プリンス

歌手プリンスさんの死因は薬!股関節の病気を宗教「エホバの証人」を理由に治さず医療用麻薬を使用していた

世界的な人気ミュージシャンプリンスさんが、2016年4月21日逝去されました。

 

この記事では、プリンスさんの死因やトップアーティストたちから寄せられた追悼の声などをまとめています。

プリンスさんのプロフィール

芸名:Prince(プリンス)

本名:Prince Rogers Nelson

出身地:アメリカ合衆国 ミネソタ州 ミネアポリス
生年月日:1958年6月7日

没年月日:2016年4月21日(満57歳没)

身長:157cm

デビュー年:1978年

 

プリンスさんは、世界的ミュージシャンです。

 

1958年生まれで、デビューは1978年(20歳時)ですが、次々と話題曲・アルバムをリリースし、音楽界を牽引し、他の多くのミュージシャンにも影響を与えたカリスマとして知られています。

日本ではそのプリンスという名前から「殿下」と呼ぶファンもいます。

 

代表曲には、「Purple Rain」、「Batman」、「Let’s Go Crazy」など挙げ始めたらキリがないほどの名曲の数々を生み出しています。

 

Purple Rain

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=sfCvVDyoEkM]

 

名盤も、「Purple Lain」(アルバム)、「Around the World in a Day」、「Lovesexy」など、延々と続けられるほど。

 

プリンスさんのオリジナルアルバム制作は、1978年のデビュー以降、2015年まで精力的に作り続けられ、作詞・作曲だけではなく歌唱や演奏などトータル的なプロデュースも自身で行っていました。

 

アルバム・シングルの総売り上げは1億万枚以上にも及び、マドンナやマイケルジャクソンら(同年代)と並ぶ、トップアーティストです。

 

 

私生活

私生活では、二人の女性と結婚離婚を繰り返しています。

お相手は、バッグバンドのダンサー:マイテ・ガルシア (1996年 – 2000年)と、

 

マイテ・ガルシアさんとプリンスさん

 

自宅スタジオの「ペイズリー・パークスタジオ」のスタッフだったマニュエラ・テストリー二 (2001年 – 2006年)です。

 

身長157cmのプリンスさんと、マニュエラ・テストリーニさん。

 

その後は独身でした。

 

子供には、最初の妻マイテ・ガルシアとの間にグレゴリーくんを授かっていますが、障害があり、生まれてすぐに亡くなっています。

 

宗教は「エホバの証人」を信仰していました。

 

セクシュアルな曲やパフォーマンスをしてきたプリンスさんが、ガラッとそういったものをアピールしなくなったのも、この宗教が関連していると言われています。

 

2001年を境に、“演出”と“表現”が180度変わった。「エホバの証人」に改宗したのだ。そして、これまで彼が生み出した歌とは正反対の“道徳的な人生”を歩むことが、いかに美徳であるかということを唱道するようになった。

 

引用:オカルト [ビバリーヒルズ宗教白書] シンボルの地位を捨て、エホバの証人に改宗したプリンス

 

プリンスさんの死因とは?

数々の名曲とともに音楽界をリードしてきたプリンスさんは、2016年4月21日にミネソタ州ミネアポリスにある自宅で亡くなっているのが発見されました。

 

まだ57歳という若さでした。

米人気歌手プリンスが死去、57歳 各界から追悼コメント

 

 

自宅で死亡していたプリンスさんですが、遺書などが発見されていないため自殺の可能性も低く、かつ外傷もないことから他殺も考えられないようです。

 

最初の検死でプリンスの死因は特定されておらず、現在ミッドウエストの検死官は薬物検査の結果を待っている。捜査当局は、プリンスが数年悩まされていた慢性的な股関節痛の痛みを抑えるために、鎮痛剤に依存していたのではないかという疑いに対する捜査を進めている。米連邦検事事務所と麻薬取締局も、捜査に関わっている。

 

引用:プリンス、死の前日に医師の診察を受けていたことが判明

 

(追記)死因は鎮痛剤過剰投与と正式発表

 

米中西部ミネソタ州の検視官事務所は2日、4月に57歳で急死した人気歌手プリンスさんの死因について、強力な鎮痛剤であるフェンタニルの過剰投与による中毒死と断定する報告書を公表した。同剤を自ら投与したことによる「不慮の死」と判断した。

 

引用:死因は鎮痛剤過剰投与=腰の不調? 前日離脱症状訴え―プリンスさん

 

死亡する前の4月15日には、自家用ジェット機内での体調不良(※インフルエンザとされている)から救急搬送されていましたが、入院などはせずに帰宅しています。

 

 医師は安静を勧めたが、個室がないことを理由にプリンスは入院を拒否、病を押して自宅へ戻った。そして16日にペイズリーパークにて開催されたダンスパーティに姿を現し、ファンに健在をアピールしていた。

引用:謎が深まるプリンスの急逝 死因はドラッグ中毒か鎮痛剤常用の果てか?

 

プリンスさん、医療用麻薬を鎮痛剤として常用?

