20220206-00000016-nkgendai-000-1-view

西村賢太の死因や現在まで!生い立ちと父親や家族・彼女や結婚と自宅・死去の話題まとめ

「苦役列車」などで知られる芥川賞作家の西村賢太さんが54歳の若さで死去されました。

 

この記事では西村賢太さんの天才と称された経歴や生い立ち、父親、母親、姉などの家族、作品のヒロインのモデルとなった彼女や結婚、自宅の場所、死去後の現在や死因などについてまとめました。

 

西村賢太(芥川賞作家)のプロフィール

 

西村賢太のプロフィール

 

生年月日:1967年7月12日

没年月日:2022年2月5日(享年54歳)

出身地 :東京都江戸川区春江町

 

 

西村賢太さんは、第144回芥川賞(2010年下半期)を受賞した小説「苦役列車」などの作品で知られる小説家です。

 

西村賢太さんの作品の多くは、自身の破滅的な生き方を基にした私小説で、自身をモデルにしたその一連の作品の主人公「北町貫多」のあまりのクズっぷりから「ダメ人間のヒーロー」だとしてインターネット上でも高い人気を集めました。

 

芥川賞を受賞した「苦役列車」の他にも、第134回芥川賞候補および第19回三島由紀夫賞候補の「どうで死ぬ身の一踊り」、第29回野間文芸新人賞を受賞した「暗渠の宿」、第138回芥川賞候補作「小銭をかぞえる」、第35回川端康成文学賞候補作「廃疾かかえて」など、多くの代表作があります。

 

また、西村賢太さんは、大正時代に活躍した私小説作家・藤澤清造を敬愛しており、「歿後(ぼつご)弟子」を自称してその作品の復刊にも力を注がれていました。

 

2011年から現在まで連載を続けていた、日記形式の随筆「一私小説書きの日乗」では、毎日大量に酒を飲み、コンビニ弁当やカップ麺を毎日いくつも食べるといった不健康極まりない自身の日常を綴っていました。

 

そして、西村賢太さんは2022年2月5日に54歳の若さで死去しました。不健康な生活が祟ったのだろうとも言われていますが、その亡くなり方自体が西村賢太さんらしい、まるで戦前の破滅的私小説家のようなどと話題になっています。

 

今回はそんな西村賢太さんについてまとめていきます。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)は天才と称されていた

 

4659b9bc-183d-439b-9681-f57cac285a31

出典:https://webun.jp/

 

西村賢太さんは、ただ自分の気が赴くままに生きている日々を小説にしているだけで、極上のエンターテイメント性を持った数々の名作を生み出し続けた事などから「天才」とも称されていました。

 

 

 

 

芥川賞受賞直後も「天才」という声が多かった

 

西村賢太さんには、「苦役列車」で2011年に芥川賞を受賞した当時も天才との評価も多く上がっていました。

 

 

西村賢太さんは芥川賞の受賞会見の席で「風俗に行こうと思っていた」と破天荒な発言をして大きな話題を呼びましたが、当時は、公式な場でごく自然にこうした発言をしてしまうところが天才的といった声も多くみられました。

 

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の生い立ち① 運送業を営む家庭に生まれる

 

西村賢太さんは、1967年7月12日に東京都江戸川区春江町で生まれています。家族は両親と3歳上の姉が1人いました。実家は祖父の代から運送業を営んでいました。

 

西村賢太さんによると、実家の会社は最盛期でも従業員4人程度の小さな零細企業だったという事ですが、負債や無理な資金繰りなどはなく、それなりに裕福な家庭だったそうです。

 

ただ父親は当時の時代にありがちな厳しい人物で、少しでも口答えをすれば手が出るようなタイプだったそうです。西村賢太さんは大人になっても子供時代に父親に暴力を振るわれた影響から、初対面の人に対しておどおどしてしまうところがあったと語っています。

 

焼肉店やラーメン店などに家族で外食をする事もあったそうですが、子供時代の西村賢太さんは、インドアなタイプだった事に加えて、自意識も強く家族団欒を友達に見られる事が嫌だったため、あまり家族と外食に出かけるのは好きでは無かったのだとか。

 

