岡田有希子

【遺書】岡田有希子の自殺原因は峰岸徹?神田正輝?真相と新事実まとめ

岡田有希子さんは、1980年代に活躍したアイドルです。1983年にデビューし、スター街道を歩いていた最中、1986年に投身自殺をしました。

 

ここではアイドル岡田有希子さんの自殺と遺書内容、自殺真相をまとめています。

岡田有希子さんのプロフィール

芸名:岡田有希子(おかだゆきこ)

愛称:ユッコ

本名:佐藤 佳代(さとうかよ)

出身地:愛知県一宮市

生年月日:1967年8月22日

没年月日:1986年4月8日(於東京都新宿区四谷)

デビュー:1983年

身長:155cm

所属事務所:サンミュージック

 

岡田有希子さんは、1983年にデビューしたアイドル歌手です。「ポスト松田聖子」と期待された逸材でしたが、デビューから約2年半年後の1986年4月に所属していたサンミュージックの自社ビル(当時)から飛び降り自殺。

 

その衝撃的な現役アイドルの自殺は、ティーンエイジャーらの後追い自殺が後を絶たず社会問題に発展しました。自殺後2週間で後追い自殺した人数は30名を数え、最終的には100名若しくは300名などと言われることがあります。のちに、国会で議員がこの話題を取り上げたほどです。

 

 

アイドルとしての略歴。

 

岡田有希子さんは愛知県で生まれ、小学校時代には「画家・小説家」になりたかったそうですが、中学生頃から芸能界を目指すようになります。親族の反対にあいながらもオーディション番組「スター誕生!」 で合格しサンミュージックに所属、芸能界入りしました。
 
1983年10月にタレント活動を始め、1984年4月に歌手デビューも果たし、同年のレコード大賞では最優秀新人賞受賞。以降、アイドル歌手として全国ツアーやプロモーション、連続ドラマ出演等とんでもない仕事量をこなしてきたと言われます。
 

1985年2月に密着取材を受けた岡田有希子さんの様子より。

 

2月9日は仙台で8時から21時まで13時間、14日は東京で10時から22時まで12時間、2月15日は9時から23時まで14時間、イベント出演、テレビやラジオ番組の収録、ドラマ撮影、取材などのタレント活動をこなす。体調不良のため途中に病院で診察を受け、風邪と過労の診断にも関わらず点滴を打ちながら仕事をこなす岡田の姿に、『DUNK』の記者は「その忙しさを毎日こなしているなんて、立派であることをしみじみ実感する。私たちの体力ではもう駄目。ああ情けない」と感想を述べている。

引用:岡田有希子 wiki

 

またデビュー時は16歳、亡くなった際に18歳だった岡田有希子さんですが、その約3年間で数十億の売り上げをあげていたと言われています。
 

岡田有希子の場合には三年間で三十億円稼いだとか言われておる。

引用:104 衆議院・文教委員会

 

岡田有希子さんの自殺前後の時系列 

岡田有希子さんの自殺前後の時系列について、まとめています。
 
まず岡田有希子さんは、デビュー以降、サンミュージック社長だった相澤秀禎宅に下宿していましたが、1986年4月4日に東京都青山で一人暮らしを始めました。また4月5日から始まった全国コンサート中で、4月10日からはテレビ朝日のドラマ収録を控えていたと言います。
まさに忙しいアイドルならではのスケジュールをこなしていたようですね。
 
 

自殺前日は映画「ロッキー4」を試写会で鑑賞。

渋谷パンテオンで報道陣によって、その姿がカメラに収められています。終わった後は、マネージャーやアイドル仲間たちと電話をしています。いろいろと証言が異なりますが「元気そうだった」、はたまた「落ち込んでいるようだった」とも言われています。

 

なお最後に彼女と電話したのは同じくアイドルだった生田智子さんとのこと。

 

1986年4月8日(自殺当日)
・午前10時頃 自宅マンションにてリストカット・ガス自殺未遂
→近隣住民の通報で、未遂に終わる。
・北青山病院にて手当を受け、そのまま事務所の人間とともに現場となったビルへ。
・正午0時20分頃 事務所ビルに着き、周囲の隙をつき屋上へ駆け上がり投身自殺。
 
投身自殺直後には記者(梨元勝リポーター)が現場に駆けつけていて、当時の緊迫した様子が動画で残されています。※動画の閲覧にはご注意ください。
 
 
上記動画内では、当時自宅での自殺未遂した岡田有希子さんに付き添っていたサンミュージック福田時雄元専務が、インタビューに答えています。要約すると以下のような内容です。
 
