告白

おすすめ歴代映画!邦画人気ランキング2017【厳選10選まとめ】

よく「邦画は洋画に比べて面白くない」と言われがちですが、実は名作がたくさんあります。

 

ハリウッドの派手な映画とは違う、日本人の感情にダイレクトに訴えかける作品が邦画にはあります。

 

2017年現在、どんな邦画が注目されているのかランキングとしてまとめました!

おすすめ歴代映画!邦画人気ランキング2017

 

日本にも良い映画がたくさんある!

”映画”というとハリウッド映画などの洋画に注目が集まりがちですが、日本が誇る歴代の邦画にも素晴らしい作品はたくさんあります。今回のランキングでは2017年現在最も注目されている映画をピックアップしてご紹介します。

 

ハリウッド映画のような娯楽大作の影に隠れてしまいがちな邦画ですが、日本の映画の魅力とは何なのでしょうか?

 

まず、洋画と邦画でわかりやすい違いと言えば”規模”でしょう。

 

洋画は世界共通言語である英語で作られることがほとんどなため、興行収入は世界規模で勘定することができます。

 

対して、邦画は当然日本人にしか分からない日本語で制作されるため、公開対象はほとんどが国内のみです。

 

そのため、制作費がかけられずに悪く言えば”地味”な映画にならざるを得ないのです。

 

 

邦画は”日本人的”を楽しむための作品

邦画は「古き良き日本」や「日本人の情緒」を感じて楽しむ作品が多く、”日本人的”な作品であり日本人のための映画だと言えるでしょう。

 

ハリウッド映画は派手なアクションや最先端のCG技術を駆使した映像美など、ディズニーやピクサーなどのアニメ映画もCG制作費に膨大なお金を掛けています。

 

 

しかし、邦画は前述の通り制作費を掛けられないため、”日本人が引き込まれる部分”で勝負しています。

 

そうなると自然と”ヒューマンドラマ”を描いたドラマが多くなるため、派手な映画を好む層からはそっぽ向かれているわけです。

 

 

日本人の感覚は”脇役”を好む

日本人の感性の特徴として、物語の中で”脇役”を好む傾向が欧米人よりも強いと言われています。それが、邦画の中にも息づいているため、そういう点からも”日本人にマッチした映画”だと言えるでしょう。

 

極論にはなりますが、米国で制作されるハリウッド映画はヒーローが絶対的な存在として描かれることが多く、ある意味”脇役”はそれなりの扱いになりがちです。

 

しかし、日本人の感性は”脇役”を好む傾向が強いため、登場人物は総じて個性的で主張が強い場合が多いようです。

 

そうした”群像劇”は邦画の真骨頂なのかもしれませんね。

 

今回は、2017年5月時点でネット上で特集されている6つの邦画人気ランキングを元に、再集計しなおして注目度の高い邦画順に並べ替えています。

 

 

永遠の大学生になるために – 超面白い!映画(邦画、洋画)おすすめランキング118を一挙紹介!
ASEAN 海外移住 アジア タイのススメ- 死ぬまでに絶対に見るべきおすすめ映画ランキングベスト30
映画・漫画のある生活ムビコミ – 邦画のおすすめランキング定番から隠れた名作まで50選
TSUTAYA – 累計ジャンル別レンタルランキング(邦画)
Sprechchor – 【2016年版】おすすめ邦画ランキングベスト30を発表するよ!
ciatr – 2016年おすすめ映画ランキングTOP32【邦画編】 

 

あなたの好きな作品がランクインしているか、ぜひチェックしてみてください!

 

邦画人気ランキング2017 10位 テルマエ・ロマエ

 

監督: 武内英樹
脚本: 武藤将吾
原作: ヤマザキマリ
出演者: 阿部寛、上戸彩、市村正親
音楽: 住友紀人
主題歌: ラッセル・ワトソン「誰も寝てはならぬ」
製作会社: 「テルマエ・ロマエ」製作委員会
配給: 東宝
公開: 2012年4月28日
上映時間: 108分
興行収入: 59.8億円

 

引用:Wikipedia – テルマエ・ロマエ

 

邦画人気ランキング2017で10位にランクインしたのは、ヤマザキマリの漫画を原作とする、ローマ時代と現代の浴場を舞台としたコメディ映画『テルマエ・ロマエ』です!

