2021-03-04-15

赤堀恵美子の生い立ちと家族!夫と子供・創価学会など宗教と国籍・碇利恵との関係や事件を総まとめ【福岡5歳児・碇翔士郎ちゃん餓死事件】

「福岡5歳児・碇翔士郎ちゃん餓死事件」で保護責任者遺棄致死の容疑で母親・碇利恵と共に逮捕されたママ友の赤堀恵美子が注目されています。

 

この記事では、赤堀恵美子の生い立ちや実家の両親、学歴や結婚した旦那や子供、過去の離婚歴、被害者男児の母親・堤利恵との関係、創価学会員だった事が判明した事や国籍などについてまとめました。

赤堀恵美子は「福岡5歳児餓死事件」で逮捕された女

 

Web-キャプチャ_3-3-2021_5372_www.youtube.com_-800x441

出典:https://zuboramamaroom.com/

 

2020年4月18日、福岡県篠栗(ささぐり)町で当時5歳だった碇翔士郎(いかり しょうじろう)ちゃんが死亡しました。碇翔士郎ちゃんの死因は低栄養状態による餓死で、親による虐待が疑われて福岡県警が捜査していました。

 

そして、2021年3月2日、福岡県警は、碇翔士郎ちゃんの母親の碇利恵(逮捕当時39歳)と、その友人(ママ友)の赤堀恵美子(逮捕当時48歳)を保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕しました。

 

警察発表によれば、碇利恵と赤堀恵美子は、2019年8月頃から共謀し、翔士郎さんの食事量を制限するなどして低栄養状態にして餓死させた疑いがあるという事です。

 

今回はこの「福岡5歳児餓死事件」で逮捕された女・赤堀恵美子について見ていきます。

 

 

 

赤堀恵美子の生い立ち① 元実家は福岡県大川市一木エリア

 

kkj

出典:https://miatsumu.com/

 

赤堀恵美子の生い立ちについてこれまでに判明している情報を見ていきます。

 

赤堀恵美子は福岡県大川市一木という場所で生まれています。しかし、現在は既にこの場所に実家はないようです。また、赤堀恵美子は3人きょうだいで兄と姉が1人ずついるという事です。

 

2021年3月11日発売の週刊新潮の記事には、この赤堀恵美子の兄と姉も過去に逮捕されているとの証言が掲載されています。

 

それによれば、兄は過去に勤務先から800万円を横領して逮捕され、1年半懲役に行っており、姉は結婚前に死産した赤ん坊の遺体を埋めようとしていたところを通報され逮捕されたという事です。ただ、赤堀恵美子の父親によれば、兄の逮捕は事実のようですが、姉の逮捕については事実ではないという事でした。

 

 

 

赤堀恵美子の生い立ち② 学生時代は「えーしゃん」と呼ばれ明るい性格

 

2103101217_2

出典:https://www.dailyshincho.com/

 

赤堀恵美子は地元(福岡県大川市)の小・中学校を卒業しています。

 

小・中学校の同級生の証言によれば、赤堀恵美子は当時から大柄な体つきで、明るい性格でクラスではお笑い担当のような立ち位置だったそうです。この方によれば、赤堀恵美子は当時は「えーしゃん」というあだ名で呼ばれ、周囲から慕われていたという事です。

 

当時流行っていたお笑い番組「オレたちひょうきん族」が好きで、ビートたけしさんのギャグの「コマネチ」などを真似してクラスメイトのウケをとる事もあったようです。

 

赤堀恵美子は、小学生時代の卒業文集に、将来の夢を「やさしい保母さん」と書いています。

 

img_a737170c12e6f5e44df44278aed2841b865063

出典:https://bunshun.ismcdn.jp/

 

中学に進学した赤堀恵美子は、ソフトテニス部に入部して部活も勉強も真面目に取り組んでいたという事ですが、周囲に自分を大きく見せるための嘘をつくような虚言癖があったという証言も出ています。

 