自殺直前の詳細状況:午前10時頃に自宅マンションで自殺未遂を図って北青山病院で治療を受けたが、大きな怪我ではなかったためそのまま事務所へ移動。事務所到着時に、岡田有希子さん・福田専務・付き人の女性の3人で部屋にいたが、12時15分頃に社長からの電話を受けた福田専務が席を外し、その隙をついて屋上へ向かったと説明。
 
自殺原因を問われた際の回答:「わからない」としながら「躁鬱の激しい子ではあった」と答えています。

 

なお後日、福田専務は岡田有希子さんの1回目の自殺未遂後に事務所にいった経緯を、彼女の希望であったと語っています。

 

幸いためらい傷だけだったので、医者に入院の必要はないと告げられ、私は有希子を連れてタクシーに乗りました。『どこに行きたい? 名古屋の実家へ戻るか? 自宅マンションへ帰るか? 事務所に行く?』と尋ねると、事務所がいいと言うので、四谷へ向かったのです

引用:「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

 

 

岡田有希子さんの遺書内容

亡くなった岡田有希子さんの自宅には、遺書と思われる鉛筆書きのノートがありました。彼女の遺書には「失恋したこと」や「失恋相手の名前」等が記されていたと言われています。

 

 

岡田有希子さんの遺書に書いてあることとは。

 

記事内容(画像)からですが、遺書には「男優の峰岸徹さんにふられた…憧れていたのに、最近冷たくされて悲しい…勝手なことしてごめんなさい……」と書かれていたという報道がされています。

 

 

ただ遺書は実際に公開されたわけではなく、その死後も長らくサンミュージックの金庫に保管されていると都市伝説的に語り継がれています。

 

有力視されている内容は、岡田有希子さんが辛い失恋をした相手が峰岸徹説ですが、一方でサンミュージック会長は遺書について口を頑なに閉ざしていたと言われています。

 

相澤会長に生前、何度か取材した週刊誌記者によると「当時、岡田さんには家族にも見せていない日記のようなノートが残されていて、そこには死に至った交際相手について赤裸々に綴られていたという話があり、長くその相手の名前だけでも聞かせてもらえないかとうかがっていた」という。

 

あるときは酒の席で相澤会長に突っ込んだが「どんなに酔っていても、その話になると『その話はやめてくれ』の一点張りで、教えてもらえなかった」という。

「でも、当時取材した芸能リポーター(故人)からは、日記自体の存在を会長が認めた話も聞きましたし、日記の最期の言葉が“さようなら”だったということも分かっています」(同)

引用:峰岸徹が死ぬまで向き合い続けた「岡田有希子自殺」の衝撃

 

自殺原因?失恋相手は、峰岸徹説と本命・神田正輝説?

岡田有希子さんの死は不可解な点が多い為、他殺説など含め、これまでさまざまな憶測が言われています。ここでは、その中でも最も有力視されている自殺原因の”失恋”についてスポットを当てまとめていきたいと思います。

 

峰岸徹説

岡田有希子さんの遺書と思しきノートに記されたいたという「失恋話」。そのお相手と目されるのは、すでに名前が出ている通り往年の名優峰岸徹さんです。

 

 

失恋相手と噂された峰岸徹さん。

峰岸徹さんは名脇役として映画・ドラマに数多く出演しましたが、2008年に肺がんを煩い逝去。

 

二人は1985年の「禁じられたマリコ」で共演しており、峰岸徹さんは1983年に前妻藍とも子さんと離婚し独身でした。ただ当時すでに別の婚約者がいたとも言われています。

 

 

岡田有希子自殺後には、渦中の人として囲み取材に応じています。

 

 

峰岸さんは、岡田の自殺の真相を知って「正直、ものすごくショックです。僕は兄貴のつもりでいたんですが、彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。それが愛だったら、責任を感じます」とコメントした。

引用:峰岸徹が死ぬまで向き合い続けた「岡田有希子自殺」の衝撃

 

峰岸徹さんは交際関係を否定し、岡田有希子さんは妹的存在であったと話しています。ただやがて、こういったスキャンダル的な内容は尾ひれが付き、「峰岸徹に遊ばれた・捨てられた・妊娠していた」等とひどい言われ方をされるようになりました。

 

 

