鬼怒川氾濫

鬼怒川決壊と氾濫その後!へーベルハウスの現在・死者や生存者など詳細まとめ

平成27年9月関東・東北豪雨により発生した「鬼怒川決壊・氾濫」は甚大な被害をもたらしましたが、ヘーベルハウス(白い家)の強さが注目された災害でもありました。

 

この記事では、「鬼怒川決壊・氾濫」の死者・生存者などの詳細や、ヘーベルハウスの話題、その後現在までの様子について詳しくまとめましたのでご紹介します。

「鬼怒川決壊・氾濫」の概要~洪水による死者2名を出した甚大な被害

鬼怒川決壊・氾濫、災害関連死を含めると14名が死亡していた

 

鬼怒川氾濫

出典:https://www.huffingtonpost.jp/

鬼怒川決壊・氾濫を含む関東・東北豪雨による被害については下記となります。

 

 

発災日時: 2015年9月9日 – 9月11日
被災地域: 茨城県、栃木県、宮城県など
災害の気象要因: 日本海を北東に進む温帯低気圧に太平洋上から湿った暖かい空気が流れ込み、日本の東の海上から日本列島に接近していた台風17号から吹き込む湿った風とぶつかったことで線状降水帯が発生したため。

気象記録
最多雨量: 栃木県日光市五十里で551.0ミリ

人的被害
死者: 20
行方不明者: 0
負傷者: 82

建物等被害
全壊: 81棟
半壊: 7,090棟
一部損壊: 384棟
床上浸水: 2,523棟
床下浸水: 13,259棟

引用Wikipedia – 平成27年9月関東・東北豪雨

 

「鬼怒川決壊・氾濫」は2015年9月7日に発生した台風18号の影響によりもたらされた豪雨被害のひとつです。

 

台風18号は9日夜に日本海上で温帯低気圧となり、台風自体による被害は大きくはありませんでしたが、温かく湿った空気が関東地方北部から東北地方南部にかけて24時間で300ミリ以上の猛烈な豪雨をもたらしました。

 

これにより鬼怒川は氾濫危険水位を超え、茨城県常総市を中心にした地域では10日早朝より鬼怒川の数か所で越水や漏水が発生し、12時50分頃に同市三坂町の堤防の一部が決壊し洪水が発生しました。

 

常総市を中心に鬼怒川と小貝川に挟まれた5つの市に洪水が発生し、家や建物は押し流され、孤立した住民ら約4,300人が救助されました。

 

自衛隊による救助の甲斐もあり洪水による直接的な死者は2名となり、災害関連死12人を含む14人が死亡40名以上の負傷者を出す大惨事となりました。

 

また、家屋全壊が53棟、大規模半壊と半壊が約5,000棟以上という甚大な被害を出しました。

 

 

「鬼怒川決壊・氾濫」が起きた原因と人災説~住民が国を相手に裁判に発展

鬼怒川決壊・氾濫、地元住民は危険性を国に訴え続けていた

 

 

「鬼怒川決壊・氾濫」は予期せぬ災害ではなく、地域住民は洪水が起きる危険性をかねてから国に訴え続けてきました。

 

国が取った対応が不十分だったため、住民が指摘していた箇所から洪水が発生してしまいましたが、現在までに国はその非を認めてきませんでした。

 

そのため、2018年8月7日には常総市の住民ら30人が、国に対して約3億3500万円の損害賠償を求める裁判を起こしましたが、原告の一人で最初に洪水の被害に遭った若宮戸地区で農業生産法人を経営している高橋敏明さんは以下のように語っています。

 

「若宮戸地区には自然の堤防となっている砂丘林があるだけで、本来国がつくるべき堤防がありませんでした。しかも、ソーラー発電の業者が、砂丘林を掘削して、無堤防状態になっていました。にもかかわらず、国は十分な対応を取りませんでした。そこから洪水が流れ出たのです」

 

引用:ビジネスジャーナル – 14人死亡の鬼怒川氾濫、国は危険性を認識しつつ放置…住民の対策要求を何度も無視

 

「鬼怒川決壊・氾濫」は明らかに堤防の未整備から発生した洪水でしたが、国は対策費の捻出が難しかったことから後回しにしていたと考えられます。

 

鬼怒川決壊・氾濫、国は私有地を理由に対策をとっていなかった

 

鬼怒川氾濫

出典:https://www.nikkei.com/

国は「私有地だから」と言い訳をしていた

 

住民の訴えを国が聞き入れなかった背景として、洪水が発生した砂丘林の区域が私有地だったからだと説明していました。

 

