アイルトン・セナ

アイルトン・セナの事故原因や死因と真相~嫁や子供情報も総まとめ

「史上最高のF1ドライバー」と呼ばれながら1994年に事故死したアイルトン・セナですが、現在までにその伝説が語り継がれてきました。

 

この記事では、アイルトン・セナが結婚した嫁や息子、そして事故の原因や死因、真相について詳しくまとめました。

アイルトン・セナのプロフィール

 

フルネーム: アイルトン・セナ・ダ・シルバ
国籍: ブラジル
出身地: サンパウロ州サンパウロ
生年月日: 1960年3月21日
死没地: イタリア ボローニャ
没年月日: 1994年5月1日(34歳没)

 

 

アイルトン・セナ、音速の貴公子と呼ばれたF1界のレジェンド

 

 

アイルトン・セナは、F1で活動していた1984年から事故死する1994年までの10年間、3度のワールドチャンピオンを獲得し、次世代の王者で最大のライバルだったミハイル・シューマッハに更新されるまで計65回のポールポジションを獲得するなど、F1界のレジェンドとして活躍していました。

 

F1での経歴
活動時期: 1984-1994

 

所属チーム

’84 トールマン
’85-’87 ロータス
’88-’93 マクラーレン
’94 ウィリアムズ

出走回数: 162 (161スタート)
タイトル: 3 (1988,1990,1991)
優勝回数: 41
表彰台(3位以内)回数: 80

 

アイルトン・セナは1980年代からアラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルらと並んで時代を象徴するレーサーとして活躍し、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」などと呼ばれてF1界を牽引していました。

 

特にアラン・プロストは最大のライバルとして毎レース注目を集め、「セナ・プロ対決」として日本のF1ファンは盛り上がり、F1ブームを牽引しました。

 

アイルトン・セナは世界では「Genius(天才)」「マジック・セナ」という通称が一般的でしたが、日本では実況の古舘伊知郎さんが呼んだ「音速の貴公子」が定着してきました。

 

 

 

アイルトン・セナ元嫁と息子について~20歳で結婚するもスピード離婚

 

アイルトン・セナ、スピード離婚した元嫁はかなり年上の女性だった

 

 

アイルトン・セナはまだF1レーサーになる前のカートレーサーだった頃、1980年の20歳の頃に幼馴染で年上のリリアン·バスコンセロス・ソウザと結婚しました。

 

少年時代から交際していたようで、リリアンはかなり年上の女性だったようです。

 

結婚する直前の1978年には、アイルトン・セナは日本で最高峰のカートレース「ジャパンカートレース(ジャパンカートグランプリ)」に参戦しており、個人では4位、増田二三四さん・平野晴男さんらと出場した団体では5位に入りました。

 

しかし、アイルトン・セナとリリアンの結婚生活は長くは続かず、1982年に離婚しています。

 

 

アイルトン・セナの息子はブルーノ・セナ?

 

アイルトン・セナに息子はいない

 

アイルトン・セナとリリアンの間に子供はおらず、あまりに似てるため一部で息子と噂されたブルーノ・セナ・ラッリはアイルトン・セナの姉、ビビアーニ・セナの長男です。

 

そのため、アイルトン・セナの甥ということになります。

 

 

アイルトン・セナの事故死の真相~詳しい死因や事故原因とは

アイルトン・セナ、死亡事故の概要【事故の瞬間の動画あり】

 

超高速でコンクリートウォールに激突したアイルトン・セナ

 

1994年5月1日にイタリアのイモラ・サーキットで行われた「サンマリノグランプリ」において、アイルトン・セナの死亡事故は起こりました。

 

アイルトン・セナはGP開幕から3戦連続でポールポジションスタートをし、1コーナー目でも首位を守っていましたが後方でクラッシュが起きたためセーフティーカーが導入されての再スタートとなりました。

 

7周目を回った午後2時17分頃、1位のアイルトン・セナは2位のミハイル・シューマッハと首位争いの激しいレースとなっていましたが、超高速域の左コーナー「タンブレロ」において時速312km/hで曲がりきれずコンクリートウォールに激突しました。

 