西村賢太さんは、小学校5年生の時に当時、映画化やドラマ化で流行していた横溝正史の小説にハマり、これが文学の世界にはまり込んでいくきっかけになったそうです。当時夜の22時から放送されていたドラマ「横溝正史シリーズ」も家族に隠れてこっそり観ていたそうです。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の生い立ち② 父親が逮捕され母子家庭に

 

510QKnzNk0L

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

西村賢太さんが江戸川区立二之江第二小学校の5年生で11歳だった1978年の9月、父親が強盗強姦事件を起こして逮捕され懲役7年の実刑判決を受けてしまいます。これが原因で両親は離婚し、西村賢太さんはその後母子家庭で育っています。

 

この離婚の影響で西村賢太さんは母と当時14歳の姉と江戸川区から千葉県船橋市市原のアパートに夜逃げ同然で転居し、さらにその後、小学校6年生に進級する直前の春休みに東京都町田市のコーポへと移っています。

 

当時の西村賢太さんは、働きに出るようになった母親から1日300円のお昼代をもらっていたそうなのですが、ほとんど本を買うために使っていたのだとか。

 

その後、西村賢太さんは転居先の町田市立中学校へと進学しています。中学時代の成績は国語を除いてほとんどが「1」だったそうです。(国語も特に良いというわけではなかった)

 

ただ、中学2年生の時に自分の将来についての作文に西村賢太さんは「将来は推理作家になるだろう」と書いたそうで、この頃からすでに小説家になろうと考え始めていたようです。

 

しかし1982年の中学3年生の時、西村賢太さんは、それまでは強盗事件で逮捕されたと聞かされていた父親が、実は強姦罪も起こしていた事を知ってショックを受け2学期から不登校になっています。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の生い立ち③ 高校には進学せず肉体労働で生活

 

91p1dTH0NiL

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

西村賢太さんは1983年に中学を卒業しますが、成績も悪く素行不良もあったため行ける高校は全寮制の東京都立秋川高等学校か定時制高校くらいしかなく、寮に入りたくもないし、高校に行っても無駄だとも考えたため、進学はせずに働き始めています。

 

卒業後は母親のもとを離れ、台東区鶯谷で一人暮らしを始めています。中卒だったため就職する事が難しく日雇いで港湾荷役や酒屋、警備員などの肉体労働を転々として生活をしていたそうです。当時住んでいたアパートの家賃は8000円ほどだったそうですが、その日暮らしでいつも生活は困窮しており、家賃滞納を繰り返して1年半ほどで強制退去させられています。

 

その後は、飯田橋、横浜市戸部町、豊島区要町、板橋区などの風呂トイレなしの格安アパートを転々としますが、相変わらず家賃滞納と強制退去を繰り返していたそうです。

 

一人暮らしを始めたばかりの10代半ばこの頃、西村賢太さんは鶯谷の有名居酒屋である「信濃路」に通い始めています。西村賢太さんは作家としてデビューした後もこの「信濃路」に常連客として通われていました。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の生い立ち④ 藤澤清造に傾倒し私小説を書き始める

 

51Jx2QnU4GL._SX349_BO1,204,203,200_

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

西村賢太さんは、16歳の頃に神田神保町の古本屋に通いはじめ、戦後の貴重な初版本の収集などに熱を上げるようになります。

 

25歳の時、アルバイト先の同僚とトラブルになり、止めに入った警官を殴って逮捕され、10万円の罰金刑を受けています。

 

こうした日々の中で、西村賢太さんは、田中英光や藤澤清造の作品と出会い私小説に傾倒するようになります。

 

29歳の時に泥酔して暴行事件を起こして留置場に入ったのをきっかけに、自身の破滅的な生き方を小説にした藤澤清造に共鳴して、「歿後(ぼつご)弟子」を名乗って藤澤清造全集の自費での出版を目指したり、清造の墓標を譲り受けて自宅に保存したり、清造の月命日には必ずお墓参りをしたり、その墓の隣に自分の生前墓を建てたりの活動を始めました。

 

そして、2003年、36歳の時に同人誌「煉瓦」に参加して小説を書き始め、同誌で発表した「けがれなき酒のへど」が「文學界」に掲載されたのをきっかけに、プロの作家としてデビューを果たしました。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の家族① 父親は強盗強姦事件で逮捕

