東電OL殺人事件

東電OL殺人事件の真犯人は?渡辺泰子の父親や母親・ゴビンダの冤罪とその後まとめ

1997年3月9日に渋谷の円山町で起きた「東電OL殺人事件」の被害者女性は、昼は大手・東電のエリート幹部社員であり夜は売春婦と言う異様な経歴の持ち主でした。

 

この記事では、同事件の被害者・渡辺泰子さんと真犯人の真相や、父親・母親など遺族の現在について詳しくまとめましたのでご紹介します。

「東電OL殺人事件」の概要

 

謎に包まれた異様な未解決事件

 

1997年3月9日に発生した「東電OL殺人事件」は、東京都渋谷区円山町にあるアパート「喜寿荘」の一室に住む渡辺泰子さん(当時39歳)が絞殺された未解決事件です。

 
当時、渡辺泰子さんは大手電力会社・東京電力において初となる女性の幹部社員でした。
 
トップクラスのエリートである渡辺泰子さんが住んでいたのは「喜寿荘」と言うネパール料理店のオーナーが経営していたアパートで、非常に年季の入ったボロアパートでした。
 
渡辺泰子さんが死んでいるのを発見し通報したのは、ネパール料理店のオーナーのお店で店長をしている男性でした。
 
警察の捜査が進むにつれ、渡辺泰子さんはこのボロアパートで売春をしていたことが発覚し、高給取りである東電のエリート社員が好んで最底辺の生活をしていたことに世間は騒然としました。
 
そして犯人として逮捕されたのが、渡辺泰子さんの馴染みの売春客の1人であったネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(当時30歳)でした。
 
渡辺泰子さんが亡くなる前の最後の客だったこともあり、警察はゴビンダさんを犯人だと信じて疑わず逮捕し、その後有罪判決を受けて横浜刑務所に収監されました。
 
しかし、ゴビンダさんはその後冤罪として刑務所から釈放され、2012年に裁判で正式に無罪判決を勝ち取りネパールに帰国しています。

 

 

「東電OL殺人事件」逮捕されたゴビンダは2012年に無罪確定

 

ゴビンダさんは不法滞在していた

 

渡辺泰子さんが殺害されたと思われる日から10日後の1997年3月19日午後5時過ぎに、東京都渋谷区円山町にあるアパート「喜寿荘」の一室に置いてアパートのオーナーが経営するお店の店長が通報して遺体が発見されました。
 
警察の現場検証と司法解剖により渡辺泰子さんの死因は絞殺であり、死亡推定日時は8日深夜から9日未明にかけてと判明しました。
 
この「喜寿荘」の隣のビルの4階に、不法滞在のネパール人5人が共同生活をしており、そのうちの1人が逮捕されたゴビンダさんでした。
 
ゴビンダさんは渡辺泰子さんが生前最後に相手をした売春客であり、警察は1997年5月20日にゴビンダさんを強盗殺人容疑にて逮捕しました。
 
逮捕直後から一貫して無罪を主張し裁判に臨みましたが、一審では無罪、控訴審では逆転有罪となり、ゴビンドさん側の上告が棄却されたことから横浜刑務所に収監されました。
 
それでも無罪を主張し続けたゴビンダさんは、その後無罪が証明されて釈放され、再審決定を経て2012年に無罪が確定しました。
 

 

「東電OL殺人事件」被害者・渡辺泰子のプロフィールと経歴

被害者・渡辺泰子さんは東電初の女性総合職に就くエリートだった

 

渡辺泰子

生年月日:1957年

学歴:慶応義塾女子高校→慶応義塾大学経済学部卒

 

渡辺泰子さんは慶應義塾大学経済学部を卒業し東京電力に入社、東電初となる女性総合職のエリートでした。

 
29歳の頃には企画部調査課においてレポートや報告書の制作に没頭し、高橋亀吉記念賞の佳作を受賞するなど高い評価を得ていました。
 
さらに、31歳にはシンクタンクである日本リサーチ総合研究所に出向し、30五彩の頃に東電本社に戻ってからは、1993年に企画部経済調査室副長に昇進し東電に置いて初となる女性の管理職で幹部社員となりました。
 