激突の直前にアイルトン・セナはブレーキをかけて時速210~220km/hまで速度を落としていましたが、アイルトン・セナの乗るマシン・FW16は激しく大破してパーツがコースを挟んで反対側まで飛んで行きました。

 

以下がそのアイルトン・セナの事故の瞬間を捉えた動画(YouTube)ですが、4分30秒からクラッシュの様子が分かります。

 

 

 

直前では2位のミハイル・シューマッハのマシンの車載カメラがアイルトン・セナのマシンを捉えていますが、カーブで超光速で右側に直進しているのが分かります。

 

ウィリアムズのチームは頭を抱えてアイルトン・セナの心配をしていますが、アイルトン・セナの頭が少し動いていたため生きていると思った人も少なくなかったようですが、この時すでに手の施しようの無い状態でした。

 

・今日はセナの命日だからひさしぶりに見たけど・・・ 25年経ってるけど今、見ても涙が出ます 25年前もこのレース見てましたが・・・

・もう見たくない動画だけど、でも見てしまいます、、、 アイルトン セナは僕のヒーローです

・この日は一生忘れられない…セナの事故が無ければF1ブームはもっと長かったと思うし世界が変わった瞬間。

・よく覚えてるよ。 亡くなった後、生前発送されてた、セナのヘルメットが届いた時、それ見つめながら、何も言えずにいた、石橋タカさんの表情も、よく覚えてる。

 

引用:YouTube – 1994年サンマリノGP アイルトン・セナ クラッシュ 1

 

アイルトン・セナは搬送先の病院で死亡が発表されましたが、過去に日本のバラエティ番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の「生ダラカートGP2001~最後の聖戦~」に出演していたことから、石橋貴明さんはアイルトン・セナの死亡直前に贈られていたヘルメットを観て何も言えず立ち尽くしていたそうです。

 

 

アイルトン・セナの死因は頭部外傷

 

アイルトン・セナは頭部を著しく損傷していた

 

アイルトン・セナの直接の死因だと言われているのは、コンクリートウォールに激突した際にマシンが大破し、飛び散ったパーツの一部とヘッドレストに頭部が挟まれる形で頭蓋骨を損傷したことだと言われています。

 

このレースではアイルトン・セナは従来の硬いものではなく、新しい柔らかい素材のものを使用しており、それが頭部にダメージを与えてしまう原因になったようです。

 

飛び散ったパーツの中にサスペンションアームがあり、これがアイルトン・セナのヘルメットを貫通して、えぐるように動いたため頭蓋骨と脳に著しい損傷を与えていました。

 

事故直後に現場に駆けつけた医師のシドニー・ワトキンス博士は、アイルトン・セナの頭部はノコギリで切られたようにどうにも手の施しようの無い状態だったと語っています。

 

 

アイルトン・セナの事故の原因① ステアリングコラム説

 

現地イタリアの検察はステアリングコラムに問題があったことを指摘した

 

 

レース開催地であるイタリアの検察は、事故の調査によりコクピット内にスペースを確保するために修正されていたステアリングコラムが原因だと発表しました。

 

この修正の理由は、アイルトン・セナはマクラーレン時代まで大径のステアリングホイールを好んで使っていましたが、ウイリアムズに移籍してからは同社のマシンが空力性能を重視していたことから、ステアリングホイール周りはモノコックで覆われていたため、アイルトン・セナが好んだ大径のステアリングホイールは設置できませんでした。

 

しかし、これに不満を述べていたアイルトン・セナは、ウイリアムズの技術チームに掛け合って、事故の起きたサンマリノGPではステアリングコラムの位置を応急処置的に下げて、小径のパイプでステアリングシャフトを繋げて溶接し、アイルトン・セナのフィーリングに合わせていました。

 

これが結果的に欠陥を招くことになり、アイルトン・セナがレース中にクラッシュした際に、駆けつけた医師団がステアリングホイールを抜き取ろうとすると、すでにシャフトごと折れていました。

 

このことから、超高速コーナーの「タンブレロ」を走行中にシャフトが耐久の限界に達して折れてしまい、コントロールを失ってコンクリートウォールに激突したと見られています。

 

 

アイルトン・セナの事故の原因② タイヤの内圧説

 

タイヤの内圧が下がって接地力を失っていた?