 

61jUDKu6qUL

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

運送業を営んでいたという西村賢太さんの父親は、外車マニアだったそうで、数年ごとにジャガーやカマロ、クーガーなどを乗り換えていたそうです。

 

また、西村賢太さんは父親について、こだわりが強い人物で、母親の作る食事にもよく文句を言い作り直させたりしていたそうです。また、ひどく執念深い人物でもあったとも話しています。

 

この父親は、西村賢太さんが小学5年生だった1978年9月に強盗強姦事件で逮捕され、懲役7年の実刑判決を受けています。この逮捕をきっかけに西村賢太さんは母親と家を出て、その後はこの父親との関わりは無くなったようです。

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の家族② 母親とは23歳の時に音信不通に

 

西村賢太さんは、小学5年生の時に逮捕された父親の元から逃げ出すような形で、母親と姉と共に暮らし始めています。

 

西村賢太さんはこの母親については「人一倍潔癖な質」と書いています。

 

西村賢太さんは中学卒業後と同時に一人暮らしを始めていますが、その後も金に困るたびに母親に金を無心していたそうです。

 

しかし、23歳の時に母親は連絡先を告げずに行方をくらまし、その後は音信不通に、西村賢太さんが「苦役列車」で芥川賞を受賞した時に、1度だけ手紙が届いたそうですが、西村賢太さんは連絡を返さずにそのままだったようです。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の家族③ 3歳上の姉とも絶縁状態

 

西村賢太さんには3歳上の姉がいますが、この姉は母子3人で父親の元から逃げ出してから4年後の18歳の時に家を出て、そのまま絶縁状態になっているそうです。

 

この姉については、1987年に結婚したが、1992年に離婚したといわれているようですが、これは西村賢太さんの作品から読み取れる情報であり、事実かどうかは微妙なところです。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の彼女

 

51wnfcP02OL

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

西村賢太さんは20代と30代の頃には彼女がおり、同棲なども経験されているようです。

 

2017年の作品「夜更けの川に落葉は流れて」には「佳穂」という女性が主人公の北町貫多の彼女として登場しますが、これは1991年に交際していた西村賢太さん実在の元彼女がモデルになっているようです。

 

また、「暗渠の宿」、「小銭を数える」など多くの作品に登場するヒロイン「秋恵」は、西村賢太さんが2001年頃に同棲していた元彼女がモデルになっているようです。

 

ちなみに、西村賢太さんはこの秋恵のモデルになった女性の実家から少なく無い金額を借金していたそうです。西村賢太さんが芥川賞を受賞した時には、この彼女の母親から電話があったそうで、西村賢太さんは「賞金から借金はお返しします」と伝えたそうなのですが、「いいのよ、本当におめでとう」と祝福されたのだそうで、彼女とは破局したものの、良い関係性は築けていたようです。

 

西村:本人からはなかったんですが、「秋恵」のお母さんから「おめでとう」と電話をいただきました。その前からちょくちょく借金の督促の電話が来ていたんですが(注・西村氏は同棲していた「秋恵」さんの実家から多額の借金がある)、受賞でまた催促されるのかなと思ったら、「おめでとう」だけでお金のことを一切言われ無かったのは感謝してます。

 

引用:芥川賞作家 旅費8万円送り手応えあった女子アナに振られる

 

なお、西村賢太さんは芥川賞作家になった後に、サイン会に来た若い女性読者がメールアドレスを渡してきたのでメールを送ったものの返信はなかったと話されています。

 

西村:サイン会に若くて感じの良い女性が来たんです。僕のサイン会は中高年の男性が多いから、若い女性が来ると目立ちます。しかも彼女はサインをしたときにメールアドレスを渡してきたので、ならばとメールしたんですが、なにも返事が返ってこなかったですね(笑)。

 

引用:芥川賞作家 旅費8万円送り手応えあった女子アナに振られる

 

また、この他にも、ある地方局の女子アナに「イベントを見にきませんか?」と旅費の8万円を渡して口説いたところ、本当にその女子アナがイベントに来たため、本気になりかけたそうですが、その後は音沙汰なく進展しなかったそうです。