赤堀恵美子は中学卒業後は大川市外の高校へと進学したようです。高校時代の赤堀恵美子は評判が悪く、アルバイトが禁止だったのに飲食店でアルバイトをしていて、それが同級生にバレて学校にチクられてしまった事を恨んでその同級生をいじめていたという証言があります。

 

 

 

赤堀恵美子の生い立ち③ 電子関連会社に勤めたのちスナックのママに

 

afr2103030007-p1

出典:https://www.sankei.com/

 

高校卒業後の赤堀恵美子は、電子関連会社に就職しています。この頃には現在のような巨体になっていたようで、仕事のユニフォームが入らなかったというエピソードの証言が当時の関係者から出ているようです。

 

赤堀恵美子はその後、正確な時期は不明ですがこの電子関連の会社を辞め、24歳くらいの時に地元の福岡県大川市で「AシャンAシャン」というスナックの雇われママとして働き始めています。この店名は小・中学時代の自身のあだ名の「えーしゃん」から取ったという事でした。

 

赤堀恵美子のスナックのママとしての評判はよく、明るい性格が評判になり地元の「名物ママ」として人気があったそうです。

 

しかし、このスナックで2〜3年働いた後、赤堀恵美子は急に店を辞めて音信不通になったという事でした。

 

後述しますが、ちょうどこの頃に赤堀恵美子の両親が借金を踏み倒して夜逃げしており、赤堀恵美子もこの時に両親と一緒に地元を離れたという事でした。

 

 

 

赤堀恵美子の両親は借金を踏み倒して夜逃げしている

 

赤堀恵美子の両親についても見ていきます。

 

赤堀恵美子の両親は地元の福岡県大川市一木では評判が悪かったそうで、四方八方から数百万円を借金をしまくって、ことごとく踏み倒していたという証言が出ています。

 

「恵美子一家は、母方の実家の敷地内に住み、両親は健康保険料を払う金にも困っていた時期もあったけど、恵美子を含め3きょうだいとも私立の高校に行かせとった。

 四方八方に借金をしまくり、ことごとく踏み倒しとった。幼いころからそれを見とった恵美子も、その手法を真似たのかもしれんね」(別の近所の住人)

 

引用:《福岡5歳児餓死》ヤクザを匂わせた赤堀恵美子容疑者、過去に計画していた「違法ビジネス」

 

そして、上述したように、赤堀恵美子が26歳か27歳くらいの頃に、両親は借金を踏み倒したまま夜逃げ同然で、佐賀県の鳥栖市に引っ越したのだそうです。

 

一家も佐賀県鳥栖(とす)市に夜逃げ同然で引っ越したがその後、日田市の容疑者宅のすぐそばに移り住んだという。

 

引用:《福岡5歳児餓死》ヤクザを匂わせた赤堀恵美子容疑者、過去に計画していた「違法ビジネス」

 

 

 

赤堀恵美子の現在の実家や両親

 

2021年3月11日発売の週刊新潮の記事によれば、赤堀恵美子の実家の両親は現在は大分県にいるようです。

 

記事では、週刊新潮の記者が大分県の赤堀恵美子の父親を取材していますが、この父親は赤堀恵美子を庇うような発言をしています。

 

後述しますが、赤堀恵美子は創価学会員で父親も創価学会員だという事もこの新潮の記事で明らかにされています。この父親は新潮の記者に対して「池田大作名誉会長(創価学会名誉会長)は、絶対やっとらん事は死んでもやっとらんち言い通せち。それが信念や」と赤堀恵美子に容疑を否認しろと言わんばかりの妙なエールを送ったという事も記事に書かれています。

 

 

 

赤堀恵美子の学歴

 

続けて、赤堀恵美子の学歴についても見ていきます。

 

赤堀恵美子は実家のあった福岡県大川市一木の地元の小・中学校の出身との報道が出ていますが、具体的にどこの小・中学校に通っていたのかという情報は不明です。

 

