井の頭公園バラバラ殺人事件

井の頭公園バラバラ殺人事件の犯人と真相!被害者・川村誠一さんは人違いで殺害された?

1994年4月23日に発覚したバラバラ殺人事件で、有力な情報が得られないまま2009年4月23日午前0時に公訴時効が成立した未解決の「井の頭公園バラバラ殺人事件」。

 

この記事では、「井の頭公園バラバラ殺人事件」の犯人と被害者について、現在までに分かっている真相を詳しくまとめましたのでご紹介します。

「井の頭公園バラバラ殺人事件」とは

井の頭公園のゴミ箱の中から清掃員が人間の足首を発見

 

多くの謎に包まれた未解決事件

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」は1994年4月23日午前に、東京都三鷹市にある井の頭恩賜公園のゴミ箱において、清掃員の女性が猫の餌を探すために開けたポリ袋に人間の足首が捨てられているのを発見し事件が発覚しました。

 

女性が警察に通報したことで駆けつけた警察官らが公園一帯を捜索したところ、7箇所のゴミ箱から切断された人間の手足や胴体などが入ったポリ袋が27個が見つかりました。

 

これらのポリ袋は水切り穴のある黒い袋と半透明の袋の二重構造になっており、漁師がよく使う硬い結び方がされていました。

 

遺体の手足の指紋は全て削り取られていましたが、わずかに残っていた指紋とDNA鑑定により、被害者は公園周辺に住んでいた一級建築士の男性・川村誠一さんだと分かりました。

 

井の頭公園バラバラ殺人事件、2009年4月23日に時効成立

 

犯行の用意周到性や異常性から組織性が疑われた

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」ではなぜ事件に巻き込まれる要因の考えられない評判の良い川村誠一さんが殺害されたのか、指紋削除や血抜きをした上でバラバラにして遺棄された証拠隠滅を図る計画性、異常性から宗教団体説や暴力団などの組織説が囁かれていました。

 

しかし、殺害された川村誠一さんの身辺をいくら調査しても犯人に繋がる情報は一切挙がらず、2009年4月23日に公訴時効成立しました。

 

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」の真相①…被害者は人違いで殺された?

被害者・川村誠一さんは人違いで殺害された可能性が濃厚

川村誠一さんはターゲットと酷似し、人違いで殺害された

 

ウェブメディア「デイリーニュースオンライン」の記者の取材により、「井の頭公園バラバラ殺人事件」は人違い殺人の可能性があると報じました。

 

実は、この事件の背後には知られざる衝撃の事実があった。

 殺害されたKさんの自宅近くに、彼と瓜二つの容姿をした露店商・A氏がいたのだ。

 そのA氏が、某国の諜報機関の活動を“はからずも”妨害してしまったことにより、殺害の標的とされていたという事実があったというのだ。

 つまり、井の頭公園バラバラ殺人事件は、いわゆる「人違い殺人」である可能性があるということだ。

 

引用:デイリーニュースオンライン – 時効から6年「井の頭公園バラバラ殺人」の驚くべき真相【前編】

 

川村誠一さんは周辺の知人からの評判がとても良い善良な市民であり、建築関係の仕事とは言え暴力団など反社会的組織とのつながりは一切ありませんでした。

 

川村誠一さんは犯人がターゲットにしていたAさんと容姿が非常に酷似しており、年齢も背格好もほぼ一緒、生活圏も近所という極めて悪い偶然が重なって人違い殺人に遭った可能性が高いようです。

 

さらに、事件当日に川村誠一さんはさらなる不運が重なったことにより殺害されてしまった可能性があると分かりました。

 

井の頭公園バラバラ殺人事件、被害者・川村誠一さんの足取り

事件当日、川村誠一さんは普段と違うルートで帰った

 

川村誠一さんは事件当日に建築士の同僚と飲み会に参加しており、飲み会が終わり自宅への帰路で犯人が接触してきて被害に遭ったと見られています。

 

しかし、この日の目撃証言から川村誠一さんはいつもとは違うルートで帰宅していたと見られており、このルートを通ったことが犯人がターゲットと人違いを起こした原因になったようです。

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」発生当時に、テレビで連日報道される中で川村誠一さんの目撃証言は増えていき、これが警察の捜査を錯綜させる一端になってしまいました。

 

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」の真相② 犯人は北朝鮮の工作員?