 

現代日本にタイムスリップしてしまった古代ローマ人・ルシウス・モデストゥスを阿部寛が演じました。

 

テルマエ・ロマエがヒットした背景には、キャストの阿部寛さんや上戸彩さん、市村正親さん、北村一輝さんら役者たちの好演もさることながら、ロケ地や緻密に作られた世界観など制作サイドの努力も大きかったようです。

 

 

イタリア・ローマにある映画撮影所・チネチッタで撮影された

チネチッタ(CINECITTA)は、アメリカとイギリスが共同制作したテレビドラマ『ROME[ローマ]』のために古代ローマ時代の建造物が精巧に作られた映画撮影所です。

 

『テルマエ・ロマエ』は、チネチッタで撮影されたおかげで、邦画にはあまり見られない壮大な世界観を感じることができるようで、洋画が好きで邦画に馴染みのない人にもおすすめされやすい作品です。

 

純日本人なのにローマ人に見えてくる阿部寛さんの存在感は必見です!

 

 

『テルマエ・ロマエ』に関するツイッターでの反応

 

 

邦画人気ランキング2017 9位 南極料理人

監督: 沖田修一
脚本: 沖田修一
原作: 西村淳『面白南極料理人』
出演者: 堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補
音楽: 阿部義晴
主題歌: ユニコーン「サラウンド」
配給: 東京テアトル
公開: 2009年8月8日
上映時間: 125分

引用:Wikipedia – 南極料理人

 

邦画人気ランキング2017で9位にランクインしたのは、西村淳さんのエッセイ『面白南極料理人』が原作で堺雅人さん主演の映画『南極料理人』です!

 

『南極料理人』は南極の極寒の孤島「南極ドームふじ観測拠点」を舞台に、8人の男性南極越冬隊員の腹を満たすために派遣された堺雅人さん演じる料理人・西村淳の奮闘を描いた作品。

 

妻と娘を置いて辺境の地に単身赴任してきた西村は、隊員たちの唯一の楽しみでもある食事を満足させるために限られた食材で美味しいメニューを次々と作り出します。

 

 

非日常の中の”日常”を描いたのほほんとした作品

映画『南極料理人』には九死に一生を得るような大事件も、人類の存亡を賭けたミッションもありません。ただ、南極という極寒の地で奮闘する料理人・”西川くん”の驚くべきアイデア料理が生まれる瞬間を楽しむ映画なのです。

 

”西村くん”を除いた隊員含む7人には通称があり、みんなそれぞれの個性が光っていて、しかも可愛らしい性格をした大人ばかり。

 

そんな7人に囲まれて、西村くんは隊員たちの要望を叶えるべく限られた食材でレシピを開発しますが、喜ばれることもあれば失敗に終わりみんなでうなだれることも…。

 

『南極料理人』はそんなちょっとだけハートフルなほのぼの映画ですが、他の映画に無い面白さが詰まっているため堂々のランクインとなりました!

 

 

『南極料理人』についてツイッターでの反応

 

 

邦画人気ランキング2017 8位 ゴールデンスランバー

監督: 中村義洋
脚本: 中村義洋、林民夫、鈴木謙一
原作: 伊坂幸太郎
出演者: 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、伊東四朗、永島敏行、石丸謙二郎、ソニン、でんでん、滝藤賢一、木下隆行、木内みどり、竜雷太
音楽: 斉藤和義
主題歌: 斉藤和義、『Golden Slumbers』、『幸福な朝食 退屈な夕食』
配給: 東宝
公開: 2010年1月30日
上映時間: 139分
興行収入: 11.5億円

 

引用:Wikipedia – ゴールデンスランバー

 

邦画人気ランキング2017で8位にランクインしたのは、原作・伊坂幸太郎さんの最高傑作とも言われる映画『ゴールデンスランバー』です!