ただ、この一木という地域にある小学校は大川市立川口小学校だけ、中学は大川南中学校だけなので、赤堀恵美子はこの小・中学校の出身である可能性が比較的高いのではないかと推測できます。

 

中学卒業後、赤堀恵美子は大川市外の私立高校へと進学したという事は明らかになっていますが、こちらも具体的な高校名などは現在のところ判明していません。

 

赤堀恵美子は高校卒業後には電子関連の会社に就職しているという事なので、大学には進学しておらず最終学歴は高卒という事になります。

 

 

 

赤堀恵美子の結婚した旦那について

 

赤堀恵美子は結婚しており、旦那と子供がいる事が判明しています。

 

赤堀恵美子の旦那の年齢や職業、名前などは不明ですが、今回の事件について週刊誌の直撃取材を受け、この旦那は「自分は何も知らない」と話していたという事です。また、この旦那も赤堀恵美子が名乗っていた偽名「ユウナ」と呼んでいたという証言が出ており、赤堀恵美子はこの旦那にも自分の名前を偽っていた可能性もあるという事です。

 

赤穂英美子が結婚した正確な時期などは現在のところ明らかになっていませんが、結婚後は現在の福岡県篠栗町で暮らしていたようです。

 

また、今回の事件で、碇翔士郎ちゃんの容態が急変した時、119番通報したのはこの旦那さんだという事も明らかになっています。

 

 

 

赤堀恵美子の子供は3人

 

2021-03-04-15

出典:https://i1.wp.com/

 

赤堀恵美子には現在の旦那との間に子供が3人いる事が明らかになっています。

 

赤堀恵美子の子供の年齢や名前などの詳しい情報は不明です。しかし、少なくともその子供のうち1人は今回の事件で被害者となった碇翔士郎ちゃんと同世代で、他の子供のうち少なくとも1人は小学生だという事が判明しています。

 

赤堀恵美子の子供と、自分の子供が同じ小学校に通っているというある女性の証言によれば、赤堀恵美子は子供の行事には全て参加しており、母親としての仕事はきっちりやっていたという事でした。

 

また、子供には水泳やバレエなどいくつも習い事をさせていたという事です。

 

「子供の行事にはすべて参加していました。子供の送り迎えも自分でしていて、旦那さんが帰ってくる時間にはきっちりと帰って食事を用意したり、母親としてはきちんとやっていたように見えました。子供には塾や習い事をいくつも通わせていたそうです。水泳とバレエをやらせていて、水泳はこの辺でも(月謝の)値段が張るところにわざわざ通わせていたと聞きました。

 

この女性によれば、赤堀恵美子は専業主婦で、旦那の稼ぎもそこまで良くはないのに、子供に習い事をたくさんさせるなど、その生活レベルに違和感を抱いていたという事です。

 

おそらくこれは、赤堀恵美子が碇利恵から騙し取ったお金で維持されていた生活だったと見られています。赤堀恵美子と碇利恵の関係についての見出しでも触れますが、赤堀恵美子は碇利恵を洗脳するようにして支配し、総額で1200万円もの金を奪い取っていたとの疑いがかけられています。

 

 

 

赤堀恵美子には過去に離婚歴も【結婚式写真あり】

 

EwL0Y3jVEAA_6mM

出典:https://pbs.twimg.com/

 

赤堀恵美子には現在の旦那との結婚以前にも結婚と離婚歴があるという事が明らかになっています。

 

赤堀恵美子の前の旦那は2021年3月時点の年齢54歳で、大分県に居住しているようです。結婚したのは2001年で赤堀恵美子が28歳の時でした。この旦那は大分県でトラック運転手をされていた方だという事です。

 

週刊誌「女性セブン」がこの赤堀恵美子の元旦那に取材しており、当時の結婚式の写真なども入手し掲載しています。(上の画像など)

 

赤堀恵美子の元旦那によれば、当時から赤堀恵美子には、結婚式の費用の支払いをせず踏み倒そうとするなど金銭トラブルが多く、結婚から1年ほど経過したある日、元旦那の名義で数百万円の借金を作り、さらに元旦那の銀行のキャッシュカードを持ったまま蒸発し、結婚生活はそのまま終了したという事でした。