井の頭公園バラバラ殺人事件、本当のターゲットは露天商のA氏

 

当時は朝鮮系の露天商で溢れていた

 

バブル崩壊直後の1994年当時、全国の繁華街のいたるところでヒッピー風のツーリストを装った外国人露店商が急増しており、その多くは朝鮮系の若者だったと言われています。

 

この露天商らは母国での兵役が始まるまでの間の休暇中に、世界を旅しては現地で露天商をして旅費を稼いでおり、「デイリーニュースオンライン」の記者が取材したAさんもまたその露天商のひとりであり、事件現場付近の露天商仲間の顔役でした。

 

「当時、私は露店の仲間内ではいわばこの界隈では顔役だったんです。そうした中、外国人がいきなり現れたら商売敵でしかないよね。早い話が縄張り争いみたいなものが起きた。あいつらはルールも何も無視して、どこでも商売を始める。露店商とはいえ、ルールがあるからね」

 

 そこで彼らを、自分たちの縄張りである都心部から締め出すために、A氏は“その筋”の関係者の力を借りつつ、徹底抗戦を試みたのだという。だが、その最中でA氏はあることに気づく。A氏らが“単なる露店商”であると考え、排除しようと考えていた相手は、なんとヒッピーを装った、某国の特務機関に属する工作員たちだったのだ。要は、情報収集や特殊工作のために、身分を偽って入国していた“プロ”の活動を、はからずもA氏は妨害するという、実に大それたことをしでかしてしまっていたのである。

 

引用:デイリーニュースオンライン – 「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 

Aさんは縄張り争いに勝つために暴力団関係者の協力を得て”敵対勢力”の締め出しを行いましたが、実は露天商を装った朝鮮系工作員であり、任務妨害をしてしまったため命を狙われるようになりました。

 

その事実を知ったAさんは活動の拠点としていた吉祥寺付近には近寄らないようにし、都内のビジネスホテルを転々としながら工作員に見つからないように逃げ回る生活を余儀なくされました。

 

しかし、工作員の追跡能力はAさんの想像をはるかに上回っており、全国どこに逃げても追跡されて監視される日々が続きました。

 

 

井の頭公園バラバラ殺人事件、犯人は北朝鮮の工作員の可能性も

Aさんが殺されるのを覚悟した頃に事件が起こった

 

Aさんは工作員の追跡から逃れるように東北から九州に至るまで足を伸ばしていましたが、そこにも工作員の監視の目はあり、次第に追い詰められていきました。

 

そして、Aさんがいよいよ殺されることを予感した頃に、人違いで川村誠一さんが殺害された「井の頭公園バラバラ殺人事件」は起きてしまいました。

 

それでも“追っ手”の影は、A氏の行く先々に姿を現せ、その機を狙う素振りを見せていたという。東北の催事場で店を開いたときに監視されたかと思えば、翌日、九州の縁日で店を広げるなり、おかしな外国人たちが自分を監視している。日本中、どこへ出向いても、A氏の周囲には、必ず彼らの姿があった。「もう駄目だと思った」(A氏)と、感じることは少なくなかったという。だが、そんなA氏が日を追うごとに緊迫した状況へと追い込まれる中で、ある事件が発生する。そう、「井の頭公園のバラバラ事件」である。

 

引用:デイリーニュースオンライン – 「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 

東北から九州までどこに逃げても工作員の追跡があったということは、間違いなく大きな組織ぐるみでAさんを監視をしており、全国の外国人露天商の縄張りを熟知していたのでしょう。

 

そして、Aさんは「井の頭公園バラバラ殺人事件」が起きたことをテレビのニュースで知り、その被害者である川村誠一さんの写真を見て初めて工作員が人違い殺人を犯したことを知ったと明かしています。

 

全国に密接なネットワークがある様子から、韓国人工作員というよりは全国に朝鮮総連のある北朝鮮人工作員だと考えられます。

 

 

 

事件以前からA氏は被害者・川村誠一さんに間違われていた

 

 

Aさんは何度も川村誠一さんと間違われていた

 

Aさんはかねてから川村誠一さんの知人らに人違いで声をかけられており、「井の頭公園バラバラ殺人事件」が起きて川村誠一さんの写真を見た時に、あまりに酷似していたことに驚いたと明かしています。

 

「ワイドショーか何かで見て、私が事務所として使っていた家のすぐ近くが画面には映っていて……被害者の方の映像を見たときは、背筋が凍る思いだったよ。そして、“あぁ、この人は私と間違われて殺された”と確信しました」

 A氏が本来いるはずだった吉祥寺界隈には、事件の被害者となってしまったKさんが居合わせてしまったのである。

 そもそも、殺害されたKさんの自宅と、A氏が倉庫代わりに借りていた物件は目と鼻の先。地元・吉祥寺駅界隈では事件前からA氏は何度もKさんの知人らに声をかけられ、その間違えを指摘した後でも、「こんなにそっくりな人がいるなんて……」と驚かれたという。つまり、こうした背景から鑑みれば、KさんはA氏の代わりに、外国人工作員らの手によって、殺害されたのではないかという疑惑が浮上するのだ。

