DutrG74U0AAhzjs

アパマンショップ爆発・店長のその後現在!事故と犯人の詳細まとめ

2018年12月に北海道札幌市のアパマンショップ平岸駅前店で爆発事故が起こりました。爆発を引き起こした犯人である同店店長は、事故から約1年後の2019年12月に重過失致傷等の疑いで書類送検されています。

 

ここではアパマンショップ爆発事故の詳細から、その後の現在までをまとめています。

アパマンショップ爆発事故の概要

 

アパマンショップの爆発事故

 

アパマンショップ爆発事故とは、北海道札幌市豊平区平岸のアパマンショップ平岸駅前店で起きた爆発事故です。

 

この事故により、同店および隣接する居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」が倒壊・炎上し、52人が負傷しています。

 

 

アパマンショップの事故前後の画像

 

 

事件日時:2018年12月16日

事件現場:「アパマンショップ平岸駅前店」(※爆発地点)と隣接の居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」

被害者:死者0人、負傷者52人(被害者のうち多くは、隣接した居酒屋の客)

 

事故概要:アパマンショップ平岸駅前店で爆発事故。

結果、爆発地点であるアパマンショップ平岸駅前店が入る木造2階建て、及び隣接する居酒屋店舗が炎上・倒壊。周辺ビル・マンションの窓ガラスまでが爆風等で割れ、また周辺一帯が一時停電となるなど被害が拡大した。

 

 

アパマンショップ爆発事故原因~犯人はアパマンショップ店長だった

未使用のスプレー缶噴射後に給湯器を使用して爆発

 

アパマンショップ爆発事故の犯人と原因は?

 

2018年12月に起きたアパマンショップ爆発事故。亡くなった方はいませんでしたが、大きな爆発が起き、被害者も数十人にのぼりました。

事故犯人:アパマンショップ店長(当時)

事故原因:アパマンショップ店長が室内などで未使用のスプレー缶120本を噴射後、湯沸かし器のスイッチを点火し爆発を引き起こす。

 

佐藤社長らによると、男性店長は16日昼に店外でスプレーを噴射していたが、通行人の目が気になり午後8時すぎに店内で処理を再開。煙たくなったため、いったん外に出て15~20分後に戻った。手を洗おうと給湯器をつけたところ爆発が起きたと説明している。爆発では男女計42人が負傷し、重傷は男性店長1人だけだった。

引用:札幌の爆発、入居前の消臭せず 新品スプレー120本処理

 

事故現場であるアパマンショップは2階建てでしたが、それらは外階段になっており、部屋の密度が高くなる造りでした。さらに部屋は締め切りしていたため、部屋の中は煙くなるほどだったということからも、部屋の中にはガスが充満していたことが伺えます。

 

またスプレーには引火性が極めて高いとされるジメチルエーテルが含まれていましたが、店長は「可燃性の認識はなかった」などと話したといいます。(スプレー缶は火気厳禁です。)

 

アパマンショップに大量の消臭スプレーの在庫があった理由

 

アパマンショップ爆発事故のスプレー缶とは?

 

アパマンショップ爆発事故は、当時の店長が未使用のスプレー缶を処分しようとしたことがきっかけでしたが、この”スプレー缶”は本来違うところで使われるべきものでした。

 

このアパマンショップ平岸駅前店の運営するアパマンショップリーシング北海道の社長は事故後会見を開き、このスプレーの使用方法について触れています。

 

それによると店舗ではお客さんとの間で有料の「消臭サービス」を契約。この消臭サービスを実施するにあたり、使用されるのが爆発事故のきっかけとなったスプレー缶だったというのです。

 

これについて同社社長は”スプレー缶”の扱いについて以下のように説明し、消臭サービス未実施だった可能性に触れました。

 

佐藤社長は「店舗の中で120本も散布するという通常では考えられないことをしている。正直なところ、なぜだろうと思う」と話した。佐藤社長によると、通常、店舗に置かれるスプレー缶は50~60本で、200本の在庫も多いという。