 

セーフティーカーが導入されて再スタートをしたことで、マシンのタイヤの内圧が下がっており、車体の底面と地面の距離が近くなったことで高低差のある路面を通過した際に地面に触れてしまい、結果空力ダウンフォールを失ったマシンは接地力を失って「タンブレロ」を曲がりきれなかったという見方もされています。

 

 

アイルトン・セナの事故の原因③ 青い破片説

 

青い破片の影響でコントロールを失った?

 

J.J・レートのマシンの青い破片が路面に落ちており、その上をアイルトン・セナが通過したと見られていますが、この影響で空力パーツか操舵系パーツに損傷を与えてコントロールを失ったという見方もされています。

 

 

アイルトン・セナの事故の原因に残された謎

 

アイルトン・セナの死亡事故には陰謀説もあった?

 

2009年5月2日に出版されたイタリアのジャーナリスト、フランコ・パナリッティの著書「アイルトン・セナ15年目の真実ー複合事故ー」によれば、事故にはいくつかの不自然な点があったことが書かれています。

 

アイルトン・セナのマシンに搭載されていたはずのブラックボックスは、事故後に取り外されており、それ自体に損傷は見られなかったものの内蔵のメモリーチップ2個が取り外されていました。

 

しかし、この著書で書かれていたいくつかの謎はなぞのままであり、陰謀説の域を出ていないようです。

 

 

アイルトン・セナとライバルだったミハエル・シューマッハの関係

アイルトン・セナとミハイル・シューマッハは仲が悪かった?

 

決して仲は良くなかったアイルトン・セナとミハイル・シューマッハ

 

アイルトン・セナの記録を塗り替えて「モータースポーツ史上最も偉大なドライバー」と呼ばれ、F1界の新たなレジェンドとなったミハイル・シューマッハですが、2013年12月29日の午前中に息子とフランスでのスキー中に転倒事故に遭い、頭部に致命的な損傷を負ってしまいました。

 

手術の末に意識は取り戻したものの体に麻痺や言語障害などが残っており、現在もリハビリが続けられています。

 

ミハイル・シューマッハは現役時代にアイルトン・セナの次世代のドライバーで、世代交代を賭けた最大のライバルでした。

 

アイルトン・セナとミハイル・シューマッハは4シーズンを共に戦いましたが、よくメディアに出演した際にアイルトン・セナがミハイル・シューマッハに詰め寄る場面が見られ、仲の悪さで有名になっていました。

 

アイルトン・セナとミハイル・シューマッハの間では、レースでの進路妨害や接触事故がよく見られており、そのため世間にはふたりの間に深い確執があることは知られていました。

 

 

 

アイルトン・セナの死によりミハイル・シューマッハが受けた屈辱

 

 

裕福な環境で育ち、幼い頃からカートを与えられたアイルトン・セナとは違い、ミハイル・シューマッハは決して恵まれた環境で育ったわけではありませんでした。

 

そしてアイルトン・セナに迫る存在にまで成長したミハイル・シューマッハでしたが、アイルトン・セナの事故死によりチャンピオンに輝いたため、不名誉な汚名を着ることになります。

 

事故当時、ミハイル・シューマッハは首位のアイルトン・セナの後ろに付けていたため、事故後に警察から事情聴取をされていました。

 

そして、ミハイル・シューマッハはアイルトン・セナの葬儀にも参列しませんでしたが、後にメディアで「公で悲しむ姿を見せたく無かった」という理由を語っていました。

 

しかし、アイルトン・セナファンの中には、生前確執のあったミハイル・シューマッハがすぐ後続を走っていたことから、事故を起こした張本人のように濡れ衣を着せられ、殺害予告を受けたこともありました。

 

もちろんそれはデマであり、ミハイル・シューマッハは妻のコリーナと共にアイルトン・セナの墓を訪れるなどライバルの死を悼んでいました。

 

アイルトン・セナのライバルだったミハイル・シューマッハの涙の理由

 

アイルトン・セナを超えて世間に証明したミハイル・シューマッハ

 

ミハイル・シューマッハは、アイルトン・セナの事故死から約6年後の2000年に、通算41勝目を上げてアイルトン・セナの記録に並びました。

 