 

現在ではその死因が、薬の服用などに関連するのではないかという見方が強くなっています。

プリンスさんが死亡する前には、薬の過剰摂取や強い鎮痛剤の処方がなされているとの情報が多々あります。

 

長年患っていた関節の痛みを和らげるために、アセトアミノフェンとオキシコドンを成分とする中毒性の強いそのオピオイド系鎮痛薬に頼っていたようで、死の6日前にはその鎮静剤の効果を和らげる「セーブショット」を投与されていた

 

引用:芸能Posted on 2016年4月27日 5:59 PM プリンス、「自死の可能性はなし」も死の6日前に鎮痛剤を過剰摂取していた!

 

この「死の6日前」の「セーブショット」は、プリンスさんが体調不良(※インフルエンザとされている)のため救急搬送された病院で処方されたものです。 

 

セーブショットとは、以下のようなものになります。

 

これは血流の中のヘロインや麻薬鎮静剤などのアヘン剤と闘うことを助ける作用がある。一般的には鎮痛剤の過剰摂取に対する対応としてよく使われる。インフルエンザとは関係のない薬剤が注射されていたのだ。

引用:謎が深まるプリンスの急逝 死因はドラッグ中毒か鎮痛剤常用の果てか?

 

この救急搬送時には、他にもナルカンを注射されていたのではないかという記事もありますが、どちらにしろインフルエンザではなく、他の不調に対する処置として使用されるものです。

 

この時、プリンスにオピオイドの解毒薬であるナルカンが注射されたと報道されている。

引用:プリンス、死の前日に医師の診察を受けていたことが判明

 

つまり救急搬送も、以上のことから「オピオイド系鎮痛剤」に関連する処置だったと推察できます。

 

オピオイドはアヘンから抽出された化合物で、モルヒネ、オキシコドンなど医療用麻薬としても知られています。

 

がんの鎮痛剤としても使用できるほどの強力な薬ですが、依存性も高いとされています。

 

強力な鎮痛作用を持つオピオイドは、適正に使用されないと薬物乱用と依存の可能性があります。なぜなら、非がん性慢性(疼)痛では、がん性疼痛の治療期間より長期間続くからです。がんでオピオイドを内服する期間は、数週間から長くとも数か月。しかし、非がん性慢性(疼)痛では、何年も症状が続くため、長期間服用による副作用が出ることがあります。

引用:痛み止めが効かないとき飲む薬~オピオイドとは~

 

プリンスさんはオピオイド鎮痛剤の常習性が疑われており、オピオイド依存症の病院へ行く予定だったとも報じられています。また警察による検死も、それにまつわる関連死での調査がおこなわれています。

プリンス、死の翌日に薬物依存症の専門医の診察を予定していたことが明らかに

 

アメリカにおいては、このオピオイド中毒者が増加中であるといいます。

 

米国では、慢性痛の治療に使われるオピオイド系の鎮痛剤が乱用されており、中毒状態になっている者は190万人。死亡者は1999年から2014年までで16万5,000人に上るとされる。

引用:米国で蔓延する「オピオイド系鎮痛剤の中毒」

 

2015年にトヨタ自動車の役員が麻薬密輸容疑で逮捕されたニュースもありましたが、これもオピオイド系鎮痛剤でした。

ジュリー・ハンプ氏、元トヨタ常務役員が不起訴で釈放へ 

 

日本ではかなりの重病患者が使用するのみですが、アメリカでは比較的身近な薬のようです。

 

長年苦しんだ股関節痛・・・治さなかったのはエホバの証人のため?

医療用麻薬を常用していたと見られるプリンスさん。

それは、股関節の痛みを和らげるためでした。

 

 

そんな股関節の痛みであれば現代医療の手術で改善をさせることも、可能だったのかもしれません。しかし、それをしなかったのは彼が信仰している宗教「エホバの証人」の教えがあったからではないかとされる説があります。

 

05年、プリンスは両股関節を痛めており、人工股関節手術を必要としていると報じられた。07年と08年には“極秘手術”を受けたと伝えられたが、実際には受けていないと見られている。なぜなら、エホバの証人は「血は神聖なものであり、身体に取り込んではならない」と説いており、この教えに沿い、輸血を受けてもならないと教えられている。つまり、エホバの証人である彼にとって、手術を受けることは輸血する可能性もあることであり、タブーになるからだ。

 

引用:セックスシンボルの地位を捨て、エホバの証人に改宗したプリンス

 

つまり「エホバの証人」は輸血などの行為に反対する”教え”を持っているため、血を必要とする手術に踏み切れなかったということです。

 

結果、医療用麻薬という中毒性の高い薬を常用し、その痛みを誤魔化さざるを得なかった面も考えられます。

 

一説には、エイズを発症をしていて、この治療についても宗教上の理由より断っているとされる報道もあります。

プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?