 

 

 

赤堀恵美子と被害者の母親・碇利恵との関係

 

image-67

出典:https://occhocoyomeko.com/

 

赤堀恵美子と、被害者児童の母親の碇利恵の関係についても見ていきます。

 

赤堀恵美子と碇利恵は、福岡県篠栗町内の同じ幼稚園に子供を通わせていた事をきっかけに、2016年4月頃に知り合ったようです。

 

当時を知る肩の証言によると、赤堀恵美子は他の保護者に対して何故か「赤堀ユウナ」という偽名を使い年齢も34歳と実際より10歳もサバ読みしていたという事です。

 

赤堀恵美子は、虚言癖のクレーマーで、いわゆるモンスターペアレントのようなところがあり、周囲からは嫌われていたそうです。当初は、碇利恵も「赤堀さんとあまり絡みたくない。子供に悪影響かも」と周囲に漏らすなど、赤堀恵美子と関係を持ちたくない様子だったそうです。

 

しかし、いつの間にか赤堀恵美子と碇利恵は仲良くなり、碇利恵は逆に他の保護者との関係を拒否するようになり、顔を合わせても無言で逃げてしまうようになったという事でした。

 

その後の調べにより、赤堀恵美子は碇利恵を巧みに洗脳しており、「他のママ友が悪口を言っているが、自分は味方だ」などと言って周囲との関係を切り離していたようです。

 

2021-03-04-19

出典:https://i0.wp.com/yattenannbo.com/

 

さらに、赤堀恵美子は、碇利恵の旦那が浮気しているという架空の話をでっち上げて2019年5月頃に離婚に追い込み、堤利恵を周囲から孤立させて自分の支配下に置くような関係を作っていた事が明らかになってきています。

 

また、別の共通のママ友を、裏社会とつながりある人間に仕立て上げて「ボス」と呼び、この女性が碇利恵に関わる様々なトラブルを解決していると見せかけて、その見返りとして多額の金銭(1200万円以上と見られている)を騙し取っていたことなども明らかにされています。

 

他にも、路上で赤堀恵美子が碇利恵を怒鳴り散らし、碇利恵がそれを黙って聞いているのを見たという証言も出ているようです。

 

b0d91c66

出典:https://livedoor.sp.blogimg.jp/

 

碇利恵は、逮捕後の取り調べで、赤堀恵美子に子供の食事を抜かれる事を恐れ逆らえなかったという供述をしており、子供を人質にとられて指示に従わざるを得ない主従関係が出来ていたことが疑われています。

 

逮捕後の取り調べに対し碇容疑者は「子供の食事を抜かれることを恐れ、(赤堀に)逆らえなかった」「(赤堀の)洗脳が解けた今、翔ちゃんに申し訳ないことをした」と後悔の念を口にしているという。

 

引用:「赤堀ユウナ、34歳です」福岡5歳児餓死 逮捕の“虚言大女”は周囲に偽名、10歳年齢詐称も

 

赤堀恵美子は碇利恵に生活保護を受給させているのですが、困窮しているように見せかけた方が有利だなどと言って、碇利恵の子供達(碇翔士郎ちゃん含めて3人)の食事を制限させていました。この結果、当時5歳の碇翔士郎ちゃんの体重は同年齢平均の半分ほどの10キロ前後にまで痩せ衰え、栄養失調による餓死という最悪の結果を招きました。

 

碇翔士郎ちゃんが当時通っていた幼稚園では、碇翔士郎ちゃんの体重が激減していく段階で虐待を疑い、行政への通報を行っています。これを受けて児童相談所の担当者などが碇利恵の自宅を訪問すると、何故か赤堀恵美子がおり、「碇利恵は対人恐怖症だから会えない」などと抗議して担当者を追い返していたという事です。

 