 

大衆の目前で首相が爆殺されるという衝撃の事件が起き、その犯人として名前を挙げられたのは主人公の青柳雅春。

 

”見えない権力”に犯人にされることを警告して逃がしてくれた友人の森田森吾も爆殺され、何が何だかわからないまま青柳は逃げ続けます。

 

そして青柳の前に次々と現れる人々の協力を得て逃げ続ける生活が続く、スリルに満ちた作品になっています。

 

 

正体不明の組織の目的は一切不明なのはわざと?

伊坂幸太郎の原作を中村義洋監督が緻密で伏線回収に富んだ深い作品に仕上がっていると言われますが、一方で真犯人の目的が何だったのかは明かされ仕舞いともいわれています。

 

「一度見ただけではわからないかもしれない」というレビューが少なくないことから、何度も見返すことでストーリーの全貌が理解でき、真犯人の目的や作品のメッセージが解読できていくのかもしれませんね。

 

それか、邦画ならではの考え方でもある”よく分からないものほど怖い”という心理を『ゴールデンスランバー』という映画に含ませているのかもしれません。

 

間違いなく面白い作品ということで、ぜひ映画を観て確認してみてください!

 

 

『ゴールデンスランバー』についてツイッターの反応

 

 

 

邦画人気ランキング2017 7位 容疑者Xの献身

監督: 西谷弘
脚本: 福田靖
製作: 亀山千広
出演者: 福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、堤真一
音楽: 福山雅治、菅野祐悟、主題歌 KOH+「最愛」
配給: 東宝
公開: 2008年10月4日
上映時間: 128分
興行収入: 49.2億円

 

引用:Wikipedia – 容疑者Xの献身

 

邦画人気ランキング2017で7位にランクインしたのは、原作・東野圭吾さんのガリレオシリーズ第3弾となる映画『容疑者Xの献身』です!

 

本作『容疑者Xの献身』は、東野圭吾さんの最高傑作とも言うべき評価をされることが多く、ありていに言えば他のシリーズ作品は全て駄作に見えてしまうほど、『容疑者Xの献身』は素晴らしすぎると言われています。

 

まさに”パーフェクト”な出来栄えで、切なくも感動のストーリーに仕上がっているようです。

 

 

シリーズを観ていなくても入り込める映画

『容疑者Xの献身』がテレビドラマ『ガリレオ(フジテレビ)』を観ていなくても全く問題なく楽しめる映画になっています。

 

ドラマ『ガリレオ』は主演を福山雅治(湯川学役)が演じましたが、映画『容疑者Xの献身』では主演を堤真一(石神哲哉役)が務めています。

 

暴力的な元夫に翻弄された挙句に殺人を犯した母娘を石神が助けようとするところから物語はスタートしますが、その切なすぎる展開に涙せずに居られないようです。

 

ぜひ映画『容疑者Xの献身』でその感動を体験してください!

 

 

『容疑者Xの献身』についてツイッターでの反応

 

 

 

邦画人気ランキング2017 6位 ザ・マジックアワー

監督: 三谷幸喜
脚本: 三谷幸喜
製作: 島谷能成、亀山千広
出演者: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行
音楽: 荻野清子
製作会社: フジテレビジョン、東宝
配給: 東宝
公開: 2008年6月7日
上映時間: 136分
興行収入: 39.2億円

 

引用:Wikipedia – ザ・マジックアワー

邦画人気ランキング2017で6位にランクインしたのは、天才・三谷幸喜さんの脚本で第4弾となる映画『ザ・マジックアワー』です!

