまとめると…

・サニブラウンは父親がガーナ人、母親が日本人のハーフで、身長188㎝の恵まれた体型をしている

・サニブラウンは福岡生まれ東京育ちで、国籍は日本である

・サニブラウンは城西大学附属中学・高等学校を卒業し、陸上の本場アメリカのフロリダ大学に進学した

・サニブラウンは英語と日本語を操るバイリンガルである

 

サニブラウン アブデルハキームの国籍や家族情報、経歴、語学力についてまとめました。まだ若いので、現役選手としてどこまで記録が伸びるのか、またその後の第二の人生がどうなるのか注目です!

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

陸上男子イケメンランキング

イケメン陸上男子選手の歴代人気ランキング25選!日本人・海外別【最新版】

有森裕子

有森裕子の現在!旦那ガブリエルとの結婚や離婚~小出監督とのエピソードまとめ

DCbxkQWV0AA8WiG

田臥勇太が竹内由恵と熱愛!元カノ前田有紀と結婚せず破局した理由とは?

佐藤琢磨

佐藤琢磨に離婚の噂?嫁と子供&年収や愛車の情報まとめ

20150528203157865-300x212

室伏広治はハーフ!父と母&結婚や嫁と子供の情報など総まとめ

本田朋子

本田朋子の旦那・五十嵐圭が戦力外で新潟へ!結婚・子供・現在まとめ【夫の推定年収あり】

高橋尚子

Qちゃん高橋尚子が結婚せずパチンコ依存!彼氏・西村孔との現在は?【画像あり】

504ccab9

【病名】ラグビー平尾誠二の死因は胆管がん!病気で激やせ画像あり【まとめ】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

キンタロー。

キンタロー。の旦那の情報まとめ!結婚相手の顔画像あり

平野ノラ

平野ノラの彼氏は巨人選手?すっぴん素顔画像と共に正体に迫る!

oth14062805050014-p1

ダンカンの嫁と息子&娘情報!噂の悪行エピソードも総まとめ

有安杏果

有安杏果の引退理由はぼっち?出身大学・彼氏や結婚の噂~現在まで総まとめ

download

金曜ロードショー視聴率ランキング最新TOP36~人気の名作をチェック【2019年版】

images

峯田和伸に障害やかつら疑惑!実家&彼女遍歴や結婚情報も総まとめ

tanoshingo

楽しんごの現在!暴行事件や整体の仕事&吉本解雇など総まとめ

山田花子

統合失調症の芸能人&有名人30人を総まとめ【エピソード付き】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

f5dc23f5

ウナちゃんマンの現在!鶴乃進との喧嘩やボコボコ事件・逮捕歴も総まとめ

森星・伊勢谷友介

伊勢谷友介と森星のフライデー熱愛まとめ|長澤まさみとの破局理由はDV?結婚願望ないから?

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す