渡辺泰子さんはなくなるまで未婚でしたが、年収は1000万円を超えており超エリートの人生を歩んでいました。
 
しかし、その代償として渡辺泰子さんは過重なストレスから心身のバランスを壊しておりストレス障害から異常な生活をするようになったようです。

 

被害者・渡辺泰子さん、31歳頃から水商売や風俗でアルバイト

 

エリートとは対極の生活をしていた

 

渡辺泰子さんは31歳で日本リサーチ総合研究所に出向した頃から水商売や風俗のアルバイト始めたと言われています。
 
初期の頃はクラブのホステスをしていましたが、その後派遣型風俗店の「マゾッ娘宅配便」で働くようになり、ハードなSMプレイが売りの店であることから、ベッドに汚物を撒き散らしてホテルを出禁になったことなどもあると言われています。
 
なお、風俗嬢は派手なメイクを好みますが、渡辺泰子さんはすっぴんに近いナチュラルメイクだったと言われています。
 

 

「東電OL殺人事件」の真相…被害者・渡辺泰子が売春婦となった本当の理由

被害者・渡辺泰子さん、風俗店で働きながら売春をしていた

 

渋谷の円山町で立ちんぼをしていた

 

渡辺泰子さんは風俗店に働きながら渋谷円山町にて立ちんぼをして売春を始めるようになりました。
 
初期の頃は2万5000円から3万円程度でしたが、値段はどんどん下がっていき最後のほうは2000〜3000円にまで落ち安売りをしていました。
 
こうした不特定多数の男性を相手に自らを安売りしていた状況から見て、渡辺泰子さんは極度の自立心喪失状態にあったとみられています。

 

被害者・渡辺泰子さん、1日4人以上とノルマを自ら課していた

 

エリートと売春婦の両立をした異常な生活

 

渡辺泰子さんは立ちんぼをするようになると、東電を退勤した後に渋谷の109のトイレでメイクを直し、アイシャドーはきつめの青で口紅ははみ出す位真っ赤に塗り、長い髪のカツラをして派手な格好で円山町に向かっていました。
 
渡辺泰子さんは男性との行為はホテルだけではなく、公衆トイレや駐車場、路地裏など人気のないところで及ぶこともあり、ときには路上で放尿をするなどアブノーマルな性癖を持っていました。
 
渡辺泰子さんは1日に4人以上の男性客を取ることを自らにノルマとして課していと言われ、立ちんぼが終わると毎日必ず井の頭線の終電に乗って帰宅していました。
 
渡辺妙子さんは昼は東電でエリート社員として働き、退勤後は丸山町で立ちんぼをして売春をすると言う生活サイクルから、想像絶するストレスがそうさせていたと思われますが、実際に拒食症に苦しんでいたと言われています。 
 
 

 

被害者・渡辺泰子さん、原発の危険性を指摘し社内で孤立?

 

 

東電OL殺人事件

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

渡辺泰子さんは骨と皮だけのガリガリだった

 

慶應義塾大学を卒業し東電では企画部経済調査室の副長の役職に就いていた渡辺泰子さんですが、東電の社員でありながら「原発の危険性を指摘するリポート」をあげたことがあったようです。
 

しかしながら、渡辺泰子さんの「原発の危険性を指摘するリポート」は上司の不興を買い、社内でも次第に孤立

 

28歳の時には拒食症となり、31歳で風俗業に踏み入れ、ストレスから売春までするようになっていきました。

 

不興を買った当時の直属の上司である勝俣恒久氏は、東日本大震災による原発事故当時の東電の会長にまで出世。同じく企画部管理課長をしていた上司・藤原万喜夫氏は原発事故当時の東電の副社長です。

 

このことから、渡辺泰子さんは“反原発”の目の上のたん瘤として消された可能性が高いとする陰謀説も存在するようです。

 

渡辺泰子さんがよく訪れていた円山町近辺のコンビニストアの店員によれば、よくおでんのこんにゃくなど低カロリーの具材を選んで汁を多めに注ぐ注文が多かったと言われています。

 
なお、被疑者とされ冤罪を着せられたゴビンダさんによれば、渡辺泰子さんの容姿について「骨と皮だけだった」と証言しており、重度の拒食症を患っていたことがわかります。
 

 

 

「東電OL殺人事件」被害者・渡辺泰子の父親・母親について

被害者・渡辺泰子さんの父親は東大卒の東電社員だった

佐野眞一『東電OL殺人事件』(2) | N郎♪音汰。(楽天ブログ ...