 

引用:デイリーニュースオンライン – 「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 

真犯人が限りなく朝鮮系工作員だということは、今後も真犯人逮捕は絶望的だということであり、真相が解明されても何も事件は解決しないということでしょう。

 

 

 

「井の頭公園バラバラ殺人事件」についてまとめると…

・井の頭公園バラバラ殺人事件は2009年4月23日午前0時に公訴時効が成立した

・井の頭公園バラバラ殺人事件は本当のターゲットだった露天商・A氏と瓜二つの川村誠一さんが人違いで殺害された可能性が高い

・井の頭公園バラバラ殺人事件は北朝鮮工作員の犯行の可能性が高い

 

2019年4月18日にも60代~70代くらいとみられる女性の遺体が見つかり話題となりましたが、こちらは転落した事故の可能性もあると言われ、その後事件性も不明のため未解決のまま不審死として処理されているようです。

 

いずれにせよ、これらの事件により「井の頭恩賜公園が怖い」とネット上で囁かれていますが、地価は下がらずむしろ上がり続けているようで、事件の影響はまったく受けていないようです。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

spfre

スーパーフリー事件の詳細|主犯・和田真一郎の現在とメンバーのその後も徹底解説

香川・坂出3人殺害事件

【画伯】香川・坂出3人殺人事件~山下清の冤罪や犯人の現在まとめ

高山正樹アイキャッチ

仙台女児連続暴行事件の犯人・高山正樹の現在!実家や生い立ち・犯行内容・無期懲役と出所の噂の真相まとめ

熊沢英昭

熊沢英一郎の高校や大学など学歴と経歴~父と母や妹・ドラクエ10の件も総まとめ

2021061300002_3

林健治(林眞須美の夫)の現在!生い立ちと子供(息子/娘)など家族・保険金詐欺での逮捕・和歌山毒物カレー事件のその後まとめ

AxNJWVxCEAA0JAe

ダークコンドル事件まとめ!木村智奈美の現在や炎上の真相【大妻女子大学短大生】

伊勢市女性記者行方不明事件

辻出紀子さん失踪の犯人と現在!伊勢市女性記者行方不明事件の真相まとめ

edd61bb14e2c0946fda36a016a69166b

田中稔(ミートホープ元社長)の現在!牛肉ミンチ偽装事件・告発者の赤羽喜六や真相も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

20120807_taniryouko_10

磯野貴理子と旦那の離婚原因や子供~現在や最近の活動もまとめ

maxresdefault

北見寛明の現在!歴代彼女や結婚・兄弟など家族・逮捕や刑務所生活まとめ【ベイビーギャング・吉本解雇】

BUTMx_8IQAAg8HU

グリコ森永事件の真相と犯人~詳細とかい人21面相の正体まとめ

高橋礼華

高橋礼華の現在!旦那の金子祐樹との結婚や子供・身長や血液型・妹や松友美佐紀との関係もまとめ

20000045

真魚(女優)の現在!本名と生い立ち・両親や家族・彼氏や結婚情報・事務所退所の理由まとめ

hqdefault

広瀬ゆうちゅーぶの現在!削除動画や逮捕その後まとめ【佐藤亜耶】

EoxujTbVgAA3DeJ

キラー・カーンの現在や死因!嫁と子供・若い頃と引退理由・性格・ひき逃げ事件・死去を総まとめ

o0240028113879533867

原田幸広の現在!日野OL不倫放火殺人事件犯人の北村有紀恵との関係・生い立ちや家族・経歴と顔写真の有無・クズエピソードも総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 日本全国どこに逃げても捕捉してくるぐらい調査力のある連中が 地元から動いてない被害者を人違いで殺すか?って気がしなくもない 人違い殺人を否定するつもりはないけど、どこに逃げても追いかけてきたってのは Aの被害妄想もあるんだと思う まあ、殺す気満々の連中に睨まれたら被害妄想を起こすのも仕方ないと思うけど
    • 2:
    • どんどん書き込んでね!
    • 2023/03/16 05:06
    • 返信する
    都内の公園には変造テレカを売っている外国人が沢山いた頃だから、外国から来た殺し屋やテロリストや諜報員が電車に乗っていても普通の日本人には見分けがつかなかっただろう。 某国の諜報機関が関わっていたというか、その後の世界情勢を見てみると、疑わしいのは東アジアに限らず世界中なのでは?

前後の記事

興味があればチェックしてね

キンタロー。

キンタロー。の旦那と子供まとめ!結婚相手の顔画像あり/妊活を経て出産

宮崎勤

宮崎勤の事件と現在!父親・母親・妹など一族の末路も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す