ソーラーパネルが並ぶ場所の付近だけ、200メートルほど砂丘林が切れているのが確認できる。ここが最初に水が溢れた場所だ。いまは水害後の工事で堤防がつくられているが、被害が出た時には、砂丘は低く削られていた。

 鬼怒川は一級河川なので、国土交通省の管理下にある。砂丘が削られた2014年3月以降、住民が国に対策を求めると、国は「その場所は河川区域ではなく、私有地なので手が出せない」という態度だった。

 

引用:ビジネスジャーナル – 14人死亡の鬼怒川氾濫、国は危険性を認識しつつ放置…住民の対策要求を何度も無視

 

それでも放置するにはあまりにも問題があると感じた住民は国に食い下がったところ、「鬼怒川氾濫」が発生するおよそ1年前の2014年7月に該当箇所に高さ80センチあまりの土嚢を2段積みました。

 

国がもっと緊急性を理解していれば、私有地であれ国家の権限で買い上げた上で対策し、「鬼怒川氾濫」は防げたかもしれません。

 

 

「鬼怒川決壊・氾濫」の生存者~“電柱おじさん”が注目を集める

鬼怒川決壊・氾濫、電柱にしがみつく男性が話題に

 

洪水の中、電柱にしがみつく男性が中継に映し出された

 

NHKのニュースなどで被災地の様子を生中継されていましたが、その中でたまに映る電信柱にしがみついている男性の姿がツイッターなどネット上で話題になっていました。

 

ツイッターは「電柱おじさんを早く助けて上げて!」といった声で溢れ借り、”電柱おじさん”がトレンドキーワード入りをすると、その注目度はさらに上がって行きました。

 

 

電柱おじさんのそばには木造家屋の屋根に避難していた犬を連れた老夫婦の姿もあり、自体の逼迫した様子にツイッターでは手に汗を握る人が多くいたようです。


一見すると屋根に避難している老夫婦よりも、今にも流されそうな電信柱にしがみついていた男性の方が緊急性が高いように見えた人が多かったものの、自衛隊が先に救出したのは老夫婦でした。

 

鬼怒川決壊・氾濫、電柱おじさんよりも先に屋根の老夫婦が救出される

 

老夫婦が救出され焦るツイッターユーザー

 

屋根にいる老夫婦の方が電柱おじさんよりも安全そうに見えたため、自衛隊が先に救出したことで批判めいたツイートも多く流れていました。

 

 

結果的には、これだけの洪水が発生して直接的な死者を2名に留めた自衛隊の救出能力の高さを賞賛すべきですが、あまりにも電柱おじさんの様子が衝撃的だったため仕方がないことでしょう。

 

そして、ツイッターユーザーは自衛隊がなぜ老夫婦を先に救出したのかを、直後の事態急変により気づくことになりました。

 

鬼怒川決壊・氾濫、根の老夫婦救出直後に家が流される

 

老夫婦が救出された直後に家が流される

 

老夫婦の木造家屋は洪水に流されて白いヘーベルハウスに引っかかるようにして止まっていましたが、自衛隊は流されるのは時間の問題と踏んだのか、電柱おじさんやヘーベルハウスの家族より老夫婦を救出を優先しました。

 

老夫婦の救助後に家が流された様子が映し出され、ツイッターユーザーは自衛隊の救出の優先順位選定の凄さに舌を巻いていました。

 

 

この他、「一般人が救出の口出しをするものじゃないな」といった声も多く挙がっており、自衛隊の救出能力の凄さを垣間見た瞬間でした。

 

鬼怒川決壊・氾濫、ようやく電柱おじさんが救出される

 

ヘリコプターから自衛隊が後下してきてツイッターユーザーは安堵した

 

老夫婦を救出した自衛隊は電柱おじさんの救出に向かい、ヘリコプターから降下してきた隊員が中継に映し出されるとツイッターユーザーは歓喜に湧きました。

 

 

 

 

インタビューを受けた電柱おじさん

 

救出された直後に電柱おじさんは記者からインタビューを受けていましたが、救出を待っている間はとにかく寒かったこと、救出がきた際にはホッとしたことを伝えています。

 

「鬼怒川決壊・氾濫」決壊に耐えた“ヘーベルハウス”の白い家が話題に

鬼怒川決壊・氾濫、濁流に耐えたヘーベルハウス

 

頑強な旭化成のヘーベルハウス

 

「鬼怒川決壊・氾濫」により多くの家屋が押し流される中、ヘーベルハウスだけは流されないどころか、流されてきた家屋の衝突にもびくともしませんでした。

 

また、電柱おじさんはヘーベルハウスの下流にいたため流れが若干せき止められており、そのおかげで持ちこたえた可能性もあるようです。

 