本命・神田正輝説

また岡田有希子さんの自殺原因とみられた失恋相手は違う人物だという見方もあります。そのお相手こそが、俳優の神田正輝さんです。

 

ただ当の神田正輝さんは、彼女が自殺する前年に松田聖子さんと結婚していました。

 

 

1985年6月に電撃結婚した神田正輝・松田聖子。

聖子ちゃんは郷ひろみさんとの破局会見(1986年1月)を開いた約1ヶ月後に神田正輝さんとの結婚を電撃発表、6月に挙式・披露宴を行いました。馴れ初めは1985年公開映画「カリブ・愛のシンフォニー」共演時に体調を崩していた聖子ちゃんを神田さんが見舞ったことだと言われています。

 

また1986年10月に娘神田沙也加さんが生まれましたが、1997年に離婚。

 

当時松田聖子さんの浮気・不倫スキャンダルが絶えず、仮面夫婦説も根強いですが、真相は謎です。魔性の女・松田聖子の生き様……マッチと密会、暴露本、逆セクハラなどの過去

 

 

失恋相手は神田正輝説浮上の何故?

(画像左下部やや閲覧注意)

 

古い週刊誌の記事からですが、画像の記事内容まとめてみるとその理由がわかります。

 

・「岡田有希子さんが思いを寄せていたのは、神田正輝」(情報源週刊誌に届いた差出人不明の”怪文書”)

・神田正輝さんと結婚した松田聖子さんが妊娠発表したのは1986年4月7日(自殺前日)

・岡田有希子さんも神田正輝さんの子供を妊娠していた

・全国的人気を得るため政界人にアイドルが枕営業→それを癒していたのが石原軍団?

 

・さらに岡田有希子さんの1度目の自殺未遂後には、事務所の人間が平手打ち+「とんでもないことをしてくれたな!」と追い詰めたとも。

 

つまり石原プロが、結婚したばかりの神田正輝さんの醜聞をかばうために、峰岸徹さんとの噂を仕立てたというものです。峰岸徹さんはその見返りとして、仕事をもらったとか石原プロから優遇されたとか、そんな話も言われていますが真相は定かではありません。

 

さらにネットなどでささやかれているのが、松田聖子さんと石原裕次郎さんの不倫を隠すために、神田正輝さんとの結婚自体が仕組まれた説も。

 

 

聖子ちゃんと石原裕次郎は不倫関係だった?

 

石原裕次郎は不倫関係を隠すため、聖子ちゃんと神田正輝さんを結婚させる。当時、神田さんと付き合っていた岡田有希子さんは無理やり別れさせられたというもの。

 

あまりに想像力豊かな話にまで発展した岡田有希子さんの失恋相手。ただ不思議と大まかな筋が通っているせいか妙に納得させられるような気もしますが、最初に戻って考えると峰岸徹さんがそこまでする必要があったのかが疑問です。

 

確かに峰岸徹さんは石原裕次郎さんに憧れ芸能界入りしたと言われていますが、1960年代から多くの映画・ドラマで活躍してきた人ですので、いくら見返りがあったとしても人の生死に関わるものでしょうか…。

 

 

死後、母親が語った真実とは

 

岡田有希子さんの遺稿集「愛をください」。

すでに絶版となっていますが、岡田有希子さんがかいた絵画・詩・日記が記されたもの。そこには岡田有希子さんの母親の手記も寄せられています。

 

 

 

母親の手記では遺書についても触れられ、当時話題となった峰岸徹さんの名前が確かにあるものの痴情のもつれなどはなく、”相手の男性には騒動に巻き込み、申し訳ない。そして気の毒”と綴られているといいます。つまり岡田有希子さんの失恋相手は峰岸徹さんですが、弄ばれたようなものではなかったことが伺えます。

 

またそれよりも岡田有希子さん母親の手記では、若い彼女を都会にたった一人にしてしまった自身の後悔が記されています。失恋は確かに大きな影響を与えますが、岡田有希子さんの死については、そんな一つのことだけで語られるべきものではなかったのでしょう。

 

 

岡田有希子さんとは。

改めて彼女に対する周囲の評判をまとめてみます。

 

まず弱音を吐かず、非常に真面目。また表にグイグイでていけるタイプでもなかったと言われます。

 

デビューのきっかけともなった「スター誕生!」でのエピソードを語るサンミュージックの福田元専務。岡田有希子さんの真面目さがよくわかります。

 