引用:https://plaza.rakuten.co.jp

 
渡辺泰子さんの父親は同じく東電の社員であり、1949年に東京大学法学部を卒業し入社し、将来の幹部社員候補として期待されていたエリート社員でした。
 
しかし、原子力発電の危険性について上層部に報告をあげたことから出世コースから外れたと言われています。
 
父親は東電での過剰なストレスに晒されたせいか、渡辺泰子さんが大学2年の時にガンにより52歳の若さで死亡しています。
 
渡辺泰子さんは、父親が果たせなかった意思を引き継いで、原発の危険性を指摘するレポートをまとめあげ会社に報告していたと言われており、東電上層部との過剰な権力闘争もストレスを増大させる要因となっていたことでしょう。 

 

渡辺泰子さんの母親は娘の売春を知っていた

渡辺泰子さんの母親は、日本女子大学を卒業していますが、兄弟もみんな国立大学卒のためエリート一家の出身だと思われます。
 
なお、母親は渡辺泰子さんが売春をしていた事実を知っていたと言われています。
 
 

「東電OL殺人事件」の真犯人…ヤクザ犯人説や東電陰謀説も浮上

 

真犯人は現在までに見つかっていない

 

2011年に渡辺泰子さんの遺体に付着していた体毛が別人のDNAと一致したことから、ゴビンダさんの無罪が確定。真犯人は別にいることが確実視されたものの現在までに見つかっていません。
 
真犯人の推測をする記事は現在まで多数ありますが、ヤクザ犯人説、東電の陰謀説とする見方が多いようですね。
 
渡辺泰子さんは円山町付近を仕切っていたヤクザにみかじめ料を要求されていましたが、支払いを断っています。事実、ヤクザの組事務所のあった巣鴨にて渡辺泰子さんの定期券が発見されています。

 

「今でも警察に手紙を書いて、この事実を知らせるべきだったと思っていたんだよ。事件当時、巣鴨で(被害者の)定期券入れが発見されたという話を聞いたとき、私はピンと来たんです。アイツの仕業じゃないかって‥‥

この老人によれば、男は事件直後に円山町から姿を消したという。被害者とも接点があり、ゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)の刑が確定した時期に舞い戻り、円山町に住む老女に寄生していた。暴力をふるい、金を巻き上げているというのだ。

 

引用:東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(1)

 

ちなみに東電社内では、渡辺泰子さんが円山町で売春をしていたことは周知の事実だったとか。原発反対の立場を貫いていた渡辺泰子さんを、“巨大なクジラ”が抹殺したとみる人々も多いようです。 

 

 

いずれにしても推測にしかすぎず、真相や闇の中です。

 

 

「東電OL殺人事件」の現在…ゴビンダさんが無罪確定から5年ぶりに来日

ゴビンダさんが5年ぶりに来日

 

異国の地で冤罪を着せられたゴビンダさんが5年ぶりに来日

 

2012年に無罪を勝ち取ったゴビンダさんは、滞在期間を過ぎているオーバーステイだったことからネパールに強制送還されました。
 
しかし、事件から約5年ぶりに来日し、『東電OL殺人事件』などの著書によりゴビンダさんの冤罪の可能性を訴え続けたノンフィクション作家・佐野眞一さんと再会し円山町を歩きました。 

 

11月9日、東京・文京区民センターで開かれた「くりかえすな冤罪! 市民集会」に駆けつけたゴビンダは、私の姿を見つけるなり廊下の奥から駆け寄ってきてきつく体を抱きしめ「佐野さんは私の神様です。佐野さんがいなければ私の無罪は晴らせなかった」と涙声で言った。

 

引用:現代ビジネス – 東電OL殺人事件・ゴビンダ氏が佐野眞一と「悪夢の渋谷」を歩いた

 

 ゴビンダさんは集会で200人余りの聴衆に対し、「日本は素晴らしい国なのに現在の人がたくさんいます。二度と私のような冤罪者を作らないようにして欲しい」と訴えました。