 

 

体調面に危惧される事実も 

また薬以外に関することでも、無茶をしていた面もあります。

 

プリンスの妹のタイカの夫であるモーリス・フィリップスは、プリンスが火葬された場所で執り行われた近親者のみによる葬儀の後、次のように語っている。「154時間連続で作業してたんだ。先週末は彼と一緒にいてね。彼は素晴らしい義理の兄だったんだよ」

 

引用:プリンス、死の直前に154時間連続で作業していたことが明らかに

 

154時間というと6日半程度になりますので、元気いっぱいの若者でも無理です。

どちらにしろ体は疲れきっていて、健康ではなかったことが伺えます。

 

世界的ミュージシャンたちからのプリンスさん追悼の声

かつて交際相手でもあった歌手のマドンナさんからも、悲しみをツイートしています。

 

 

6日に行われたロサンゼルしないでの一般追悼式に参加した、スティービー・ワンダーさんからは、

 

「プリンスは私たちに最高に素晴らしい人生、音楽、レガシーを与えてくれた。プリンスのスピリットで私たちにできる唯一のことは、お互いを心から愛し、一緒になること。口で言っているだけじゃなく、そうなるべきなんだ」

引用:プリンスさん一般追悼式 S・ワンダーら追悼演奏

 

オバマ大統領からも、

 

「われわれの時代で最も素晴らしい才能を持った、多くの作品を残したミュージシャンだった」

 

引用:米人気歌手プリンスが死去、57歳 各界から追悼コメント

 

エアロスミスのスティーヴン・タイラーからは、その死因とも見られている薬にも関連して、現代アメリカにおける薬事情についての側面を語ってくれています。

 

「俺もドラッグ中毒とアルコール中毒から回復してる時に処方薬を手にすることになったんだ。80年代はその中毒のために崩れ落ちて、膝をついてたよ」

 

そして、現在のアメリカの問題について触れている。「医者が新たな売人なんだよ。アメリカ人は皆ストリートの麻薬をやってるわけじゃないんだ。処方された薬の常習者なんだよ」

 

「あの夜、プリンスを病院に運んだのが誰だったとしても、何か言ってくれることを願ってる。もちろん、ドラッグが死因じゃないことを望んでいるけど、もしそうだったとしたら、あんなことが起こる必要はなかったんだ」

 

引用:エアロスミスのスティーヴン・タイラー、プリンスの死とアメリカでの処方薬の問題を語る

 

まとめ

プリンスさんの死因はいろいろと複雑な事情がありそうです。

しかし57歳という早すぎて急すぎる死に、全世界がショックを受けました。

 

また遺言すら残せずに亡くなってしまったプリンスさんには、その莫大な遺産に関する自称”相続人”も後を絶ちません。

プリンスのDNA鑑定、700人に及ぶ遺産相続を主張している人々に対応するため行われることに

 

偉大なるミュージシャンだからこその騒動かもしれませんが、せめて故人の眠りを妨げないようにお願いしたいですね。

 

ご冥福をお祈りいたします。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ジョニーデップ・アンバーハード

【離婚】ジョニーデップ嫁・アンバーハード、DVで顔にあざは嘘?性格や金目当ての噂もまとめてみた

アンジェリーナジョリー

アンジェリーナジョリーの激やせした現在の画像が衝撃的…原因を検証「癌・病気」「ブラッドピットとの不仲・子供」など

7f10a26a-s

【整形】メグライアンが劣化?全盛期から今現在までの画像で検証!【若い頃とは別人に】

エマワトソン

ハーマイオニー役のエマワトソンに事故死のデマ…彼氏や現在の動向など気になる噂まとめ

45f6e39e-s

ドナルドトランプの家族(嫁・息子・娘)まとめ!子供5人で結婚3回・離婚2回!

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

アンジェリーナジョリー

アンジェリーナジョリーの激やせした現在の画像が衝撃的…原因を検証「癌・病気」「ブラッドピットとの不仲・子供」など

2016y01m16d_172339742

【薬】槇原敬之の逮捕事件&現在の激やせと薬物疑惑まとめ【画像あり】

千代の富士

【がんで激やせ】千代の富士の死因と家族まとめ!嫁・娘・息子の画像あり【九重親方】

3fde6f18

高知東生と逮捕のホステス五十川敦子の情報まとめ!顔写真・レースクイーン・横浜市旭区の実家の父親は歯医者経営など

蜷川幸雄

【病気で死去】蜷川幸雄さんの家族・死因・告別式まとめ|嫁の真山知子さん・娘の蜷川実花さん、芸能界から数多くのお悔やみの声

中野英雄

中野英雄が薬逮捕の高知東生に激怒!暴力団絶縁宣言や激やせの理由もまとめ

20769_original

【病気と薬】華原朋美は小室哲哉との破局が理由で体調不良?2人の交際と現在の状況まとめ

西田敏行

【薬】西田敏行に黒い噂!?病気で激やせした現在の画像もまとめ【ドSな性格?奇行?】

本日の注目ニュース

厳選おすすめ記事

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

眞鍋かをり

【太った】眞鍋かをり、出産後の現在は激太り?体重変化まとめ【画像で検証】

鈴木香音

ズッキ鈴木香音の「激やせ・激太り」リバウンドを画像でチェック!現在は痩せたって本当?【予想体重あり】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す