さらに、赤堀恵美子は碇利恵に命令して、2020年1月に碇翔士郎ちゃんを幼稚園から退園させたそうです。これらが事実だとすれば、もはや致死事件というレベルではなく、赤堀恵美子による殺人だと言っても過言ではないように感じます。

 

ここまで明らかになっている情報を見ると、赤堀恵美子と碇利恵の間には完全な上下関係が出来上がっており、碇利恵は親として子供を守る為の最低限の判断力すらも奪われていた様子が窺えます。碇利恵もある意味での赤堀恵美子の被害者だと言っても良いかもしれません。

 

 

 

赤堀恵美子の宗教は創価学会と判明

 

週刊新潮の記事によれば、赤堀恵美子は宗教団体「創価学会」の会員だったという事です。

 

記事によると、赤堀恵美子は両親の代からの創価学会員で、堤利恵にも創価学会に入会させていたようです。そして、赤堀恵美子は、今回の事件で亡くなった碇翔士郎ちゃんの葬儀費用は創価学会が出したので、香典は創価学会に渡したという話をしていたそうです。

 

これは、赤堀恵美子と堤利恵を知る保護者仲間から得られた情報だという事です。

 

お通夜の日、たまたま赤堀に用事があって電話したんです。彼女が“お通夜があってバタバタしている”と言うので誰が亡くなったのか尋ねると、“バカの一番下の子どもったい”と言われました。彼女は碇さんのことを“バカ”とか“あれ”と呼んでいましたね。それと、“葬儀代は学会が出した代わりに、香典は学会に渡した”といったような話を聞きました。彼女は創価学会の信者なのでね

 

引用:福岡5歳児餓死事件、母親とママ友は「創価学会員」だった 衰弱の我が子に“お題目”

 

香典を創価学会に渡したという部分については、創価学会のある古参学会員が、創価学会では香典は持って行かない決まりがあるため、赤堀恵美子が創価学会の名前を利用して周囲を騙そうとしているのではという見方を示しているようです。この真相については現在のところ不明です。

 

また、碇翔士郎ちゃんが餓死した事件が報じられた当初、地元記者から、堤利恵がお題目だか念仏だかを唱えていたという情報が出ていますが、これは創価学会のお題目だったと見られています。

 

地元記者によると、「碇容疑者は、衰弱して動けない翔士郎ちゃんのそばで、救急隊が到着するまでのあいだ、お題目だか念仏だかを唱えていた」というが、これは創価学会のお題目だったというわけだ。

 

引用:福岡5歳児餓死事件、母親とママ友は「創価学会員」だった 衰弱の我が子に“お題目”

 

週刊新潮の記者が堤利恵の代理人弁護士にこの件について確認したところ「赤堀恵美子に勧められて創価学会に入っていたが、現在は退会済み」という回答を得られたという事です。

 

 

赤堀恵美子の国籍

赤堀恵美子の国籍についてネット上で「日本人のやることじゃない」「韓国人や朝鮮人じゃないの?」「尼崎事件の角田美代子みたいに背乗りしてそう」と噂されるようになってきています。

 

・恵とか美とか朝鮮人が名前に使うの好きだよな

・この赤堀ってのは普通の人間には思えないんだけど部落民か?朝鮮人?

 

引用:【速報】母親とママ友、創価学会員だった 赤堀容疑者「5歳児の香典は学会に渡した」 母親は赤堀に誘われ入信 福岡洗脳餓死

 

赤堀恵美子の国籍についての情報はありませんが、赤堀恵美子の在日韓国人説や在日朝鮮人説の裏付けとなる根拠は現状存在していません。

 

赤堀恵美子の生い立ちや実家の場所(福岡県大川市一木)を見る限りは日本育ちの日本国籍の可能性が高いと思われます。

 

 

赤堀恵美子の現在~碇利恵よりも重い懲役15年の判決

 

出典:https://news.livedoor.com/

 

 

保護責任者遺棄致死などの罪に問われ、2022年8月29日から裁判員裁判が始まった赤堀恵美子ですが、一貫して無罪を主張していたといいます。

 