 

 

東電OL殺人事件現場アパートの現在

 

「喜寿荘」は現在は中国人が住んでいる

 

「東電OL殺人事件」の殺害現場となったボロアパート「喜寿荘」は、現在は中国人が住んでいると言われています。

 

「中国人らしき人たちが住んでるみたい。夜中によく出入りしてるよ」

 

「民泊にも使われているようです。大きなスーツケースを転がして、白人の方が部屋に入っていくのをよく見ます」

 

 なるほど、現場となった部屋のドアの鍵は、民泊に使われる部屋でよく見られる「テンキー錠」に変わっていた。

 

引用:ライブドアニュース – いまも残る「東電OL殺人」の現場 民泊として利用されている?

 

 1966年に建てられたアパートで、非常に老朽化が進んでおり、入居者が頻繁に入れ替わっている履歴が確認され、取材に対しても管理会社は一切語りたがらないようです。
 
 

「東電OL殺人事件」についてまとめると…

・渡辺泰子さんは慶應義塾大卒の東電エリート社員でありながら、反原発の立場をとっており、社内で孤立していた

・渡辺泰子さんはストレスから、風俗で働きながら売春婦をしていた

・渡辺泰子さんの父親も東電エリート社員だったが、反原発を唱え権力に逆らい急逝した
 
・犯人として逮捕されたゴビンダさんは2012年に無罪が確定した

・渡辺泰子さんを殺害した真相人として、ヤクザ犯人説や東電陰謀説が噂されている

 

「東電OL殺人事件」のような世間を騒がせた有名な事件などは、警察の怠慢が目立つことも多いため有名になりやすい側面もあるのかもしれません。
 
とは言え、渡辺泰子さんのエリート社員と売春婦の二足のわらじは、権威主義の日本社会の闇を映し出したとも言えるのかもしれません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

和田真一郎

和田真一郎の現在!生い立ちと父親・スーフリ事件と出所後の様子まとめ

熊沢英昭

熊沢英一郎の高校や大学など学歴と経歴~父と母や妹・ドラクエ10の件も総まとめ

樋田淳也

樋田淳也の今現在!富田林脱走事件の犯人の詳細・逮捕その後まとめ

野口和樹

野口和樹(半グレ金塊強奪犯人)の生い立ちや現在!宮迫博之や手越祐也との関係・事件での逮捕や判決まとめ

spfre

スーパーフリー事件の詳細|主犯・和田真一郎の現在とメンバーのその後も徹底解説

船橋18歳少女殺害事件

野口愛永さん生き埋め事件・犯人の現在!湯浅成美・中野翔太・井出裕輝の生い立ちと家族や判決まとめ

060eb67a

渡邊博史の現在!黒子のバスケ脅迫事件犯人の生い立ちとその後まとめ

栃木リンチ殺人事件

栃木リンチ殺人事件の犯人・萩原克彦の現在!裁判の判決やその後も解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

27134610

中山優馬の姉は山田菜々&妹は山田寿々!本名・苗字が違う理由も徹底調査

安田章大

安田章大の現在&病気や怪我の真相!脳腫瘍の手術や彼女遍歴も総まとめ

滝川クリステル

滝川クリステルの歴代彼氏!結婚も噂の小澤征悦とは動物愛護が原因で破局?

ヴァニラ

ヴァニラ整形前と現在!本名と年齢・元の顔からの変化まとめ【画像あり】

大倉忠義

大倉忠義の父は鳥貴族社長!父親と母親・兄弟など実家&家族まとめ

ise

石川さゆりの旦那と娘の情報!結婚から離婚理由まで総まとめ

ラサール石井

ラサール石井の嫁と子供情報!現在の妻の画像&元妻との離婚原因あり

トルシエ監督e

トルシエ監督の現在!評価や戦術&中村俊輔外しの真相まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

20200220-00010010-abema-000-6-view

岩田健太郎の現在!経歴や高校・コロナウイルスでの日本批判とその後まとめ

桶川ストーカー殺人事件

桶川ストーカー殺人事件の犯人は小松和人!被害者・猪野詩織の殺害の経緯や両親の現在まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す