「有希子が会場に出てきた途端にいいと思い、ボタンを押しました。周囲にも“ほら、ボタン押して押して”と促したほどです。でも予選に受かったはいいが、学校の先生や親に反対されて本戦出場は難しかった。そこで有希子は親と学内テストで1番をとる、住んでいる地方の統一模試で学年5位に入る、志望高校であるトップの進学校に受かる、などの約束をして、そのすべてをクリアしました。そしてやっと許しを得て本選に出ました。本当にまじめな努力家でしたね」

引用:「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

 

また優しすぎる面があったようです。

 

「不思議な子でね、新宿音楽祭など金賞が2組ある賞を取るとニコニコしていたのに、1組しかもらえない賞だともらっても浮かない顔をした。どうしたんだと尋ねると、私がもらったら他の歌手のファンに悪いなんて言ってました。有希子はレコード大賞最優秀新人賞を取りましたが、この賞を取れたのは、うちでは他は桜田淳子だけ。(松田)聖子も取れなかった。“最優秀”はなかなか取れないのです」

引用:「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

 

親友でもあった南野陽子さんは、当時の芸能界や岡田有希子さんの様子について語っています。

 

「学校で顔を合わせる機会というのは、実は少なかったんだけど、お互いに忙しかった卒業の年(86年)の2月、二人して出席日数が足りず、学校で机を並べて自習していたことがありました。その時に『ナンノちゃんはこれからどうしたいの?』とか、『ドラマの撮影っていうのはね……』とか、そんな話をいっぱいしてくれました。それはね、彼女が姉さん肌だったとか、世話焼きだったとかいうのではなく、彼女が抱え込んでいたものをはき出すための、“ゴミ箱”が私だったんだと思う。仕事現場に行けばたくさんの方に囲まれるけれども、年配の方も多く、本音で会話できる仲間って少ないんです」

引用:岡田有希子、没後30年 南野陽子が「“ゴミ箱”が私だった」と思い出語る

 

そして岡田有希子さんは自殺前に、気になるような言動をしていたとも。

 

 「(亡くなる1か月前に)楽屋でふたりで打ち合わせをしていたら、ふと彼女が寄り添ってきたんですよ。そんなこと一度もなかったんですが、何か話したいことがあるような、甘えるようなそぶりで。でもぼくはとっさによけてしまった」

引用:サンミュージック相澤会長 岡田有希子、酒井法子らとの絆

“下宿生”の中でも「全く手のかからない子だった」と生前振り返っており、一人暮らしを始めた岡田さんが自殺する3日前の4月5日に相澤さん宅を訪ね、晩ご飯を一緒に食べた時の様子をいつも回想していた。

 

岡田さんの部屋に入れ替わって入ったのが酒井法子。「私のあとに、いい子が来たじゃない?」と漏らした時に、何か悩んでいるなと親身に相談に乗ってあげられなかったことを悔やみ続けた。

引用:相澤さん 長い間、自分を責め悔やんだ…岡田有希子さんの自殺

 

岡田有希子さんの死からすでに30年……いま思えばと周囲の人は何か感じるところもあるのかもしれませんが、実際には他人が全てを知ることはできません。失恋に関連することがよく言われていますが、真相はそれだけではなかったのではないでしょうか。

 

岡田有希子さん没後30年…元専務が語った真相と新事実とは

真相について

岡田有希子

出典:http://40owata.xyz/ 

 

2016年12月に放送された「爆報!THEフライデー」では、サンミュージックの元専務が登場し、自殺の真相について語っています。

1回目は「一途な思い」、2回目は「自責の念」

番組のインタビューに応じた福田元専務は、岡田さんの1回目の自殺未遂は「(当時関係を噂された)男性への一途な思いから」の行動であり、2回目の自殺は「(自殺未遂で)大変なことをしてしまったから、もう生きてはいけないと思い詰めたのではないか。皆に迷惑かけたという自責の念」などと語り、午前中の自殺未遂が正午過ぎの飛び降り自殺につながったとの見方を示した。

引用: 岡田有希子さん「自殺の真相」 サンミュージックの元専務が語る

 

自殺の真相は永遠にわかることではありませんが、岡田有希子さんを最も近くで見てきた一人であるサンミュージック元専務の感じたことは、日頃の彼女の言動を含め”自責の念”だったようです。

 

新事実?