 

映画というよりは”喜劇”という言葉が当てはまる本作『ザ・マジックアワー』は、主演の佐藤浩市の臭すぎる演技も相まってまるで”舞台”を見ているかのような作品に仕上がっているようです。

 

良い意味で”映画らしくない”、そして映画の固定概念に縛られていたことを再認識させられるような型にハマらない作品です。

 

 

子供にも大ウケする「デラ富樫」

佐藤浩市演じる主人公の村田大樹は”脂っこい演技”で売れない三流役者。しかし、ひょんなことから殺し屋”デラ富樫”を演じることになります。このデラ富樫のナイフ舐めの演技にハマる子供が続出しているという。

 

抱腹絶倒せずにはいられないと言われる映画『ザ・マジックアワー』。それまでの映画からはあまりにぶっ飛びすぎて三谷幸喜さんの天才ぶりに改めて脱帽するそうです。

 

日本最大級と言われる東宝スタジオを3つ使用し、巨大なセットを構築したようですが、いい意味で”チャップリン”的なチープなセットが映画『マジック・アワー』のおもしろさに拍車をかけているようです。

 

腹の底から笑いたい時におすすめの映画です!

 

 

『ザ・マジックアワー』についてツイッターでの反応

 

 

 

邦画人気ランキング2017 5位 ステキな金縛り

監督: 三谷幸喜
脚本: 三谷幸喜
出演者: 深津絵里、西田敏行、竹内結子、草彅剛、浅野忠信、阿部寛、中井貴一
音楽: 荻野清子
製作会社: フジテレビ、東宝
配給: 東宝
公開: 2011年10月29日
上映時間: 142分
興行収入: 42.8億円

 

引用:Wikipedia – 素敵な金縛り

 

邦画人気ランキング2017で5位にランクインしたのは、脚本家”三谷幸喜”らしらが全面に出た、ギャグ有り涙ありの映画『素敵な金縛り』です!

 

映画『ギャラクシー街道』ではスベってしまった三谷幸喜さんですが、『素敵な金縛り』では三谷幸喜らしい大衆娯楽的なコメディ映画に仕上がっているようです。

 

頼りない三流弁護士の宝生エミ(深津絵里)が、妻殺しの容疑を掛けられた矢部五郎(KAN)の弁護をすることになるも、全く勝てる見込みはなし。

 

そこに矢部の「旅館で金縛りにあった」という証言から、宝生は旅館から落ち武者の霊・更科六兵衛(西田敏行)を法廷に証人として連れてきますが検事・小佐野徹(中井貴一)は幽霊の存在自体を否定し…。

 

 

邦画に偏見を持つ人こそ見て欲しい映画!

映画『素敵な金縛り』は自宅でバラエティ番組を見るようなスタンスで肩の力を抜いて笑える映画なので邦画に興味がないと思っている人にこそ向いている映画かもしれません。

 

三谷幸喜が得意とするドタバタコメディの真骨頂が映画『素敵な金縛り』ではいかんなく発揮されているようです。

 

ぜひ、おやつでも用意して笑いながら観ることをおすすめします!

 

 

『素敵な金縛り』についてツイッターでの反応

 

 

 

 

邦画人気ランキング2017 4位 舟を編む

監督: 石井裕也
脚本: 渡辺謙作
原作: 三浦しをん
出演者: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー
音楽: 渡邊崇
制作会社: リトルモア、フィルムメイカーズ
製作会社: 「舟を編む」製作委員会
配給: 松竹、アスミック・エース
公開: 2013年4月13日
上映時間: 133分
興行収入: 8.27億円

 

引用:Wikipedia – 舟を編む

 

邦画人気ランキング2017で4位にランクインしたのは、三浦しをん原作の「マジメって、面白い。」がキャッチコピーの映画『舟を編む』です!

 

辞書を出版している出版社・玄武書房で働く馬締光也(松田龍平)は卓越した言葉のセンスを持ちながら極度のコミュ障という人物。

 

ベテランの編集者だった荒木公平(小林薫)が定年退職することになり後任探しが始まりますが、その白羽の矢が馬蹄に当たります。

 

荒木の部下だった西岡正志(オダギリジョー)に探し出された馬蹄は、見出し24万語という膨大な言葉を編集した大辞典『大渡海』の編集に情熱を燃やします。

 

 

馬蹄は林香具矢(宮﨑あおい)に会い一目惚れ

馬蹄のよき理解者である大家のタケ(渡辺美佐子)の部屋で林香具矢と出会い、馬蹄は一目惚れ。のちに告白することになりますが…。

 