 

西村賢太さんは「秋恵」のモデルになった女性と破局して以降は、彼女は1度もできなかったようですが、単にモテなかったというより、次第に特定の女性と一緒にいたいという思いが薄れていったようです。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の結婚

 

西村賢太さんは同棲までした彼女(秋恵のモデル)とは1年ほどで破局し、その後は女性とは交際しておらず、結婚は1度もされていません。

 

西村賢太さんは過去のインタビューなどで、小説で賞をとっても自宅に帰って家族がいないと虚しいとも話されていますが、その虚しさは一瞬で忘れるし、その一瞬の虚しさのために家族を養うなんて大変。もし結婚した相手が病気にでもなれば、自分にとっての足枷になるので、結局1人でいた方が良いと話されていました。

 

こうした発言内容から、西村賢太さんは、独りでいる事の寂しさは感じつつも、それよりも結婚する事によって自由に生きられなくなる事の方が嫌だったように見えます。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の自宅

 

large_7879750f19

出典:https://www.nishinippon.co.jp/

 

西村賢太さんの自宅は東京都内のようですが、詳細な場所は明かされておらず不明です。

 

ただ、何年か前のインタビューで東京北区に自宅があり、新宿にも部屋を借りて住民票を移したという内容を語られていたので、現在も自宅は新宿区にあった可能性も考えられます。

 

西村賢太さんは3万冊もの本を所蔵しており、その置き場のために自宅以外にも部屋を借りていたようです。

 

また、西村賢太さんは藤澤清造を敬愛するあまり、その出身地である石川県七尾市にも部屋を借りていたそうで、自宅の他にそこに滞在する事も多かったようです。

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の現在…54歳で死去

 

記事冒頭でも触れていますが、西村賢太さんは現在は既に死去されています。

 

報道によると、西村賢太さんは2022年2月4日の夜に東京都赤羽から乗車したタクシー車内で体調を崩し、タクシーの運転手によって病院へと搬送されましたが、病院に着いた時にはすでに心肺停止の状態だったようです。

 

その後、医師による蘇生が試みられたものの、5日午前6時32分頃に死亡が確認されたとの事です。

 

関係者によると、西村さんは4日夜、東京・赤羽からタクシーに乗車したが、車内で体調を崩した。タクシーの運転手が病院に運んだが、そのときにはすでに心停止していたという。病院で医師が蘇生を試みたが、再度の心停止となり、亡くなった。

 

引用:芥川賞作家・西村賢太さん死去 54歳、タクシー車内で倒れ、病院到着時には心停止

 

「苦役列車」「小銭をかぞえる」などの破滅型の私小説で知られる芥川賞作家の西村賢太(にしむら・けんた)さんが5日午前6時32分、東京都北区の病院で死去した。

 

引用:芥川賞作家の西村賢太さん死去

 

 

 

西村賢太(芥川賞作家)の死因は心疾患…食生活が原因との説も

 

西村賢太さんは死亡後、死因はすぐに特定されずに警視庁王子警察が調べていると報じられていました。また、遺族と連絡が取れずに北区による葬儀が行われる事も示唆されていました。

 

5日午後5時の時点で、王子警察で死因を調べている。遺族とも連絡がついておらず、関係者はご遺族が見つからない場合は、北区が葬儀などを行う可能性も示唆している。

 

引用:芥川賞作家・西村賢太さん死去 54歳、タクシー車内で倒れ、病院到着時には心停止

 

しかしその後、西村賢太さんの死因は「心疾患」だった事が関係者から明らかにされています。

 

作家・西村賢太さん 死因は心疾患 「苦役列車」で芥川賞

5日に54歳で死去した作家、西村賢太さんの死因が心疾患だったことが10日、分かった。関係者が明らかにした。

 

引用:作家・西村賢太さん 死因は心疾患 「苦役列車」で芥川賞 | 毎日新聞

 

また、関係者からは、葬儀は近親者により営むとも明かされている事から、いずれかの親族と連絡が取れたと見て良さそうです。

 

葬儀は近親者で営み、お別れの会は新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら検討する。

 