裁判では、赤堀恵美子が碇利恵を「支配」していたのかどうかが争点になっていましたが、赤堀恵美子は、碇利恵に指示はしておらず翔士郎ちゃんの死亡は「母親(碇利恵)の責任」とし、お金も一切受け取っていないと発言していました。

 

亡くなる1カ月ほど前の翔士郎ちゃんについて聞かれ、 「体を見て小さくなっていて、細かったので…。ショックでした…。」などと涙を流しながら語る場面もあったようです。

 

さらに赤堀恵美子の旦那も証言台に立ち、赤堀恵美子と碇利恵について「普通の関係にしか見えなかった」とし、支配関係にはなかったと思うと語っています。

 

また、警察から赤堀恵美子の嘘を一つ一つ聞かされ洗脳が解けていったという碇利恵は、「人間ではない」などと赤堀恵美子への怒りを露わにしていました。

 

そして、法廷では碇被告の心情意見陳述が読み上げられた。
碇利恵被告:
私からだまし取った金でぜいたくに暮らしていたくせに、罪悪感を感じておらず、人間ではない。私はママ友、母親、姉、児相、警察など全ての人を疑い、被告人の嘘を信じた。被告人が社会に出れば、また被害者が出る

また被害者参加制度を使って、碇被告の母親が意見を述べた。

碇被告の母親:
翔ちゃんが4歳になる前に利恵の様子がおかしくなって、そこにはいつも赤堀がいました。赤堀と出会っていなければ、翔が亡くなることはありませんでした。赤堀は普通の人間ではありません。赤堀さん、私たちに翔ちゃんを返して下さい。それができないなら嘘はやめてください

 

引用:ママ友に碇被告「人間ではない」 懲役15年求刑も無罪主張…赤堀被告の夫「支配あり得ない」 美容院で散財?“ボス”に矛盾【5歳児餓死裁判】

 

2022年9月8日に福岡地裁で開かれた赤堀恵美子の論告求刑公判で、検察は「嘘の話を吹き込んで母親を心理的影響下に置き、保護責任を果たすことを困難にした。」などとして懲役15年を求刑。

 

同月21日の判決公判で裁判長は赤堀恵美子の碇利恵への「支配」を認定し、赤堀恵美子に求刑通り懲役15年の判決を言い渡しています。

 

碇利恵には2022年6月に懲役5年の判決が言い渡されており、赤堀恵美子は碇利恵よりも重い判決となりました。

 

冨田敦史裁判長は「ママ友として親交を深め、嘘を重ね、生活全般を実質的に支配した」として、碇被告が主張した赤堀被告の支配を全面的に認定。

そして、判決の理由について次のように述べた。

冨田敦史裁判長:
悪質な手口で指示したのは、他ならぬ被告人である。否認しているので動機は判然としないが、少なくとも金銭欲は明らかであり、だまし取るためだけでは説明できないほど繰り返したことには、碇被告の家庭への悪意が背景にあった。酌量の余地はない

 

引用:ママ友・赤堀被告に懲役15年判決「悔しさと憎しみ…」接見で語った碇被告への心情 無罪訴え続けるも“支配”全面認定

 

赤堀恵美子は、懲役15年の判決を不服として9月28日付けで福岡高裁に控訴しており、今後の動向にも注目が集まっています。

 

 

まとめ

 

今回は、2020年4月に福岡県篠栗町で当時5歳だった碇翔士郎ちゃんが低栄養状態で餓死した事件で、2021年3月2日に保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕された女・赤堀恵美子についてまとめてみました。

 

赤堀恵美子は福岡県大川市の一木という地区で3人きょうだいの末っ子として生まれた生い立ちをもちます。地元の小・中学校出身で、当時は明るい性格で「えーしゃん」というあだ名で呼ばれ、人気があったという証言が出ています。

 