 

鬼怒川決壊・氾濫に耐えたヘーベルハウスの現在

 

まさに「ポツンと一軒家」

 

 

 

近所には誰もいない状態に

 

 

 

修復をしなかったヘーベルハウスの家主

 

濁流の直撃を受けた一帯の水が引いた後に、あたり一面は綺麗に何も残っていない中、ヘーベルハウスだけが佇んでおり、家族は現在も住み続けているそうです。

 

その後インタビューを受けたヘーベルハウスの家主は、洪水により破損してしまったタイルなどは修復せず、忘れてはならない洪水の記憶として残していくことを話していました。

 

 

 

「鬼怒川決壊・氾濫」その後と現在~鹿島建設により鬼怒川の堤防が完成

 

鹿島建設により復旧した鬼怒川の堤防

 

「鬼怒川決壊・氾濫」の後に、鹿島建設により堤防の復旧が完成しました。

 

なお、国は洪水前から長期間をかけて「鬼怒川直轄河川改修事業」を進めており、2011年時点では向こう7年をかけて堤防を整備する緊急を要する区間と、それ以外の区間は20~30年をかけて整備する計画でした。

 

とはいえ国の治水事業費は年々下降の一途をたどっており、1997年には2.3兆円だったのが、2012年には0.8兆円、「鬼怒川氾濫」の起きた2015年には0.9兆円となっていました。

 

2019年10月に関東や東北を襲った台風19号によりいくつかの河川で洪水が発生し甚大な被害をもたらしましたが、鬼怒川と同じような理由で対策が送れていた河川もまだまだあるかもしれません。

 

「鬼怒川決壊・氾濫」についてまとめると…

・鬼怒川決壊・氾濫による死者は、災害関連死を含めると14名の甚大な被害をもたらした

・鬼怒川決壊・氾濫は現地住民の声に対して対策をしなかった国の責任も大きい

・鬼怒川決壊・氾濫はテレビ生中継されており、生存者の“電柱おじさん”や濁流に耐えた“ヘーベルハウス”が話題となった

・鬼怒川はその後、鹿島建設により堤防の復旧工事が行われた

 

2015年に発生した国の対策が遅れたことにより発生した「鬼怒川決壊・氾濫」についてご紹介してきました。

 

ただでさえ財政難の中、毎年のように数十年、数百年に一度と言われるような大災害が起きているため、国も対策費を捻出しにくいのかもしれません。

 

それでも、遺族の感情を癒す理由にならないのが、こうした災害の難しいところでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

東日本大震災

日本の地震の死者・被害ランキングTOP10!2018年以降は災害の時代?

阪神淡路大震災

阪神淡路大震災まとめ|震度と死者数や被害総額&地震のその後も徹底解説

大川小e

大川小学校の悲劇|遺族が裁判&津波生存者は教師1人!情報まとめ

img10395446111

台風コロッケとは?その由来や2chの元ネタまとめ

台風被害ランキング

歴代の台風被害・史上最強ランキング15選!日本・世界別【2019最新版】

東日本大震災

【3.11】東日本大震災まとめ|震度や死者・津波動画・心霊現象・海外の反応など徹底解説

120830-1

南海トラフ地震の被害想定&予言や不吉な前兆まとめ【2019最新版】

御岳山噴火

御嶽山噴火の動画や現在!死者数や犠牲者の死因・生還者の証言など総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

織田裕二

織田裕二の嫁と子供まとめ!結婚した妻の野田舞衣子が美人すぎる【画像あり】

n-NAGATOMO-large570

平愛梨が長友佑都と結婚!元カレ村上信五との破局理由もまとめ

20190721_kitanokii_201

北乃きいの現在!佐野和真など歴代彼氏・熱愛スキャンダルその後まとめ

E4BA8CE99A8EE5A082E381B5E381BF60

二階堂ふみ新彼氏は米倉強太!フライデー半同棲報道まとめ

05472825

多岐川華子と仁科克基の離婚原因と現在は?再婚はある?激太りした姿でしくじり先生に登場

南原清隆

南原清隆の嫁と子供情報!現在や創価学会との関係も徹底調査

0

西尾由佳理の現在!旦那と子供・性格や消えた理由まとめ

20140917195223d09

三田佳子の息子・高橋祐也の現在!関東連合や逮捕歴・乃木坂の大和里菜への暴行騒動など不祥事を総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

images (6)

工藤兄弟の現在!関東連合や坂本一生との関係・体操教室や結婚情報まとめ

井上尚弥

【嫁画像あり】井上尚弥の結婚相手は美人!奥さんと子供の情報まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す