サンミュージックに保存されていた岡田有希子さんの資料紛失事件。

 

サンミュージックにあった岡田有希子さんに関する資料は、その死後紛失しています。「爆報!THEフライデー」では、持ち出した人物を特定し会いに行っています。

 

番組では、岡田さんの死の2年後にサンミュージックに入社し、2年勤めた後に突然退社したオーストラリア出身の白人男性・リチャード氏(50)と特定。都内に住む本人を直撃した。

 

同氏は「(資料を)持ち出したことは本当のことです。会社から勝手に持ち出したことは申し訳ないと思っています」と謝罪。都内の倉庫のコンテナに岡田さんの資料194点を大切に保管していることを告白した。サンミュージック勤務当時、岡田さんの貴重な資料が同社の倉庫の奥深くにしまい込まれているところを目撃。「30年でも100年でも残すことに意味がある」と、資料持ち出しを決意した理由を明かした。

引用:岡田有希子さんの資料30年ぶりに見つかる、持ち出した元社員「残すことに意味がある」

 

まとめ

さまざまな憶測が言われる岡田有希子さんの自殺原因。1980年代の闇が深そうな芸能界における事件で、周囲との因果があるようにも見えますが、当時18歳だった岡田有希子さんはあまりに若すぎました。

 

些細なことが大きくのしかかるかもしれないし、突発的な衝動もあったかもしれません。

 

ただわかることは一つ。2016年4月には、その死から約30年の月日が経過しましたが、命日には数多くの人々が花を手向けに死没した地に訪れると言います。

 

 

 現在も人々の記憶に残る伝説のアイドルであることだけは言えそうです。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

e71aaf16eb8367208f2613cbc873c110e2ac59911457769023

宮脇咲良の顔の整形疑惑を昔と今の画像で比較検証!目・涙袋・鼻などが大幅変化!?

荻原舞

℃-ute萩原舞、彼氏との熱愛写真が週刊文春で流出!相手はファン歴10年の男性|ハロプロまいまいにスキャンダル報道

高橋みなみ

高橋みなみ、彼氏と熱愛報道も私服がダサい…西川貴教との交際疑惑も女性セブンの報道で蒸し返される

早見あかり

早見あかりはハーフ?ももクロ脱退理由&熱愛彼氏も徹底紹介!

前田敦子

前田敦子のエラの変化・整形疑惑まとめ!過去と現在の画像で比較検証【ボトックス?】

川村真洋

乃木坂46川村真洋の文春砲スキャンダルまとめ!和田まあやも巻き込まれる

s6

篠田麻里子の現在は?AKB解雇と干された理由&最近の活動まとめ

平手友梨奈

欅坂46センター平手友梨奈まとめ!中学3年生なのに目力とオーラが凄い!サイレントマジョリティーMVやMステで存在感

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

優木まおみ

優木まおみの旦那と子供・顔変わった現在まとめ!娘の画像あり

94c4c192-s

松野莉奈の死因・病名が判明!病気で18歳のエビ中メンバー死去

Cny_ys4UkAA1J5H

乃木坂46メンバーの人気順ランキングTOP35まとめ【最新版】

1fc64658

有村架純の姉・新井ゆうこの本名!ブサイク?プロフィールと評判まとめ【妹の卒アル画像あり】

柴田阿弥

SKE柴田阿弥が卒業!大学留年で舞台降板・女性アナ転身の現在までまとめ

相田翔子

相田翔子が結婚した旦那と子供&かわいい現在まとめ!年を取っても劣化せず

ayabe

ピース綾部祐二に薬疑惑!?ニューヨークで活動の理由まとめ

ccdb3ce2

根本はるみの現在は?消えた理由・結婚と旦那・引退後の様子まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

  1. 自殺した日の当日夜がお通夜だったんだよな。サンミュージックの近くの寺だった。 仕事帰りに行ったなぁ。あの後、峰岸徹の名前が出たけど逆に彼のドラマ等の仕事の量は増えた記憶があるよ。
  2. サンミュージックと石原プロモーションはいろんな意味で提携があるからね 当時サンミュージックだった早見優と舘ひろしが繋がったまま病院に運ばれた話とか有名だしな・・・
  3. 遺書に峰岸さんの名前が!→峰岸さん記者会見テレビ中継! スムーズ過ぎると思うのはオレだけかな?
  4. 300人死んで行った人の名前を必殺大事典

前後の記事

興味があればチェックしてね

星野源

星野源の歴代彼女まとめ!aikoや二階堂ふみ、その他4人の女性と交際の噂

菊地亜美

【太った】菊地亜美が激太り!体重変化を画像で検証【ダイエット後にリバウンド】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す