「平岸駅前店」は爆発がなければ2日後の18日に店を改装する予定で荷物の整理中だった。急いで処分したとみられるが、佐藤社長は同店では、スプレーを使う消臭・抗菌サービスを顧客と契約しながら、実施していないケースがあったことを明かした仕入れ値は約1000円だが、代金は1万~2万円だといい、「スプレーを廃棄していたのはサービスを実施していなかったことが一因」との見方を示した。

引用:アパマン店長、可燃性認識せずガス抜き「なぜ」社長

隠蔽目的かと問われると「そういう認識はない」と述べた。未実施の件数は不明で「調査中」としたが、店舗側は「契約が多く回りきれなかった」と説明しているという。

引用:札幌爆発事故で明らかになった“消臭詐欺” スプレー缶1本1000円で仕入れ、1万円で提供も未使用

 

また消臭サービス未実施だけではなく、注目されたのはそのスプレー缶のお値段と契約値。

 

スプレーはすでに画像も出回っている通り特定されていますが、『ヘヤシュ』という商品になります。これは通常1000円前後で売買されています。

 

アパマンショップ、爆発事故により消臭代ボッタくりが発覚

 

 

しかし、アパマンショップ平岸駅前店では、これを消臭サービスとして約1〜2万円で顧客との契約事項に入れていたといいます。

 

『ヘヤシュ』自体の操作方法は簡単で、ボタンを押すと噴射が始まり3~4分で全て出切るそう。正直高いなと思ってしまいますが、これについてアパマンショップリーシング北海道の社長は「通常価格」と説明しています。

 

またこのスプレー缶消費ノルマの有無は、会見で社長が否定していますが、その後文春が「ノルマがあった」などと報じています。

 

アパマン元従業員が「スプレー缶ノルマ」告発 「私の店舗にも300本が……」

 

 

アパマンショップ爆発事故のその後現在~元店長は書類送検へ

元店長が重過失致傷と重過失激発物破裂の疑いで書類送検

 

爆発事故から1年後、書類送検された元店長

 

2018年12月に起きたアパマンショップ爆発事故。それを引きおこしたアパマンショップ元店長の男性は、2019年12月に重過失致傷等の疑いで書類送検されました。

 

札幌市豊平区平岸の不動産仲介業者「アパマンショップ平岸駅前店」で昨年12月に発生した爆発と火災で、道警は2日、重過失致傷と重過失激発物破裂の疑いで、同店の元店長辻本貴浩容疑者(34)=札幌市豊平区=を書類送検した。

引用:アパマン元店長、書類送検 札幌爆発、重過失傷害疑い

 

ほかのメディアなどを見ると、「元店長で自営業の男性」と紹介しているものもありますので、現在はほかのお仕事をされているようですね。事件発生から約1年後の書類送検となりました。

 

 

アパマンショップ爆発事故、進まぬ補償問題に被害者も憤り

 

広範囲にわたって多数の被害を出した爆発事故

 

アパマンショップ爆発事故後、親会社であるAPAMANは業績予想を下方修正し、そのうち爆発事故に関連して特別損失10億円を計上しています。

 

札幌市のアパマンショップ店舗で起きた爆発事故に関連し、被害者への賠償金や建物復旧などにかかる費用約10億円を特別損失に計上する。特別損失には事故に伴って自粛したテレビCMの取りやめの費用なども含む。一方、3億1千万円の保険に加入しており、被害者への賠償金については保険の支払い対象になるとしている。

引用:APAMAN、札幌の爆発事故で特損10億円

 

事故直後に行われた周辺住民に対する説明会では、爆発事故によって被害をうけた店舗や住宅などに対する原状回復費の費用負担検討などを明言。

アパマン「原状回復費は全額負担を検討」 札幌の爆発

 

2019年1月の時点でAPAMAN側は、被害者側の一部とは補償が完了したとも説明していますが、爆風で割れた住宅マンションの窓ガラスの修繕などは進んでいないところもあったそう。

近隣、進まぬ修繕工事…札幌爆発事故から1か月

 