香具矢を案内するように言われた馬蹄は買い物に付き合うことになりますが、買い物が終わると香具矢から「遊園地に行こう」と誘われます。

 

仮にも”遊園地デート”をした馬蹄は、西岡に告白することを促されて恋文を書く事になりましたが…。

 

”まじめ”過ぎる馬蹄が微笑ましすぎるラブストーリーになっています。

 

 

『舟を編む』についてツイッターでの反応

 

 

 

邦画人気ランキング2017 3位 永遠の0

監督: 山崎貴
脚本: 山崎貴、林民夫
原作: 百田尚樹『永遠の0』(太田出版)
出演者: 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲
音楽: 佐藤直紀
主題歌: サザンオールスターズ「蛍」
制作会社: ROBOT
製作会社: 「永遠の0」製作委員会
配給: 東宝
公開: 2013年12月21日
上映時間: 144分
興行収入: 87.6億円

 

引用:Wikipedia – 永遠の0

 

邦画人気ランキング2017で3位にランクインしたのは、百田尚樹原作の第二次世界大戦の日本軍人の真実を描いた日本人が観るべき映画『永遠の0』です!

 

岡田准一演じる大学生の主人公・佐伯健太郎は、祖母・松乃の四十九日からしばらくして、祖父・賢一郎から実の祖父ではないことを告げられるところから物語は始まります。

 

祖母の松乃は終戦後に賢一郎と再婚しており、実の祖父は特攻で戦死した海軍航空兵だったことが判明します。

 

 

健太郎は姉の慶子と祖父の真実を追い始める

”神風特攻隊”として戦士した祖父が終戦60周年記念プロジェクトでテロリスト扱いされたことに疑問を感じた姉弟は、祖父の足跡を探し始めます。

 

健太郎と慶子は祖父のことを調べ続ける内に、第二次世界大戦を戦った日本軍兵士の生き残りによる戦友会で祖父の名前は”宮部久蔵”だということが分かります。

 

姉弟はさらに宮部久蔵について調べる内に、凄腕の零戦乘りで日本のために戦った男の姿を知ることになりますが…。

 

映画館で観られなかったことが残念になるほどの名作だと言われるほどの映画『永遠の0』をぜひ観てみてください!

 

 

『永遠の0』についてツイッターでの反応は

 

 

 

 

邦画人気ランキング2017 2位 アヒルと鴨のコインロッカー

監督: 中村義洋
脚本: 中村義洋、鈴木謙一
原作: 伊坂幸太郎
出演者: 濱田岳、瑛太、関めぐみ
音楽: 菊池幸夫
主題歌: ボブ・ディラン『風に吹かれて』
配給: ザナドゥー
公開: 2007年6月23日
上映時間: 110分

 

引用:Wikipedia – アヒルと鴨のコインロッカー

 

邦画人気ランキング2017で2位にランクインしたのは、伊坂幸太郎原作の、大学生・椎名の現在の話と、琴美の2年前の話が同時進行し繋がっていく映画『アヒルと鴨のコインロッカー』です!

 

物語は冒頭からアパートの隣人の河崎から本屋襲撃を持ちかけられ、広辞苑を盗む手伝いをさせられます。

 

そしてその後に河崎やペットショップの店長の麗子から2年前の話を聞かされます。

 

 

タイトルの「アヒル」「鴨」の意味とは?

『アヒルと鴨のコインロッカー』というタイトルは斬新ですが、作者の伊坂幸太郎さんのメッセージがそこには込められているという。

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を鑑賞した人の感想では、途中話が難解な部分はあるものの、「アヒル」と「鴨」の意味に気づいた時に原作者の伊坂幸太郎さんのセンスに脱帽してしまうそうです。

 

また、本作は原作である小説を読んでから映画を観た方がより世界観に入り込めるということですので、まずは小説から読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

『アヒルと鴨のコインロッカー』についてツイッターでの反応

 

 

 

邦画人気ランキング2017 1位 告白

監督: 中島哲也
脚本: 中島哲也
原作: 湊かなえ
出演者: 松たか子、岡田将生、木村佳乃
音楽: 金橋豊彦
主題歌: レディオヘッド「ラスト・フラワーズ」
製作会社: 東宝映像制作部、リクリ
配給: 東宝
公開: 2010年6月5日
上映時間: 106分
興行収入: 38.5億円

 

引用:Wikipedia – 告白

 

邦画人気ランキング2017で1位にランクインしたのは、湊かなえ原作の少年犯罪や家庭内暴力、イジメを題材とした衝撃の映画『告白』です!