中学卒業後は大川市外の高校へと進学し、高校卒業後は電子関連の会社での勤務を経て、地元大川市で「AシャンAシャン」というスナックで雇われママをしていたようです。

 

しかしその後、実家の両親が借金を踏み倒して夜逃げしたため、赤堀恵美子もこのスナックを辞めて大分県へと移住したようです。赤堀恵美子はそこで最初の結婚をしていますが、この元旦那の名義で数百万円の借金をしてそのまま逐電しているようです。

 

そして、その後、現在の旦那と結婚し3人の子供を儲け、子供の保育園を通じて、今回の事件の被害者の母親である堤利恵とママ友の関係になったという事です。

 

そして、赤堀恵美子は、堤利恵を巧みに洗脳し、生活保護費や子育て手当など1200万円を奪い取ったと報じられており、その中で碇翔士郎ちゃんら堤利恵の子供たちへの食事を制限させ、栄養失調状態に追い込んで碇翔士郎ちゃんを餓死させた疑いで逮捕されています。

 

赤堀恵美子には一審で懲役15年の判決が言い渡されていますが、この事件の今後の展開にも注目していきたいと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

FvcJAhJacAAh7MA

藤山功至の現在!釧路事件と前科・交際相手・生い立ちと母親など家族・高校や経歴まとめ

img_5226db8eaebf98f3a381bcd722b1bd7f115486

藤井遥(池袋ホテル殺人事件犯人)の知的障害と生い立ちや実家と家族!小林優介との関係・パパ活でのトラブルなど真相まとめ

img_610c3f9b94314746038fef8648b41f3b617084

八田與一の現在!生い立ちと親や家族・大学や経歴・指名手配や前科の噂まとめ

ダウンロード (1)

末益歩(末益愛翔くん母親)の生い立ちや実家と家族!末益涼雅との結婚・虐待死事件と裁判の判決など総まとめ

000281523_1920

斎藤淳(飯能殺人事件)の生い立ちと家族!高校と大学など経歴・結婚・事件の動機や現在も総まとめ

FUOUtPragAA1iLm

長野奈々の交際相手は元競輪選手!結婚や家族・長女の現在と犯行動機まとめ【春日部市3歳女児死亡事件の犯人】

FrLOzl4aEAIwEws

熊井ひとみの現在!実家の父親や祖父など家族・出身高校や多摩美術大学の学部・ルフィ事件への関与とその後まとめ

123003548012356539493-123003548012356539493-1582574901676101634

野崎祐也の生い立ちと家族や経歴!女子中学生自殺ほう助事件の動機なども総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

img001

“吉川ひなの”の旦那と子供・現在まとめ!劣化したと噂の画像あり

C-Nm1FRU0AAd_TE

ナオト・インティライミの家族!結婚した嫁と子供・兄弟・生い立ちも総まとめ

野口和樹

野口和樹(半グレ金塊強奪犯人)の生い立ちや現在!宮迫博之や手越祐也との関係・事件での逮捕や判決まとめ

EUhlJ0FUcAI3yab

梨田昌孝の若い頃と嫁や息子は?コロナ感染と持病や喫煙歴まとめ

くまだまさし

くまだまさしの現在!ネタや闇営業・嫁と子供や年収も総まとめ

4f72130888f1611a19469400e42989ef

彦根警察官射殺事件・逮捕の犯人は大西智博!顔写真や実名が現在は非公開の理由も紹介

9ef252ace19f33a4cd67b98b5166a4ba

つのだりょうこお姉さんの現在!結婚や旦那と子供・杉田あきひろとの関係もまとめ

440px-Carlos_Ghosn_2010

カルロス・ゴーンの嫁と娘など家族情報!自宅や年収と資産~逮捕も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ryosuke-yoshimura-leader_20070414005933

用賀喧嘩会の現在!初代や歴代メンバー・関東連合との関係・凶悪事件まとめ

2006265_201201260174737001327575818c

里田まいが子供を出産!田中将大との馴れ初めや結婚・息子と娘誕生まとめ【画像あり】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す