2019年6月には炎上・倒壊した居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」が移転して営業再開。

 

巻き込まれた店舗のうち前述の「海さくら」については、事故から約半年後の2019年6月26日に南区澄川へ移転したうえ営業を再開した

引用:札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故wiki

 

そして2019年12月、事故を引き起こしたアパマンショップ元店長が書類送検されましたが、やはりいまだ事故の影響が残るところもあるようです。

 

向かいのビルに入る飲食店も爆風で水道管などが損傷し、3カ月以上の休業を余儀なくされた。30代の男性オーナーによると、事故の4カ月前に移転。昨年9月に起きた胆振東部地震による落ち込みから回復しかけた矢先の爆発だった。営業を再開した今も水道の漏水が頻発し、水道代は例年の約10倍に上るという。オーナーは「1年たっても店は元に戻らず、経営は厳しい」と憤る。

 

アパマン側から仮払金は入ったが、賠償額を巡って争っており、今後の経営の道筋が立たないという。説明を求めても納得いく返答がなく、入居する建物の所有者も取り壊しと改修で迷っている。

引用:被害店舗漏水頻発 日常戻らず憤り 北海道・アパマン爆発1年

 

 

アパマンショップ爆発事故についてまとめると…

・アパマンショップ爆発事故は、未使用のスプレー缶を噴射後に給湯器を使用したことが原因である

・アパマンショップは契約した客に対して消臭代として1万円~2万円を請求していたが、実際には原価千円の消臭スプレーさえも撒布しないケースもあった

・アパマンショップ爆発事故から1年後の2019年12月、元店長が重過失致傷と重過失激発物破裂の疑いで書類送検された

 

アパマンショップ爆発事故についてまとめましたが、その後の報道はやはり少なくなり埋もれていくものですね。しかし現実にはまだまだ事故の被害に悩まされている方もいるようです。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

笹子トンネル天井板落下事故

笹子トンネル崩落事故の原因!犠牲者と生存者・その後の心霊情報など総まとめ

日航機墜落事故

日航機墜落事故の真相と生存者の現在~原因や機長の音声も総まとめ

タイタニック号沈没事故

タイタニック号沈没事故の原因と真実!生存者の現在や死者が増えた原因も総まとめ

風神雷神Ⅱ事故

エキスポランド事故と現在!コースター風神雷神脱線の全容まとめ

福島原発事故

福島原発事故の真実と現在!原因や死者数・がん急増との関係も総まとめ

軽井沢スキーバス転落事故

軽井沢バス事故の原因!小室結など犠牲者と運転手・その後現在も総まとめ

新小岩駅人身事故

JR新小岩駅で人身事故・自殺が多い理由!その件数と予防対策も総まとめ

チェルノブイリ原発事故

チェルノブイリ原発事故の現在!原因と死者・福島と比較など総まとめ【画像付き】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

名取裕子

名取裕子と宅麻伸の結婚はある?若い頃から現在まで総まとめ

eeee90e5

藤田ニコルが告白したバトシンの彼女は武田玲奈!?公開告白とその後まとめ

5274332f-s

はねだえりか「CoCo」時代の不仲・確執告白!首謀者・敵対メンバーは誰なのか真相を徹底検証

mig

さくらももこの家族が悲惨?顔や本名・旦那と子供や現在まで【画像あり】

坂本堤弁護士一家殺人事件

坂本堤弁護士一家殺人事件の真相|家族・犯人など現在まで総まとめ

てるみくらぶ

てるみくらぶ社長・山田千賀子の現在!学歴や経歴&逮捕まで総まとめ

横山健

横山健がマギーと不倫で嫁と離婚?フライデー浮気報道まとめ【画像付き】

渡辺直美

【昔】渡辺直美は台湾ハーフ!衝撃過去と現在・体重変化まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

37024

後藤理沙の現在!引退と復帰・旦那との結婚や離婚・若い頃など総まとめ

熊沢英昭

熊沢英昭が息子を殺害~経歴や出身高校と大学・嫁や子供・自宅など総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す