 

物語は中学校1年の担任である森口悠子(松たか子)の、ホームルームでの衝撃の告白から始まります。

 

森口の牛乳の話から伏線となり、騒がしい教室の中でいつものように行われていたかのように思われるホームルーム。

 

しかし、森口の淡々と続く”告白”は次第に衝撃の内容となり、クラスで騒いでいた生徒たちを凍り付かせます。

 

 

復習者を演じる松たか子が凄まじい

この映画『告白』が1位になったのは、普段はおっとりしたイメージの松たか子さんが、狂気の復習者となりゾッとするような人格を演じているからでしょう。

 

メインキャストではないため気づかない人も多かったようですが、実は生徒の中に能年玲奈さんや元ももクロの和川美優さんなどもいたようです。

 

ぜひ映画『告白』を観て探してみてください!

 

 

『告白』についてツイッターでの反応

 

 

 

 

邦画人気ランキング2017をまとめると…

2017年までの歴代邦画の中でどの作品が注目されているのか、ネット上の声をまとめる形でランキングをご紹介してきました。

 

邦画の良いところは、舞台が日本であり日常に誰にでも起こり得るテーマが多いため”親近感”や”共感性”が高いところでしょうか。

 

これはハリウッド映画などの派手なアクション映画やスリルサスペンスなどでは得られない、肌感覚で感じられる感動は邦画ならではかもしれません。

 

ぜひ、この機会に気になった邦画を観てみてはいかがでしょうか?

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

夏目三久

夏目三久アナ「怒り新党」卒業理由を考察!後任は青山愛アナ【画像あり】

大渕愛子

行列の大渕愛子弁護士が懲戒処分!被害者の会も?騒動と評判まとめ

ピラミッドダービー

TBS「ピラミッドダービー」やらせで打ち切り!?池袋絵意知の告発から始まった騒動の全容まとめ

tetsuwan-dash-fake09

鉄腕ダッシュのやらせ疑惑と台本流出まとめ!ネットの反応は?

226267

TBS「モニタリング」にやらせ疑惑!その真相を徹底調査

001

【マネーの虎】南原竜樹社長の会社のその後・現在まとめ【しくじり先生出演】

s_ice_screenshot_20160822-040732

NHK貧困女子うららさん炎上騒動まとめ!姉もTwitterに登場し大炎上に発展

木村拓哉

木村拓哉『東京フレンドパーク』のエアホッケーで炎上騒動まとめ!

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大渕愛子

行列の大渕愛子弁護士が懲戒処分!被害者の会も?騒動と評判まとめ

美奈子

美奈子の歴代旦那と子供!ビッグダディとの結婚・離婚原因もまとめ

mig

光GENJIメンバーの人気順ランキング!プロフィールや画像付きでご紹介

ライオンのごきげんよう

「ごきげんよう」打ち切り理由・最終回の内容まとめ!コロゾーの声の正体は小堺一機さん!?

img_2

ガチンコファイトクラブのやらせ証拠&卒業生のその後・現在まとめ

綾瀬はるか

【人気度】タレントパワーランキング最新版!男性・女性別のTOP10

嵐

【網羅版】ジャニーズグループ別の人気順ランキング【2017最新版】

05eda5419a2684d76612125ccb919c72-600x423

紅白歌合戦2016司会に相葉雅紀と有村架純が抜擢の理由まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

aeye

阿川佐和子の結婚相手・旦那情報!略奪婚の真相も徹底調査

踊る大捜査線

歴代ドラマおすすめランキング2017!厳選10作品を徹底まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す