引用:作家・西村賢太さん 死因は心疾患 「苦役列車」で芥川賞 | 毎日新聞

 

西村賢太さんが「心疾患」に至った原因として、ネット上ではタバコや飲酒・食生活・肥満などが原因ではないかという憶測がありますが、真実は定かではありません。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、「苦役列車」での芥川賞受賞などで知られる私小説作家で、2022年2月5日に54歳で死去した西村賢太さんについてまとめてみました。

 

西川健太さんはその破天荒な生き様をそのまま描いた作品のエンターテイメント性の高さなどが評価され「天才」とも称された作家でした。

 

その生い立ちも波乱に満ちたもので、小学5年生の時に父親は強盗強姦罪で逮捕されて実刑判決を受けて両親が離婚。その後は母子家庭で育ちますが、中学卒業後は高校には進学せずに家を出て、日雇いの肉体労働をしながら生活していました。

 

家族としては、元運送業者経営で逮捕された父親のほか、西村賢太さんが23歳の時に姿を消して依頼絶縁状態の母親と、同じく絶縁状態の3歳年上の姉がいます。

 

西村賢太さんは20代と30代の頃には彼女がいましたが、生涯結婚はせずに独身を貫き、天涯孤独といった生き方を選ばれていました。

 

自宅の場所は東京都北区や新宿区に部屋を借りられていたようですが、詳細な場所は明らかにされていません。

 

最初に触れたように、西村賢太さんは2022年2月5日に死去され現在は既にこの世にいません。死因は「心疾患」とのみ発表されています。

 

最後になりましたが、西村健太さんのご冥福をお祈りします。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

EePlewaUwAE-3Kw

原泰久の離婚や元嫁と子供・年収!小島瑠璃子(こじるり)との熱愛報道や略奪疑惑も総まとめ

EdC75l4VcAUn24Y

楳図かずおの現在!病気で死亡のデマ・結婚・家の廃墟化まとめ

62a56699-s

荒木飛呂彦の顔年齢が若い!昔と現在の比較画像・老けない秘訣まとめ

宮崎吾朗

宮崎駿監督の引退宣言とは?嫁と息子・名言・復帰と現在までを総まとめ

o0200023110265057388

和久井健の年齢・生い立ちと経歴は?関東連合との関係・作品の絵柄が変わった説も総まとめ【東京卍リベンジャーズの作者】

img_cc177cbea591823fd7247450144d9ee9524914

弘兼憲史の嫁は柴門ふみ!結婚と子供(娘/息子)・経歴や自宅と年収も総まとめ

e50f4_1110_20191116-171456-1-0004

松本零士の現在!脳卒中の容体・嫁と子供・槇原敬之との裁判結果まとめ

hte

畑健二郎と浅野真澄の結婚や離婚の噂!過去の不祥事や引退の真相も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

1

臼井儀人の事故と最後の写真!遺書など自殺説・作品や嫁と娘も総まとめ【クレヨンしんちゃん作者】

1E69F5A1-500E-4689-9292-9C4CFB7431BC-300x267

ミルクボーイ駒場孝の嫁は?出身高校や筋肉・美人の結婚相手や子供など総まとめ

新井浩文

新井浩文は韓国籍の在日|本名や家族~マッサージ被害女性とその後まとめ

218

光本勇介の経歴と生年月日&資産や現在!父親・結婚や彼女が夏菜のデマ・テキーラ事件の詳細もまとめ

永山絢斗

永山絢斗の兄弟や父親・嫁など家族!学歴や歴代彼女も総まとめ

友寄隆英

森崎友紀の旦那はナスD!結婚と子供情報&現在まで総まとめ

o0800080113505158476

藤原一裕(ライセンス)の嫁は山口美沙!子供(娘)や結婚の馴れ初めも紹介

夜神月

デスノート夜神月の演技力比較と評判!藤原竜也・窪田正孝・東出昌大のキラ役で好評なのは?

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

20180403-00000014-reallive-000-3-view

勝俣州和の結婚や嫁と子供情報!ファン0人・若い頃と現在も総まとめ

9

小林陵侑の父と母・兄弟と姉など家族!身長と年収・韓国俳優チャンギヨンと似てる説・プロフィールも総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す