この快挙についてミハイル・シューマッハは会見でマスコミに質問されましたが、感極まって号泣してしまい、それを見ていたミカ・ハッキネンももらい泣きしてしまう一幕がありました。

 

F1ファンにとってはミハイル・シューマッハがかつてのライバルだったアイルトン・セナの死に思いを馳せて涙を見せたものだと思いました。

 

しかし、実はミハイル・シューマッハは実力でアイルトン・セナに並び、今後超える存在になったことを世間に証明することができ、アイルトン・セナの事故死で王者になったという不名誉な汚名を返上できたことに泣いたとも言われています。

 

 

アイルトン・セナの命日は5月1日~現在でも絶大な人気を誇っていた

 

アイルトン・セナの命日は奇しくも令和元年初日

 

 

令和時代の始まりはアイルトン・セナの命日

 

2019年5月1日から令和元年がスタートし日本は新しい時代に突入しましたが、この日はアイルトン・セナの命日でもあり、F1ファンにとっては故人を偲ぶ日でもあり素直に喜ぶことができない日でした。

 

 

 

 

アイルトン・セナの事故死についてまとめると…

・アイルトン・セナはステアリングのシャフトが折れて事故死した可能性が高い

・アイルトン・セナの伝説はミハイル・シューマッハが引き継ぎ、それを超えた

・アイルトン・セナは少年時代から交際していた年上女性のリリアンと20歳で結婚するもスピード離婚した

 

1994年にサンマリノGPで命を散らしたアイルトン・セナの事故死について総まとめしてきました。

 

アイルトン・セナが事故死さえしなければ日本のF1ブームももっと続いていたと言われていますが、時代を引き継ぐ形でミハイル・シューマッハがさらなる伝説を残しました。

 

2019年現在、現役最強と言われるドライバーはフェルナンド・アロンソだと言われていますが、日本でも若手ドライバーが育ってきているようなので、今後のF1での活躍に期待したいですね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ブラッド・ピット

海外セレブ!ハリウッド俳優・女優の人気ランキング最新版まとめ

ジョニーデップ・アンバーハード

【離婚】ジョニーデップ嫁・アンバーハード、DVで顔にあざは嘘?性格や金目当ての噂もまとめてみた

エマワトソン

ハーマイオニー事故死はデマ!エマワトソンの現在など総まとめ

チェスター・ベニントン

チェスター・ベニントンの死因と嫁情報!生い立ちから現在まで総まとめ

7f10a26a-s

【激変】メグライアンが劣化!全盛期~現在の画像で検証【若い頃とは別人に】

ブラッド・ピット

ブラッドピット&アンジェリーナジョリーの子供や離婚原因まとめ

ミハイル・シューマッハ

ミハエル・シューマッハの現在の容体!事故原因&脳死で植物状態の噂の真相など総まとめ

Mandatory Credit: Photo by MediaPunch/REX/Shutterstock (5225521u)
Keanu Reeves
'Knock Knock' film premiere, Los Angeles, America - 07 Oct 2015

キアヌリーブスはぼっち?彼女や結婚の噂・来日・現在の情報まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

maxresdefault

下村博文の元秘書・平慶翔が横領で逮捕の噂?スキャンダルまとめ

V.I

BIGBANG・V.I(スンリ)の事件や引退の現在~性接待とカカオトークの内容も総まとめ

井川遥

井川遥の本名は?昔は在日韓国人?旦那と結婚後に日本国籍取得【整形疑惑の画像あり】

杉本有美

杉本有美の結婚・旦那・子供の情報まとめ!出産で引退もあり得る?

img_interview_ill

椎名林檎の旦那と子供・現在まとめ!元夫との結婚・離婚も大公開

ジョイマンe

ジョイマンの現在!高木晋哉と池谷和志の結婚歴や学歴も総まとめ

65e4955999c2d5862d2b82c71b756631_8268

中越典子と永井大の結婚と子供・薬疑惑や現在まとめ【第2子出産!】

加藤鷹e

加藤鷹の現在!結婚した嫁と子供&引退理由など総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

V.I

BIGBANG・V.I(スンリ)の事件や引退の現在~性接待とカカオトークの内容も総まとめ

群馬一家3人殺害事件

小暮洋史の現在!生い立ちと親・石井さん群馬一家殺人事件とその後まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す